睡眠薬は常用しているうちに、効きにくくなってくるということがありますか?

そうだとすると、どう対処すればいいですか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2009/11/03 22:28:51
  • 終了:2009/11/03 22:59:56

ベストアンサー

id:adgt No.1

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662009/11/03 22:32:47

ポイント19pt

睡眠薬で睡眠時間を確保しておいて、体力が極度に減少してしまうのを防ぐ。


その間に、環境を変えたり、睡眠習慣の改善やストレスの対処法を身につけていき、

睡眠薬なしでも眠れるような下地を作る。

徐々に睡眠薬を減らしていく。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

医師が処方した薬を勝手に減らすのは、どうかと思います。

2009/11/03 22:40:00

その他の回答(5件)

id:adgt No.1

adgt回答回数944ベストアンサー獲得回数662009/11/03 22:32:47ここでベストアンサー

ポイント19pt

睡眠薬で睡眠時間を確保しておいて、体力が極度に減少してしまうのを防ぐ。


その間に、環境を変えたり、睡眠習慣の改善やストレスの対処法を身につけていき、

睡眠薬なしでも眠れるような下地を作る。

徐々に睡眠薬を減らしていく。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

医師が処方した薬を勝手に減らすのは、どうかと思います。

2009/11/03 22:40:00
id:medamayakisuki No.2

medamayakisuki回答回数163ベストアンサー獲得回数32009/11/03 22:33:12

ポイント19pt

呑んでいるうちに薬剤耐性が高まって量を増やさざるを得ない、という事態も実はまれな現象なのです。特にベンゾジアゼピン系の睡眠薬は耐性ができにくいとされています。他の薬剤と比較してみるならば、狭心症や高血圧などの薬剤の方が遙かに耐性ができやすいのです。

http://www.biwa.ne.jp/~susumu55/insomnia.htm

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2009/11/03 22:41:42
id:velsel No.3

velsel回答回数56ベストアンサー獲得回数62009/11/03 22:33:26

ポイント18pt

http://www.suimin.net/medicine/chapter_3.html

このページによると調子に乗って増やさない限り大丈夫そうですよ

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2009/11/03 22:42:24
id:afurokun No.4

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/11/03 22:37:30

ポイント18pt

睡眠薬の副作用~習慣性(精神依存)・効果の低下(耐性)~

睡眠薬以外の薬でも、たとえば鎮静剤を頻繁に使用していると、だんだん効き目が落ちてくることがあります。ベンゾジアゼピン系睡眠薬、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のどちらの薬剤を連続使用しても、催眠効果が極端に落ちてしまうことはそうありません。

しかし何年も同じ睡眠薬を毎日使っているとだんだんその効果が低下してしまうことがあります。

http://healthnavi4.net/12/14/000038.php

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2009/11/03 22:44:10
id:lepremierpas No.5

lepremierpas回答回数1175ベストアンサー獲得回数412009/11/03 22:37:47

ポイント18pt

http://www.suimin.net/medicine/chapter_3.html

効かなくなるということは無いようです

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2009/11/03 22:44:41
id:lancer13 No.6

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/11/03 22:43:58

ポイント18pt

睡眠薬の耐性については詳細なデータや試験結果が見当たらなかったが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は医師の指示通り用法と用量を守って使用すれば耐性の心配はほとんど無いといわれている。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の耐性出現はゼロとは言えないものの、アルコールの方がよっぽど耐性は生じやすいということは言える。


以上のことをふまえると、「最近睡眠薬が効かなくなった」「薬を飲んでも眠れなくなった」という訴えがあった場合は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合は薬の耐性を考えるのではなく、薬が効かなくなってしまった原因を探すことが重要である。


チェックポイント

・用法用量を守って正しく服用しているか。

・不眠症自体の悪化はないか

・不眠を助長する生活習慣になっていないか

・アルコールと併用していないか


アルコールの悪影響について

(短期的)

アルコールは眠りを浅くし、途中で目覚めやすくなってしまう。

アルコールは睡眠後半にREM睡眠を増やす作用がある。

アルコールの筋弛緩作用はベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも強いと言われている。

⇒睡眠時無呼吸症候群やいびき、の原因ともなる。

http://blog.livedoor.jp/pharma_di/archives/51457356.html

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2009/11/03 22:45:37
  • id:adgt
    補足です。
    服薬管理に関しては患者の独断で判断すべきではないです。
    ただし、睡眠薬のみを処方しておいて、それが効かなかった場合のフォローが全く無いのであれば
    セカンドオピニオンとして他の病院を受診することが良いかと思います。


    医者と患者が共同して、服薬量を減らすような治療をすることが必要ですし、
    医者側から十分なインフォームドコンセントがなされるべきです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません