「反日」という言葉を使って他者を批判・攻撃する人たちにとって、「反日」の「日」とは何を指しているのでしょうか。何に対して「反」であることを批判しているのでしょうか。


もちろん、「日」が「日本」の略であることは重々承知の上での質問です。実際の用例に即した、深い分析を求めます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 登録:2009/11/03 01:52:00
  • 終了:2009/11/10 01:55:02

ベストアンサー

id:kyokusen No.1

きょくせん回答回数824ベストアンサー獲得回数862009/11/03 03:01:14

ポイント90pt

http://wiki.freeml.com/%B9%F1%B2%C8

 この場合、日本と言う国家に対して反しているという風に検討する事が出来ます。

 国家と言うのは、定義上

1.国土(領域)

2.国民

3.公務員集団(行政・立法・司法の三権を構成する人員全てを指します)

 のいずれかを指す・もしくは全てを指す場合が多いと考えます。往々にして左派でいう国家は公務員集団を指す事が多いようですし、右派ではこれに天皇陛下を入れる場合もあるようです。>国体というもの、と考えても良いのかも知れません。

 個人的には共同幻想や歴史感、風習というものを混ぜておきたい所。

 んで、『反日』と言う場合、例えば『反日国家』は日本国政府(公務員集団)の行動や決定、もしくは日本国民の共同幻想を批判する存在と考えてよろしいでしょう。

 一方、『反日的行動を取る日本国民』≒反日日本人は大体『反日国家』の定義と同じなのですが、これに『国益』(これも非常に曖昧な言葉ですよね)を損なう行動を行う人間を指すのだと思います。


 この『国益』と言うのは、教科書通りであれば『国民の利益』を指す訳ですが、反日という批判においては『共同幻想』そのものがそれに置き換わるように思われます。

 例えば、『従軍慰安婦問題を喧伝するのは反日』という批判があったとしましょう。この時の『反日』行為は日本国の国益につながらない主張を行う事を批判している訳なのですが、この場合の『国益』とはまさにその批判者が有する『共同幻想』≒『日本軍は従軍慰安婦などと言う存在を持っていなかった』という事であり、もしくは『反日国家』の主張を支援する事そのものを批判しているのだと考えてよろしいでしょう。

現実には、例えばこの従軍慰安婦を認め、韓国・朝鮮両国に謝罪し、それらの国民の反感を緩和した方が利益を得られる可能性が存在している為、中々実際のその定義が難しいようにも思えます。(仮に謝罪を行ってもその賠償が発生すれば経済的損失も起こりますから堂々巡りになりかねないのかなぁ、と。ですから、まぁ、これを喧伝する人もその主張が日本国の国益に有害だと思っていない場合が多く、ここに軋轢が生まれるように思えます。

 後は……特に考えず、付属詞扱いにしてる場合もあるのかな、と。この場合は『反日』と言う言葉そのものが相手を攻撃する為の蔑称となっていますので、それを分解しても意味がないように思えます。

 私の考える所は以上ですが、なんとなく、『何も考えていない』可能性が高いのかな、と思っています。ちょうど横に出てる本などの『反日』は明確に意味を持つ~反日国家の定義になるとは思いますけれども。

id:matsunaga

ありがとうございます。

私はたとえば、東條英機のような人間は「日本国の国益」につながらない人物の最たる者であったと思うのですが、おそらく彼を「反日」と呼ぶ者はあまりいないように思います。

ご指摘の「共同幻想」というキーワードは、反日という言葉の使われ方を考える上で非常に適切なように思われます。

2009/11/03 03:09:28

その他の回答(3件)

id:kyokusen No.1

きょくせん回答回数824ベストアンサー獲得回数862009/11/03 03:01:14ここでベストアンサー

ポイント90pt

http://wiki.freeml.com/%B9%F1%B2%C8

 この場合、日本と言う国家に対して反しているという風に検討する事が出来ます。

 国家と言うのは、定義上

1.国土(領域)

2.国民

3.公務員集団(行政・立法・司法の三権を構成する人員全てを指します)

 のいずれかを指す・もしくは全てを指す場合が多いと考えます。往々にして左派でいう国家は公務員集団を指す事が多いようですし、右派ではこれに天皇陛下を入れる場合もあるようです。>国体というもの、と考えても良いのかも知れません。

 個人的には共同幻想や歴史感、風習というものを混ぜておきたい所。

 んで、『反日』と言う場合、例えば『反日国家』は日本国政府(公務員集団)の行動や決定、もしくは日本国民の共同幻想を批判する存在と考えてよろしいでしょう。

 一方、『反日的行動を取る日本国民』≒反日日本人は大体『反日国家』の定義と同じなのですが、これに『国益』(これも非常に曖昧な言葉ですよね)を損なう行動を行う人間を指すのだと思います。


 この『国益』と言うのは、教科書通りであれば『国民の利益』を指す訳ですが、反日という批判においては『共同幻想』そのものがそれに置き換わるように思われます。

 例えば、『従軍慰安婦問題を喧伝するのは反日』という批判があったとしましょう。この時の『反日』行為は日本国の国益につながらない主張を行う事を批判している訳なのですが、この場合の『国益』とはまさにその批判者が有する『共同幻想』≒『日本軍は従軍慰安婦などと言う存在を持っていなかった』という事であり、もしくは『反日国家』の主張を支援する事そのものを批判しているのだと考えてよろしいでしょう。

現実には、例えばこの従軍慰安婦を認め、韓国・朝鮮両国に謝罪し、それらの国民の反感を緩和した方が利益を得られる可能性が存在している為、中々実際のその定義が難しいようにも思えます。(仮に謝罪を行ってもその賠償が発生すれば経済的損失も起こりますから堂々巡りになりかねないのかなぁ、と。ですから、まぁ、これを喧伝する人もその主張が日本国の国益に有害だと思っていない場合が多く、ここに軋轢が生まれるように思えます。

 後は……特に考えず、付属詞扱いにしてる場合もあるのかな、と。この場合は『反日』と言う言葉そのものが相手を攻撃する為の蔑称となっていますので、それを分解しても意味がないように思えます。

 私の考える所は以上ですが、なんとなく、『何も考えていない』可能性が高いのかな、と思っています。ちょうど横に出てる本などの『反日』は明確に意味を持つ~反日国家の定義になるとは思いますけれども。

id:matsunaga

ありがとうございます。

私はたとえば、東條英機のような人間は「日本国の国益」につながらない人物の最たる者であったと思うのですが、おそらく彼を「反日」と呼ぶ者はあまりいないように思います。

ご指摘の「共同幻想」というキーワードは、反日という言葉の使われ方を考える上で非常に適切なように思われます。

2009/11/03 03:09:28
id:adlib No.2

adlib回答回数2002ベストアンサー獲得回数1292009/11/03 06:36:01

 

 草稿 ~ 実体なき「造語」も、論ずるほどに実体化する ~

 

 1.六カ国協議(中朝韓日露米)に、日本国内での対応が分類できる。

 

 反日反米・反日親米・親日反米・親日親米。

 反中反米・反中親米・親中反米・親中親米。

 反韓反米・反韓親米・親韓反米・親韓親米。

 

 ただし「反露反朝・親露親朝」などは、用例として実在しない、

 おそらく、ロシアの大国主義は「中華思想」のような概念を認めず、

北朝鮮は余りに小さすぎて、喉元の小骨のように見えるのだろう。

 

 2.近攻遠交 ~ 近くの他人より、遠くの友人 ~

 

 反日感情(中国や韓国の、日本の資本主義的繁栄に対する文明批判)

 抗日闘争(中国の毛沢東や朝鮮の金日成の、日本軍に対する自衛戦争)

 日帝憎悪(北朝鮮における日本の帝国主義体制に対する政治的宣伝)

 

 反米思想(戦前は日本政府による鬼畜米英、戦後は左翼の安保批判)

 在日問題(大戦中の日本政府に強制連行されたとする朝鮮民族の主張)

 親日行動(韓国における、日本の芸能文化の受容と需要)

 

 わたしは、在日韓国人と談笑していて、酒が入ると「反日論」を演説

する場に居あわせ(政治評論家・三宅久之氏も同じ経験を語っている)、

最後に「アリラン」の大合唱で、機嫌を直した情景を記憶している。

 

 このような集団的示威行為が、かならず日本人を困惑させる効果を、

あるとき中国人(北京の要人たち)が学んでしまったのではないか。

 彼らは、日本を憎むことで「敵の敵は味方」として連帯するらしい。

 

 3.私観 ~ 類似質問への回答より ~

 

── かつて在日韓国人一世の老人に、戦争中の話を教わりました。

「われわれ朝鮮人の賃金は、日本人よりも安かったが、中国人はもっと

安かった。それでも給料日になると中国人は貯金するが、日本人は一晩

で使っちまう。ところが韓国人ときたら、借金まで残してくるんだよ」

http://q.hatena.ne.jp/1067998098#a36541

 

http://q.hatena.ne.jp/1133446990#a450653

 簡潔な考えかたはなさそうですが……。

http://q.hatena.ne.jp/1082380923#c7293

 

>人の数だけ史観がある<……?

http://q.hatena.ne.jp/1247450063#a934850

 弛緩思考 ~ 史観・試観・私観 ~

 

 4.迎合 ~ 女が騒いで、男が随いていく ~

 

 韓流ブーム(日本の首相夫人や義母が、韓国人俳優のファンとなった)

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20090725

 韓流三悪女 ~ 謎めいた女たち ~

 

── なんたることか、彼女もまた筋金入りの“韓流ファン”だった。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20070216

 冬ソナ三悪妻 ~ 韓流から寒流へ ~

 

id:matsunaga

見当外れの回答です。いわゆる反日とされる人たち自身についての質問ではありません。

2009/11/03 22:00:02
id:hkoki No.3

はまぐち回答回数136ベストアンサー獲得回数22009/11/03 15:31:05

 東条英機の事が出ていましたが、日本の利益を損した

と思われますか?

戦わずに、負けたら、今のように日本は起きあがる事

すらできなかったと思います。


戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。しかし て、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残れば、我等の子孫は再三 再起するであろう。そして、いったん戦争と決定せられた場合、我等軍人はただただ大命一下戦いに赴くのみである

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E9%87%8E%E4%BF%AE%E8%BA%A...

id:matsunaga

質問と関係のない回答です。自説の開陳はコメント欄でお願いします。

2009/11/03 21:53:49
id:sweetsugerheart No.4

sweetsugerheart回答回数77ベストアンサー獲得回数22009/11/03 20:42:20

「反日」の「日」とは、日本のすべてを指す。

坊主憎けりゃケサまで憎いというが、政治から文化まですべてを指す。


だいたい反日というのは、日本より引け目を感じているところからでている。

日本より優位だと思っているところからは、そのようなことはありません。


たまたま検索から出たもので怜をあげると

多くの日本国民も、中国と朝鮮半島の人々が突然傲慢不遜な形で示す「反日」感情そのものを反作用的に問題視するようになっている。 ...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E6%97%A5%E6%84%9F%E6%83%8...

id:matsunaga

日本人に対して反日と批判する例が考慮されていません。また、いわゆる反日国家とされる国のことを尋ねているのではなく、反日という言葉をレッテルとして他者に使う人たちの意識についての質問です。

2009/11/05 10:48:57
  • id:seble
    ありていに言えば反財閥だろ?
  • id:Reiaru
    反日上等!(はんにち・じょーとー!) - はてなハイク
    http://h.hatena.ne.jp/keyword/%E5%8F%8D%E6%97%A5%E4%B8%8A%E7%AD%89%EF%BC%81%EF%BC%88%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%83%BB%E3%81%98%E3%82%87%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%83%BC%EF%BC%81%EF%BC%89%E3%80%80

    ここにおられる mujige さんという方に聞くのが一番良いと思いますよ。
    冗談抜きでその道のプロフェッショナルですから。
    http://www.hatena.ne.jp/mujige

    http://h.hatena.ne.jp/id/mujige
    ↑こちらに書けば恐らく話してくれると思いますが、日本を好きな方がこの方と対話するのはお勧めできません。疲れますので(苦笑)
  • id:kar-in
    所詮、自分にとって「都合の悪いヤツ」でしょ。
  • id:hkoki
    それならば、最初から「東条英機」
    と言う名前を出さなければよろしい
    「反日」と言いつつ、東条英機
    批判がしたかっただけではないのか?
  • id:kyokusen
     んー、共同幻想ってのは言葉として不適切でしたかねぇ。吉本氏の『共同幻想論』が指すそれとは似てるような、似てないような。

     所で、東條英機氏を反日的人物と呼ぶかと言う点ですが、それはまずありえないと思います。
     と、言うのは東条英機氏はあくまでも時代が要求した存在であり、彼をあの地位、あの決断に追い込んだのは民衆だからです。結果としては間違いなく『大日本帝国』を崩壊させた訳ではありますが、『日本国』を生んだ人物ともいえます。その過程であれだけの被害を出してしまったという点においてはなんともですが、その被害も必要なものだったと考える事ができなくもない訳です。
     例えば、岡田啓介氏はワシントン海軍軍縮条約締結に向け奔走し、東郷元帥や海軍そのもの等々に反発というか敵意を抱かれながらあった訳ですが、首相に就任したのち、陸軍青年将校に『国賊』として討たれそうになります。この時点において、岡田氏はおおよそ『反日的存在』と言えたでしょう。対して東條氏はあくまでも連合国側から糾弾された『戦争犯罪人』であり、彼が『軍国主義日本』の象徴として扱われたのはそれよりはるか後、高度経済成長以降ではないでしょうか
     日中戦争等の歴史の連関を眺めていると、とても東條氏一人に責任を負わせるのは酷と思われます。そういう意味においては私は鳩山一郎氏などのほうがよっぽど……ゲフンゲフン。

     反日という概念は、そういう意味において1960年以降くらいから出て来た『反米』が転じて出て来た比較的新しい概念ではないでしょうか。80年代には『嫌米』という風潮があり、今世紀に入ってから『嫌韓』という動きが出て来て、それに対して『反日』が生じ、国内における『嫌韓』に批判的な勢力に対しても用いられているように思えます。

     これに似た言葉と言うか、風潮としては、非民主党支持者に対して使われる『ネトウヨ』、それに対して使われる『情弱』あたりが、本来の言葉の意味が転じてよくわからない蔑称として使用されているモノのように思えます。
  • id:matsunaga
    回答欄は「質問」への回答であって、コメントへの反論ではございません。

    さて、こちらに話題が来たので書きますと、私は石原莞爾が好きなもので、もし石原が首相になっておったら中国本土や北部仏印への南進政策ならびにそれによる米国との関係悪化を防げた可能性があると考えております。そして、東條のやったことは単に戦線を拡大するだけであったと認識しております。
    そして、対米開戦が不可避となったのは当時の政治家の失策であったと考えております。
    東條の政策は、少なくとも当時の日本の国益という点から考えても、必ずしも肯定されうるものではなかったと考えられます。
    だから当時の言葉を使うならば私は東條こそが(結果的に)「国賊」となったと認識しております。
    (国賊という言葉を使ったからと言って私が国賊という概念を肯定している訳ではありません。ただ、国賊という言葉を使いたい人たちに対して、最大の国賊は日本を敗戦と荒廃に導いた東條じゃないの?と述べたいわけです)
    したがって、本当に日本の「国益」を損ねているか否かということは、「反日」という言葉の概念には含まれていないと考えられます。上記のコメントの意味はそういうことであって、回答欄で一生懸命東條擁護されても困るわけです。

    さて「共同幻想」という言葉についてですが、これは極めて適切なように思われてきました。
    というのは、本当の国益とは何か、本当に日本を愛するとは何か、日本とは何なのか、といった議論なしに、単に「反日」という言葉が使われ、さらに「反日という言葉を使っている人」にとって「日」とは何なのかを聞いているのに、いわゆる「反日国家」の悪口を一生懸命回答してくる人たちが続いてくる。つまり、「反日」という言葉が何となく使われ、そこに何らかのイメージがぼんやりと生まれているように思われるのです。

    コメント欄でのkyokusenさんの歴史的な指摘は非常に参考になります(二度目の回答でもよかったくらいです)。反日武装戦線「狼」の存在なども影響しているかもしれませんが、最近の一部日本人が使う「反日」という言葉はそことはつながりがないようにも思われます。
  • id:kyokusen
     あぁ、ごめんなさい。言葉足らずでしたね。

     『反日』とは、あくまでも日本に否定的感情を持つ国家及びその国民側が叫ぶ言葉であって、それを日本国の自国民に用いるべき性質のものではないと思うのですが、我が国においては先の文章最後に述べたようにある言葉がそれに類似した状況を指し示す為に用いられる事が多いように思うのです。ともま、これってのは非常に危うい気もします。どちらにしてもそれを叫ぶ方、叫ばれる方共に自分たちが日本国を構成する国民であるという意識が希薄で、第三者的な位置(傍観者と言っても良いですかね)にあるように思えるからです。
     客観的な視点と言うものは常に求められるものであり、必要なものではあると思うのですが、過度の客観性というのはただ物事を無責任に論評するだけという態度を持たせてしまうように思います。従軍慰安婦問題で国の責任を問う人たちの姿がアメリカでコロンブスを批判する人たちの姿に見えてしまうんです。いや、まぁ、アングロサクソンにとって見ればスペインに雇われたイタリア人は同族ではないのかもしれませんけれど。

     さて、石原莞爾氏のお話が出たのでアレですが、この辺りも難しいですよね。関東軍において満州国建国を策謀し日中・日米戦争を引き起こす遠因を拵えた人と見るか、常に大局を見据えていた偉人と見るか。この辺りもどちらを信じるかで随分感情も変わってくるように思えます。正直私はわかりません。ただ、その精神は評価できる、とは思います。やり方がまずかったかいなぁ、とは思わなくもないですが。

     あと、反日武装戦線の話は存じませんでした。これも日本発でしたか。確かに中韓あたりだと、『抗日』ですよね。
  • id:adlib
     
     不得要領 ~ 設問の趣旨をもういちど ~
     
    >「反日」という言葉を使って他者を批判・攻撃する人たち<
    とは誰を指しているのでしょうか。もし日本人が日本人に対して「反日」
    と呼ぶなら、むかしながらの「売国奴」と、どう違うのですか。
     
     ときに「朝日新聞」を「反日マスコミ」と呼ぶ例はあるようですが、
    Yahoo! 辞書やウィキペデイアも言及していませんね。
     つぎの解説が、質問者の意図に即しているのでしょうか?
     
    ── 赤報隊事件の際、犯行グループが朝日を「反日分子」と呼んだこ
    とが、保守派にこの用法が普及したきっかけであるの説もある。
    http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%8F%8D%E6%97%A5
     
  • id:matsunaga
    もう一度具体例を含めて質問の趣旨を記します。

    たとえば日本の民主党や社民党を「反日政党」と呼び、一部の日本の政治家を「反日政治家」と呼び、一部の新聞や放送局を「反日メディア」と呼び、「あいつらは反日だ」と一部の日本人に対して呼称する人たちがいます。彼らにとって「反日」の「日」とは何を指しているのでしょうか。何に対して「反」であることを批判しているのでしょうか。

    むかしながらの「売国奴」は「国を売る奴」という文字で意味が明確ですが、ある日本人が「反日」であるとレッテルを貼られるとき、何が問題視されているのでしょうか。レッテルを貼る側の意識についておたずねしています。
  • id:adlib
     
     一言一蹴 ~ 回答者のぼやき ~
     
    >具体例を含めて質問の趣旨を記します<
     ズバリ「誰が云ってるのか」と反問したのに、具体的に挙証されない
    ので、ためしに「反日」を「ネトウヨ」に置換してみました。
     
    ……「ネトウヨ」という言葉を使って他者を批判・攻撃する人たちにと
    って、「ネトウヨ」の「ウヨ」とは何を指しているのでしょうか。何に
    対して「ウヨ」であることを批判しているのでしょうか。
     もちろん「ウヨ」が「右翼」の略であることは重々承知の上での質問
    です。実際の用例に即した、深い分析を求めます。……
     
     ウイキペディア「ネット右翼」の項は「識者による見解および使用例」
    と「メディアの使用例」を、具体的な人名・団体名で例証しています。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%8F%B3%E7%BF%BC
     
     ところが「反日」については「編集ノート」で、注記されています。
     
    ── 「親日」と「反日」の記事を見比べてみたところ「親日」のほう
    は非常に冷静で客観的な納得できる文章が記述されていたが、「反日」
    のほうはいかにも無知な右翼が書いたような主観的な文章になっている
    ところが面白かった。150.7.2.211 2006年3月11日 (土) 07:48 (UTC)
    ── ノート:反日(Wikipedia)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%8F%8D%E6%97%A5
     
    ── この記事は中立的な観点に基づく疑問が提出されているか議論中
    です。そのため偏った観点から記事が構成されているおそれがあります。
    http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%8F%8D%E6%97%A5
     
    >>いわゆる反日とされる人たち自身についての質問ではありません<<
     
     匿名の、誰が云ったか分らない「造語」を、もっともらしく論じると、
    ありもしない誤解を生じるので「要注意」というのがわたしの回答です。
    (これが見当外れの回答なら、今回の質問も的外れではないでしょうか)
     
     質問も回答も「5W1H」の要件が満たされるべきではありませんか。
     
    ── 話の基本は、5W1Hです。野球で「投げて打って走る」ように、
    話しかけたり、相手の話を聞くにも、一定のルールがあるのです。
    http://q.hatena.ne.jp/1202388784#a800776 (5W1Hのすすめ)
     
  • id:nofrills
    > ある日本人が「反日」であるとレッテルを貼られるとき、何が問題視されているのでしょうか。
    > レッテルを貼る側の意識についておたずねしています。

    思いつきに過ぎないし、直接の回答ではないので回答欄ではなくコメント欄に投稿しますが、「売国奴 traitor」的な意味での「反日 anti-Japan」は、20世紀米国の「非米活動調査委員会」の「非米 un-American」の概念(事実上、anti-Americanという概念)に似ているという観点がひとつの切り口にならないでしょうか。
    http://en.wikipedia.org/wiki/House_Un-American_Activities_Committee

    おそらく1940年代後半からの冷戦構造の中で「非米」(非民主主義、非自由主義……)が「反米 anti-American」に置き換えられ、定着したのではないかと思うのですが、今現在も米国では「反米」が罵倒表現として用いられることがあります。例えば「個人の自由というものに対し、国家が一定の制限をくわえる必要がある」といったことを主張する政治家について「共産主義者」呼ばわりし、「あの政治家はアメリカ的ではない not American」と言うところで「反米 anti-American」と言う、など。また、最近では、有名ミュージシャンが「拷問という行為は反米だ」という声明を出していました。これは明らかに「釣り」的な発言だと思うのですが、その「釣り」が可能なくらい「反米」という表現がよく使われているということではないかと思います。

    ためしに、同じ英語圏で同じく反共産主義の立場を取ってきた英国についての「反英 anti-British」という語の使われ方と「反米」のそれとを比較してみると、かなり興味深いです。「反英」という語は、インドなど植民地の独立運動について用いられる場合(歴史的なもの)は別として、直接的に英国(連合王国)という国家を解体しようという力(連合の解消であったり、共和主義革命、つまり王室廃止だったりしますし、北アイルランドのアイリッシュ・ナショナリズムの武装勢力のように両者を含んでいるものもありますが)のことを言う用法に限定されているようです。(ただし、この1年くらいの間にBritainというものに特別の価値を置く極右勢力が伸張してきているようなので、ネット上で検索可能な言葉としては多少事情が変わってきているかもしれません。)
  • id:kyokusen
     んー、私は質問の趣旨わかったつもりだったんですけど、そんなに難しい文章ですかねぇ、これ。
     matsunagaさんが質問への回答で問答無用に切り捨ててるのも、adlibさんが文脈的に斬り付けてるのもちょっとどうかと思うのですよ。
     もうちょっとのんびりやりましょう。

     閑話休題。
     nofrillsさんの論は私には魅力的です。"anti-American"、『アメリカ的』という文言はまさにアメリカの美徳(スタイル・理念)に反しているという意味となりますから、これは間違いなくアメリカ自国民に対してのみ使用できる言葉ですね。・・・・・・と、なると、反アメリカ勢力ってのはどう言うんだろう、とも。最も、アメリカは自分たちに敵対するものは『自由』や『平和』、『文明』の敵なんて言っちゃいますけれど(^^;
  • id:matsunaga
    adlibさんが「誰が言ってるのか」というのですが、ちょっと調べればわかるだろうと思っていました。
    Yahoo!辞書やウィキペディアに項目がないと言われても困ります。
    もう少し具体的に実例を挙げましょうか。
    たとえばウェブサイトでは、
    http://www35.atwiki.jp/kolia/
    http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/
    雑誌ではWillやSAPIOあたりが思い浮かびます。
    たとえば、「反日政党」で検索すればこんな情報が見つかります。
    http://kurokawashigeru.air-nifty.com/blog/2009/08/826-4cff.html
    日本人の一部の人たちを「反日」と呼ぶ例は多くありますね。
    「匿名の、誰が云ったか分らない「造語」」というレベルではありませんし、そういう風にわら人形論法であるかのごとき印象操作はご遠慮願いたいところです。


    nofrillsさんの説は非常に興味深いです。
  • id:adlib
     
     デイベート作法 ~ 論鋒は鋭く、修辞は穏やかに ~
     
    >adlib さんが文脈的に斬り付けてるのもちょっとどうかと思う<
    >もうちょっとのんびりやりましょう<(id:kyokusen)
     matsunaga さんは職業的論客らしいので、きびしく対応しています。
     
    >わら人形論法であるかのごとき印象操作はご遠慮願いたい<
    >ウィキペディアに項目がない<(※「ノート:反日」の注記を引用)
    >ちょっと調べればわかるだろうと思っていました<(id:matsunaga)
     
     紹介された三つのサイトを閲覧しましたが、どうにも意図不明です。
     とりわけ「民主党=反日政党」と明言する、黒川氏の支持政党=社会
    民主連合……?(こういう人の発言に、どうして耳を傾けるのですか)
     
    </PRE>
     北村 晴男 弁護士  19560310 長野 /200709‥ 自民党総裁選挙で麻生太郎の応援演説
     三宅 久之 政治評論 19300110 東京 /1976‥‥ 毎日新聞を退社/ナベツネの友人
     黒川 滋  市民運動 1970‥‥ 東京 /19940522 社民連解散/1998‥‥ 文具卸売業を退職
    </PRE>
     
    >nofrills さんの説は非常に興味深い<(matsunaga & kyokusen)
     大ブリテン連合王国における「反英」や、アメリカ合衆国の「反米」
    に対して、日本国内の「反日」は、なんら脈絡がありません。
     
  • id:kyokusen
     私はディベートが目的ではなく見識を広める為に雑談してる感じなんですね。スパーリングしてらっしゃるんなら私は退場する事にしますよ。
     そうか、matsunagaさんて本職さんなのか。所で、そのソースは?

    >脈絡がない
     視点という意味で面白いと申し上げております。
     反日という言葉が60年代安保の反米、それが転じて反日という文言が国内で作られたのであれば、という意味で。>この辺りはmatsunagaさんが仰ってる『東アジア反日武装戦線』の話から。
     そもそもアメリカで用いられていた『反米』って言葉が輸入されてきて使われているのだとすれば、まるで意味は違いますよね。その辺が面白い視点だな、と思ったんですよ。
     これはあくまでも『反日』って言葉の成り立ち、って意味でね。

     所で、adlibさん、『反日』って言葉の話と国内反日勢力って話とごっちゃにしてません?
  • id:kyokusen
     あと、"anti-American"、"anti-British"ってのは、あくまでそれぞれの国内勢力に対して用いられるべき言葉であり、そういう意味においても『反日』という言葉が国内勢力に適応されるという状況に合致していると思うのです。その辺りはどうお考え?

     反日という言葉の定義が曖昧で、それを論ずる事が危険というお話は理解できます。神の存在が証明できないのに神を論ずるのはナンセンス。語りえぬものには沈黙すべきってのもよくわかりますが、それを仰るならやはりコメントで行うべきであって、質問への回答として行うのはやはり妥当ではないように思えます。特に今回は最初からコメント欄が開放されていた訳ですし。
     ただ、やはり沈黙していても知識は増えやしませんし、見解はすり合わせることも不可能。もしその意図があるのであれば、お互いが礼儀をもって言葉を交わすべきだと思います。

     反日だの、ネトウヨだの、その辺りのいざこざというのも大抵の場合自らの正義を信じて相手に懲罰的に喰いかかるから起こる訳です。対話のみが唯一の道なんて能天気な事は言いませんけれどね。
  • id:matsunaga
    私の質問自体、ディベートではなく、「反日」という言葉を使う人たちの背景に迫りたいという考えで行なっています。

    >とりわけ「民主党=反日政党」と明言する、黒川氏の支持政党=社会民主連合……?(こういう人の発言に、どうして耳を傾けるのですか)

    発言に耳を傾けているのではなく、たとえば黒川氏が「民主党=反日政党」と明言するとき、その「反日」という言葉は民主党が日本の何に反していると主張しているのか、ということを知りたいわけです。それは黒川氏を肯定も否定もしていません。ただ、こういう用例が実際にあり、またここで反日政党と書かれたときに一定の意味合いが伝わること(民主党がどっちかというと左のイメージ、とか、そういう言葉を使う人が右っぽいイメージとか。あくまでも事実云々ではなくイメージとして)は確かだろうと思います。


    しつこくなりますが、今回の質問趣旨をぐだぐだと書いてみます。

    指摘の中で比較にも出ましたが、戦時中の「売国奴」といったとき、それは「日本の国体に反する」ということであったかもしれません(次には国体とは何ぞやという疑問が出ますがそれはさておき)。あるいは「日本政府に反する」ということであったかもしれません。

    しかし、日本政府に反対するのが反日政党なら、与党になった民主党ではなく、野党になった自民党が反日と呼ばれてもよさそうですが、実際にはそうではありません(皮肉等を除けば)。何らかの「これぞ正しい、かくあるべき日本」という理念があって、それに対して自民党は反さず、民主党は反すると一部の人たちから思われている、のだと私は考えました。その「これぞ正しい、かくあるべき日本という理念」とは何なのか。それは日本至上主義とでもいうべきもの(ジャパニーズ・エスノセントリズム)なのか(この場合、文化相対主義であること自体が反日となります)、親米・反亜主義(脱亜入欧主義)なのか、それとも大日本帝国憲法+教育勅語+軍人勅諭+旧民法+修身教育みたいな「明治から終戦までの日本の体制」なのか、憲法九条のない日本なのか、あるいは自由民主党五十五年体制の主流をなす思想なのか、自虐史観に対する通称「自由主義史観」なのか(もっとも戦後の「太平洋戦争史観」を日本人に与えたのはGHQですが)、もっと単純にニッキョーソ反対と言ってるだけなのか、そういうものすべての集合体であればどこが根幹あるいは中軸となっているのか、ということをいろいろ考えて、こういう質問をしてみることとしました。

    民主党が反日とかいうけど、仮に小沢一郎首相・前原誠司防衛相(・亀井静香国家公安委員長)だったら全然イメージ違っただろ、とか思いつつ、「反日」という言葉を使って日本人の一部の「非民族派」ともいうべき人たちを非難する人たちは一体何を守ろうとしているのか、何を批判しているのか(今時ゼンキョートー的なものへの批判でもないでしょうし)、ということについて、いろいろ考える材料をいただきたいと思ったわけです。

    だから、だれそれの妻が韓流かぶれだとか、そのあたりの情報ではちょっと困るわけで……。

    kyokusenさんの「日本の国益に反するというよりは、日本というものへの共同幻想に反するものを反日と言っているのではないか」との回答は、その意味で非常に質問の意図にかなっているわけです。
    sebleさんの「ありていに言えば反財閥だろ?」は、乱暴な議論にも見えますが、質問の趣旨には沿っていると思いますし、そういう考え方も検討する必要はあると思います(もっとも、稲盛和夫氏は民主党の大きなバックアップなのですよね)。
    kar-inさんの「所詮、自分にとって「都合の悪いヤツ」でしょ。 」は、それはそうなんでしょうけど、じゃあその「都合」とは何なのか、という質問になります。

    はてなハイクの方も見てみましたけど、
    http://maokapostamt.img.jugem.jp/20070908_19185.JPG
    こういう画像が成立する「背景」って何だろう、ということです。

    その点、nofrillsさんの「反米・反英」との対比は、その背景を探るための参考になると思います。そのまま「反日」に適用できないとすれば、ではなぜ日本と英米ではanti-"my nation"の指すモノが異なってしまうのか、という思索へとつながると思われます。

    確かに「反日」は造語かもしれませんが、私が何日か前に考えた言葉ではなく、それなりに多数の利用者がいます。これと並んで私が注目している言葉は「特定アジア(特ア)」ですが、これも造語といえば造語であり、しかしネット上で特定の意味を持って使われているように思います。確かに、これはほとんどネット限定の用語で知識人は実際には使っていない用語なのですが、特ア三国と呼ばれる中朝韓をセットで敵視し、それらと親和性の高いと目される人をみな反日とみなすような風潮自体は、特アという言葉を使わない人たち(反日というレッテルを他者に貼る人たち)に共通しているような印象を持っています。(wikipediaでの「特ア」の項にはちょっと編集に参加しましたけど、ネット限定じゃない、みんな言ってる、みたいに修正されてしまいました。概念は共通しても、言葉自体はさほど使われてないんですけどね。……話題がそれました)

    今、「中朝韓寄りの日本人を反日」という書き方をしましたけれども、実際にはそれだけではないと思われます。
    非常に曖昧に使われている言葉だとは思いますが、レッテルとしての強い威力を持つこの言葉について、その背景を考えることは、今の日本の何らかの側面を見るために役立つのではないかと愚考しております。よろしくお願いいたします。


    なお、「自らの正義を信じて相手に懲罰的に喰いかかる」という行動は、私がもっとも嫌なことであります。自分の信念は抱いてよいと思います。しかし、それを正義あるいは普遍的な真実として錦の御旗を振りかざし、それに反する者はたたきつぶしてもよい、という考えには与しません。そのような表現をとった瞬間、その人は、言っている内容はいくら正しくても、思考停止による害悪を避けられないと思います。その点でkyokusenさんには大いに賛同します。
  • id:matsunaga
    そういうわけで、この次には「ネトウヨ」についての質問を立ててもいいとは思っているのですが、ネトウヨは「ネット上の右翼民族派(嫌韓などを含む)」という場合と、いわゆるネットイナゴ的な存在を指す場合とがあるように思われます。左翼に反対するのが右翼、右翼に反対するのが左翼、という有名な定義(笑)からすると、まあこの程度でわかったような気になってしまうわけです。

    「はてなサヨク」は政治的主張として極めて左派的な特定少数のはてなユーザーを指す場合もあれば、もう少し広く「はてなユーザーはサヨクばっかりだ」みたいな乱暴な言い方もあります。いずれにしても、そのサヨクとは何?という質問は、あまり深まるようには思えません。南京大虐殺は30万人説に疑問を持つこと自体が冒涜とか、云々とか、いわゆる「はてサヨ」と呼ばれているユーザーの記述を具体的に指摘して終わりです。

    ただ、「あいつらは反日だ」とある日本人が別の日本人に対して言う場合、その「日」って何なの?という疑問は深く考えてよいものだと思います。
  • id:adlib
     
     反日初出 ~ 赤報隊テロ事件 19870124 犯行声明文 ~
     
    ── 「赤報隊」名の声明には、朝日新聞を「反日」「日本民族を批判
    する者」として攻撃し、同年1月24日、東京都中央区築地の朝日新聞
    東京本社も銃撃したとあり、調査の結果、外壁に弾痕が発見された。
    http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sekihoutai.htm
     
     小尻 知博 朝日新聞記者 1958‥‥ 広島 神戸 19870503 29 /20020503 時効成立
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20030304 時効(阪神支局)憲法記念日
     
    ── 朝日新聞阪神支局が襲われた時、最初は何が起きたのかよくわか
    らなかった。衝撃だったのは犯行声明の「反日朝日」という言葉。政治
    や社会のあり方を批判するのは、日本を良くしたいから。それを「反日」
    って何? 怖い時代に入りつつあるのかな、と思ったよね。
     批判するだけで「反日」ってレッテルを貼られるようになったのは、
    まさにこの事件以降じゃないだろうか。
    http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000001104300002
     明日も喋ろう2011/(1)池上 彰さん 20110430
    http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1304198807/
     

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません