1263031153 http://www.philophil.com/philosophie/representation/Analyse/ready-made.htm


マルセル・デュシャンが1917年に発表した「泉」という作品は、市販の小便器を買ってきて展示したという話を聞きました。しかし、小便器であれば、おしっこがながれやすいようにくぼみや傾斜があってしかるべきではないですか。

この写真にあるように実はこれは小便器によく似た灰皿として製作されたと考えられないでしょうか。

既成概念にとらわれない皆様のご意見、あるいはリサーチをお待ちしております。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2010/01/09 18:59:15
  • 終了:2010/01/16 19:00:02

回答(11件)

<前のツリー | すべて
そこには気付きませんでした unknownmelodies2010/01/10 17:17:52ポイント1pt

もし「市販の小便器」というのが嘘だったら、我々は心底デュシャンにやられてしまっていることになります。この「もの」についての研究は充分やる価値があると思います。

<前のツリー | すべて

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません