役員について


従業員が役員を兼務する兼務役員と、役員のみの専任役員とでは
何がどう違うのでしょうか。
検索したのですが、雇用保険程度であまり差がないような気がします。

保険関係から雑学までそれぞれのメリット・デメリットを教えて下さい。
それと参考になる、分かりやすい(対比してればすっごい嬉しい)サイトを紹介下さい。

よろしくお願いします。

ポイントは回答の質もそうですが情報量も参考にしたいと思います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2010/01/05 09:35:29
  • 終了:2010/01/05 14:50:00

回答(1件)

id:seble No.1

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6172010/01/05 09:48:10

ポイント60pt

取締役であっても、従業員の性質を帯びていれば労基法の対象になります。

状況、程度によって色々なケースが考えられるので、単純に比較するのも難しいです。

奈良地裁 s27.1.30

会社取締役について、労基法、労災保険法においては、その法の目的に適合する如く労働者の意義を定むるのが妥当であり、取締といえども、一労働者として実際労務に服する場合、各種の危機にさらされ災害を蒙ることがあるのは自己の会社であると否とを問わず、全く同一であり、ただそのものが自己の会社に勤務するの故をもってこれに対し労働者として労災保険法の保護を拒否するの理由はない。

 

京都地裁 s50.8.22

会社の監査役であっても代表者に指揮命令に従って庶務会計の事務に従事し右労務の対価として報酬を支給されていた者は労働者として就業規則所定の退職金請求権を有する。

http://db.jil.go.jp/cgi-bin/jsk012?smode=dtldsp&detail=E20061000...

http://www.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a012/kenmuyakuin.html

id:msvista

回答ありがとうございます。

①従業員の性質を帯びていれば労基法の対象になる。

 なるほど

②・・・・・・・就業規則所定の退職金請求権を有する。

つまり役員退職金+従業員退職金になる可能性も。ということですね。

争うまでもなく、普通な感じのメリット・デメリットもお願いします

2010/01/05 10:06:51

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません