サービスサイエンスに関する質問です。不用品回収業は、小会社が乱立しているように見えます。大企業化するのは難しいビジネスなのでしょうか? 諸外国ではどうなっているのでしょうか? 思いつきの意見ではなく、サービスサイエンス的に、ある程度、きちんとした考察(論文など)をお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/11/14 14:41:08
  • 終了:2009/11/21 14:45:02

回答(3件)

id:Baku7770 No.1

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812009/11/14 15:25:23

 リサイクル・ショップのような業態を仰っているのでしょうか?

 だとしたら、そうは思いませんね。

 

 大きくなることは充分可能だと思います。分かりやすいのは古本屋で、ブックオフなんぞは半期で340億の売上がありますから、充分大企業に分類されます。

http://www.bookoff.co.jp/company/index.html

 神田の古書店街にもよく行きますが、こことの違いを考察すると仕入れが違います。古書店街の古書店は本の価値に熟知していて、汚れている本でも高く本の価値で評価してくれますが、ブックオフだと多くが発行年度や本が綺麗かだけで評価します。

 

 ですから、各店舗に持ち込まれた古書をパートの店員でも評価できるようになりますが、古書店街のそれは各書籍の評価を記憶している必要がありますから、まずできないですね。

 

 やり方一つで充分可能です。

 

 廃品回収業でも同じです。私の知るところでは、元機密文書の溶解処理をしている会社なんて、仕入れでも儲けて、トイレットペーパーに加工して儲けてってやっていますね。

http://www.corelex.jp/info/info.html

 一例です。

 要は付加価値や工夫を見出せれば大きくなれるということです。

id:isogaya

すみません。意見を聞いているわけではないです。リファレンスお願いします。

2009/11/14 15:37:58
id:Newswirl No.2

Newswirl回答回数210ベストアンサー獲得回数242009/11/14 16:27:27

ポイント40pt

廃品を回収して、リサイクルを行う過程で設備を稼動させるわけですが、この設備の設置、稼動に大きなコストが掛かるわけです。今までは、人件費の安い中国に廃品を輸出して、これを製品化してから国内に持ち帰るというようなことをしていましたが、金融危機と中国の経済成長等を背景にして、国内でのリサイクル率をあげる動きが高まりました。

クローズアップ現代 放送記録

諸外国の状況のうち、リサイクル率の一番高いドイツを例に挙げると資源循環政策に先進的なことがわかります。ドイツは、拡大生産者責任を活用した企業形態(デュアルシステム・ドイチュランド)をしています。詳しくは、下記の環境省や経済産業省のPDFをご覧ください。

http://www.env.go.jp/recycle/report/h16-02/mat03.pdf

http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/research/h17fy/18...

環境税の導入のされ方によっては、税収をリサイクル業者の赤字補填に廻すことでリサイクル稼働率を上げられるのではないかと期待されています。

id:isogaya

サービスサイエンス的な観点からからはずれていますが、ちゃんとリファレンスがあるので情報的には価値があります。ありがとうございます。

2009/11/14 16:37:13
id:rafting No.3

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762009/11/14 18:55:35

ポイント40pt

日本繊維屑輸出組合が平成13年に作成した『故繊維輸出産業の将来ビジョン』という文献があるようです。

戦後の構造変動と再生資源業者の適応過程

6−4 中古衣料輸出 スケールメリットと選別論理の変化・・・・・・・・・86

6−5 国内向け古着 業態多角化の可能性 ・・・・・・・・・・・・・・・91

上記は、早稲田の学生さんが再生資源業者について比較的丹念に歴史的な経緯などを追っている卒論だと思いますので、卒論などを書く場合には引用できそうです。

  • id:Newswirl
    サービスサイエンスという意味が分からなかったのですが、大企業化は可能です。
    ペットボトルを例に挙げて考えると、処分場にあるペットボトルの量が、1度設備を稼動させるのに収容可能なペットボトルの量を満たし、なおかつ、ペットボトルから出た有害物質を除去するコストを最小化に抑えられる技術を持っていれば、大企業化できます。それには、ペットボトル回収箱のコンビニエンス化と広域の自治体との連携によって日々ペットボトルを調達できるようにしていなくてはいけません。しかしながら、いくらコストを削減していってもバージン資源から生産されるペットボトルよりコストが高くなるのは明白なわけですから、前述したように環境税によってリサイクル商品を優遇するということのようです。これに関する書籍も載せておきます。
    http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4492313443.html
  • id:aoki
    個人的な意見なのでこっちで。
    不用品回収といっても、有価物かどうかで状況は異なると思います。
    有価物の場合は、当然ながら規模拡大する方が有利です。
     
    ただしどうやっても売れない・利用できない廃棄物の場合、いろいろと
    面倒を避けるため、小規模で小回りよくやってることが多いようです。
    安く処分するには法律ぎりぎり、多少倫理的に問題があっても、
    色々やれることをやった方がコストは下がる訳で・・。
     
    例えばですが、今、日本ではセメントの生産量が激減してます。
    セメント原料の約6割は廃棄物。つまり国内では数少ない廃棄物の
    利用先が急激に減っています。
    小さい会社なら引き受け料を受け取り廃棄物を野積みにして、
    さっさと会社をたたんでしまった方が・・。
     

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません