自己破産を考えたほうがよいと思う友人がいます。自己破産を満たす要件として、「月収20万円、母(60歳)を養う、今はスナックを経営、借金額300万円」は、要件を満たしますか?

彼女のお父さんが、彼女がまだ子供のころ、知人の借金の保証人になっていて、彼が逃げてしまったため、借金を背負い、それを苦に自殺しています。それまではお父さんはお寿司屋さんを経営していたのですが、その後はお母さんがスナックにお店を変更(店も賃貸)、私の友人は高校生の頃からスナッを手伝い、今はすでに35歳。お兄さんがいましたが、お兄さんも借金を作り、行方知れずに。
二人は、踏ん切りがつかず、自己破産する勇気がでないらしい。私の調べた限りでは、自己破産による制限も、それほど今の彼女に影響するとは思えない。(たとえば医者になりたいとかはない)
でも、自己破産もいろいろ大変だから、といつも言っていて、しようとはしない。
彼女ももう35歳。若くない。就職しないと、もう本当に職がなくなると思うので、できるだけ早いほうがいいと思うのだが。。。ちなみに、事情があり、結婚はしないそうだ。詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2010/01/20 04:38:07
  • 終了:2010/01/21 17:16:37

ベストアンサー

id:recycle14 No.8

recycle14回答回数6ベストアンサー獲得回数12010/01/20 15:31:08

ポイント16pt

ご本人、扶養されているお母様(同居の親族)に財産と呼べるものが全く無いと仮定します。

その上で、月単位で考えた場合、借金等の支払や最低限の生活費などの支払うべき金額が、

あらゆる収入(生活保護、遺族年金含む)を合算した金額を上回らなければ、

破産申し立ては出来ません。

また、これまでの借金の理由として、(夜のお店などでの)飲食、風俗利用、ギャンブル、

株や先物取引、10万円以上の商品購入・旅行・飲食なども要件にかかってきます。

いわゆる「浪費」をしているかどうかです。

勝手な想像ですが、月々の返済額が、15万円を超えるくらいで無ければ、

要件は満たさないと思われます。(生活費が足りず、借入し続けている状態)

長い期間借入しているのであれば、「過払い金」が発生しているかもしれません。

任意整理で改善できるかもしれません。

また、ずっと独身で、働き続けるというのであれば、個人民事再生であれば、

要件は関係ありません。浪費でも実行できます。借金は100万円になり、それを

3年(もしくは5年)で均等に返済していけば大丈夫です。

弁護士・司法書士への報酬は、分割払いも可能ですし、

一度弁護士等が介入すれば、その時点で取立ては全てストップします。

個人再生ならば、事件を解決して、支払が再び始まるまでは最低でも半年はかかるので、

その期間にお金を貯めることも出来ます。

債務整理はそんなに大変ではないですよ。大変なのは弁護士です。

ご友人の方に、ぜひ借金と正面から向き合うようお話してあげてください。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

個人民事再生というものがあるのですね。

自己破産をせずに、300万の借金が100万になるということですか。

ありがとうございます。少し調べてみます。

2010/01/20 21:27:02

その他の回答(10件)

id:IlO10l0Il No.1

IlO10l0Il回答回数1757ベストアンサー獲得回数812010/01/20 05:02:53

ポイント16pt

>「月収20万円、母(60歳)を養う、今はスナックを経営、借金額300万円」は、要件を満たしますか?

それだけでは何とも言えません。

借金の返済期日はいつですか?毎月いくらの支払いですか?


自己破産出来るのは、返済期日を過ぎても支払えない場合だけです。

最低限生活に必要な物以外はすべて処分して、給与も合わせて、それでも足りない場合です。


ですから毎月の返済額が10万円ぐらいなら自己破産出来ません。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

>借金の返済期日はいつですか?

ああ、それは聞いていませんでした。

>毎月いくらの支払いですか?

お金のことなので、聞きづらくて聞いていません。聞いておきます。それによるのですね。

収入が20万円くらいで、家賃が7万円です。

返済額が仮に月10万円とすると、プラス家賃が7万円、残るお金は3万円ですが、それでも自己破産はできないのでしょうか。

2010/01/20 05:13:12
id:winbd No.2

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432010/01/20 05:08:28

ポイント16pt

http://www.yebh3.net/image/jikoqa/1.html

1

弁済能力の欠乏

金銭や小切手のみならず信用・労務・技能によっても金銭を調達することができないことをいいます。

したがって、財産がなくても債務者の信用や労力によって金銭を調達し得れば、弁済能力の欠乏とは言えず、逆に、財産はあってもそれを金銭に換えることが困難であれば弁済能力の欠乏といえます。

2

履行にある債務の弁済不能

将来の債務や支払に猶予期限が付けられている債務については、その期限到来前に支払不能になるということはありませんので今現時点で支払う必要のある債務に関して支払うことができない状態にある必要があります。

3

支払不能が継続的・客観的である

支払不能状態は継続的でなければいけませんので一時的なお金の欠乏では支払い不能状態とはいえません。

借金300万で給料20万扶養有りだと微妙なところですね。

扶養無しならギリギリ支払い能力有りと見なされるラインでしょうが、扶養有りなので自己破産出来る可能性は高いと思います。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

下記に、私の情報が間違っていた箇所がありましたので、訂正させて頂きました。

2010/01/20 21:07:51
id:ayakasi08 No.3

ayakasi08回答回数172ベストアンサー獲得回数62010/01/20 07:04:36

ポイント16pt

借金300万円程度では自己破産は出来ません。

弁護士に相談してみてください。

>返済額が仮に月10万円とすると、プラス家賃が7万円、残るお金は3万円ですが、それでも自己破産はできないのでしょうか。

3万円も残る場合は自己破産できないです。

自己破産というのは、すべての資産を放棄する代わりに、借金をチャラにすることです。

金利分でも支払える場合は、無理ですね。

id:chuuchuuchuu

ご回答、ありがとうございます。

私の記述で間違っているところがありました。

正確には、

収入20万、家の家賃が7万、お店の賃貸料がおそらく7万程度 です。

今、返済額を聞いています。

2010/01/20 21:06:56
id:casa_kyojin No.4

恭仁亭回答回数187ベストアンサー獲得回数52010/01/20 09:10:02

ポイント16pt

無担保融資に対する月々の返済額が、何社に対してどのくらいなのか、また、可処分財産がどのくらいあるのか、という問題になるので、月収と可処分所得の金額や、借入総額だけではなんとも言えません。

id:chuuchuuchuu

ご回答、ありがとうございます。

返済額、今聞いています。

可処分財産は、ゼロだと思います。

アパートで賃貸です。

その他にあるようには思えません。

2010/01/20 21:09:16
id:kaorigroove No.5

kaorigroove回答回数482ベストアンサー獲得回数292010/01/20 09:38:53

ポイント16pt

「踏ん切りがつかず、自己破産する勇気がでない」

当事者の気持ちがそういう状態である、ということは、

「自己破産した方が良い」と他人が勧める状態ではない

と考えるべきかと思います。

もっと当事者の詳細が定かになっていないと言い切れない

部分もありますが、

「自己破産せずに生活する」勇気を、本人が失っていない

わけですから、他人が安易に自己破産を勧めるのは、

間違いのもとになるのでは・・・?と感じます。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

そうなんですよね。今の状況で、貧乏でも食べてはいけてしまっているので、ずるずるしている様子は見て取れます。

ただ、本当に貧しいです。

夏も冬もエアコンは使ってはいけないそうです。お母さんがだめというと。

美容院にも行ったことがありません。

ただ、彼女が今ちょうど35才であるということなんです。

35才は、どこの会社でも年齢制限にされます。

今のスナックの仕事がそれはそれでいいのであれば、良いと思うのですが、

やめたいと言います。

お父さんをなくしてから、お母さんが女手ひとつで育ててくれた恩を感じていて強くやめたいと言えない感じです。

はたからみると、もういいじゃない、十分恩返ししたよ、と言いたくなります。

お母さんにとっては、お店も名残惜しいのではと思います。

2010/01/20 21:17:32
id:mikuni1966 No.6

mikuni1966回答回数106ベストアンサー獲得回数12010/01/20 10:17:52

ポイント16pt

いまお持ちの財産を売り払って、のこった借金次第だと思います。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

もっている財産はゼロだと思います。

家も賃貸ですし。

2010/01/20 21:18:20
id:webgochan No.7

webgochan回答回数23ベストアンサー獲得回数02010/01/20 12:58:01

ポイント16pt

自己破産できるかどうかは、申立人に破産原因があるかないかで変わってきます。

つまり、破産原因がなければ、自己破産は認められないということです。

では、自己破産するために必要な、この破産原因とは、いったい何なのか?

それが問題となってきますが、自己破産においての破産原因とは、以下に示すとおりです。



破産原因 = 支払不能状態にある者



支払不能状態にある者を、分かりやすく他の言葉で置き換えると、「借金を返済するだけの収入や財産

を有しない者」ということになります。


よって、裁判所から「支払能力なし!(支払不能)」と見なされた破産申立人は、破産手続開始決定(旧破産法においては「破産宣告」にあたります)を受けることが出来ます。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

他の方へのお返事でいろいろ書かせて頂きました。

破産原因、ですか。

それは、その私の友人(35才)が健康である、ということが支払い能力ありとみなされるということでしょうか。

他の仕事でいちからやりなおしたいのに、働けるんだからスナックを続けていきなさい、ということでしょうか。

2010/01/20 21:22:27
id:recycle14 No.8

recycle14回答回数6ベストアンサー獲得回数12010/01/20 15:31:08ここでベストアンサー

ポイント16pt

ご本人、扶養されているお母様(同居の親族)に財産と呼べるものが全く無いと仮定します。

その上で、月単位で考えた場合、借金等の支払や最低限の生活費などの支払うべき金額が、

あらゆる収入(生活保護、遺族年金含む)を合算した金額を上回らなければ、

破産申し立ては出来ません。

また、これまでの借金の理由として、(夜のお店などでの)飲食、風俗利用、ギャンブル、

株や先物取引、10万円以上の商品購入・旅行・飲食なども要件にかかってきます。

いわゆる「浪費」をしているかどうかです。

勝手な想像ですが、月々の返済額が、15万円を超えるくらいで無ければ、

要件は満たさないと思われます。(生活費が足りず、借入し続けている状態)

長い期間借入しているのであれば、「過払い金」が発生しているかもしれません。

任意整理で改善できるかもしれません。

また、ずっと独身で、働き続けるというのであれば、個人民事再生であれば、

要件は関係ありません。浪費でも実行できます。借金は100万円になり、それを

3年(もしくは5年)で均等に返済していけば大丈夫です。

弁護士・司法書士への報酬は、分割払いも可能ですし、

一度弁護士等が介入すれば、その時点で取立ては全てストップします。

個人再生ならば、事件を解決して、支払が再び始まるまでは最低でも半年はかかるので、

その期間にお金を貯めることも出来ます。

債務整理はそんなに大変ではないですよ。大変なのは弁護士です。

ご友人の方に、ぜひ借金と正面から向き合うようお話してあげてください。

id:chuuchuuchuu

ご回答ありがとうございます。

個人民事再生というものがあるのですね。

自己破産をせずに、300万の借金が100万になるということですか。

ありがとうございます。少し調べてみます。

2010/01/20 21:27:02
id:seble No.9

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6162010/01/20 21:31:27

ポイント16pt

さて、微妙な所かな?

月収20万?スナックのママ?

家賃7万に店の賃貸が7万、、、まあ、普通かとは思うけど、アパートはもっと安いとこでも何とかなるよね?

美容院へも行かない?スナックやってて?

母親は無年金か?

 

どこまで信用できるんだろ?

俺は騙されているほうへ6:4ぐらいで傾くけどね。

あなたが300万払えばいいんじゃないの?

それほど大騒ぎする金額ともおもえん。

10年ぐらいのローンにすればいいでしょ?

何で毎月7万も返さなきゃあかんのさ?

自己破産されるよりましだから、債権者だってそのぐらいの条件は飲むぜ。

(お水ってのは引っ掛かるけど、、)

闇金なら無理だけどね。

(つうか闇金で300できたらもうアウト)

バブルの頃に銀座で飲めば数日でそのくらい使っちゃったりして、、、w

(俺じゃないからね、知り合いの話)

id:chuuchuuchuu

ご回答、ありがとうございます。

えっと、まず私も女性で、特に友人から助けてほしいとも言われていないので、だまされてるはないですね。

美容院へは、お母さんだけ行ってます。友人は行ったことがありません。

年金ですが、そうです。お母さんは、これまで年金をいっさい払って来なかったそうで、これから先は友人が扶養するしかないでしょう。

アパートも、引っ越しを勧めているのですが、引っ越し費用がない、とのことです。

2010/01/20 21:40:53
id:yasu_sinjuku No.10

やす@新宿回答回数71ベストアンサー獲得回数102010/01/21 02:04:35

仕事がちゃんとあって、300万の借金なら自己破産はしなくて大丈夫です。

借金の整理をするにあたり、次の事をすれば良いと思います。


1.キャッシング会社に電話をして、「取引履歴を出してもらいたい。」と伝える

2.引き直し計算をする(以下のソフトを使えば簡単に出来ます)

(無料)http://homepage1.nifty.com/office-toyama/

(30日間無料)http://www.tdon.jp/download/main.htm

3.過払い金が発生しているなら、請求書を内容証明で、キャッシング会社本社へ送付する

4.過払い請求の訴訟をする

5.過払い金が発生していないなら、6.を実行

6.残債についての利息と支払額について交渉をする


これで、月々の支払いは減らせますし、300万くらいの借金であれば、何とかなると思います。

それでも、まだ、苦しい場合は、次の事をすれば良いと思います。


7.特定調停の申し立てをする


スナック経営との事ですので、4.と7.の手続きは、平日の昼間、裁判所へご自身で行かれることをお薦めします。

裁判所へ行けば、書類が揃っているので、そこに書き込むだけです。

判らない事があれば、裁判所で聞けば済みます。


弁護士や司法書士の方に依頼するとかなりのお金が掛かるので無駄だと思います。


お店は、お母様にとって、大切なものでしょうし、続けて行く事が良いと思います。

借金が無くなるか、返済の目処が立った時点で、就職して、アルバイト的に手伝いをするのはどうでしょうか?

id:chuuchuuchuu

ご回答、ありがとうございます。

他の方へのお返事で書かせて頂きましたが、

 

 月収20万円ほど、お店の賃貸料が7万円、家の家賃が7万円、です。

2万円のうち、14万円が家賃で消えています。

のこりは6万円。家族ふたりで、月6万円の生活費は苦しいと思いますし、そこから借金の返済など難しいと思うのですが。。

特定調停というもの、調べてみました。

企業の民事再生のようなものでしょうか。


友人は、本当にスナックの仕事がイヤでやめたい、といいます。せっぱつまったものがあり、このままでは精神的にどうかなってしまうのではないかと、とても心配です。

彼女は、女手ひとつで育ててもらった恩を返すために、まだお母さんのために生きなければならないのでしょうか。

スナックは、水商売なのです。

2010/01/21 12:48:03
id:bmtdh133 No.11

bmtdh133回答回数101ベストアンサー獲得回数02010/01/21 15:02:25

ポイント16pt

●自己破産の要件

自己破産を申し立てたからといって、誰もが自己破産を認められる訳ではありません。自己破産を認められるためには、自己破産をするための要件を満たしていなければなりません。自己破産をするための要件としては、「破産原因」があるかないかが問われます。

自己破産するためは必ず「破産原因」が存在しなければならないということです。

では、破産原因とは、いったい何なのか?それは、つまり「支払不能」ということなのです。

●支払不能とは?

支払不能とは、借金を返済できるだけの財産をもたず、またこれを近く入手できる見込みもないため、弁済能力が一般的に、かつ継続的に欠けているという客観的な状態です。

簡単にいうと「返済するだけの収入や財産か無い!」ということです。

●どの程度の借金なら支払不能となるのか?

「支払不能」の状態とは、申立人の「財産・信用・労力・技能によっても金銭の調達が困難」であり「将来的にも継続して返済できない客観的な状態」であるということが必要で、裁判所が総合的に判断します。

結論として、借金総額がいくらあればという画一的な基準はなく、あくまでも個々の状況により判定されるので、たとえ借金総額が100万円程度であっても返済能力がないと判断されれば支払不能となりますし、500万円であっても支払不能とならない場合もあるということです。

                                



○支払不能となる場合

・手取り月収が20万円、消費者金融などから500万円の借入があり、めぼしい財産なし。

・月々の返済のため新たな借入が必要で、自転車操業状態となっている。

・借入は100万円で、生活保護を受けて生活している。

           

○支払不能とならない場合

・一人暮らし、借入は500万円あり、手取り月収が100万円ある。

・収入は10万円であるが、土地や株式の売却で十分借金が返済できる

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

                                          

1.支払不能の状態と判断⇒破産原因がある⇒破産手続開始決定

2.支払不能の状態ではないと判断⇒支払い能力がある⇒破産申立ては棄却される


●自分が支払不能なのかどうか?支払不能の目安!

しばしば、「借金の総額」や「年収」などの数字を眺めて判断する場合がありますが、支払不能かどうかは裁判所が総合的に判断しますので画一的な基準はありません。

しかし判断で重要なのは、自分の可処分所得を知ることで判断するということでしょう!

可処分所得を簡単に言うと「所得のうち自由に使えるお金」と言うことです。

この「可処分所得」とは、収入から家賃や食費、光熱費などの生活費、その他生活に必要な支出を差し引き、残った金額です。

あくまで目安となりますが、「可処分所得」を算出した上で、借金の返済が3~5年以内に可能かどうかで判断することが出来ます。

例えば、借金総額300万円、毎月の可処分所得が3万円の場合、

       300万円÷36回(3年)=83,333円

       300万円÷60回(5年)=50,000円

少なくとも50,000~83,333円の支払となります。

よって、3~5年以内には返済が不可能と言うことになり、大まかではありますが、支払不能ということになります。

id:chuuchuuchuu

ご回答、ありがとうございます。

丁寧にたくさんの情報を、ありがとうございました。

皆様に頂いた情報をもとに、少し色々調べてみます。

皆様、ありがとうございました。

2010/01/21 17:16:14
  • id:seble
    おっと、失礼をば・・・
  • id:mikin
    http://homepage2.nifty.com/joseijiritu/

    債務を抱えてしまっている女性の味方になってくれる、NPO法人があります。

    とても親切に相談にのり、悩みを受け止めて、将来どうしたらいいかを
    一緒に考えてくださる、素晴らしいNPO法人ですよ。

    まずは、このような団体で話を聞いてもらって、自分が「現実的に自分が
    どのような状態にいるのか」を整理して、心を強くしてから、
    そのあとで自己破産するかとか考えてみてもいいかも知れませんよ。
  • id:yasu_sinjuku
    いきなり自己破産って、結局は、逃げているだけだと思います。
    逃げる人生を友達として、勧めるのはどうかと思い、債務整理の方法を説明させて貰っただけです。
    他の人の回答も全部読んでの回答です。
    当然、スナックが水商売なのも知っています。
    別にそのお友達に一生、スナックをしなさいとアドバイスしたつもりは無いです。
    自己破産させたいなら自己破産の手続きを粛々とすすめれば良いでしょう。
    自己破産自体は、裁判所が判断するものです。
  • id:Yoshiya
    親戚の自己破産と父親の過払い訴訟に関わったものの意見ですが、#10の回答が一番現実的です。
    ますは借金の減額(過払いの返還や個人再生・特定調停の実施)を考え、それでも無理であれば自己破産を考えるべきです。
    質問文の事情を考えるに、自身の浪費が原因で無い事から自己破産を申し立ててをしても免責まで行く可能性が高いとは思いますが、
    それなりの時間と費用がかかります。
     
    どちらにせよ現在の借入額を確定させないと話になりませんので、現在借入をしている金融機関に本人が出向いて、全ての取引履歴の入手をお勧めします。
    それを元にして、法定利率(利息制限法の規定で元本が100万円以上は年15%)で計算をし直し、本来支払うべき金額を確定します。
    その上で、今後の対応を検討すべきです。
     
    残債を支払う考えがあるのであれば減額を業者と交渉すべきですし、支払うのが嫌であれば自己破産の申立を行うしかありません。
    ここで、意見を聞くのもいいでしょうが、それよりも早めに弁護士や司法書士に相談する事をお勧め致します。
    「法テラス」に相談してもいいですし、市町村が行っている無料法律相談や弁護士会・司法書士会の無料法律相談で話をしてみて下さい。
    (できれば当事者が行く事をお勧めします。 その際には現在の借入の記録を持っていくと話が早いです。)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません