1263963083 【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ~SEASON” #047


THEME:「大寒の頃に」「雪を愛でる」「あったか色を楽しむ」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100120

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は1月25日(月)正午で終了させて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 登録:2010/01/20 13:51:25
  • 終了:2010/01/25 12:03:35

回答(318件)

ただいまのポイント : ポイント2086 pt / 5000 pt ツリー表示 | 新着順

かまくら cers8pp2010/01/23 23:23:38

ついでにこたつに入ってテレビが見たいです。

かまくら cers8pp2010/01/23 23:21:32

かまくらの中で酒盛りをしてみたいです。

雪まつり cers8pp2010/01/23 23:19:22

美しい芸術をたくさん写真に収めたいです。

雪合戦 cers8pp2010/01/23 23:17:18

おもいっきり固めに作って作戦をたてながら遊んでました。

スキー cers8pp2010/01/23 23:14:53

バスで行くスキーツアーが好きで毎年行ってました。

新雪にダイブ cers8pp2010/01/23 23:12:49

よくダイブしてました。

寒ざらしの科学 Fuel2010/01/23 22:15:04

鯉のぼりなどの寒ざらしは、季節という気象的な科学を知り尽くしていた伝統の知恵なんですよね。他の季節は増水による水の濁りがありますが、降水が雪という形で地上に固定される寒のうちなら、澄んだ清流の中で鯉のぼりを泳がせることが出来るわけです。辛さをものともせず、この季節の恵みを最大限に生かしていく伝統の知恵。すばらしいと思います。

寒ざらしには、蕎麦の寒ざらしもあります。秋に収穫した蕎麦の実を、精白しない玄蕎麦の状態のまま、厳寒の冷たい清流に2週間ほどさらし、さらに引き上げた物を寒風と冬の太陽にさらすのです。この方法は主に関東以北で行われ、こうした寒ざらしをへた蕎麦は、雑味がなく舌触りが良い、甘味のある独特の風味が醸し出されます。

それだけでなく、新しい栄養素として注目を集めているGABA(γ-アミノ酪酸)が、この寒ざらしをへると2倍に増加することも、最近の研究で明らかになっているそうです(日本食品科学工学会誌、48(2001)449 ”寒ざらし処理によるソバ(そば)の成分変化”)。

まだ科学が発達していなかった昔から、体験的に寒の水にさらす効果を知っていた昔の人はすごいですね。お餅の寒ざらしは初めて知りましたが、やはり温度によるカビの増殖の抑制というすばらしい知恵がそこにあると思います。

初雪を待ちこがれるという雪の愛で方も有りですね Fuel2010/01/23 21:46:57

私も雪が大好きです。本当に豪雪地帯の皆さんのご苦労を思うと軽々しく雪降らないかなぁなんて言えませんが、でも雪の美しさは、日本の美の象徴の一つではないかと思います。

特に樹木や花と織りなす雪景色の美しさは、日本の四季の代表的な美しさの一つですね。冬は花が少ないですが、でも牡丹や椿、山茶花などの冬の花と真っ白な雪のコントラストは本当にすばらしいものがあります。雪の中で咲いていると、何でお前はそんなきれいな色なの?雪の白さを知ってるから?なんて言いたくなってしまいます。

大学時代、豪雪地帯出身の学友もたくさんいましたが、彼らは口を揃えて、雪は資源だと言っていました。観光資源というだけでなく、米というのは水で味が決まるんだ、雪の多い地域は雪解け水だけで田んぼの水がまかなえる、ほとんどの田んぼは川から水を引かずとも、山肌の湧水から伸ばしてくるパイプの水だけでまかなえる、そういう米はうまいぞ、一度山の棚田の米を食ってみろと、誇りを込めて言っていました。

雪は、都会でも農村地帯でも、天からの恵みだと思います。待ちこがれるという雪の愛で方も、きっと有りだと思います。

イエはてなを愛するみんなの心を集めて Fuel2010/01/23 20:50:43

この書き込みを読んでハッとさせられました。ルールやマナーの問題じゃなくて、心、なんですよね。

イエはてなは、このコミュニティと、ここに集う仲間と、そして日々の暮らしを愛する人々の心が集まってできている空間です。その心を忘れなければ、自然に一つ一つの書き込みをよく読むようになって、自分がどういう返信をしていくべきか、それをどの位置に書き込むべきかという流れも自然に掴めるようになってくると思います。

ポイントがほしくてここに書き込んでいる皆さんも、ツリーの頭のタイトルしか読まない、書き込む位置は常にツリーの最後尾とやらないで、最も自分の心が表せる書き込みを見つけて、そこにその心を込めた書き込みをしてみたらいかがでしょうか。

そういう書き込みには、いわし終了後にイエはてな独自のプレゼントポイントが贈られ、さらにピックアップ賞やノミネート賞などを受賞するチャンスも生まれます。心を置き去りにした書き込みを何回繰り返すよりも、心を込めた一つの書き込みの方がずっとお得です。色んな意味で。

せっかくイエはてなに足を踏み入れながら、イエはてなの中にある本当の豊かさを知らずに過ごしていたら、それこそ大損じゃないですか。

あなたの心の一番暖かな色を、イエはてなに贈ってください。

この言葉、みんなの胸に届けたいですね。私の胸には、強く強く響きました。

イエはてなにもさらに《あったか色》を加えよう TomCat2010/01/23 18:11:51

1月22日付のダイアリーに、ハザマさんから次のようなメッセージがありました。

みなさまにあらためてご案内を。(中略)〈イエはてな〉では一行レス問題以降、毎回のいわし終了後にプレゼントポイントの対象となる書き込みを公正に選出の上、ポイントをお送りしています。ですから、この点につきましてはみなさまどうかご安心を。またもう一つ、〈イエはてな〉のマインドを汲み取って頂いていない掲示板的ひとことなどの書き込みにはツリーを伸ばさず、レスにふさわしい書き込みからつなげていくことに留意する、というご提案。これもぜひご参加のみなさまにお願いしていきたい大切な心得ですよね。これを機に、少し意識して書き込みをよろしくお願いいたします。

これまでも、こうしたみなさまの深いご理解やご提案によって、〈イエはてな〉が上質な語らいの場でありつづけているんですものね! 今回のご提案もぜひさらなるクオリティアップにつなげていきたいです!

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100122

 

この件については今開催中の“イエ・ルポ 2”#049「四季に食に環境も!〈私の自然暮らし日記〉」のいわしにおいても、テーマご提案者からのお願いとして呼び掛けが書き込まれていますが、

http://q.hatena.ne.jp/1264136098/247026/#i247026

 

皆さん、もう一度、今開催中の「ここ」と「イエ・ルポ 2」、そして最近終了したいくつかのいわしを眺めてみてほしいんです。異常なほどの1行レスの増殖。そしてその書込者のIDをクリックしてみると、その中のいくつかは既に存在しなくなっている。通常表示されるはずの「○○さんのプロフィール」が抹消されて、「ページが見つかりません」になってしまっています。こうした事態が正常でないことは、誰の目から見ても明らかでしょう。

 

こうした状態の中で、私達の語らいはスムーズに進行しているでしょうか。大きくなるツリーには、ただポイントを重ねるだけの機械的な短文が集中され、同時にポイント累積のメリットがない書き込みはいつまでもレスが付かず置き去られたまま。自分の発したメッセージが誰かの心に届いた!!という喜びを得られる人は数えるほどではないかと思います。

 

そう。心が置き去られちゃってるんですよね、ここ最近…。

 

ちょっと前のイエはてなには、心と心の触れ合いが一杯でした。みんなで共感しあい、一つのアイデアを大きく育てていく語らいが一杯でした。でも最近は、形式上は一つのツリーにつながっていても、「書き込みの前後で語り合っていない」書き込みがとても多く見受けられる気がします。てんでんバラバラに、前後の脈絡無しに思いついたことを一方的に書き込むだけでは、ちょっと「語らい」とは言えませんよね。

 

そこでです。みんなでイエはてなに、もう一度みんなのあったかな心の色を加えていきましょうよ。たとえばこんな心遣いを通じて。

 

◆ツリーの中での心遣い

  • ツリーの最後尾にレスする習慣を見直して、ツリーの途中もよく読んで、共感した書き込みに直接返信していくようにする。
  • 丁寧に時間をかけて書いたがゆえに別の人が先に返信してしまい、ぽつんと孤立してしまった書き込みにも光を当てる。
  • そうやってツリーの途中にぴょこんと出ている枝を大切にし、良い枝、共感出来る枝はどんどん伸ばしていく。
  • 逆に、語らいになっていない書き込みが数珠繋ぎになっている所は、たとえそれが中心の幹であっても、もう伸ばさないで打ち止めにする。

 

◆いわし全体に対する心遣い

  • 下の方に置き去られている書き込みから注目していく。
  • 特にレスの少ない、あるいは付いていない書き込みから優先的に読み、共感できる書き込みだったら、みんなに「こんないいものが埋もれてましたよ」と紹介する意味も込めてレスを付けていく。自分がいわしの流れを作っていく。

 

◆テーマの出題意図に対する心遣い

  • 書き込み前に出題文の「テーマ詳細と○○例」にあるURLをまずクリック。出題の「心」を受けとめてから書きはじめる。(『Welcome to イエはてな』と『プレゼント変更ご案内』は毎回同じURLですが、『テーマ詳細と○○例』は毎回違います)

 

イエはてなって、掲示板ともツイッターとも違うんです。雑談をする場所でもなければ、つぶやきを書く場所でもありません。参加者一人一人の心と心の通い合った語らいを繰り広げ、その実りを新しいライフスタイルの提案として広く世にアウトプットしていく。それがイエはてなのいわしの目的なんだと思うんです。

 

皆さんも年頭に当たって、今年一年の抱負を心に決めたと思いますが、今年のイエはてなの目標は、このイエはてなの語らいの成果を広く世に伝えていくためのステップアップ。そのためには、より一層の充実した語らいの深まりが必要です。

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100105

 

書き込みをするということ。それは語らいの流れを作っていくことです。その気がなくても、一つ書き込みをすれば、そこで必ず語らいの流れを左右していきます。どうせなら、そこに「暖かな心」を添えていきましょう。そして、どうせなら、自分の書き込みで語らいの流れを作っていきましょうよ。

 

みんながちょっとずつ「心のあったか色」を添えていくだけで、今の異常な状態はすぐに直ります。でも逆に、皆さんお一人お一人の力がないと、一人や二人ではどうにもなりません。みんなの色が集まってはじめてイエはてな。一番寒いこの時期に、ここが一番あったかい場所になりますように。あなたの心の一番暖かな色を、イエはてなに贈ってください。

雪で白くなる山とならない山 chinjuh2010/01/23 13:59:57

あれ、まだ書ける……と思ったら

10回まで回答できるようになってたんですね。

 

 うちの方では、真っ白になる山と、ならない山がありました。

 親記事の赤城山も「雪が降ってるね」って言ったあとに山頂が白くなってるのは見えるんですが、白いところはほんのちょっぴりでしたね。

 ところが、赤城と榛名の間にちょこっと見える谷川岳は、冬になると真っ白です。

 雪のない季節は、谷川岳をあんまり意識しないんですが、雪で白くなったのが見えると「水上谷川スキーと登山」なんて、上毛カルタの札を口ずさんだりしたものです。

新雪にダイブ meizhizi872010/01/23 13:40:16

昔住んでいた所はかなりの豪雪地帯だったので、隣の空き家の屋根まで登れるほど雪が降りました。屋根まで登って写真を撮った思い出もあります。そこから一面の雪に向かってダイブするのは楽しかったです。

雪山に気付かされた感動 meizhizi872010/01/23 13:36:57

雪国育ちではない友人が、冬になると「あの山見て!あんなに真っ白だよ」と驚いていました。私は山に囲まれて育ったのであまり意識はしていなかったのですが、よく見てみると本当に白くてきれい。近くにいるからこそ気付かなかったと思います。それからは山を意識して見るようになりました。

雪見風呂 meizhizi872010/01/23 13:32:32

3月中旬に草津温泉に職場の同僚で行ったとき、ちょうど雪が降っていました。露天風呂から眺める景色はとても幻想的でした。時間が経つのも忘れてゆっくりとお風呂につかっていました。とても寒かったのですが、温泉の熱さに助けられ体はポカポカ。湯もみも体験することができ、温泉まんじゅうもたくさん食べて、心も体も満喫した温泉旅行でした。

スキー meizhizi872010/01/23 13:26:20

子供の頃に何度も家族でスキーに行きました。はじめは怖くてずっと足をハの字にしてゆっくり滑っていましたが、だんだん慣れてくると足をまっすぐにして姿勢を低くしてスピードを出して滑りました。速く滑ることができると爽快でうれしかったです。

あったか色に包まれる幸せ TomCat2010/01/23 13:13:35

ネパールは36のジャート(生まれや育ちが共通する人々と言ったような意味)が存在すると言われる多民族多文化国家ですが、昔から牧畜が盛んで、羊も多く飼われているんですよね。だからウール生産も盛ん。主に羊は海抜の高い山岳地帯で多く飼われてきましたから、ネパールウールはその寒さから人々を守ってきた、あったかさ折り紙付きのウール。それでもやっぱり赤いストールの出番が多いと言うことは、色の与える暖かさ感は絶大ってことなんでしょうね。

 

私はオレンジ色のマフラーを持っていますが、それを首に巻くと、オレンジ色に包まれる幸せ感で、思わず頬がほころんでしまいます。あったか色に包まれる幸せは、冬の素敵な魔法のサプリの一つですね。

あったか色の猫 TomCat2010/01/23 12:51:47

猫の体ってあったかいですよね。特にお腹のふかふかした毛のあたりがたまりません。丸まって寝ている猫のお腹のあたりにそーっと手を差し込むと、優しい暖かさが伝わってきて。ううー、この幸せったらないですよね。

 

そういう記憶と共に心に刻まれた、fumie15さんのあったか色は猫の色。このメモリアルは宝物ですよね。

 

猫は視覚と共に嗅覚と聴覚もすごく発達していますから、きっと猫ちゃん、今ごろ天の国で、fumie15さんの「あったかにおい」や「あったか声」なんかも思い出して、お喉をごろごろ鳴らしているに違いないと思います。

豪雪でもそれを楽しんでしまうライフスタイル TomCat2010/01/23 12:36:51

以前新潟で、雪かきをしている人の姿が描かれたポスターを見たことがあります。たしかキャッチコピーは「なんぎすけそい」。「なんぎ」は「難儀」ですよね。「すけ」は調べてみたら関西弁の「何々さかい」の「さかい」が訛ったものだそうで、「そい」は「そう(“そうして”とか“そうなんだ”の“そう”)」の意味らしいんですよね。意訳すれば、苦労があるから楽しいことがより際だつ。そんな意味を表した現地の言葉ではないかと思います。

 

こういう雪国の強さをさらに進めて、雪との格闘まで楽しみにしてしまうライフスタイル。これは素晴らしいと思います。

 

雪かき、雪下ろしは、いわば雪国のハウスキーピングの基本ですよね。子供も張り切って、隣近所の分まで請け負ってそれに参加。というよりもう自分の役目と誇りを持っている。イエを、マチを愛してるんですよね。

 

そんな中で、秘密基地作りより面白い楽しみを開発してしまう。こういうの、私たちも見習いたいですね。

雪合戦 Shared2010/01/23 11:53:15

学校で皆で雪合戦をしたときのことを思い出しました。

雪はフワフワしていて、投げるのが難しかったですね。

それを一生懸命硬めて投げました。

それでもフワフワしているので痛くないのが良いのでしょうね!

子供のころにしか出来ない遊びかな~

つらら Shared2010/01/23 11:47:06

最近は見かけ無くなりましたが小学生の頃は家の屋根などにつららを発見しました。

わぁ~つららだぁ~なんて言いながらはしゃいだのですが、ここずっと温暖化の影響なのか見かけ無くなりましたね。

つららを見ると正に寒さの真っただ中にいるのだと実感したころが懐かしいです

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 「大寒の頃に」「雪を愛でる」「あったか色を楽しむ」 #047テーマ 「大寒の頃に」「雪を愛でる」「あったか色を楽しむ」 “リブ・ラブ・サプリ〜SEASON”フレーズ 「〈寒の水〉を汲んでお
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:37
      「大寒の季節は〈イエ・エコ!旬間〉・〈鍋6か条〉でCO2削減を」 by id:momokuri3 「チャレンジ25キャンペーン」(旧・チームマイナス6%)に参加している企業や団体では、寒い冬にこそ「う
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「大寒の卵」by id:TomCat 俳句の季語に「寒卵」というのがあります。寒の卵は滋養に富んでいるので、食べると一年中健康に暮らせる・・・・とか。最近は風水で有名な人の影響か、大寒
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「雪景色」by id:xnissy 「雪を愛でる」というと、やはり雪の積もった風景、雪景色の美しさというのは何とも言えないものがあります。全てが白く覆い尽くされて、そこに太陽が差すとき
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「食卓を暖かな色で彩る」by id:TinkerBell まず器。 夏は見た目も涼しげなガラスの器などが大活躍しますよね。 冬は逆に、見た目だけでも暖かさが感じられる器を選びます。 よく使うの
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「寒ざらし」by id:gallerybaaba 折りしも今日は大寒。 この日、岐阜県郡上八幡の吉田川で“のんぼり”洗いが、また、愛知県岩倉の五条川でも“こいのぼり”の糊落とし作業が冬の風物詩
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「寒昴」by id:vivisan 昴は谷村新司や、車のメーカーの名前でおなじみですが、どの星座に瞬いているかご存知ですか? おうし座にあるプレアデス星団(小さな星の集まり)です。たくさ
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「かまくら」by id:twillco そうですね〜最近は作れないですね。 っでも、今年のお正月は久しぶりにすごく降ったので 娘が大はしゃぎしてました。 なのでちょっとしたものでしたが、娘
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「耐寒訓練という行事があった小学校」by id:iijiman 私の通っていた小学校では「耐寒訓練」という行事がありました。丁度今頃、「大寒」の頃に、毎朝15分くらい校庭を走る(ランニ
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「山にかかる雲を見て、山の上は雪だねって」by id:chinjuh そんなこんなで、平野部生まれのわたしは雪が珍しいのですが、冬になると、決して平野部には降らない雪を「見る」ことがで
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「雪で領土を広げる!」by id:Catnip いわゆる豪雪地域に住む親戚がいます。冬、その親戚の家に泊まりがけで遊びに行ったことがありました。親戚の家は山間部で、段々畑が広がる一角に
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「雪の妖精」by id:powdersnow 雪の妖精と言っても、ユキムシやファンタジー的なものではありません。 雪が積もった場所で、人間が人工的に作ってしまうモノです。 作り方は簡単で、雪が
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「雪の中の散歩」by id:YuzuPON 昼間、降っている最中なら、見上げるような大きな常緑樹のある場所が、舞い落ちる雪が美しいポイントです。冬の常緑樹の深い緑をバックに眺める雪は最
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「毛糸で楽しむあったか色」by id:MINT 「あったか色を楽しむ」というテーマを見て、ひらめきました。今までにも布を飾るというアイデアが色々な形で出されてきましたが、それを毛糸
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「暖炉 炎や薪、レンガの色 自然の中に存在する色達」by id:Shared 暖炉の炎。 これは単に炎が温かいだけではなく、この色合いそのものが温かいように思います。 そして暖炉の茶色も温
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:41
      「簡易大量ミニかまくら作り & 一度はやってみたいキャンドルロード」 by id:Fuel 「キャンドルロード」で検索するとたくさんの記事が見つかりますが、中でもこのページの写真を見て
  • 2012.1.11 〜 2012.1.16 1月11日 「鏡餅を健康長寿のゴマ餅に」by id:Oregano わが家では毎年、近所の和菓子屋さんで五寸の二段重ね「鏡餅」を作ってもらっています。五寸の鏡餅に使われる餅米は
  • 2012.1.18 〜 2012.1.23 1月18日 「大寒の季節は〈イエ・エコ!旬間〉〈鍋6か条〉でCO2削減を」by id:momokuri3 大寒は二十四節気の中の1日であるとともに、この日から立春に至るまでの約2週間のこと
  • イエはてな - 2012.1.24 2012-01-24 16:28:00
    2012.1.24 1月24日 「雪景色」by id:xnissy 冬の季節、やはり雪の積もった風景、雪景色の美しさというのは何ともいえないものがあります。すべてが白く覆い尽くされて、そこに太陽が差すとき
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません