あれ!!???


無重力の宇宙で、遠心力でなんかグルグル回して発電する装置みたいなのつくったら、
それだけで無限に発電し続けるんじゃないの?
方法は何でもいいけど、
なんかそういう永久機関的なの作って発電してその電力をなんとかして地球に送れば・・・

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2010/02/06 18:34:52
  • 終了:2010/02/06 19:53:55

回答(100 / 100件)

Q01どう思いますか?(択一)

ダミー(選択しないで下さい)2
質問者は地球を救うと思う19
質問者は頭が良すぎると思う11
そんなのとっくに考えついた人いると思う(選択しないで下さい)6
大した電力にならないと思う(選択しないで下さい)7
どうやってその電力を地球に送るのだろうと思う(選択しないで下さい)14
質問者はバカだと思う(選択しないで下さい)13
質問者は中学生だと思う(選択しないで下さい)12
もう既に行われてると思う10
ダミー(選択しないで下さい)6
合計100

集計

×
  • id:Jane_Style
    >どうやってその電力を地球に送るのだろうと思う
    すでに太陽光を宇宙で集めて電力を地球に送るシステムが考案されています
    http://animeng.blog5.fc2.com/blog-entry-348.html
    遠心力で発電よりも、せっかく宇宙まで言ったなら太陽エネルギーのほうが有効だと思います
  • id:naka1kazu
    宇宙で遠心力で回しても、エネルギーを取り出さないのであればともかく、電力を取り出すのであれば永遠に回る事は無いです。
  • id:boxeur
    ちょっとマジレスしてみるテスト.

    遠心力もただでは無い.
    というか遠心力は「慣性力」といって何か別の力が働いている時にのみ存在が仮定される類の力.(この場合は求心力が働いている)
    この求心力の動力源が尽きると遠心力・永久機関装置において遠心力は働かなくなってしまうので,このエネルギーのために永久機関が必要でその求心力を働かせるためにさらに別の永(ry

    最初だけ(求心力による)エネルギー使って回したとして,物体を手放しても後は無重力だから「遠心力」で勝手に回るんじゃね?と思われるかもしれませんが,力を受けない時点で慣性の法則に沿って等速運動しちゃうので力が取り出せませんし,力を受けない時点で「遠心力」も発生せずどん詰まりです.
  • id:Jane_Style
    エネルギー保存の法則のほうがわかりやすいのでは?
  • id:ululun
    遠心力で発電出来るんだったら、地球が自転する力で発電出来るんじゃね?
  • id:ryota11
    ululunさん
    おぉ、その手があったか!!
    逆に地球の自転から電気エネルギーを作り出して地球の自転を止めてみる、すると・・・
    太陽照ってる側だけ昼で反対側は夜。
    つまり・・・昼の世界と夜の世界の棲み分けが実現!!!

    「あーもうこのまま寝てたい」って時は夜の世界に引越せば・・・



    ニートハジマタ!!
  • id:ryota11
    結局私が地球を救うということで決着したみたいですね。
  • id:chinjuh
    がんばれ!
  • id:aki1960
    うーん...地球の自転じゃ、壮大な割に効率悪いな...
    どうせならもっと壮大に、太陽の周りにベルトを2つ公転させて、差動で発電させるのじゃ!
  • id:nextworker
    いいアイデアだと思います。
    あ、すでに月がグルグル回っているのでこれを利用すれば工期の半分は短縮できます。
    月の重力からは潮汐力を使ってエネルギーを取り出す事ができます。
    あ、既に潮の満ち干きがあるではないですか。
    じゃあ、あとはこれで。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB
  • id:upran
    遠心力=重力と同じ
    遠心力で発電できるなら、地球上においてあるだけで発電できるでしょ

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません