日の丸を背負ったJALが法的整理になりました。これから、日の丸を背負った企業でJALのような運命をたどるのはあるのでしょうか? 電力会社などがそうなんでしょうか? これから注意するのがいいとされる産業があるのでしょうか? 警鐘を鳴らしているそこそこ深い洞察をして影響力のある記事があったら紹介お願いします。意見で回答する場合には、その分野での確実な経験と影響力がある方に限らせてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2010/01/19 23:34:42
  • 終了:2010/01/24 23:54:59

ベストアンサー

id:I11 No.3

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552010/01/24 00:26:43

ポイント80pt

「日の丸を背負った企業」が具体的にどこの企業を指しているのかは定かではありませんが、JALの法的整理問題で国交省天下りが多かったことが注目されたことをふまえて「日の丸を背負った企業」と考えるなら、先日、文藝春秋が「「事業仕分け」宣戦布告/「天下り」161団体412人完全リスト」(2010年02月01日号)に連なる企業は、JALと似た運命を辿ることになるのかもしれません。

 

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/bungeishunju1002.htm

http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG36/20100109/125/

特集 「事業仕分け」宣戦布告

徹底調査「天下り」161団体412人完全リスト

 

国交省は、ダムをめぐっても天下りの多さが指摘され、日の丸企業の癒着ぶりが指摘されていました。

 

http://blogs.yahoo.co.jp/doterai_umasan/21469195.html

 

しかし、国交省はたしかに天下り人数は全省庁最多なのですが、民主党の調査によれば、天下り団体先への補助金などの交付額で比較すると国交省は意外と少なく、一番多いのは文科省の2.15兆円、次に多いのが経産省9091億円、三位は財務省で8314億円。四位は厚労省で、五位は農水省です。(2006年2月16日 朝日新聞)

 

http://www.tim.hi-ho.ne.jp/ssunaga/jtxts/ectimp6.htm

 

という点を踏まえると、文科省の天下り事業・補助金をもらっている「日の丸を背負った企業」が、JALのような運命をたどることになるのかもしれません。

 

id:isogaya

なるほど、面白い資料です。ありがとうございました。

2010/01/24 23:54:34

その他の回答(2件)

id:Newswirl No.1

Newswirl回答回数210ベストアンサー獲得回数242010/01/20 02:00:25

ポイント27pt

JALは以前から格付けは相当悪く、昨年も前向きな成果もあげられませんでした。

ですが、JALのような企業は珍しいです。

 

未だ不確定要素が結構ありますが、今年1年でJALのような日本を支える企業の経営破たんは無いと思われます。ここでいう不確定要素は、民主党の政策ですね。たとえば、製造業の派遣禁止では企業の海外進出を念頭に置く企業があるようです。

すでに、このような海外進出は1980年代からありましたが、中国が経済成長をする中で人件費は割高なため、賃金の少ない中国やインド等に進出する頻度が高まる可能性はあります。

大企業2割が海外移転検討 製造業派遣の原則禁止で - MSN産経ニュース

一方で、高速道路の無料化は陸路のコストを削減するので、物流の面では割安ですが、そうなると空港・鉄道・船舶の輸送交通にも影響し、都市部では交通量の変化によって高速道路を除く道路での売上低迷するなどの影響が考えられます。

先に述べた労働者の雇用体系の見直しによって製造部門の海外進出は加速化する場合、後者のような高速道路無料化は高い精度で製造業全般を打撃します。

海路については、JAL同様に赤字を抱える企業がでるかもしれません。地方の空港や港の事業が失敗していることが大きいためです。

一方で、政府は日本海側の海路を開拓も行っているので、中国やロシアへの航路に成功すれば安定するでしょう。

https://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/8401cde...

1980年代にこうした海外流出が起こった際には、銀行業の客離れが深刻な問題となりましたが、現代はそこまでの影響はないと考えられます。

 

電気事業については、例年安定しています。もしくは、中長期的な投機(≠大規模な設備投資)が行われるため、昨今の経済事情が大きく作用することは少ないでしょう。

id:maxpower No.2

MAXPOWER回答回数521ベストアンサー獲得回数242010/01/22 11:38:20

ポイント27pt

http://q.hatena.ne.jp/1263911679

「日の丸を背負う」の意味の取り方にもよりますが、

親方日の丸という“ほぼ国営”という意味で言えば、昔は三公社五現業と呼ばれその後民営になったものの先行きの怪しい郵政やNEDOが、

日本を代表するという意味で言えば自動車や家電などの製造業ということで、自動車だと三菱や富士重工や日産、家電ではパイオニアやNEC辺りでは。

id:I11 No.3

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552010/01/24 00:26:43ここでベストアンサー

ポイント80pt

「日の丸を背負った企業」が具体的にどこの企業を指しているのかは定かではありませんが、JALの法的整理問題で国交省天下りが多かったことが注目されたことをふまえて「日の丸を背負った企業」と考えるなら、先日、文藝春秋が「「事業仕分け」宣戦布告/「天下り」161団体412人完全リスト」(2010年02月01日号)に連なる企業は、JALと似た運命を辿ることになるのかもしれません。

 

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/bungeishunju1002.htm

http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG36/20100109/125/

特集 「事業仕分け」宣戦布告

徹底調査「天下り」161団体412人完全リスト

 

国交省は、ダムをめぐっても天下りの多さが指摘され、日の丸企業の癒着ぶりが指摘されていました。

 

http://blogs.yahoo.co.jp/doterai_umasan/21469195.html

 

しかし、国交省はたしかに天下り人数は全省庁最多なのですが、民主党の調査によれば、天下り団体先への補助金などの交付額で比較すると国交省は意外と少なく、一番多いのは文科省の2.15兆円、次に多いのが経産省9091億円、三位は財務省で8314億円。四位は厚労省で、五位は農水省です。(2006年2月16日 朝日新聞)

 

http://www.tim.hi-ho.ne.jp/ssunaga/jtxts/ectimp6.htm

 

という点を踏まえると、文科省の天下り事業・補助金をもらっている「日の丸を背負った企業」が、JALのような運命をたどることになるのかもしれません。

 

id:isogaya

なるほど、面白い資料です。ありがとうございました。

2010/01/24 23:54:34

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません