厚生年金保険の年金を受けている義父の、配偶者が死んでから10年近くたつのに、届出していないことがわかりました。

厚労省HPによると、「後日返していただくことになります。」とありますが、何年ぐらいさかのぼって返却を要求されるのでしょうか。
10年分となると、大変な額になってしまいます。とぼけて知らん振りを続けるのが得策でしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/12/12 10:05:26
  • 終了:2009/12/17 08:32:23

回答(7件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012009/12/12 10:25:36

ポイント18pt

基本的には全額一括返済。


期間についての定めは特に見当たらないのだが、

詐欺にあたるので7年分の可能性はあるし、

現況届の内容も偽って提出しているだろうから、

7年分だとしても科料が加われば結局は全額になる可能性あり。


ちなみに、2011年4月から、

死亡届を出さずとも自動的に処理されるようになるため、遅かれ早かれバレる。

早期に相談に行くことを勧める。

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:27
id:IlO10l0Il No.2

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812009/12/12 11:50:18

ポイント17pt

法的には7年分ですね。

具体的に返却を要求されるまでは放置しても構いませんが、要求されてから返却しない場合は詐欺として最悪立件されることになります。

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:30
id:suppadv No.3

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682009/12/12 12:08:10

ポイント17pt

全額の返金の必要があります。

社会保険庁のミスであっても、全額の返金を求められますので、自らのミスで貰いすぎていた場合に、免除される可能性は無いと考えた方が良いです。


利子等をつけた額の返納を要求される可能性も否定できません。

過受給を申告する前に、年金に詳しい弁護士や司法書士に相談してからの方が良いかもしれません。


とぼけていた場合には、詐欺ということで告発される可能性もありますので、かなり危険です。

とぼけ続けて、お父様が死亡した場合には、相続者に返納義務が生じます。

ただし、全員が相続放棄していれば、返納義務者がいないとされる可能性も無いとは言えません。しかし相手は国なので通常より追及は厳しくなるので、相続者がいなくても、お父様が過受給したことによって利益を得ていた(自分の財産が減らなかった)ということで、子供達全員に返納請求が行われる可能性も否定できません。


まずは、年金に詳しい弁護士や司法書士に相談した方が良いと思います。


http://www.glskkn.com/file/jukyusha-Vol32.pdf

http://www.yoshida-zeimu.jp/category/1238051.html

http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/shimin/1kurashi/1-3nenkin/...

http://www.asahi.com/money/pension/news/TKY200403310253.html

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:34
id:lepremierpas No.4

lepremierpas回答回数1175ベストアンサー獲得回数412009/12/12 15:24:31

ポイント17pt

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3755129.html

>その人に返還を求めてきます。年月により利息もつきます。

>死亡した月の翌月以降分に年金が過誤払いされた場合、この債権(返還金債権といいます)と別に債務者(死亡届出義務者)に対して支払うべき年金給付がある場合には、年金給付に充当することができます。

返還金債権のみの場合は過誤払い分の返還義務が生じます。

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:38
id:afurokun No.5

afurokun回答回数4647ベストアンサー獲得回数992009/12/12 16:05:34

ポイント17pt

年金は葬儀をするべき人が、死亡届と権利があれば未支給年金および遺族年金の請求手続をすることになっていて、それを懈怠するといずればれたときにその人に返還を求めてきます。年月により利息もつきます。

銀行の解約もスムーズに行ったところから、義務者は質問者さんのようですね。

早急に死亡届を社会保険事務所に提出して下さい。未支給年金は本来は生計同一の人ですが、場合によれば葬儀をした人でも貰える場合がありますから、実態を話して相談して下さい。年金手帳が無くとも、あなたと死亡した本人が特定できるものを持参すればいいでしょう。他にも除籍の謄本とかがいります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3755129.html

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:40
id:goog20090901 No.6

goog20090901回答回数637ベストアンサー獲得回数172009/12/12 18:22:59

ポイント17pt

>10年分となると、大変な額になってしまいます。とぼけて知らん振りを続けるのが得策でしょうか?

とりあえず、近日に死んだことにして、受給を休止。

確認のはがきが年1回くるので、それに回答。

確認のはがきが着てるのに、不正に受給してたら、10年分全部でしょうね。

不正受給の場合は、ペナルティと金利が加算されますから、早めに覚悟を決めたほうが良いかも。

分納には応じてもらえます。

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:43
id:azuco1975 No.7

azuco1975回答回数613ベストアンサー獲得回数162009/12/12 18:39:27

ポイント17pt

>10年分となると、大変な額になってしまいます。

泣きついて分納にしてもらいなさい。

年金から引いてもらう方式。

さもないと、子供が大変な額を遺産相続する形になります。

あー大変。

id:sowaka63

回答ありがとうございました。

2009/12/17 08:31:46

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません