不同視(左右の視力が異なる)なのですがどうすれば治りますか?

ネットで探すと、健康サイトばかりがヒットして、実際に直った方の話が見当たりません。
実際に治す方法を教えてください。
宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/11/29 16:24:05
  • 終了:2009/11/30 21:19:00

ベストアンサー

id:NazeNani No.8

なぜなに回答回数1614ベストアンサー獲得回数2762009/11/30 06:58:47

ポイント60pt

自分も不同視に加えて、片目が先天乱視で、

左右の視力が平均で0.4〜0.6位違います。

そのため、良い方の目に頼って生きて来たので、

片目ばかりが疲れる、遠近感が分かりずらい角度がある、

時々、偏頭痛や肩こりがする上に、もしこのまま

もう一方の目を使わないでいると、将来弱視になるよと

医師にいわれ、片側だけハードコンタクトでの矯正を

薦められましたが、ちょっとアレルギー体質で、

ハードコンタクトではすぐに目が痛くなり、

一度、アレルギー性結膜炎で真っ赤になったのと、

乱視の割には視力は結構良くなったので、

原始的な、視力トレーニングを続けることにしました。


近くと遠くを交互に見つめたり、星を観るのと、

あと、ピンホールを使った原始的な目の筋トレですが、

両目ではなく、片目ずつやり、特に悪い方の目を

二倍以上の量でやりましたね。

あと、昔、流行りましたが、本来は視力の

トレーニング用に作られたという

「3Dステレオグラム」の本を読んだりしました。

(最近はフリーウェア等で自分でも作って、

印刷すれば、買わなくても良いようですが。)

時々、片目ずつで読み物もして、負荷を変えます。

私の場合も、18歳くらいで言われたので、

もう大人でしたが、5年くらいかかりましたが、

少し良くなりましたよ。弱視にはならず、

そのまま止まり、日によっては前より良いです。


今でもワークでパソコンを長時間使い、

読書もよくする方ですが、結局、めがねも

コンタクトももう付けていません。

平均で、1.2と0.8(+乱視)位です。

乱視は先天性で水晶体の形によるものなので

治らないのですが、それでも集中すれば見えます。

子供の頃は、1.5と1.0(+乱視)位はあったのですが、

18歳で医師に警告された時には1.0と0.6(+乱視)でした。

めがねをかけたことはなく、片目だけの乱視矯正用

ハード・コンタクトを数週間だけ試して、やめました。

左右の情報の違いを頭の中で処理する作業の

慣れもありますが、目の筋トレが効いたのでは

ないかと思います。又、目に良いというので、

ブルーベリーやビタミンAも摂るようにしています。


自分がやってた古典的な目の筋トレです。

今でも、見晴らしのある所で時々やってます。

道具も何も要らない、1)と2)が基本です。

道具の必要な、3)のはオプションです。:


1) なるべく広いスペースで、片目ずつ開けて、

ひとさし指を目の近く(可能な限りフォーカスの

合わせられる近さ)にかざして、それにフォーカスして、

フォーカスできたら、すぐにかざした手を下げて、

目線はそのまま、可能な限り遠くのものを観ます。

見える限り遠くのものが良いです。これを近・遠

交互になるべく早く繰り返します。なるべく

早くですが、少なくとも一瞬はきっちりフォーカスを

合わせるので、最初はゆっくりめでも良いです。

左右交互に繰り返しますが、悪い方の目は

2倍以上の回数で、集中的に、毎日やります。

(道具もいらないので、朝・晩ベランダからと、

お昼ごはんの休憩時間等に数分でOKです。

只、プラットフォームや横断歩道等で片目を

閉じてやってると、ちょっと危険ですので、

安全な所でやってください。)


2) 1)の方法で慣れてきたら、同じ方法で

遠くの方の距離を伸ばしていき、星を見ます。

最初は両目で見て、星がどこらへんにあるか

見当をつけてからやるといいと思います。

ただし、お天気や大気汚染・街のライトの

関係もあって、星はどこからでも必ず見えるという

わけではないのですが。季節の星座表の星を

探せるくらいになるのが理想で、1等星、2等星…と

明るい方の星から、段々、見えるか見えないかの

星まで見る様にしていきます。初日から全部

見える訳ではないですが、少しずつなんとなくでも

見える星の数が増えていきます。

暖かい格好をして、ホットコーヒー片手に

星を見上げているとリラックスもしますので、

ちょっと郊外にドライブして星を観に行ったり、

ホリデー旅行に見晴らしの良い所へ言っても、

時間の無駄という気はしないですよ。


3) ピンホール(昔のテレカのパンチ穴程度。

なので昔のテレカや、黒い厚紙にキリで

開けても良いですが、完璧な円にして下さい。

既成品のピンホールめがねというのも

安価で売られています。700円くらい。)を

通して物を見ます。これをかけても、

片目ずつ、近くと遠くを繰り返し、見ます。

悪い方の目を筋トレする感じで倍以上、

できれば毎日やります。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%A4-Sei...


大人になってからも、時々、眼科検診を受けて

めがねを作り直したりするように、視力は

努力次第で少しは変わりますので、

筋トレやってて悪いことはないと思います。

ただし、網膜それ自体の異常など、眼球の

機能自体に問題のある場合の弱視は除きますが、

筋力での調整による近視や遠視での視力の場合は

筋トレで少しくらいは緩和できるようですよ。

一般的には、健康的な目の視力の場合は、

目の調整をする筋力がきつすぎると近視になり、

逆に目の筋力調整が衰えてくると老眼や

遠視気味のまま、フォーカス調整が

合わせられなくなってくるといわれています。

少しくらいの左右の視力の差は誰にしろあるので、

どのくらい生活に支障があるかの方が問題です。

手術とかは最後の手段ですね。

只、自分の経験から、ドラマティックに数週間で

1.0が2.0になる!とは言いません。

医者が弱視になるよ〜と言ったのが特に進まず、

せいぜい数年かけて+0.2良くなった程度ですが、

昔よりも疲れ目はしにくくなった感じはします。


あと、近視レーザーをやった友達(20代後半)が、

手術直後はよく見えたけど、3年くらい経ったら

また矯正視力が変わってきたのか、また見えにくく

なってきて、何度もレーザー手術を受けていいのか

不安だからと、結局めがねを持ち歩いています。

レーザー受ける前はコンタクトだったらしいのですが、

花粉症で問題が出た時があったらしいので、

手術をしたらしいですが、その頃に比べると

弱いめがねをたまにかけるだけでよいので、

それでもまだましだそうですが、その友達とも

ちょうどこの間筋トレの話をしていたところです。

体鍛えるようなものだし、私も続けようと思ってます。

道具もお金もかからないし、もし+0.2程度でも

良ければ、毎日数分でいいので、

目の筋トレにも挑戦されてみては?

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

ものすごく参考になりました!

また、実際に視力が向上したとのお話はとても参考になります。

また、レーシックが失敗とまではいわなくても、成功しなかった?事例も聞きとても参考になります。

実際、何度もレーシックを行い、目の視力調整機能がダメになってしまった事例も聞いたことがあり怖く思っています。

回答件数を増やしましたので、今しばらくお付き合いいただけましたら、もう少し、伺いたいのですが

一般的には、健康的な目の視力の場合は、

>目の調整をする筋力がきつすぎると近視になり、

>逆に目の筋力調整が衰えてくると老眼や

>遠視気味のまま、フォーカス調整が

>合わせられなくなってくるといわれています。

これを聞くと、筋力トレを行うと視力は低下(近視)するように思うのですが、筋トレとは矛盾しないでしょうか?

また、私の場合、意図的に目の前の像をぼやけさせたり、きっちり結んだりとできるの、片目に眼帯をはめるなどして、毎日1時間くらいすごしたり、パソコンを使うことで鍛えられそうですが、どのように思われますか?

特に、眼帯を長時間つけていると、視力低下が危惧されますので、ある程度限られた時間を想定しています。

2009/11/30 14:44:11

その他の回答(8件)

id:dsfddsss2009 No.1

dsfddsss2009回答回数230ベストアンサー獲得回数52009/11/29 16:27:00

乱視や不同視も治療できる「レーシックは近視手術、というけど不同視は治せるのだろうか」「乱視があるのだけど、レーシックは受けられるのだろうか」という疑問を持っているかたも多いと思います。

不同視は、左右の視力が極端に違う症状です。乱視は、ものや景色が部分的に異なってゆがんで見える症状ですが、どちらも近視手術で治すことができます。

不同視の場合は、左右の視力の差によって、眼精疲労による頭痛を起こしやすく、外出が危険な場合もあります。レーシックでは左右それぞれの視力や状態に合わせて施術することができます。また、片目だけ手術することもできます。

眼鏡やコンタクトレンズでは対応が難しい乱視も、近視手術で矯正することができます。

レーシックではレーザーのエネルギーを調節することによって、乱視と近視の矯正を同時に行うことも可能です。

http://www.elasik.jp/ransi_fudousi.html

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

単にURLを紹介していただきたいわけではありません。

残念ながら私の求めているものではありません。

検索を行うと、このようなサイトばかりがヒットして、

本当のところが分からず質問しております。

2009/11/29 16:52:15
id:urasimjirou No.2

urasimjirou回答回数222ベストアンサー獲得回数52009/11/29 16:31:25

不同視について 不同視に対する年代別の対処法を紹介します。

http://www.conangame.com/fudoushi.html

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

単にURLを紹介していただきたいわけではありません。

残念ながら私の求めているものではありません。

2009/11/29 16:51:24
id:tatla No.3

tatla回答回数239ベストアンサー獲得回数72009/11/29 16:33:11

ポイント5pt

まぁちゃんの弱視治療記録  

まぁちゃんが不同視弱視とわかってからの、自分の気持ちや治療記録を付けてみました。同じ病気のご両親の参考になればと思っています。赤字のものは下に説明書きをしてあります。医師ではありませんので、自分の解釈でわかりやすく書いたつもりです。ご了承ください。

http://naochan1106.hp.infoseek.co.jp/chiryou%20page1.htm

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

単にURLを紹介していただきたいわけではありません。

残念ながら私の求めているものではありません。

また、経過をみると、治っていないように思います。

2009/11/29 16:52:41
id:kia_44 No.4

きあ回答回数396ベストアンサー獲得回数302009/11/29 18:57:24

ポイント10pt

治すという表現は適切ではないのですが治せます。

裸眼で不同視を治すわけですから、いいほうの目を悪くすれば不同視にはなりません。

蛇足ですが不同視について、下記に不同視で起こる問題点を書いておきます。


メガネを使用し矯正する場合不同視が問題になる場合があります。

これは左右にレンズをあて、同一の視力に矯正した場合に、像の大きさが異なるため融像することが困難になることです。

右目が視力0.01の近視

左目が視力0.01の遠視の場合

右目にはマイナスレンズ

左にはプラスレンズを使用することになります。

当然マイナスレンズを通してみた像は小さくなり

プラスレンズを通してみた像は大きくなります。

左右の目で見た像の大きさに極端な差が出ることがあり、これが原因で「物が二重に見える」などの問題が出る場合があります。感じ方によっては「はっきり見えるが疲れる」「頭が痛くなる」という場合もあります。

上記について、両眼が近視の場合および遠視の場合でも、矯正するために必要な度数の左右差が大きければ起こるものであることを追記しておきます。

この場合、コメントでgogg45のおっしゃるとおり矯正しないことで解消します。


ちなみに、コンタクトレンズは角膜からの距離が極端に短く、それにより像の大きさへの影響度合いが少ないため、

左右差が大きな場合でも両眼をきれいに矯正することができます。

※両眼ともに矯正した場合に視力が出ることが条件ですが。

同様に、レーシックも矯正の方法としてはありえます。


「裸眼で」、「手術なしに」という条件では最初にあげた、「いいほうを悪くする方法」以外では矯正するという方法でしか解消できないのですが、

近視を治す・遠視を治すといったような明確な方法がない現状では仕方が無いのではないでしょうか。

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

コンタクトやレーシックが方法としてあることは了解いたしました。

ただ、手術はいつでもできますので、もう少し、長期的なエビデンスが出てからにしようと思います。

また、理由についても納得のいく回答いただきありがとうございます。

.

治すの表現はともかく、改善するや緩和するという考えでも結構です。

>いいほうの目を悪くすれば不同視にはなりません。

これは可能なのでしょうか?

良いほうの目だけを選択的に近視(私の場合、悪いほうは近視です)悪くする方法が思いつきません。具体的な方法があれば教えてください。

.

また、近視や遠視を治す明確な方法が無いのでしょうか?

無いから、疑似科学のような流行り方をしているからかもしれませんが・・・・

2009/11/29 19:51:58
id:logio No.5

logio回答回数7ベストアンサー獲得回数02009/11/29 20:46:17

ポイント7pt

http://blogs.yahoo.co.jp/kazupiemon/folder/920811.html

こちらを読んだことはありますか?

経験者の方のブログです

id:TREEG

とても興味深いブログの紹介ありがとうございます。

ただ、残念ながら、私の場合、不同視といっても、大人の事例になります。

2009/11/30 02:05:40
id:IlO10l0Il No.6

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/11/30 00:22:17

ポイント10pt

大人になってからは手術以外で視力が良くなることはありません。

子供の頃なら成長の過程で遠くを見続けることで視力が良くなる例もありますが、大人になってからは無理です。

そんな方法があるのなら手術なんて誰も受けないでしょう。


しかし回答4の方が言うように「良いほうの目を悪くする」という手なら可能です。

近視に限ったことであって、遠視や乱視については難しいですが。


単純に、毎日テレビや本を見るのに非常に近い距離で見ていれば少しずつ近視は進行します。

片方の目は眼帯などで見えない状態にしておいてください。

近視による不同視なら多少は改善されるはずです。

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

いずれも、大人の場合です。

>単純に、毎日テレビや本を見るのに非常に近い距離で見ていれば少しずつ近視は進行します。

>片方の目は眼帯などで見えない状態にしておいてください。

逆に考えると、遠くを見る時は、良い方の目に眼帯などをつけて、近視の目だけで見ていれば、近視は治るのでしょうか?

もしくは、遠視方向に傾く?

近視には慣れるにもかかわらず、遠くを見るからといって目が良くならない理由が分かりません。

もし、分かれば教えてください。

宜しくお願い致します。

2009/11/30 01:58:06
id:WATAO71 No.7

WATAO71回答回数319ベストアンサー獲得回数172009/11/30 05:25:22

ポイント10pt

20代前半を過ぎているのであれば、手術以外で治すのはほぼ不可能です。

「もう片方も近視にすれば治る」と書いている方がいますが、近視というのは眼球の成長の過程で起こるものなので、眼球の成長が終わる20代前半以降は近視になりたくてもなれません。

近くをしばらく見ていると一時的に近視のような状態にはなりますが、それは仮性近視と言ってしばらくすれば元に戻ってしまいます。


「遠視」を「近視の逆」だと思っている方が多いですが、原理がまったく違います。

近視は遠距離の焦点があわなくなり遠くが見えなくなる状態ですが、遠視というのは遠くが見えるようになるのではなく、近距離を見るときの調節機能が働かなくなり近くが見えなくなる状態です。

ですから視力0.1でも遠視にはなりますし、子供の頃に遠くばかりを見ていても遠視になることはありません。

視力3.0でも近くがちゃんと見える人は遠視じゃないです。


近視には慣れるにもかかわらず、遠くを見るからといって目が良くならない理由が分かりません。

これは人間(というか眼球)の性質としか言いようがないのですが、眼球が取り込む光の屈折率は近視の方向にしか変化しないのです。

文章で説明するのが難しいですが、球体のガラスに光を当てた場合、必ず内側に屈折しますよね?

眼球はその屈折度合いを強くするか弱くするかしか出来ず、元の屈折率より外側に屈折させることは出来ない(=遠くを見ても目が良くならない。)のです。

で、その「内側に強く屈折させる機能」が働かなくなる(=近くが見えなくなる)のが遠視というわけです。

そして、成長過程においても同様に内側にしか屈折していかないので、近視方向には進みますが、視力が良くなることは基本的には無いのです。


ただ、例外的に、眼球が病気や怪我をした場合には大人であっても視力が低下することもあります。

しかし不同視を治すためにそこまでするのはリスクが大きすぎますし、お勧めできません。

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

とても分かりやすい説明で理解しやすかったです。

ただ、焦点をあわせるときには筋肉を使いますので、これが正常に動けば、良いような気がします。

>不同視を治すためにそこまでするのはリスクが大きすぎますし、お勧めできません。

私も、特に手術や、ネガティブな方向へ向かう治療法はリスクが大きいと思っています。

.

>視力が良くなることは基本的には無いのです。

#8 NazeNani さんの書き込みのような事例については、どのようにお考えになられますか?

目の筋トレは民間療法でよく聞きますが、どのように思われますか?

2009/11/30 14:51:14
id:NazeNani No.8

なぜなに回答回数1614ベストアンサー獲得回数2762009/11/30 06:58:47ここでベストアンサー

ポイント60pt

自分も不同視に加えて、片目が先天乱視で、

左右の視力が平均で0.4〜0.6位違います。

そのため、良い方の目に頼って生きて来たので、

片目ばかりが疲れる、遠近感が分かりずらい角度がある、

時々、偏頭痛や肩こりがする上に、もしこのまま

もう一方の目を使わないでいると、将来弱視になるよと

医師にいわれ、片側だけハードコンタクトでの矯正を

薦められましたが、ちょっとアレルギー体質で、

ハードコンタクトではすぐに目が痛くなり、

一度、アレルギー性結膜炎で真っ赤になったのと、

乱視の割には視力は結構良くなったので、

原始的な、視力トレーニングを続けることにしました。


近くと遠くを交互に見つめたり、星を観るのと、

あと、ピンホールを使った原始的な目の筋トレですが、

両目ではなく、片目ずつやり、特に悪い方の目を

二倍以上の量でやりましたね。

あと、昔、流行りましたが、本来は視力の

トレーニング用に作られたという

「3Dステレオグラム」の本を読んだりしました。

(最近はフリーウェア等で自分でも作って、

印刷すれば、買わなくても良いようですが。)

時々、片目ずつで読み物もして、負荷を変えます。

私の場合も、18歳くらいで言われたので、

もう大人でしたが、5年くらいかかりましたが、

少し良くなりましたよ。弱視にはならず、

そのまま止まり、日によっては前より良いです。


今でもワークでパソコンを長時間使い、

読書もよくする方ですが、結局、めがねも

コンタクトももう付けていません。

平均で、1.2と0.8(+乱視)位です。

乱視は先天性で水晶体の形によるものなので

治らないのですが、それでも集中すれば見えます。

子供の頃は、1.5と1.0(+乱視)位はあったのですが、

18歳で医師に警告された時には1.0と0.6(+乱視)でした。

めがねをかけたことはなく、片目だけの乱視矯正用

ハード・コンタクトを数週間だけ試して、やめました。

左右の情報の違いを頭の中で処理する作業の

慣れもありますが、目の筋トレが効いたのでは

ないかと思います。又、目に良いというので、

ブルーベリーやビタミンAも摂るようにしています。


自分がやってた古典的な目の筋トレです。

今でも、見晴らしのある所で時々やってます。

道具も何も要らない、1)と2)が基本です。

道具の必要な、3)のはオプションです。:


1) なるべく広いスペースで、片目ずつ開けて、

ひとさし指を目の近く(可能な限りフォーカスの

合わせられる近さ)にかざして、それにフォーカスして、

フォーカスできたら、すぐにかざした手を下げて、

目線はそのまま、可能な限り遠くのものを観ます。

見える限り遠くのものが良いです。これを近・遠

交互になるべく早く繰り返します。なるべく

早くですが、少なくとも一瞬はきっちりフォーカスを

合わせるので、最初はゆっくりめでも良いです。

左右交互に繰り返しますが、悪い方の目は

2倍以上の回数で、集中的に、毎日やります。

(道具もいらないので、朝・晩ベランダからと、

お昼ごはんの休憩時間等に数分でOKです。

只、プラットフォームや横断歩道等で片目を

閉じてやってると、ちょっと危険ですので、

安全な所でやってください。)


2) 1)の方法で慣れてきたら、同じ方法で

遠くの方の距離を伸ばしていき、星を見ます。

最初は両目で見て、星がどこらへんにあるか

見当をつけてからやるといいと思います。

ただし、お天気や大気汚染・街のライトの

関係もあって、星はどこからでも必ず見えるという

わけではないのですが。季節の星座表の星を

探せるくらいになるのが理想で、1等星、2等星…と

明るい方の星から、段々、見えるか見えないかの

星まで見る様にしていきます。初日から全部

見える訳ではないですが、少しずつなんとなくでも

見える星の数が増えていきます。

暖かい格好をして、ホットコーヒー片手に

星を見上げているとリラックスもしますので、

ちょっと郊外にドライブして星を観に行ったり、

ホリデー旅行に見晴らしの良い所へ言っても、

時間の無駄という気はしないですよ。


3) ピンホール(昔のテレカのパンチ穴程度。

なので昔のテレカや、黒い厚紙にキリで

開けても良いですが、完璧な円にして下さい。

既成品のピンホールめがねというのも

安価で売られています。700円くらい。)を

通して物を見ます。これをかけても、

片目ずつ、近くと遠くを繰り返し、見ます。

悪い方の目を筋トレする感じで倍以上、

できれば毎日やります。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%A4-Sei...


大人になってからも、時々、眼科検診を受けて

めがねを作り直したりするように、視力は

努力次第で少しは変わりますので、

筋トレやってて悪いことはないと思います。

ただし、網膜それ自体の異常など、眼球の

機能自体に問題のある場合の弱視は除きますが、

筋力での調整による近視や遠視での視力の場合は

筋トレで少しくらいは緩和できるようですよ。

一般的には、健康的な目の視力の場合は、

目の調整をする筋力がきつすぎると近視になり、

逆に目の筋力調整が衰えてくると老眼や

遠視気味のまま、フォーカス調整が

合わせられなくなってくるといわれています。

少しくらいの左右の視力の差は誰にしろあるので、

どのくらい生活に支障があるかの方が問題です。

手術とかは最後の手段ですね。

只、自分の経験から、ドラマティックに数週間で

1.0が2.0になる!とは言いません。

医者が弱視になるよ〜と言ったのが特に進まず、

せいぜい数年かけて+0.2良くなった程度ですが、

昔よりも疲れ目はしにくくなった感じはします。


あと、近視レーザーをやった友達(20代後半)が、

手術直後はよく見えたけど、3年くらい経ったら

また矯正視力が変わってきたのか、また見えにくく

なってきて、何度もレーザー手術を受けていいのか

不安だからと、結局めがねを持ち歩いています。

レーザー受ける前はコンタクトだったらしいのですが、

花粉症で問題が出た時があったらしいので、

手術をしたらしいですが、その頃に比べると

弱いめがねをたまにかけるだけでよいので、

それでもまだましだそうですが、その友達とも

ちょうどこの間筋トレの話をしていたところです。

体鍛えるようなものだし、私も続けようと思ってます。

道具もお金もかからないし、もし+0.2程度でも

良ければ、毎日数分でいいので、

目の筋トレにも挑戦されてみては?

id:TREEG

回答いただきありがとうございます。

ものすごく参考になりました!

また、実際に視力が向上したとのお話はとても参考になります。

また、レーシックが失敗とまではいわなくても、成功しなかった?事例も聞きとても参考になります。

実際、何度もレーシックを行い、目の視力調整機能がダメになってしまった事例も聞いたことがあり怖く思っています。

回答件数を増やしましたので、今しばらくお付き合いいただけましたら、もう少し、伺いたいのですが

一般的には、健康的な目の視力の場合は、

>目の調整をする筋力がきつすぎると近視になり、

>逆に目の筋力調整が衰えてくると老眼や

>遠視気味のまま、フォーカス調整が

>合わせられなくなってくるといわれています。

これを聞くと、筋力トレを行うと視力は低下(近視)するように思うのですが、筋トレとは矛盾しないでしょうか?

また、私の場合、意図的に目の前の像をぼやけさせたり、きっちり結んだりとできるの、片目に眼帯をはめるなどして、毎日1時間くらいすごしたり、パソコンを使うことで鍛えられそうですが、どのように思われますか?

特に、眼帯を長時間つけていると、視力低下が危惧されますので、ある程度限られた時間を想定しています。

2009/11/30 14:44:11
id:WATAO71 No.9

WATAO71回答回数319ベストアンサー獲得回数172009/11/30 18:07:43

ポイント50pt

ただ、焦点をあわせるときには筋肉を使いますので、これが正常に動けば、良いような気がします。

筋肉を使うのは水晶体部分ですね。

水晶体は屈折の1/4程度を補うものであり、光の屈折の大半は角膜により行われます。

角膜による光の屈折は筋肉を使わず、再生機能もありません。


そして、先ほども申し上げたように筋肉で調節出来るのは内側への屈折だけですから、角膜の屈折よりも外側に光を屈折させることは出来ません。

ですから、仮に水晶体部分の筋肉をもの凄く発達させたとしても、遠くが見えるようになることは無いのです。


>視力が良くなることは基本的には無いのです。

#8 NazeNani さんの書き込みのような事例については、どのようにお考えになられますか?

目の筋トレは民間療法でよく聞きますが、どのように思われますか?

8の方が言うような目の筋トレやビタミンAなどで回復するのは、眼球の成長がある20代前半までか、もしくは仮性近視に限ったことです。

疲労など筋肉の状態により一時的に近視のような状態になるのはよくあることです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%99%B6%E4%BD%93

長時間近くを見続けるなどすると緊張により一時的に元に戻らなくなることがある。(「遠くを見ようとするとかすむ」感覚。)この状態を「仮性近視」と呼び、常態化すると近視となると言われているが俗説である。

ただ、「一時的」とはいっても、身体の疲労が何日も残ってしまうことがあるように、水晶体部分の疲労も数日残ってしまうことは普通にあります。

そして、現代人はパソコンなどで目が疲労する機会が非常に多いですから、仮性近視が日常的になってしまっている人もかなり多いことだと思います。

そういう意味では目の筋トレをすることは良いことだと思いますし、多くの人が視力の回復を感じられると思います。しかしそれはあくまでも仮性近視部分のみの回復です。


目の筋肉により遠くが見えるようになるというのは眼球の構造上、物理的にあり得ないのです。


しかし一応、片方の水晶体が緊張状態になるように常に疲労させておけば不同視を少し改善して生活することは出来ますね。

片腕だけを毎日鍛えるようなものなのでかなり大変だとは思いますが。


レーシックは個人差があるようですね。

私の母親は50代にしてレーシック手術を受けましたが、数年経った今も術後の視力を保っています。

id:TREEG

再度回答いただきありがとうございます!

とてもよく分かりました。

2009/11/30 21:12:41
  • id:gogg45
    一度、眼科に行かれて相談されてはいかがでしょうか。
    私が知っている限りでは、不同視を体が受け入れてる(脳で補正している)状態だと、矯正しない方がいいらしいです。スポーツや事故、病気等で急に不同視になったのであれば、一度病院に行かれ他方がいいと思います。その眼科が気に入らなければ複数の病院を訪ねたほうが良いです。
  • id:TREEG
    良心的なコメントいただきありがとうございます!
    もうかなり長い間不同視ですが特に困っているわけではありませんし、突然なったわけでもありません。
    矯正しないほうが良いという考え方は初めて聞きました。とても参考になります。
    世の中にはレーシックや教材ばかり薦める話が氾濫しており、こういった情報は見つけられていませんでした。
    ただ、最近パソコンに長く向き合う時間が増えてから、少しひどくなりつつような気がします。
    病院は苦手ですし、病院で病気が良くなったという事もあまりなく(そこまで重大な事故にあってない)、できればあまり行きたくないと思っていますので、できる限り、こちらで情報が得られればと思っています。
  • id:NazeNani
    >「目の調整をする筋力がきつすぎると近視になり、
    >逆に目の筋力調整が衰えてくると老眼や
    >遠視気味のまま、フォーカス調整が
    >合わせられなくなってくるといわれています。」
    >これを聞くと、筋力トレを行うと視力は低下(近視)するように思うのですが、筋トレとは矛盾しないでしょうか?

    フォローアップです。
    近視の場合の筋力(専門用語では、目の
    「調整力」というそうです。)のきつさは、
    近くばかりを見て遠くを見なかったために、
    筋肉が緊張してこわばってしまったような、
    調整の利かなくなった変なきつさなので、
    本来求められる様な良い強さではありません。

    例えば、運動不足気味だけど本はよく読む
    肩こりの人の肩が変なところだけ緊張して、
    ぱんぱんに凝り固まってきて、コリがたまって
    首まで回りにくくなってくるみたいな感じで、
    本来の伸縮性のある筋肉のしなやかさや
    強さではない、きつい感じになってる状態。
    気が付けば、すっかり治療が必要みたいな。

    目の場合は、それを繰り返すうちに
    目に入って来る光が屈折異常を起こして、
    本来の像を結ぶ所じゃない所で像を結ぶので、
    その範囲(近い所)しか見えにくくなるそうです。

    これを筋トレで、近くも遠くも両方見て、
    目の調整力をしなやかに強く鍛えることで、
    少しは緩和できるのではというのが
    本来の考えだったと思います。

    しかし、これは近視の環境説で、
    遺伝や目の成長時の栄養など、他の要因も
    近視の原因には考えられているようなので、
    必ずしもテレビを近くで見ている人が
    全員近眼かというとそうでもありません。
    逆にヘルシーな生活をしていても、遺伝的に
    めがね一家の方もいます。でも、環境が原因で
    近視になった人の場合は、少しは環境
    (トレーニング)で緩和できるかもしれませんよね。
  • id:TREEG
    再度回答いただきありがとうございます。
    とても参考になりました!
  • id:kia_44
    現状で、なぜ近視遠視になるのかって直接的な原因ってわかっていないそうですよ。ドクターがそういう風に言っていたのでまあ間違いないのかと思います。
    ※環境だとか、遺伝の影響「も」あるそうです。ほかにもあるんじゃないかなぁ。原因はまだわかんないけど。そんな感じらしいです。

    回答に書いたいいほうを悪くするということも上記の理由でピンポイントで狙い撃ち的な悪く仕方が思いつかないですけど。

    不同視を解消することだけを目的とした場合、オペや器具による強制を除けば
    よくするよりも悪くするほうが簡単だろうとは思います。お勧めはしません。

    近くを見るのが多くなったといっても、最短で25センチぐらいが見えればよいので計算上は-2.00ぐらいの近視でいいはず。
    (老眼になった場合の調節力込みでもちょうど近くが見えやすいぐらい。大まかにですが遠方が0.1~0.3ぐらいでしょう。)
    近くを見る機会の多いシステムエンジニアの方々にはやっぱり近視の人が多いのですが、同じ時間見ていてもならない人もいますし、環境だけが原因でもない。上記のことから進化でもない。遺伝といっても、両親が近視で子が正視のケースや逆に両親正視で子が近視といった事もありますので、遺伝のみが原因ともいえない。WATAO71さんのいうとおり成長過程での眼軸の変化も一因ですよね。近視が一定年齢まで進み続けるケースも説明ができないそうです。

    不同視で何か実質的な不利益をこうむっているのであればとりあえずコンタクトレンズで矯正してみてはいかがでしょうか。
    回答に書いたとおり、コンタクトが一番手っ取り早い解決法穂です。(強制できる場合なら)
    しっかりとしたところでサポートしてもらいながらしっかりと使用するのならば最大限にメリットを、最小限のリスクで得られますよ。

    もちろん無理な使い方すると目に悪いので注意してくださいね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません