文献を探しています。

PGIIと胃部の炎症の関連性について、検討/報告している文献を教えてください。
また、PGIIの検査基準範囲に言及しているものも教えていただけると幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2009/12/22 13:27:49
  • 終了:2009/12/29 13:30:02

回答(2件)

id:sm0k3 No.1

03回答回数591ベストアンサー獲得回数392009/12/22 14:23:17

ポイント35pt

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004079705

こういう文献でしょうか。

CiNiiで探すと結構出てくると思います。

id:NazeNani No.2

なぜなに回答回数1615ベストアンサー獲得回数2762009/12/22 17:25:29

ポイント35pt

英語の論文でもよろしければ、医学誌などに沢山出ていました。


1) PGII検査と慢性胃炎: Miki, K. et al. (2007) "Serum pepsinogens as a screening test of extensive chronic gastritis":

http://www.springerlink.com/content/9556878440514282/

(有料)


2) PGII検査とピロリ菌性胃炎: Hunter, F. M. et al. (2005) "Serum pepsinogens as markers of response to therapy for Helicobacter pylori gastritis":

http://www.springerlink.com/content/k0740v1555223438/

(有料)


3) PGII検査と胃癌: Kitaharaa, F. et al. (1999) "Accuracy of screening for gastric cancer using serum pepsinogen concentrations":

http://gut.bmj.com/content/44/5/693.abstract

(これは無料を登録すれば、PDFの全文が無料で読めます。)

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません