下記に示すようなアプリケーションを作成する場合のコツ(?)を教えて下さい。


VisualStudio 2008で開発する場合、
VB ===> ユーザーインターフェース部分担当
VC++ ===> ファイルアクセス、シリアル通信、TCP/IP通信等、デバイス制御、その他、面倒なところ(?)

以上のような分担で作成する場合、VC++でDLLを作成して、
VBから、そのDLLを使用するのが一般的かなと思っているのですが、
(6.0時代はそうしていました。。)
VisualStudio 2008の場合、他に適した方法はあるのでしょうか?

参考までに、その方法・手法を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2009/12/30 09:17:07
  • 終了:2010/01/06 09:20:02

ベストアンサー

id:tekk No.1

tekk回答回数5ベストアンサー獲得回数12009/12/30 14:34:35

ポイント22pt

visual studio 2008 の場合、vb.net,c#の間で低レベルIF(シリアル・デバイス)の差異はありません。同じようにプログラミングできます、c#で出来てvb.netに出来ないという事はありません。処理速度の面でも差異はないので得意な言語を全面的に使って構築したほうが保守しやすくなると思います。


但し、デバイス制御については.net向けのライブラリが無い場合が多いので、VC++などの低水準IFを備える言語を使用したほうが良いと思います。


tekkの日記 C#,VB.NET

http://d.hatena.ne.jp/tekk/

id:futurista

回答有難うございます。

C#の使用は検討していません。(C#で保守できる人がいません。)

仮に、VC++を使用する場合、VBとVC++のインターフェースは、どのようにすればよいのでしょうか?

2010/01/05 09:36:25

その他の回答(3件)

id:tekk No.1

tekk回答回数5ベストアンサー獲得回数12009/12/30 14:34:35ここでベストアンサー

ポイント22pt

visual studio 2008 の場合、vb.net,c#の間で低レベルIF(シリアル・デバイス)の差異はありません。同じようにプログラミングできます、c#で出来てvb.netに出来ないという事はありません。処理速度の面でも差異はないので得意な言語を全面的に使って構築したほうが保守しやすくなると思います。


但し、デバイス制御については.net向けのライブラリが無い場合が多いので、VC++などの低水準IFを備える言語を使用したほうが良いと思います。


tekkの日記 C#,VB.NET

http://d.hatena.ne.jp/tekk/

id:futurista

回答有難うございます。

C#の使用は検討していません。(C#で保守できる人がいません。)

仮に、VC++を使用する場合、VBとVC++のインターフェースは、どのようにすればよいのでしょうか?

2010/01/05 09:36:25
id:chinjoh No.2

chinjoh回答回数103ベストアンサー獲得回数52009/12/30 12:09:10

ポイント23pt

VB .NETライクに記述

C# .NETとネイティブコードの橋渡し

C++ 従来どおり

このような3層構造でつくるのが無難です。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:futurista

回答有難うございます。

C#の使用は、検討していません。

別の手段はありませんか?

2010/01/05 09:29:38
id:pah00 No.3

pah00回答回数208ベストアンサー獲得回数52009/12/30 12:01:06

ポイント23pt

VC++を使うのなら、それぐらいしかないですね。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:futurista

回答有難うございます。

2010/01/05 09:28:51
id:naninanida11 No.4

naninanida11回答回数193ベストアンサー獲得回数32010/01/02 19:57:11

ポイント22pt

ぜんぶvbで作成。

あとはc#

http://q.hatena.ne.jp/1262132226

id:futurista

回答有難うございます。

C#の使用は、検討していません。

別の手段を教えてください。

2010/01/05 09:28:38
  • id:tekk
    VB.NETはVB6と同じでstdCall呼出規約のDLLを呼び出す事ができるので、VC++でstdCall規約で作ると使うことが出来ます。VB.NET側ではDeclareキーワードを使ってVC++の関数を宣言して使います。ファイルアクセス、TCP/IPなどはVB6時代に比べてVB.NETでは圧倒的に簡単に作ることができるのでVB.NETで作っても良いかもしれません。シリアル通信、デバイス制御はVC++が良いと思います。

    今までの経験でノウハウがあり、VC++で作ったほうが早い。画面だけはVB.NETで作りたいということであれば、質問者さんの得意分野で切り分けをして分担して作るのが良いと思います。
  • id:futurista
    >>tekkさん
    コメント有難うございます。

    今回は、VC++、VBという制約のうえでの開発となります。
    私的には、全てVC++で作成したいと思っているのですが、、、
    (VB6.0の時のノウハウも、ほとんど忘れています。)

    アドバイス有難うございました。
    また、質問するかも知れませんが、
    今後ともよろしくお願いします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません