昨日SPAという雑誌で民間の電気自動車クラブみたいなところがミラを改造して無充電で東京の日本橋から大阪の日本橋まで走りきったと書いてありました。既存の豊田やホンダなどは500キロ以上の航続距離は不可能のように言っておりましたが現実に成功例が民間で達成されました。なぜ自動車業界はそんなに電気自動車普及に消極的なのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2010/01/06 10:53:31
  • 終了:2010/01/13 10:55:02

回答(6件)

id:pah00 No.1

pah00回答回数208ベストアンサー獲得回数52010/01/06 11:02:23

ポイント19pt

>自動車業界はそんなに電気自動車普及に消極的なのでしょうか?

パーツの数もかなり減るし、素人でも車が作れるようになるし、

自分自身の立場が危なくなるからです。

おまけに、原材料の半額ぐらいがリチウムイオン電池では儲けも薄い

id:kimikimi413

なるほどありがとうございます。

2010/01/06 11:16:39
id:monamour555 No.2

もなか回答回数12ベストアンサー獲得回数22010/01/06 12:45:42

ポイント19pt

> 500キロ以上の航続距離は不可能のように

電池をたくさん積めば航続距離は伸びます.その代わり電池の重量増やバッテリマネジメントが難しくなります.(最悪の場合発火)

ブログの情報で一次情報が掴めなかったのですが,達成したEVクラブの代表も下記のように語っているそうです.

運転した同クラブ代表で自動車評論家・舘内 端氏は「電池を沢山積めば無充電で560キロ走れたが、現実的には今回ほどの電池はいらない。今後は電池の量と適正な走行距離を考えたい」と記者団に語った。

現行のレシプロエンジンを積んだ自動車は,実用性を度外視したチューニングをすれば時速300km/hで走れます.豊田やホンダはそういう車も作る気になれば作れますが,売りません.今回のEVも同様でしょう.

id:kimikimi413

やはり危機がこないと既存メーカーは動かないようですね。ご回答ありがとうございました。

2010/01/06 14:40:02
id:ytakan No.3

ytakan回答回数831ベストアンサー獲得回数642010/01/06 13:10:47

ポイント18pt

http://www.asahi.com/national/update/1117/OSK200911170070.html

これかな。

>三洋電機製の円筒形リチウムイオン電池8320本

電池が@500円だとしても電池だけで400万円超!


>既存の豊田やホンダなどは500キロ以上の航続距離は不可能

まともな採算取れる乗用車を出すのが不可能なのだと思います。

トヨタやホンダは趣味で自動車を開発してるわけではないので、売って採算が取れる実用的な自動車を開発します。

物理的には可能なことはトヨタもホンダもわかってます。


電気自動車では電池にコストがかかります。

航続距離を2倍にするには2倍超の電池が必要になりコストが嵩みます。

500km超の航続距離持つ電気自動車の需要がそんなにあるとは思えません。

それに電池はガソリンと違って使っても重量が減らないので航続距離を延ばそうとして

搭載する電池を増やせばそれだけ燃費が悪くなります。

また、電池を増やせば充電にも時間がかかります。

id:kimikimi413

SPAでは今回のミラには360キロほどの電池しか乗せてないと書いておりましたが、ご回答ありがとうございました。

2010/01/06 14:38:59
id:casa_kyojin No.4

恭仁亭回答回数187ベストアンサー獲得回数52010/01/06 14:09:12

ポイント18pt

映画「誰が電気自動車を殺したか」では、GMが世界で初めて市販した電気自動車「EV1」が、メーカー自身の手でリコールされ、世から葬られた事実を題材にしています。

一つのカギは、石油メジャーの存在と、ガソリンスタンド網というインフラの存在でしょう。

さらに、自動車メーカーと、関連部品メーカーの利益確保という問題もあります。

http://bit.ly/4up17E

id:kimikimi413

やはり既存のメーカーの利益優先ですか、なるほどありがとうございます

2010/01/06 14:37:24
id:taku0208 No.5

taku0208回答回数250ベストアンサー獲得回数112010/01/07 00:09:32

ポイント18pt

コメントか開いていないので書かせて頂きます。

人に聞いた話で申し訳ないのですが、少し前の話、電気代の安いアメリカではプリウスにさらにバッテリーを積んで電気自動車として使っているそうです。

日本では、電気代が高いので実用性が低いのではないでしょうか。

自動車部品のメーカーの人から聞いた話なので、全くうそではないと思いますが、どれだけ実用に耐えうるかについてはよく分かりません。

以下の質問を参考にして下さい。

http://okwave.jp/qa/q1928154.html

色々と問題があるのかも知れません。

id:kimikimi413

回答ありがとうございます。プリウスの改造とは思い切ったことをする方もおられるようですね。いつになったら人類は永久機関を手に入れられるのでしょうかね?

2010/01/07 11:30:23
id:ytakan No.6

ytakan回答回数831ベストアンサー獲得回数642010/01/07 13:16:25

ポイント18pt

>素人でも車が作れるようになるし、

それは自動車業界が普及に積極的になろうがなるまいが、出来ること。

コストや流通で大手とは勝負にならないから素人が車作っても普及しない。


>ミラには360キロほどの電池しか

元の車体重量が700~800kgしかないミラにとって360kgはかなり重い。


>電気代の安いアメリカではプリウスにさらにバッテリーを積んで電気自動車として使っているそうです。

アメリカで流行ってるのは電気代が安いからではなく改造車の車検が通りやすいから。

アメリカはガソリンも安いし、いくら電気代が安くても1万2千ドル以上の改造費はペイできるはずがない。

実用というよりよりはただの趣味です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません