土日に10h以上の長時間睡眠をしてしまいます。理由は朝起きられない、昼緊張が無いので昼寝をしてしまう。平日は会社なので、朝強制的に起きる、昼は職場の緊張感があるので、眠くならないので、6-7h程度と長時間睡眠はしません。土日に平日と同様の睡眠時間で済む方法はありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/11/20 03:17:10
  • 終了:2009/11/27 03:20:02

回答(14件)

id:winbd No.1

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432009/11/20 03:46:48

ポイント14pt

無理矢理にでも予定を入れるのがいいと思います。

私も同じで、仕事がある日は起きれるのですが何も無いと起きられません。

そこで、予定を入れるようにしました。

友達との約束でもいいですし、リアルタイムのネットゲームとかでもいいです。

「その時間にやらないといけないこと」を予定として入れておけば起きられます。

http://q.hatena.ne.jp/1258654626

id:aiaida333 No.2

aiaida333回答回数166ベストアンサー獲得回数42009/11/20 05:15:03

ポイント14pt

嫁に起こしてもらう。http://q.hatena.ne.jp/1258654626

id:Gleam No.3

Gleam回答回数2493ベストアンサー獲得回数2362009/11/20 05:28:32

ポイント14pt

http://sleep-natura.jp/nlb2.html

人間の睡眠は浅い眠りを90分間隔で繰り返すそうです。

だから、寝付いてから6時間後、7時間半後に浅い眠りが来ます。

このとき起きるようにすると起きやすく、眠りの質がよくなります。

まずは、目覚まし時計を7時間半後にセットして寝てみてください。

慣れたら6時間にチャレンジするといいでしょう。

id:afurokun No.4

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/11/20 05:54:24

ポイント14pt

本当に睡眠時間を短くする方法

http://d.hatena.ne.jp/kotorikotoriko/20080213/1202904458

id:lancer13 No.5

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/11/20 05:59:23

ポイント14pt

理想の睡眠時間の見つけ方

理想の睡眠時間の見つけ方

理想の睡眠時間ではその人その人によって理想的な睡眠時間は違うことをご紹介してきました。今回はもう少し詳しく、数字なども交えてあなたにあった睡眠時間の探し方をみてゆきましょう。

自分にとって理想的な睡眠時間を探そう!

理想の睡眠時間は人によって違います。そして同じ人でも年齢によって理想の睡眠時間というのは変わってきて当然なのです。

大切なのは日中に疲れや眠気を感じることなく、毎日を元気に暮らせること。平日は頑張って6時間睡眠だけど、週末には9時間寝ているという人は睡眠が足りていない証拠なのです。

頑張って寝ている時間を削っても、睡眠不足は作業効率を落としたり、事故の原因となるなど、結局のところ無理をして睡眠時間を削るほどの何かを得られるわけではないのです。

さて、では何時間眠れば十分に体が休まったと感じるのでしょうか?以前に行われた調査では:

6時間台 40%

7時間台 31.6%

5時間台 15.5%

8時間台 11.5%

といった結果も出ています。あなたはどの時間がいいのでしょうか?理想の睡眠時間を探す時はできれば1週間単位で考えたいところです。

1週間単位、とは月曜日から始まって日曜日まで、日中元気に過ごすことが出来ることが基準になるということです。

あなたがもし睡眠不足だった場合、その不足分は翌日に持ち越されます。翌日にもそれが解消されなければ、また翌日・・・と。週末にドカッと寝てしまう人が多いのもそのためです。

ですので、理想の睡眠時間を探す時は、例えば6時間睡眠で1週間試してみる、次は7時間睡眠・・・次に8時間睡眠で試してみる・・・という風にして1週間の単位で自分の日中の疲れや眠気を探ってゆきましょう。

http://www.fumin-suimin.com/basic/risou2.htm

id:syabusyabusuki No.6

syabusyabusuki回答回数101ベストアンサー獲得回数12009/11/20 06:03:05

ポイント14pt

どんなに忙しくても睡眠は食事と並んで欠かすことのできない時間の1つです。でも、効果をキープしながらこの時間を可能な限り短くできれば、可処分時間(可仕事時間)を増やすことができる最後の手段とも言えます。

「早起きをするコツ」というエントリでは早く起きることに焦点をあてましたが、今回は睡眠時間そのものを短くすることに注目してみます。

何があっても睡眠時間だけは削りたくない、という方はこの先は読まない方が良いかも知れません。。


前回と同じく『眠りを減らせ!』からのご紹介です。

まず、同書では、睡眠についてさまざまな実験や研究をもとに以下のような結論を提示しています。

 1.われわれにとって睡眠は必要なものである

 2.1日に1,2時間しか睡眠を取らない人もたくさんいる

 3.心身の健康を保つためには7時間から8時間の睡眠を取らなくてはならないというような、一定の基準はない

 4.自分にとって最も調子がよいと思う睡眠時間が何時間であるかを把握すればよい

 5.睡眠時間を短縮するにはそれなりの動機が必要

 6.そのような動機のある人はエネルギッシュで前向きで常に目標を目指してそれを達成しようとするタイプの人が多い

 7.起きている時間を徐々に長くしていけば、そのパターンに適応できる

これらを踏まえて14の秘訣としてまとめられています。今回は前編として1?7をご紹介します。

1.浮かした時間で何をしたいかを明確にすること


1日に1時間から2時間も余暇が増えるから」とか「時間があればいろいろなことができる」などというようなあいまいな気持ちではじめないほうがよい。よほどはっきりとした特別な動機がない限り、朝ふとんから出るのはそう簡単なことではない。動機というのは非常に大切な要因で、はっきりとしていれば実に大きな力となるだろう。

(中略)

睡眠時間を減らしはじめた最初の日に、浮かした時間にしかできないこと、他の時間にはそれをしている余裕のないようなことをする。そうすれば、睡眠時間短縮プログラムが先に進むにつれて、同時に何かが成しとげられていくので自然に熱意がわいてくる。

ハナニンですね。

2.体調のよいときにはじめること

はじめないほうがよいとされるのは、以下の2つの場合。

 (1)「特にストレスがたまっていたり、重い睡眠障害にかかっていたりするとき」など「普段よりも休養を必要とするとき」

 (2)ふだんよりも大変な状況に直面しているとき(出産を控えていたり、新しい仕事についたりしたときなど)

3.2週間のオリエンテーション期間を設けること

2週間の助走期間を設けること、具体的には、毎日、睡眠時間とその日の気分を記録することが推奨されています。


睡眠時間を記録するだけでなく、その日の気分の状態も記しておくこと。つけるかつけないかはその人の自由というのではなく、必ずつけなくてはいけない。何時間の睡眠をとったかということを毎日正確に書きとめておく訓練をする必要がある。そうでないと、頭の中でだいたいの時間を見積もって適当にごまかしてしまう可能性がある。それに、記録をしておけば睡眠時間短縮の経過を全体的に把握することができる。

全体的な進み具合がわかっていると、たとえうまくいかない日が2,3日あっても、さほど気に病まなくてすむ。

また、その日の状態を簡単に記しておくことは──たとえば「午後は非常に疲れを感じた」とか、「今朝はベッドから出ることが全然つらくなかった」などというように──いろいろな意味で非常に役に立つ。それを記入することは、睡眠時間短縮の進行状況を明確に示すだけでなく、自分自身を励ますための心強い話し相手の役割をも果たすのだ。

『パフォーマンス・マネジメント』で言うところの好子につながるということですね。

4.睡眠スケジュールにこれだけは必要な条件

 (1)1日の睡眠時間を一定に保つこと

 (2)毎日同じ時間に寝起きすること


次の日の気分を左右するのは何時間眠ったかということではなく、いつもの時間に寝起きしたかどうかだということが、研究によって明らかにされている。

睡眠時間を減らす具体的な手段は以下のいずれか(どちらでもよい)。大切なことは毎日規則正しくすること。

 (1)夜型の場合:寝る時間を30分遅らせて、朝はそれまでと同じ時間に起きる

 (2)朝型の場合:夜はいつもと同じ時間に寝て、朝は30分早く起きる


できる限りスケジュールに近い時間を守ること。はめをはずせばはずすほど、元に戻すのは難しくなる。それに、睡眠の不足分を取り戻そうなどとは考えないほうがよい。つまり、たとえば7時間の段階であれば、1時間多く眠ってしまった日が1日あったとしても、次の日に1時間減らす必要はない。いつもと同じように7時間の睡眠をとるべきなのだ。また、いつもより1時間少ない日があったとしても、次の日に1時間多くする必要もない。


5.睡眠時間は徐々に少しずつ減らすこと

 (1)睡眠時間を短縮するときは30分ずつ減らすことが望ましい

 (2)減らしたらその睡眠時間への順応期間を設ける

順応期間は年代別・睡眠時間別に異なるようです。

 ・20歳?30歳:6時間半まで:3週間

 ・20歳?30歳:6時間半未満:4週間

 ・30歳?45歳:6時間半まで:4週間

 ・30歳?45歳:6時間半未満:8週間

 ・45歳?55歳:7時間まで :4週間

 ・45歳?55歳:6時間まで :6週間

 ・45歳?55歳:6時間未満 :8週間

 ・55歳以上 :自分のペースで

たとえば、30歳の人が現在7時間睡眠だとしたら、以下のような感じで減らしていくことになります。

 (1)7時間 :最初の2週間はオリエンテーション期間

 (2)6時間半:3週間続ける

 (3)6時間 :4週間続ける

 (4)5時間半:4週間続ける

 (5)5時間 :4週間続ける

 (6)4時間半:4週間続ける

 (7)4時間 :4週間続ける

 (8)3時間半:4週間続ける(続くのか!?)

ということで、今日から開始すると1時間減の6時間に順応し始めるのは11月初めです。順調にいけば年明け1月に5時間。4時間に到達するのは3月ということになります。長期戦ですね(しかも寒い時期なのに…)。

6.無理せずあせらず着実に


睡眠の習慣というのは一度身につくとなかなか変えられない。無理に変えようとすると、当然ストレスが生じる。新しい睡眠時間に慣れるまでは眠気や疲労感を感じるし、仕事の能率も落ちる──少なくとも能率が落ちるような気がする。

(中略)

ただしそれはいつまでも続くわけではなく──新しい睡眠時間に取りくむごとに──せいぜい1週間から10日ぐらいであろう。

正確には人によって異なるそうですが、個人的には今まで睡眠時間を短くしようというチャレンジに幾度も挫折した経験を振り返ると、順応にこれほど時間がかかるのなら、途中で諦めていたとしても無理はなかった、と思えます。

ただし、


もし10日から2週間たってもうまく順応できないようなら、その段階に挑戦するのをひとまず中止して、うまく順応できた段階に戻したほうがよい。

とも書かれています。

7.自分の「短眠時間」の目安と限界を知る


自分に素直にならなくてはいけない。10日から2週間たっても新しい睡眠時間になじめなければ、そこで中止して一つ前の段階に戻ること。そして次の月にもう一度試してみて、それでもうまくいかなければ自分の限界に達しているのである。したがって、それ以上がんばっても無意味だ。ここまでは睡眠時間を減らすことができるという限界が──おそらく生まれながらにしてもっているのだろう──誰にでもあることを認めなくてはならない。


いろいろ紹介してきましたが、これらを根底からぶちこわすのが、日野原重明氏(94歳)の以下の言葉(かなり古い記事ですが…)。


それで昨日寝たのは午前2時で今日は朝7時半から仕事をしている。1日に寝るのは長くて5時間まで。週に1度か10日に1度は必ず徹夜して作品を仕上げるとますます気力が出てきて愉快になる。生産的な仕事をしているからストレスにならないんですよ。

(中略)

ルネ・デュボスというフランス人の微生物学者が『人間と適応』という本の中で「健康な状態とか、病気の状態というものは、環境からの挑戦に適応しようと対処する努力に、生物が成功したか失敗したかの表現である」と記しています。

(中略)

規則正しくバランスを取って箱入り娘になるよりも、不規則な方が適応力がつくということですよ。

http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=90






睡眠時間が人より長いことが悩みで、ショートスリーパーになりたい。

でも、短眠法を実践するのに努力はしたくない。

最近仕事が忙しくなってきて、ひとりの時間や趣味にあてる時間がほとんどない。けど、諦める気は全くない。

夜遅くまでの仕事のせいで、寝不足気味。昼間は疲労感でたっぷり。

夜の寝つきが悪く、眠りにつくまでに5分以上の時間がかかってしまう。

小さな物音でも起きてしまうほど眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めてしまう。

朝は苦手で、起きるのが辛い・・・。

本当は一発でラクに起きたいが、二度寝がやめられない。

睡眠時間が長いにも関わらず、熟睡感が全く無い。

単純に、遊ぶ時間、読書の時間、資格取得のための勉強時間、起業の為の準備の時間など、まとまった時間が欲しい。

たった一回の人生を、より充実したものにしたい。やりたいことは全部やりたい。

1日を28時間にしたい。

などなど、お考えではありませんか?

以上のうち、一つでも当てはまることがあるなら、

このページを今すぐ読み進めてください。

私は、有り余るほどの自由な時間を作るためにすべきことが何なのかを、

このページの中に書いています。

あなたはこの機会に、これから一生にわたって使える“宝”を手にすることでしょう・・・


人生をより満喫したいあなたへ

すべての人に平等に訪れる死。

普段からそれを意識して、より充実した人生を送ろうと思っている人は

そう多くはないのかもしれません。

「二十歳すぎると早いぞ」

そう、同僚の先輩にアドバイスされたことがあります。

「人生はあっという間に終わる」

そんなことを耳にしたある時期、残りの人生について

真剣に考えるきっかけを得ました。

そして、

“やりたいことが多すぎる”

ということが分かり、すぐに行動に移すべきだと分かったんです。

結果、賢く睡眠時間を圧縮して、ショートスリーパーとして元気な毎日を

送っている今があります。


一方、世の中ではいまだに「寝つき」に時間がかかるとか、

「眠りが浅い」とかで悩んでいる人で溢れ返っているようです。

「寝つき」に時間がかかるとかは深刻なことです・・・。

なぜなら例えば、床に入ってから5分で爆睡できる人と、

入眠までに35分かかる人 がいるとします。

20歳~86歳の人生と考えて、35分かかる人は5分で爆睡できる人に比べ、

1年と136日分(24時間フルに活動 しての場合です) も

無駄な時間を過ごすことになるのですから。

自由な時間が欲しいのなら、一番簡単な方法は実は、

睡眠を変えること

なのです。

単にその方法を知らないがために、知らず知らずのうちに

時間を浪費し続けている・・・

そんな悲しい“睡眠の奴隷”は増えつづける一方です。

毎日有り余るほどの時間とエネルギーを簡単に手にする方法が、

宝のごとく隠れて 存在することも知らずに・・・。


実は私自身、ショートスリーパーになるまえは“睡眠の奴隷”でした。

当時はひどい生活スタイルで、1日の睡眠は平均12時間。しかも、そんなに時間をられても、

起床後しばらくの間は、ボンヤリしているだけ・・・

寝るときは全く眠りにつけず、どんどん時間だけが過ぎていき、就寝時刻も毎日ずれていく。

そのためにストレスも溜まってくる。

そんな状況でしたが、長い間そのことを解決しようとは思わなかったんです。

(今振り返れば、なんて無駄な時を過ごしていたのだろう・・・と思いますが。)

それは、「自分にはそれだけの睡眠が必要なんだ」という勝手な思い込みからでした。

というのも、私は持病があり、そのクスリの副作用として睡眠にも影響を与えるようでしたから。

加えて、早起きは得などと聞いていても実際は面倒くさいし、二度寝が好きだったのです。

床に入ってから6時間くらいで一度目が覚めるのですが、そこから気付かないうちに

再び眠りの中に 入っていく・・・

しかし先ほどお話したように、運良く人生について考える時間を得、

新しくビジネスをやると決心し、 書籍で勉強や研究等をするようになると、

12時間睡眠の私に残された時間はとても少ないものでした。

そんな時期に、私は衝撃的な事実を知ることになったのです。それは、

世の中には3時間しか眠らない人や、4時間眠れば十分という人が結構存在していた

ということです。

私は一時期、インターネットを使った「チャット」というものにハマっていたのですが、

そこで知り合った人に 短時間しか眠らない人が多数いたのです。

本人達は短時間睡眠を実践しているという意識はなく、 そういう体質らしいのですが。

そのうちの一人に、私自身12時間は睡眠をとっているということを話したのですが、

そのときの彼の返答に、私は愕然としました。

「12時間?バカなんじゃないの?一日の半分寝てるとかいって、

何のために生きているんだよ。

寝ることが仕事か?だいたい、6時間以上も寝てるとか、

時間の大切さを分かっていない、 哀れなナマケモノだよ。」


今でこそ、自己改革のきっかけを与えてくれた彼には感謝していますが、

その言葉を聞いた時は悔しさと、 時間を無駄にしてきたことへの後悔に襲われ、

病気であったとはいえ彼に言い返すことすらできませんでした。




そして、私の研究・調査は始まったのでした。

もちろん、当時は自分の睡眠を変えることが目的でした。


“時間をお金で買う”


そんなことを意識しながら、研究の為に何万円も使って情報収集。

研究のテーマははじめ、“睡眠”に絞っていたのですが、知的好奇心が刺激されていき、

成功哲学的なものや、スピリチュアリズムのようなものまでも読み漁りました。

その、「回り道」「寄り道」が実は、あとあと大変役に立ったのです。

短眠の実践の前に、まずは方法を体系化していくようにしていました。

結果、さまざまな ジャンルの知識の混ざり合いで、多くの“ひらめき”が起こり

「ああ、もしかしたら、これを使えば簡単にできるのではないか!?」

と、斬新で大変効果の期待できる「方法論」ができあがったのです。それらは、


「簡単なことをするだけで、夜瞬時にして眠りにつく方法」や

「モチベーション、情熱を引き出す方法」


という風に、まとめられていきました。

そしてこれらの研究の末に、私は短眠習得のための

簡単なスケジュールを作り、

忠実に 実践したのです。

結果・・・

1週間でショートスリーパーに変身しました。

もちろん、1週間たった当時は少し眠さもありましたが、今はスッキリとしています。


さて、私は“できるだけ情報を集め研究する”ことを優先し、実行に移していったわけですが、

その調査の過程で、世の中には「不眠」や「入眠障害」、「睡眠時間」で悩んでいる人が

沢山 いることを再認識しました。

当然、悩んでいる人の数に合わせて、睡眠に関する情報を提供するすばらしいサイトも

増えている のが現状です。

しかし、「短眠の実践」や「入眠」の克服を試みる、となると

「私にはムリだった」

「もともと、体質が違うんだよ」

などと言って、簡単に挫折してしまう人が多くいるということが分かりました。


ネット上の書き込みを見ていると、

「どうしたら睡眠時間を減らせますか」

とか

「なかなか寝つけないんです」

などと、皆さんの悩みや諦めを見ていて、「なんてもったいないことを・・・」と

悲しい気分になってくるのです。

「睡眠について誰もまともに教えてくれないが為に、悲惨なことになっている・・・。」

そう思いました。

そこで私は、

誰でも簡単に入眠と起床をマスターし、努力することなく

ショートスリーパーになる方法を、無料で公開すればいいのではないか?

という結論に至ったのです。それでは・・・


私が1週間でショートスリーパーになる過程で、最も大切だと確信していること。

それは、


「モチベーション」


です。

ワクワクしながら克服する、情熱を持って取り組める、それが一番大切なんですね。


「なんだそんなことか。精神論なんて聞きたくねえんだよ!」

「まあ、あたりまえだよな。でも俺にはそんなことまでして短眠するつもりはないよ」


そんな声が聞こえてきそうです。

そう思われてもある意味仕方がないですね。

なにしろ、短眠に失敗する最大の理由が、「モチベーションがない」ことなのですから。

実際、私が挑戦する前の研究で一番時間を使ったところでもあります。

そんな私が提案します。


“じゃあ、自動的にワクワクする仕組みを使えば、問題は解決できますか?”


それが、先ほどまとめたといった「モチベーション、情熱を引き出す方法」なのです。

ここで肝心なことを言います。


モチベーションを引き出すのに、努力する必要は全く無い。


ということです。

やることはシンプル。難しいことは一つも無く、誰でもできることです。

私はもともと、時間を作ることよりも“有意義に過ごしたい”のであって、

短眠を実行するためにわざわざ努力するつもりなんてありませんでした。

3時間睡眠のために 努力するくらいなら、6時間寝てた方がまし・・・。

そんな考えです。

そんな“ナマケモノ”のような私でも、「努力なし」で短眠を実現するのに必要なことは、

どうすればできるかという「情報だけ」だったわけです。

それさえ実行すれば、仮にあなたが短眠に全く興味がなかったとしても、

機械的に自分の時間を 倍増できるようになります。

つまり、冒頭で言った「寿命が延びるクスリ」という表現も、 あながち大げさな表現では

ないということなんです。


まあ、実践してみれば誰でも納得していただけることなんですが。

さっき言った「モチベーション」を自動的に引き出せば、誰だって可能です。

モチベーション・情熱を引き出す工夫をする。それだけです。

私に言わせれば、みんな、余計なことしすぎなんです。

時間が無いとか言って、速読法を身につけて読書量で他人と差をつけようとしたり、

「朝の習慣」 などと言って通勤電車の中で英語のリスニングなどに取り組んだり、

本当に優先順位が狂っていますよ。


忙しいのが好きなんですか?


そうなら構いませんが、私はもっとマイペースに仕事にとりくみ、趣味も充分に楽しみたいし、

毎日遊ぶ時間が欲しい。そしてなにより、毎日ワクワクしながら生きていきたい。

そのために、サクッと睡眠時間を短縮して、濃密な人生を送るようにしています。

物理的な時間を手に入れただけでなく、情熱も大きくなりました。

モチベーションを自動的に引き出すことを習慣にしてしまったので、

短眠に役立っただけではなく、 一生にわたって充実した人生を送れます。

毎日がワクワク。本当にたのしいです。


ワクワクしているときって、時間が過ぎるのが早く感じますよね?

本当は3時間過ぎているのに、1時間しかたっていないように感じる・・・

実は人の老化って、その主観的な時間の経過に合っているらしいのです。

つまり、1時間分しか老化していない・・・

ということは、毎日ワクワクしていれば、それだけ若々しくいられるということなんです。


そう、思い出させてあげたいくらいです。

なんであんなにスケジュールをビッシリにし、せかせかとしているのか・・・。

なにやらできるビジネスマンぶって、

「俺は忙しいんだよ。まあ、緊張感を保つためにも、早起きして睡眠は短時間に抑えているよ」

とか

「光陰矢の如し。時は金なりってつくづく思うよ」

とか、何やら自信満々と話しておきながら、本人は6時間も睡眠に費やしている・・・。

6時間も寝てて「忙しい」なんて、今の私には到底理解できないライフスタイルです。

あなたには、そんな「時間の浪費」という現実から脱け出すために

必要なことを教えました。


「モチベーションを刺激して、短眠を実践する。」


そんな単純なことを実行するだけで良いのです。

いい加減、気づいた方がいいと思います。

「自覚しておきながら見てみぬフリをする・・・

その先延ばしだけで、人生の大切な時間を 無駄にし続け、

あとあとになってから“後悔する”人生になるということに。」





そう思われたことでしょう。

おそらくあなたは、短眠に関する書籍を読まれたことがあるかもしれません。

私も多くの書籍を読みましたが、肝心なモチベーションについてや、

もっと簡単に実践する方法は 全然書かれていませんでした。

そこで、巷にはない私のこの研究の成果を、レポートとしてまとめることにしたんです。

このレポートは、短眠にフォーカスしたものですが、それを実行する前提として

「入眠」の問題や、 熟睡する方法など“必然的に”身に付けることになるカテゴリーも

詰め込みました。

つまり、ショートスリーパーとして無駄を完全に省くために、素早く入眠する、

熟睡する、確実に起床する、 ことなどは避けて通れないからです。




さて、そうしてできあがった「驚愕の睡眠術」ですが、その内容の一部を紹介すると・・・

長時間睡眠のデメリットをあげればキリがありません・・・。

では結局、最も効率の良い睡眠時間とはどのくらいなのか?

入眠、起床のコントロールに必要となってくる体温管理ですが、

太陽の光を浴びるとか、入浴とか、そんな面倒なことをしなくても “自動的に”リズムを調整できます。一体その方法とは・・・?

「朝起きるのが苦手です・・・。」もういい加減、そんな悩みは吹き飛ばしてください。

嫌でも覚醒し、強烈な目覚めをものにする超ワザとは?

(目覚めたときに布団の中でするある動作・・・たったこれだけで、起きれないなどと言う言い訳は二度と口にしなくなるでしょう。)

入眠に悩むのは、もう終わりにしましょう。

素早く確実に眠りにつくための、脳を睡眠に導く方法とは?

みんな、このことに気づいてないんです・・・。

就寝の直前にしたら必ず損をする、2つの行動とは?

短眠実践のカギはモチベーションだと述べました。

しかし、まったくモチベーションが無い人でもワクワクしながら取り組めてしまうことが可能なんです。

つまり、まったく努力無しに、自由な時間を手にすることができます。一体、どうしたらそんなことが可能なのか?

短眠実践にも、人生の充実の為にも大切なモチベーション。

実は、“ツール”を使うんです。

一体、強烈なやる気をおこさせるツールとは何なのか?

短眠を実践して、すぐに挫折・・・。

よくありがちですが、日中にあることをすれば、簡単に解決できることです。

その対処法とは?

運動をすると休息が必要になると思われがちですが、実際には睡眠の質を上げる効果があります。

その効果を最大限に活用するための簡単な運動とは?

睡眠の質を上げるのに重要な要素である「食事」。

細かなことより、避けるべき食べ物を知っておくべきです。

一体何を食べるべきでないのか?

起床時刻に目覚ましなしで起きる、非常に使えるテクニックとは?

寝る前の動作をルーチン化する・・・その驚くべき効果とは?

驚異的な効果のある動作。

寝る前にこれをルーチンとして取り入れれば、爆睡を約束することができます。

その方法とは?

不眠にも大変効果のあると言われている、寝る際に深いリラックス状態を作り出すにはどうするのか?

(これを習慣にすることで、二度と「眠れない」ということにはならないでしょう。)

たったの5分のある動作。

これを習慣にするだけで、短時間睡眠でもスッキリ起きることができ、日中もバリバリ活動することができます。

その方法とは一体なんなのか?

これは絶対に習慣にして下さい!

あるものを摂取するだけで短眠の実践の大きな助けとなります。

これをしないで短眠なんて、無駄な労力が増えるだけです・・・。

その最も効果的な摂取のしかたとは?

熟睡感を得たいが為に、あるテクニックを使っている人たちがいます。

たしかにそのテクニックで急激に 眠気を呼ぶことができるのですが、そのワナとは?

(そんな無駄なことをしないいいんですよ、熟睡する方法はいくらでもありますから。)

ビジョン(夢や、目標)をより明確に、より具体的にするための効果的な方法とは?

眠るのに最適な時間帯、入浴のタイミングはいつなのか?

短眠実践でも大切な「目的意識」ですが、それを明確にすることを利用して、

世界で一番簡単に夢を実現する方法、があります。

それは一体どのようなものなのか?

(自分の夢をワクワクしながら実現してしまう方法です。)

“世界一簡単に夢を実現する方法”をさらにパワーUPさせ、一日中情熱を湧かせるための裏ワザとは?

今話題の「引き寄せの法則」。これを活用するための簡単なツールというものがあります。しかもこのツールを“複製”することで、何倍もの効果を得ることが出来ます・・・。

その“複製”方法とは?

などになります。

もしあなたが、単に「短眠」について詳しく知りたい、睡眠の理論を知りたいというのであれば、

一般書籍でも買って読んでください。

このレポートには睡眠に関する深い理論などは書かれていません。

すぐに役立つ実用書であり、書籍には無い貴重な情報をお届けすることは約束します。

どうせこのレポートを読んでいない人は、時間を無駄にし続けるだけですから、

焦らずじっくり読んでくださいね。










これだけでは微妙に不十分かも…

さて、今回このレポートを世に出すことにしたものの、

「微妙に不十分」という意識が消えませんでした。

もちろんメインのレポートだけで、ショートスリーパーになることは可能ですし、

そのためのノウハウは十分過ぎるほどに詰め込みました。

ただ、ショートスリーパーになっただけでは、

時間を得るというだけで、それを有効活用できるとは限りません。

そこで、以下の情報を“無料で”お付けすることにしました。




本レポートを読まれた方には“長距離の成功者”になってもらいたい。

そんな気持ちから、これから成功者になるであろう方から、

もっとラクして成功したい という方の為に、

誰よりもラクして夢を実現し、ラクして成功者になり、それを一生維持する

ために必要な情報を、特典として提供することにしました。

メインのレポートと併用することで、大きな“相乗効果”が狙えます。

そんなうまい話があるのか、と思われてしまいそうですが、

非常に重要なことが書かれています。


この情報は、人によっては10万円の価値があるかもしれません。


私には、それくらいの価値がありました。

実際、そのおかげで精神的な充足を大きく得ることが出来たのです。

この情報、友達に教えてしまったことがあるのですが、

「世の中成功者で溢れるじゃん」

「人より差をつけるとかいって、これ公開したら みんな成功しちゃって差がつかないよ」

そう言われました。

世の中成功者で溢れたとしても私にはデメリットはないし、むしろ喜ばしいことなので、

この情報を、特別にあなたにお譲りしたいと思います。

是非、活用してください。

早ければ早いほど、人生で最も大きなリターンをもたらすことになる初期投資

さて、このレポートの値段ですが、いくらだと思いますか?

私、春川幸司が1年近くに渡り書籍・情報にお金を投資し、

研究を重ね自ら実践し成果をテストした、 そして何と言っても

“1週間”でショートスリーパーへと変身できた、濃厚なノウハウ。

短眠のエッセンス、テクニックを凝縮し、できる限り短く分かりやすく要約した濃縮レポート。

そして、もしかしたら本レポートより重要かもしれない、

現代の成功者には欠かせない特典情報。

是非、実践する人に読んでもらいたいです。

一方、読んでもらいたくない人もいます。それは、

読むだけで実践しない人。

そんな人はお断りです・・・。

実際はやることがシンプルで簡単ですから、

そんな人でも時間を手に入れることができるでしょうが。

なにしろ、努力無しで有り余る時間を手に入れることにフォーカスしたものですからね。

現実に、私が努力を要したことと言えば、長い期間をかけてひたすら情報を

収集し続けたことぐらいです。

そして研究をしたこと。短眠の実践自体はワクワクしていましたから。

その“努力”の対価として、ずばり価格は、

49,800円

です。

はじめは本レポートを1万円、そして特典の情報が10万円ですから、

合わせて11万円のものを49,800円という、半額以下の価格で提供することを考えていました。

少なくとも11万円です。実際の価値はそれ以上だと思っています。

しかし、おそらく長い間この情報を待ちつづけていたという方たちへの

先行価格として、今の期間に限りましてこのページを開いている方には、

9,800円でお譲りいたします。

この価格に関連することですが、あなたに伝えておきたいことがあります。


先ほど申し上げたように私は、短期間でショートスリーパーになるための研究、

そしてそれを誰もが簡単に実行 するためのレポートを完成させるために、

多くの時間とお金を投資してきました。まさにその点では、本レポートは 努力の結晶と言えます。

実は、研究の為につぎ込んだ情報代に加え、

それを公開するための費用等を合わせると十数万円はかかりました。

あなたには、そんな遠回りをしてもらいたくないし、「時間」を増やすためだけに

無駄をするべきではない。 そういう気持ちです。




仮にあなたの睡眠時間が現在6時間だとします。

短眠を実践して、3時間短縮すると、1ヶ月 3×30=90時間 の自由を

手にすることになります。

1年間で、 1080時間。

つまり年間にして、45日分もの時間を得ることができるのです。

そして例として、あなたがその時間を仕事につかい、時給に換算するならば、

1時間1,000円として、1,080,000円。

年間108万円の利益となります。

しかも効果は一生続くものですから、10年でも1080万円もの利益・・・。

それの初期投資として考えてみてはどうでしょうか?

株だのFXだのに投資するより、よっぽど堅実な投資として、自信を持ってオススメします。




10万円の価値のある、特典も忘れないで下さいね。

人によっては、こちらのほうが重要なのかもしれません。

すぐに行動に移せて、効果がジワジワとでてくるものですから。

本当は、レポートと特典をセットで10万円は頂きたいと思っているんですよ・・・。

どちらも“一生型メリット”のものですからね。

特典は今回は無料でお付けいたしますが、

もしかしたら近いうちに単品として、

10万円で公開することになるかもしれません。










私は、おいしい話だけをするつもりは無いです。

このレポートの内容を実践することによる“デメリット” もあります。正直に述べておきますが、

それは、

「もっと早く実践しておけば良かった」

という後悔をする可能性があるということです。私にはありました。

それともう一つ。簡単に時間が増やせてしまう為に、

「暇で困る」ような状況になる人もでてくる、ということです。

私はやりたいことがありましたから、問題は無かったですが・・・。


多くの人にとって、1日3時間の睡眠になることで、今までとは比較にならないくらい

充実した生活 が待っています。例えば・・・

朝9時から夜5時までバリバリ仕事、その後は友人と遊びおしゃべり。

そして夜は恋人とデート。

家に帰ればテレビ を見ながらビール。

そしてそのあと夜中まで資格の勉強。

加えて起業の準備。

やっと就寝し熟睡をとったら、 朝は3時起きで、趣味に没頭。

朝食前は公園を散歩。そしてまた出勤・・・

しかしそんな生活も、睡眠時間がたったの3時間というのも、

21世紀になった今、そんなことは凄いことでも 何でも無くなりつつあります。

現在ヒトの平均睡眠時間は7時間と言われていますが、その数字は徐々に減ってきているようです。

近未来の予測ですが、「あの時代はなんて無駄な時間を過ごしていたのだろう」と

振り返る“平均4時間” があたりまえの時代がくるはずです。

そんな時代がくる前に、一緒に先取りしてしまいましょう!

(このテクニックは一度身に付けたら、一生涯に渡って効果 を得ることができるということを

忘れないで下さいね。)


生まれたときから死ぬまで毎日、誰もが体験している睡眠・・・

それにも関わらず、小・中・高と学校で睡眠の大切なことを教わることが無いという現実。

どう考えても、不思議であるとしか思えません。

本来大切な「時間」に関わることですから、自転車にのる練習のように、

正しい習慣を身に付けていくべきもの だと思います。

「体質だから・・・」とか、適切な理解もなしに「寝る子は育つ」とかいう思い込みによって、

時間を無駄にし続けている のは、何とも悲しいものです。

多くの人にとって、睡眠を濃縮することなど自己啓発の一種と捉えられている現状を、

何とかしたいのです。


勘違いしないでいただきたいのですが、私は長時間眠ることが絶対に悪いと

言っているわけではありません。

“無駄”を無くしたいだけ。

眠りにつくのに5分もかかるとか「二度寝は最高!」とか、そんな本人はどれだけ

“無駄”をしているか気づいていない・・・。

誰も警告、アドバイスしてくれない、教育システムをなんとかしたい・・・

教育は変えることはできなくても“睡眠の参考書”のようなものを作りたい。

そんな思いで完成させました。睡眠の授業の担当は、私が引き受けます。

あなたに少しでも役立つことができれば、幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

http://short-sleep.com/sleep/

id:azuki1975 No.7

azuki1975回答回数181ベストアンサー獲得回数12009/11/20 06:12:49

ポイント14pt

よく、理想の睡眠時間として「1日8時間」という数字があげられますが、これは医学的根拠があるわけではなく、多くの人の睡眠時間が6~9時間の間という統計から出された平均的な睡眠時間にすぎません

近年、日本人の平均睡眠時間は年々減少傾向にあります。NHKが2000年に行った国民生活時間調査によると、日本人の平均睡眠時間は7時間23分で、年代別では30代が6時間57分、40代が6時間59分と、働き盛りの年代で特に睡眠時間が短いという結果が得られました。

ただし、平均睡眠時間はあくまでも一つの目安。睡眠時間にはかなりの個人差があり、6時間よりもっと少ない3~4時間の睡眠で十分な人もいれば、9時間以上の睡眠が必要な人もいます。基本的には、日中眠気がなく、きちんと活動していくのに十分な睡眠時間が確保されていれば、何時間でもかまわないといえます。

長く眠る人でも、脳の睡眠であるノンレム睡眠は短時間睡眠の人と変わらないとの報告もあり、

睡眠は時間よりも「質」の方が重要。質のよい睡眠とは、目覚めがスッキリとしていて、ぐっすり眠ったという満足感が得られる眠りのことです。

http://www.kaimin.info/part/dictionary/di04.html

id:azuco1975 No.8

azuco1975回答回数613ベストアンサー獲得回数162009/11/20 07:31:51

ポイント14pt

>土日に10h以上の長時間睡眠をしてしまいます。理由は朝起きられない、昼緊張が無いので昼寝をしてしまう。

普通ですが、無理して睡眠時間を削ると体調を崩すかも。

昼はお出かけすれば、昼寝が出来ませんよ。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:sirotugu40 No.9

sirotugu40回答回数449ベストアンサー獲得回数142009/11/20 07:36:05

ポイント13pt

土日の昼には、モカ錠を服用しましょう。

モカ錠は薬局で売ってます。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:lepremierpas No.10

lepremierpas回答回数1175ベストアンサー獲得回数412009/11/20 11:08:53

ポイント13pt

それだけ平日に疲れているということもあるのでしょうね。

まず、朝ごはんを食べるという目標を立ててください。

朝食に、どこかブレックファーストを食べに行く予定を自分で決める。

朝ごはんを食べるだけでも目が覚めますし、その目標により朝起きる理由をつけます。

出来ることなら朝ごはんを食べに行く友人を誘っておくといいでしょう。

そのほうが約束を破らないでいられると思いますhttp://q.hatena.ne.jp/1258654626

id:harumi2 No.11

harumi2回答回数1378ベストアンサー獲得回数302009/11/20 16:59:10

ポイント13pt

7~8時間で起きれるように習慣づければいいと思いますよ。仕事の時は起きれるわけですから起きようと思えば起きれると思うので 何時起きると決めて目覚まし時計セットしておけばいいと思います。

http://amor1029.exblog.jp/1592079

睡眠が長い人は早死するという説もあるのでご参考まで。

id:ncho No.12

ぎるどんちょ。回答回数17ベストアンサー獲得回数22009/11/21 10:47:54

ポイント13pt

それだけ疲れているということで、兆時間睡眠になってもよいとは思うのですが・・・。

眠いのは、体が欲しているからだ!と楽天的に考えていますが。

ただ、逆に寝すぎると、夜眠れなくなって月曜日が苦しいことになるのは、私もよく経験しますが><

平日と同じように、朝はめざましをかけるとか、

夜は同じ時間に寝る などすれば、習慣化されると思います。

URLはダミーです

id:udden No.13

udden回答回数11ベストアンサー獲得回数02009/11/22 05:48:08

ポイント13pt

休みの日に10時間以上も睡眠をしたくない理由が分かりません。

「やらなくてはいけないこと」があるのでしたら、自然に交感神経が働いて、目が覚めると思います。

ご自身の体が休息を求めているのなら無理して6~7時間にしなくてもいいのでは?

張りのある休日を過ごしたいのなら

http://www.lifehacker.jp/2009/07/20_1.html

などはいかが?

id:aiaida333 No.14

aiaida333回答回数166ベストアンサー獲得回数42009/11/22 07:40:06

ポイント13pt

無理やり起きれ!!

以上

http://q.hatena.ne.jp/answer

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません