「網膜には約500-600万の錐体細胞(色を識別)と、1.2-1.4億の桿体細胞(形を識別)があります。


大量の視細胞に対して、神経節細胞は100万、視神経繊維の数は120万程度しかなく、網膜内で複数の視細胞が1つの視神経繊維に結合し、シグナルが統合されていることがわかります。」
http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/sikaku.htm

錐体・桿体細胞が感知した光学刺激は、いったん網膜上でラスター(bit map)データがベクター化(点と線のデータ)されて視神経を経由して脳に送られているということでしょうか。

その際に、
(1) 変化抽出(動きがあったらそれに注目、前のイメージ記憶と今のイメージとを比べて変化があったら抽出)や、
(2) ベクター化(子どもが似顔絵を書くとき、目、鼻、口、輪郭を線で描くが、我々は人の顔をそのように略して記憶しているのではないか。)が必要だと思います。

この網膜上の変化抽出とベクター化についての研究論文や研究者を教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/12/04 11:57:00
  • 終了:2009/12/11 12:00:03

回答(1件)

id:hakob No.1

hakob回答回数43ベストアンサー獲得回数12009/12/04 12:31:53

ポイント60pt

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0707/200707_076.html

日経サイエンスの過去記事です。購入できます。

網膜で行われる前処理についての研究です。

http://www.asahi-net.or.jp/~ZU5K-OKD/house.1/group.e/nou/nou.1.h...

前記を底本にしたと思われるHPです。

理解が浅いと思われる個所も見られますが、色情報のみ、また線画のみ、もしくは移動情報(変位)のみ、といったデータを網膜から脳に送っている、という話についてはきちんと押さえていると思います。

ラスタからベクタへ、というような解釈をされているようですが、実際はもう少し複雑なようです。


http://ci.nii.ac.jp/naid/110003287665/

お考えになった「変位を抽出」として注目されているのがアマクリン細胞です。

その他の論文はCiNiiで検索していただいたほうがいいでしょうが、概要からいえば「光の明暗に反応する・On→Off時、またはその逆のときの、変位が発生した瞬間にのみ電位が発生する・一定以上ゆっくりな変位だと反応が見られない」などです。

id:ShinRai

ウッヒョー、すごい、すごい。

ありがとうございました。日経サイエンスと、サイエンティフィック・アメリカンを呼んでみます。

2番目のHPの「12の動画」というところ、「静止画」かもしれませんね

しかし、予想以上に複雑そうで、あらためて人間のメカニズムのすごさに恐れ入ります。

本当にありがとうございました。

2009/12/04 12:55:09

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません