インフレが大きく進んだ時に、借金して買った土地は優位に働くのでしょうか、それとも逆なのでしょうか

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/11/04 10:29:52
  • 終了:2009/11/09 09:34:52

回答(5件)

id:goog20090901 No.1

goog20090901回答回数637ベストアンサー獲得回数172009/11/04 10:39:10

ポイント20pt

>借金して買った土地は優位に働く

インフレのおかげで、借金はただ同然になり

土地は、そのときの適正価格になるので

とうぜん、有利になります。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます

2009/11/09 09:26:33
id:seble No.2

seble回答回数4678ベストアンサー獲得回数6172009/11/04 10:49:59

ポイント20pt

インフレが進んだ、という前提が正しければ、貨幣価値が下がった訳ですから、土地の価格は相対的には高い事になります。

進んでから買ったのでは遅い。

今後、どうなるかの問題なので予測が当たれば優位だし、外れれば不利という事です。

インフレが進んでいく過程なら、土地の価格もそれに応じて上がっていくので比較的有利ですが、単純にはインフレ率に応じて上がるので貨幣価値との相対的な価値は同じ事になり、何らうまみはありません。

ただ、現実にはインフレ率よりも土地の価格上昇率の方が高い、ないし時期がずれるので、その差をつかめば有利です。

大恐慌時代に暴落した土地を買い占め、後に景気が回復した時に売って大儲けした資産家もいます。

バブル時もインフレと言えますし、膨張過程では土地投機で大儲けできましたが、崩壊直前に購入したところは軒並み暴落して大損害でした。

 

今の日本はデフレの時代。

物の価格が下がっている時なので、物つまり土地も比較的安いです。

ただ、それほど単純でもなく、石油や貴金属などは逆に高くなっています。

現在が底であれば、今、土地を買えば有利ですし、さらに下がるなら不利です。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます

2009/11/09 09:26:35
id:velsel No.3

velsel回答回数56ベストアンサー獲得回数62009/11/04 10:51:06

ポイント20pt

優位に働きます

土地が安い時に借金をして高くなったときに売って借金を返す

余った差額が手元に残る形ですね

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1231643...

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます

2009/11/09 09:26:37
id:NazeNani No.4

なぜなに回答回数1615ベストアンサー獲得回数2762009/11/04 11:37:47

ポイント20pt

インフレが大きく進み、インフレの影響で価値が上がっている時に、高額で借金をして買った土地は、その後、デフレになった時には土地の資産価値は下がっても契約時の値段で高い借金を返済し続けることになるので、不利になる場合があります。ただし、インフレが更に進んでいる間は、土地の価値はまだ上がることもあるので、景気予想が分かれ道になってきます。永遠に続くインフレもデフレもないので、ある程度底がみえた時が買い時・売り時です。基本的には、土地を運用する場合、デフレが最も進んだ時が安いので買い時、インフレが最も進んだ時が高いので売り時です。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます

2009/11/09 09:26:42
id:papavolvol No.5

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982009/11/04 16:49:18

ポイント20pt

インフレとは、お金が余ってお金の値打ちがなくなる事だと極論しても良いでしょう。


1.借金の金額が下がる事と同じ

インフレになると、お金の値打ちが下がるわけですから、借金が減ったのと同じ効果があります。

年収の2倍あった借金が、2倍のインフレになると年収相当でしかなくなります。


2.土地の値打ちが上がる

インフレになると、当然地価も上がります。

バブル時に借金をして家を買って、デフレになったために家を売っても借金の金額に届かない人が多発して問題になりましたが、インフレになると家の価格の半分の金額の借金をしていても、家の値段が2倍になれば借金は家の価格の4分の1でしかなくなります。


しかし、大きなインフレはバブルになっていつか崩壊するので問題です。

また、インフレになれば利率が上がりますが、日本だけ利率が上がれば海外から高金利を求めて投資マネーを呼びますから、円高になります。円高が進むと輸出依存のメーカーは存続できなくなります。

逆に、預貯金や年金で暮らそうとしている団塊の世代の生活がとても苦しくなります。生活費の出費が増えるのに対して、預貯金や年金は増えないからです。

経済界の人たちはゆるやかなインフレを望んでいるようです。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます

2009/11/09 09:34:02
  • id:seble
    インフレが進むと金利も上がるから借金の利息もふくらむ。
    固定金利なら有利、変動金利なら不利。
    逆の状況なら逆。
  • id:surippa20
    コメント欄にてありがとうございました。参考にさせていただきます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません