1263963083 【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ~SEASON” #047


THEME:「大寒の頃に」「雪を愛でる」「あったか色を楽しむ」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100120

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は1月25日(月)正午で終了させて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 登録:2010/01/20 13:51:25
  • 終了:2010/01/25 12:03:35

回答(318件)

ただいまのポイント : ポイント2086 pt / 5000 pt ツリー表示 | 新着順

大寒の寒稽古 tough2010/01/23 09:38:05

柔道でも空手でも、剣道でも弓道でも、およそ武道の世界では、必ずと言っていいほど寒稽古が行われます。子供対象の教室では冬休みや週末に行われることもありますが、基本的には大寒の日。

私も学生時代はずっと武道をやっていましたので、大寒と言えば寒稽古でした。猛烈に冷え込む早朝に、道着を脱げばパンツいっちょという姿で、全く火の気のない道場に集合。もう我慢大会としか思えません(笑)。

この寒稽古、一般には厳しい稽古を科して精神を鍛えるためと言われるようですが、本当の意味は禊なのです。大寒の日には鹿島神宮をはじめ全国の神社で禊の儀式が行われていますが、それと同じです。

日本の武道は神道と深い関わりを持って発展してきました。人を殴り、組み伏せ、斬り殺す。武道の技はそれのみを取り出せばただの暴力です。しかし人はそれを信仰と結びつけ、自己鍛錬の道につなげ、人を殺す暴力ではなく、人の可能性を高める武道に発展させてきました。武道とは自己を高め、共に修練に励む仲間と共にお互いを高め合おうとする祈り。そしてその体現によって平らかな人の和する世界を目指すこと。合気道の開祖である植芝盛平先生が詠まれた道歌に「合気にてよろづ力を働かし美しき世と安く和すべし」というのがありますが、これはあらゆる武道の心を表した名言と言えるでしょう。

そのようなわけで、武道の世界では、武道なりのやり方で、神社の禊とおなじ行をするわけです。神社では水をかぶりますが、武道家は寒中に身をさらし、身と心を清めます。スポーツとしてのトレーニングで考えたら寒稽古はとても非効率的ですが、凍てつく寒さの中で汗を流して全力を振り絞った後の爽やかさは、本当に身も心も透き通ってくるような爽やかさがあります。

寒稽古が終わると、だいたい恒例はお汁粉です。武道では鏡開きも大切な行事で、この時もお汁粉ですが、寒稽古の後もお汁粉が振る舞われることが多いのです。寒稽古の後のお汁粉がいつの時代から始まったものかはわかりませんが、もし伝統的なものだとするならば、これはおそらく冬至の小豆粥と同じく、縄文時代から大切な作物の一つとして育てられてきた小豆を通じて、ことあるごとに五穀豊穣を願ってきたならわしの現れといえるでしょう。また、タンパク質を豊富に含む栄養価の高い小豆は、肉食の習慣がなかった昔の日本人、特に体作りが大切な武道家には欠かせない栄養源だったであろうこととも関連していると思います。

とにかく皆でお汁粉のお椀をフーフー吹きながら、大寒の稽古は終わります。かつて、旧暦の時代の大寒は年の暮れ。きっと昔の寒稽古は、一年の締めくくりと新しい年に向けた新たなスタートの意味もあったことでしょう。今は寒稽古をもって全ての正月行事の締めくくり。さぁ今年も今さらながら頑張るぞといった、ちょっと悠長なスケジュールになっていますが、それでもこの寒稽古の身の引き締まる思いは、何にも代えがたいものがあります。

皆さんも、体調が許せば、まだ節分までは大寒のうちですから、心身を清める禊のつもりで、ちょっと早朝のマチでも走ってみてください。それだけでもいい寒稽古になると思います。そこで心に残る何かが得られれば、それがあなたの黒帯です。今年一年、それを心の腰にギュッと締めていきましょう。きっといい一年が送れると思います。

雪まつり futanbo2010/01/23 07:57:16

20歳くらいのとき、短大の友達とお金をためて(笑)北海道雪祭りツアーとゆうのに参加しました。

北海道はあの季節、いろんなところで雪まつりがあるんです。

6箇所くらいのに参加しましたが、各地それぞれほんとに楽しかったです。ほとんどすべてのところにあったのが「氷の滑り台」。どこだったかは忘れたのですが、すっごく長いのがあって、もうそりゃあ、テンションがあがりましたっけ。どこかの湖では、冬の花火を見ました。湖は完全に凍っていて、地上のようになっていて。その上に雪が積もっていてそこをスノーモービルで走ったり。。

ほんとに雪ざんまいでした。

一番最後にさっぽろに行ったのですが、その年は暖冬で像が溶けてしまっていて、かなり残念でした。骨が見えてしまったサザエさんは恐すぎて、笑えなかったっけ・・。

あ、でも夜景はきれいでした^^

また、雪祭りめぐりしたいなあ・・。

スキー futanbo2010/01/23 07:48:31

私も高校の修学旅行で始めて長野に行ったとき、山々が真っ白な景色に大感動でした。スキーもすごく楽しくておもしろくて気持ちよくて・・。真っ白な雪と木々の間をすべって行くあの爽快感はたまらないですね。。

雪の結晶 futanbo2010/01/23 07:45:32

北海道に旅行に行ったとき、バスに乗っていて窓の外の景色に

目を奪われていたとき、ふと窓ガラスにへばりついた雪の結晶に

気づき、「おお、ほんとにあのカタチをしてる!」と感動したのを

思いだしました。

イラストでしかちゃんと見たことがなかったので、ほんとに

見とれてしまいました。

見事なカタチをしてました。

そして、ほんとにカンペキなカタチでした。キレイでした。。

バスに揺られて、それを見れるとゆうシュチュエーションも

すごくなんだか感傷的になってしまう理由の一つだったかも?

寒昴 vivisan2010/01/23 00:52:22

昴は谷村新司や、車のメーカーの名前でおなじみですが、どの星座に瞬いているかご存知ですか?

おうし座にあるプレアデス星団(小さな星の集まり)です。たくさんの小さな星が集まってそれが1つの星のように肉眼では見えます。六連星(むつらぼし)とも呼ばれます。

特に1月には南中にすばるが集まることから、別名「寒昴」とも呼ばれ、俳句の季語にまでなっています。私はまずこの「寒昴」という名前にロマンを感じました。


さて、1月25日に「すばる食」があります。月の軌道がすばるの上を通り、月ですばるが隠れてしまう現象です。これは2006年から続いていたのですが、今年を限りに月は遠のき、再びすばる食が起きるのは14年後。天文好きの友人から教えてもらったのですが、私は昴がどこにあるのかも全く知りませんでした。

これを是非みてみようと思います。

そしてこれをみることで以前わたしが書いた星浴をやってしまおうと思っています。

寒の時期はとても寒く、空気がすんでいるので、星も見えやすいです。

 http://q.hatena.ne.jp/1235537575/205665/


そこでは、自分の好きな星をみつけちゃおう!でしたが、今回はそれを昴とします。

昴の見つけ方ですが、まずはオリオン星を見つけます。これなら誰でもわかりますね♪そこからすこし右上を見てみると赤い星を見つけることができます。これがおうし座のアルデバランです。そこからもう少し右上をみてみると、小さな星の集まりが見えますが、それが昴です。ぼや~っと青白く靄がかかったように見えるかもしれません。

残念ながら私は目が悪いので、肉眼でみることができないんです。

やふーきっず星空

 http://contents.kids.yahoo.co.jp/hoshizora/encyclopedia/cons_tau...


しかも、今回は月がすぐそばを移動するわけですから、月が明るすぎて弱い光のすばるはよけいに見難くなります。

そこで双眼鏡の出番です。10倍程度だったら、6つではなくもっとたくさんの数がより集まっていることがわかるでしょう。

実際、すばる食が起きるのは19時~21時あたりです。それを目安に星浴をします。

地方によって隠れる星が異なるので、こちらを参考にしてください。

 http://www.astroarts.co.jp/special/20100125pleiades/index-j.shtm...


寒い時期なので、防寒対策はしっかりとし、暖かい飲み物は常備しておきましょう。私はホットコーヒーとジンジャーチャイを用意しようと思います。そしてipodの中身は、「惑星」なんかいかがでしょう?雄大な気分になること間違いなしです。お好きな音楽を選曲してみてください。そしてそのときの寒さにもよりますが、寝転がってみれたらいいなぁ。


私は今まで「昴」がどういうものか全く知らなかったため、今回いろいろ調べてみました。

基本的に肉眼で見えるのは6つの星。でも、各国の「昴」に関する伝承を見てみると思わぬことがわかりました。

古代アッシリアでは、すばると思われる星の数が7つ石版に刻まれていたそうです。中国も昴のことを「昴宿七星(ぼうしゅくしちせい)」と呼んでいました。

またギリシャ、タイ、インディアンなどのお話だと最初に7人登場します。兄弟とか姉妹とか。しかし、なぜか1人欠けて6人になってしまうんですよね・・。

これってもしかしたら、最初は7つの星が見えていたのに、1つだけ消えてしまったのかもしれない。もしかしたら星の寿命が終わって爆発がおこったのかもしれないなんて考えるのはロマンじゃないでしょうか?


「すばる」はプレアデス星団の和名です。日本では古くからこの星のことを知っていて、そのときからよばれていたそうです。

「すばる」=他動詞である「統べる」の自動詞「統ばる(すまる)」からきているそうです。意味は、より集まってひとつになることからきているのだそうです。統一する言葉も、集まったもの(領土、人など)に対して統べていくんですよね。なるほどと思いました。

また、「統べる」=すまるともかかれています。すまるとは、玉を糸で通した首飾りのこと。古事記や日本書紀などにはこの名前を「五百津之美須麻流之球(いおつのみすまるのたま)」や「須売流玉(すまるのたま)」として出ています。なんと奈良の昔から「すまる」という言葉が使われていたのにはびっくりです。平安の頃には、枕草子にも「すばる」の言葉がでていますので、日本でも古い時代からすばるは知られていたことになりますね。

寄り集まってひとつになる・・を考えていて、ふとしたことに気づきました。

イエはてなって、みなさんの一言一言が寄り集まってできていませんか?この昴のように。イエはてなでの語らいもひとつの昴なんだなぁ・・と感心してしまいました。スケールでかいですね♪私もたくさんの星の中のひとつでありたいです(笑)

富士山 tetla1002010/01/22 23:27:45

絵になりますね~富士山は

かまくら tetla1002010/01/22 23:26:10

かまくらの中は暖かいって本当ですか。

スキー tetla1002010/01/22 23:24:51

高校のスキー旅行を思い出します。

新雪 tetla1002010/01/22 23:23:37

スキーをやってる時の新雪はいいですね。

初雪 tetla1002010/01/22 23:22:19

確かに!出勤が辛くなります。

さっぽろ雪祭り tetla1002010/01/22 23:20:38

伝統的なお祭りなんですね。

雪だるま tetla1002010/01/22 23:19:09

小さい手のひらサイズのをいっぱい作って遊んでました。

焚き火 tetla1002010/01/22 23:16:57

一度でいいから焚き火でイモを焼いて食べてみたいです。

霜柱 tetla1002010/01/22 23:15:40

あのサクサク感がいいですね。

雪合戦 tetla1002010/01/22 23:03:57

顔に当たると痛いです。

雪合戦 futanbo2010/01/22 22:36:07

雪がたくさん積もることがない場所で育ちました。でも、中学生のとき、なんか1度結構積もったときがあって、1時間先生たちの配慮で遊ばせてもらいました。今考えると、中学校でそんなことさせてもらえたなんて、のどかな時代だったのかなあ・・って思います。でも30年たった今でも覚えてるほど楽しかったので、先生に感謝です。今の子も、たまに少し積もると雪合戦してますよ^^

本格的じゃないけど。やっぱり子供たちのはしゃいでる姿を見ると、なんだかほっとしますね。

霜柱 futanbo2010/01/22 22:28:31

雪を踏むのは好きですが、霜柱はもったいなくて?

踏めません。

ここ数年、行っている里山にはほんとに見事な霜柱が

冬になるとあって。。それは見事なできばえなもので、

写真にとって、「エノキみたいやなあ・・」と感心して

います。

小さなよくある霜柱は、サクサク歩いてますけどね。^^

音がいいですよね。

雪を踏む感触 futanbo2010/01/22 22:22:35

積もった雪を踏むときの、あの「ギュッギュッ」とゆう感触が

たまらなく好きです。

なんとも形容しがたいあの感じ。

ふわっとした感覚からむぎゅっと踏みしめるような・・。

雪がほとんど積もらないところに住んでるんですが、

少しでも積もると、あの「ムギュ」を味わいたくて、

どんなに寒い朝でも、子供よりも早く飛び出して

しまいます。

ああ、今年は味わえるかな・・・?

焚き火 futanbo2010/01/22 22:10:55

あの匂い・・好きでした。。

一度、庭が広い家に住んでいたとき、父が

焚き火をして、焼き芋をしてくれたことが

あります。煙がすごかったっけ・・。

田舎に行くと、畑で焚き火とかしてると、

「ああ、懐かしい匂い・・」って感じます。

あの郷愁感は何なんでしょうか・・。

今は、焚き火もなかなかできる場所もなくなって

きてますね・・。

焚き火の火も見てると癒されるし、あったかいし、

なんだかみんなで、手をかざしてる雰囲気もいいし、

「焚き火の会」なんて、企画あるといいのにな・・

って思います。

雪を食べる、飲む futanbo2010/01/22 22:04:39

雪を食べましたねえ。子供のころ^^

私も雪があまり降らないところに住んでいたので

たまに降るとみんな大はしゃぎでした。

子供のころは降ってくる雪が服とかについて、そして

溶けていく様子がおもしろくて、何度も眺めていました。

雪で作るオンザロック。いいですね。

確か、冬山登山をする人は雪で飲み物を作ってたような気が・・。

雪を沸かして、コーヒーとか飲んでたのをテレビで見たことが

あるような気がします。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 「大寒の頃に」「雪を愛でる」「あったか色を楽しむ」 #047テーマ 「大寒の頃に」「雪を愛でる」「あったか色を楽しむ」 “リブ・ラブ・サプリ〜SEASON”フレーズ 「〈寒の水〉を汲んでお
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:37
      「大寒の季節は〈イエ・エコ!旬間〉・〈鍋6か条〉でCO2削減を」 by id:momokuri3 「チャレンジ25キャンペーン」(旧・チームマイナス6%)に参加している企業や団体では、寒い冬にこそ「う
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「大寒の卵」by id:TomCat 俳句の季語に「寒卵」というのがあります。寒の卵は滋養に富んでいるので、食べると一年中健康に暮らせる・・・・とか。最近は風水で有名な人の影響か、大寒
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「雪景色」by id:xnissy 「雪を愛でる」というと、やはり雪の積もった風景、雪景色の美しさというのは何とも言えないものがあります。全てが白く覆い尽くされて、そこに太陽が差すとき
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「食卓を暖かな色で彩る」by id:TinkerBell まず器。 夏は見た目も涼しげなガラスの器などが大活躍しますよね。 冬は逆に、見た目だけでも暖かさが感じられる器を選びます。 よく使うの
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「寒ざらし」by id:gallerybaaba 折りしも今日は大寒。 この日、岐阜県郡上八幡の吉田川で“のんぼり”洗いが、また、愛知県岩倉の五条川でも“こいのぼり”の糊落とし作業が冬の風物詩
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「寒昴」by id:vivisan 昴は谷村新司や、車のメーカーの名前でおなじみですが、どの星座に瞬いているかご存知ですか? おうし座にあるプレアデス星団(小さな星の集まり)です。たくさ
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:38
      「かまくら」by id:twillco そうですね〜最近は作れないですね。 っでも、今年のお正月は久しぶりにすごく降ったので 娘が大はしゃぎしてました。 なのでちょっとしたものでしたが、娘
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「耐寒訓練という行事があった小学校」by id:iijiman 私の通っていた小学校では「耐寒訓練」という行事がありました。丁度今頃、「大寒」の頃に、毎朝15分くらい校庭を走る(ランニ
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「山にかかる雲を見て、山の上は雪だねって」by id:chinjuh そんなこんなで、平野部生まれのわたしは雪が珍しいのですが、冬になると、決して平野部には降らない雪を「見る」ことがで
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「雪で領土を広げる!」by id:Catnip いわゆる豪雪地域に住む親戚がいます。冬、その親戚の家に泊まりがけで遊びに行ったことがありました。親戚の家は山間部で、段々畑が広がる一角に
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「雪の妖精」by id:powdersnow 雪の妖精と言っても、ユキムシやファンタジー的なものではありません。 雪が積もった場所で、人間が人工的に作ってしまうモノです。 作り方は簡単で、雪が
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「雪の中の散歩」by id:YuzuPON 昼間、降っている最中なら、見上げるような大きな常緑樹のある場所が、舞い落ちる雪が美しいポイントです。冬の常緑樹の深い緑をバックに眺める雪は最
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「毛糸で楽しむあったか色」by id:MINT 「あったか色を楽しむ」というテーマを見て、ひらめきました。今までにも布を飾るというアイデアが色々な形で出されてきましたが、それを毛糸
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:39
      「暖炉 炎や薪、レンガの色 自然の中に存在する色達」by id:Shared 暖炉の炎。 これは単に炎が温かいだけではなく、この色合いそのものが温かいように思います。 そして暖炉の茶色も温
  • イエはてな -   2010-01-26 13:51:41
      「簡易大量ミニかまくら作り & 一度はやってみたいキャンドルロード」 by id:Fuel 「キャンドルロード」で検索するとたくさんの記事が見つかりますが、中でもこのページの写真を見て
  • 2012.1.11 〜 2012.1.16 1月11日 「鏡餅を健康長寿のゴマ餅に」by id:Oregano わが家では毎年、近所の和菓子屋さんで五寸の二段重ね「鏡餅」を作ってもらっています。五寸の鏡餅に使われる餅米は
  • 2012.1.18 〜 2012.1.23 1月18日 「大寒の季節は〈イエ・エコ!旬間〉〈鍋6か条〉でCO2削減を」by id:momokuri3 大寒は二十四節気の中の1日であるとともに、この日から立春に至るまでの約2週間のこと
  • イエはてな - 2012.1.24 2012-01-24 16:28:00
    2012.1.24 1月24日 「雪景色」by id:xnissy 冬の季節、やはり雪の積もった風景、雪景色の美しさというのは何ともいえないものがあります。すべてが白く覆い尽くされて、そこに太陽が差すとき
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません