先週、父が病院で亡くなりました。駆けつけた時には昏睡状態でした。もともとC型肝炎で、やがては、肝癌になってしまうということは知っていました。けれど、腹水が少し溜まっていると医師に言われ、病院のベッドで空きを待ち、入院したのですが

ノロウィルスに院内感染し一旦は良くなったものの、急に昏睡状態になり死亡しました。
解剖の結果、肝炎が進み始め、薬の作用で血液の成分が壊れ始めていたこと、癌は3センチ程度のものがあったそうですが、以前ラジウム照射で死滅している可能性があったこと、吐血や便に血は混じっていなかったこと、けれど小腸に血液がにじみ出ていたそうです。この冬、父の体力が低下しているようでした。担当の医師は誠意をもって治療にあたってくれたのだと思います。
けれど、入院する前は、買い物や、少し前は、ほどほどなら山歩きもできたのです。
どうしても、釈然としません。病院内での院内感染で、更に体力が低下したものと思われます。ノロウィルスが直接、父が亡くなった原因だとは医師は言いませんでしたが、(死因は肝癌になっていました。小腸出血と)この場合、病院の責任を問うことはできないのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/02/23 20:01:14
  • 終了:2010/03/01 17:34:56

ベストアンサー

id:km1967 No.3

km1967回答回数541ベストアンサー獲得回数402010/02/23 21:00:15

ポイント20pt

素人判断はできないし、ネット上で無責任なことも言えない。


本当は解剖するのが一番いいのだが、もう荼毘に付しちゃっただろうから、まず病院にカルテ開示請求(http://www.houterasu.or.jp/houritsu_yougoshuu/yougo_ka/ka_40.htm...)を行う。実費+手数料程度で開示してくれる。レントゲン写真や血液検査記録もお忘れ無く。

開示された情報を持って、大学病院のような大きめで公的な病院で、死因についてセカンドオピニオン(http://www.2-opinion.net/)を求める。その結果で病院に責任があるのかどうか考えてください。

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。そうですね。実際はこの冬に限って、ずいぶんせき込んだりしていたので、癌が肺に転移しているのか

または、腎臓に適用していた薬の認可が降り、昨年の5月ぐらいから服用を始めたのですが、ぼんやりしてしまうとか、

血液の成分を壊してしまい、

ヘモグロビン値が大幅に下がったなど、家族にも実際のことは、よくわかりませんでした。

解剖はしていただきました。17年も同じ医師にかかっていたので、ノロウィルスはともかく、

よく見ていただいて、納得したかったのです。実際は肺などは、年齢(75歳)にしては、とてもきれいだったそうです。

詳しいカルテは取り寄せようかと思っていました。

2010/02/23 21:16:20

その他の回答(6件)

id:motsura No.1

motsura回答回数602ベストアンサー獲得回数272010/02/23 20:17:03

ポイント18pt

私の母も同じ状態でした。

とても元気で、旅行に行こうとしていた当日、脳梗塞で急に倒れて、あっと言う間に様々な病気にかかり、腹水が溜まり、最後は同時に複数のウィルスや感染症にかかって亡くなりました。

体力が低下した人は集中治療室にいても、あらゆる病気を拾ってくるようにしてかかっていきます。それは誰でも同じです。

ですので、医師や病院の責任を問う事はできません。

もし問えたとして、誰しも体力低下の際に起こる現象を、他人のせいにしてどうなるというのでしょう? 病院を閉鎖させる? 医師に賠償金を求める? それは負の感情を周りにばらまいて、お父様を心配させる事にはなりませんか?

jyo-jyo-1997さんはお父様の突然の死が受け入れられないで、その感情を怒りにしてぶつける対象を探しているのではないでしょうか?

とても辛いと思いますが、悲しみを怒りにしてはいけません。それは新たな悲しみを産むだけです。

http://okwave.jp/qa/q3902336.html

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。

父の死が突然のように思えて、納得できなかったのも事実です。

病院の医師は手を尽くしてくださったのだと思います。父の死を受け入れるのに時間はかかりそうです。

葬儀も無事に終えることができたので、後は家族の気持ちが落ち着くのを待つばかりです。

2010/02/23 20:54:36
id:hiroponta No.2

ぽこたん回答回数517ベストアンサー獲得回数262010/02/23 20:44:04

ポイント17pt

大切なお父様が残念ながらお亡くなりになってしまったという事で、

お気持ちをごさっしいたします。

今回の場合ですが、病院に明らかな過失が無い限りは、病院の責任を問う事は非常に難しいです。

通常の入院中に死亡した場合に過失に問われているケースは非常に稀といえます。

ケースとして過失に問えるのは、医師が間違った処方をしたり、明らかに業務を怠った場合です。

間違った処方が無く、業務を怠っていない場合には、過失に問う事は難しいです。

http://news.google.co.jp/news?hl=ja&q=%E7%97%85%E9%99%A2%E3%80%8...

しかし、お父様の責任が病院側にあると思われるのであれば、

やはり疑問が解決する為にもそれなりの措置を取るべきと思います。

費用はかかりますが、お詳しい弁護士などに相談される事をお勧めします。

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。

特に、病院側の過失を責める気持ちはありません。

ノロウィルスがどこから病院に侵入したのか経路は不明ですが・・・

2010/02/23 20:56:03
id:km1967 No.3

km1967回答回数541ベストアンサー獲得回数402010/02/23 21:00:15ここでベストアンサー

ポイント20pt

素人判断はできないし、ネット上で無責任なことも言えない。


本当は解剖するのが一番いいのだが、もう荼毘に付しちゃっただろうから、まず病院にカルテ開示請求(http://www.houterasu.or.jp/houritsu_yougoshuu/yougo_ka/ka_40.htm...)を行う。実費+手数料程度で開示してくれる。レントゲン写真や血液検査記録もお忘れ無く。

開示された情報を持って、大学病院のような大きめで公的な病院で、死因についてセカンドオピニオン(http://www.2-opinion.net/)を求める。その結果で病院に責任があるのかどうか考えてください。

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。そうですね。実際はこの冬に限って、ずいぶんせき込んだりしていたので、癌が肺に転移しているのか

または、腎臓に適用していた薬の認可が降り、昨年の5月ぐらいから服用を始めたのですが、ぼんやりしてしまうとか、

血液の成分を壊してしまい、

ヘモグロビン値が大幅に下がったなど、家族にも実際のことは、よくわかりませんでした。

解剖はしていただきました。17年も同じ医師にかかっていたので、ノロウィルスはともかく、

よく見ていただいて、納得したかったのです。実際は肺などは、年齢(75歳)にしては、とてもきれいだったそうです。

詳しいカルテは取り寄せようかと思っていました。

2010/02/23 21:16:20
id:suppadv No.4

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/02/23 21:38:00

ポイント17pt

ノロウイルスの感染は、医療機関でもなかなか防ぐことが出来ません。

そして、医療機関はノロウイルスの患者を断ることは出来ません。

そのため、院内感染があったとしても、医療機関のミスだとは言い切れません。


また、高齢者の死亡率は1000人に2人ぐらいといわれていますので、やはり体力が落ちていたのが主な原因と言うことになるのではないでしょうか?


お気持ちは察しいたしますが、責任を問うことは難しいと思います。


http://q.hatena.ne.jp/answer

id:kirby7315 No.5

kirby7315回答回数6ベストアンサー獲得回数02010/02/23 21:57:21

ポイント17pt

院内感染というのは、どうしても0にできないものです。

インフルエンザがはやっているときに、風邪で病院にいく時、マスクをするようにいわれました。

感染症のウイルスが一番多く集まるのは病院といってもいいと思います。もともと病院はそういうものです。なので、病院側も過失を認めろといわれても無理な話だということになります。

そして、大体人間が死ぬ時は、何らかの病気が重なって死亡する場合が多いです。癌がなければもしかしたら亡くならなかったかもしれませんし。

いつまでも引きずらず、お父様の意思を受け継いで生活するのが一番大切だと思います。そう簡単にできることではないと思いますが・・・・・。

最後に、お父様のご冥福と、ご幸運をお祈りいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A...

↑ノロウィルス

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。

院内感染は、いつでも起こりうることですね。

老人なので、やはり体力が続かなかったのだと思います。

2010/02/24 08:15:11
id:chuken_kenkou No.6

chuken_kenkou回答回数722ベストアンサー獲得回数542010/02/23 22:14:54

ポイント17pt

病院、医師、看護師に過失があったのかどうか、これは非常に難しい問題ですよね。

遺族にとっては、「適切な対応がされたのか?」という疑問が残ることも少なくないでしょう。

一方、医療現場では、過酷な勤務の中、「一つの判断ミスが、刑事事件になってしまう」ということは、決して小さくないプレッシャーになるでしょう。また、「思いやり」が結果的に、悪い結果になることもあるでしょう。

病院にとっても、積極的な情報公開が、訴訟や医師の評判など、多くの問題を生じる可能性があります。

医師・看護師の多くは、本当に一生懸命やってくれていると思います。そも一方で、一部の心無い人もやはりいると感じます。

米国などでは、カルテ改ざんなどは当然、刑事事件になりますが、そうでないなら、民事訴訟に対応するために法律の専門家を雇っていたり、保障に備え保険に加入したりしているようです。

日本では、医療事故の情報共有が進まない一因として、やはり「刑事事件に問われる」ことが、病院や医療従事者にプレッシャーを与えていることは否めない事実のように感じます。

日本でも、思い切って、「悪質なケース以外は、刑事事件を問わない」、「医療事故に備え、医療従事者には保険に加入させる」といった方策が必要なように思います。

http://q.hatena.ne.jp/だみー

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。

医師や看護婦は、本当に最後まで丁寧に診ていただけたと思います。

在宅よりも、大きな病院なので、手を尽くせることは全て試みてくださいました。

2010/02/24 08:17:10
id:nakiboku No.7

なきぼく回答回数69ベストアンサー獲得回数82010/02/24 09:02:24

ポイント17pt

あんま、アドバイスになってないかもですが、気持ちの一例を書きます。

 

お父様のご冥福お祈りします。

  

うちも釈然としない入院中の死がありましたが。。

父は血液のがんで、なんらかの感染症からの派手な脳梗塞のようでした。

当日は施設点検日で、あちこち電源落としたり人手も少ない時で、

比較的元気な人の設備だったので、逆に突然の予想外の悪化に気づかれなかったりで。

経過は丁寧に説明してくれたけれど、医学的な引き金はなにか特定できないので

病院は、しっかり原因を知りたいのなら解剖しますか?とかきいてきましたが、解剖はしませんでした。

一番ダメージをうけてるのは母の精神状態なので、これ以上苦しい事や

悔しいことに時間を費やすのは可哀そうというのもありました。

ICUでは、誠心誠意スタッフが最後の最後まで手を尽くしてくれました。

病院はいろんな状況が重なったことと予想外の死で責任を感じたのか、やたら大勢で見送ってくれました。

 

外国にいて死に目に会えなかった家族は、なんとなくですが、原因だけでも知れるなら知りたいとか、

病院を気に食わないように思っているようでしたが、、 

最後に言葉を交わせる、交わせないは、その後の死を受け入れや、病院への不信感、死因の追求の姿勢にも

ずいぶん差が出ると思いました。

 

もし、元気な状態で余命5年~くらいの予定で、誰も死に目に会えないような突然の死だったら

私も釈然としないので、病院を一生うらむだろうし、

なんとか、父のその時間や気持ちに近づきたいために、解剖や、理由探して訴えたりもしたとおもいます。

 

ただ、父は解剖とか、過去にこだわることは明らかに嫌がりそうなので、

現在の家族の総意としてはあまり熱心に追求はしない方向になってます。

 

父じゃない人の釈然としない死も、自分は体験しましたが、

それに関しては自分でも今でも加害者的なものを探したり増やしたりして、

恨んでいたりするケースもあります。

事件や事故や自殺とかいうと、だれでも、

誰かを恨んだり、時には自分をせめつづけたりするんじゃないでしょか。

たぶん、そうしないと、損失・喪失のダメージによる精神バランスが保てないから。

自分や身内の、精神や経済も大きなダメージがあるなら、追求して知る努力もして当然かもだし

ターゲットを決めて責任を問うことで、活力が出たり希望がでると実感出来そうなら

気が済むまで弁護士さんに相談したりしても良いと思います。

病院を傷めつけたり金がほしいわけじゃないけど、とにかく誰かに聞いてほしい、

この納得できない状況のこの気持ちってのなら、

保険きく心療内科に行って、第3者に身内や知り合いに言えないようや重い話聞いてもらうだけでも

その後の気分は違うかもです。

 

ただ過去にこだわることで、さらに自分や身内の精神や経済も大きなダメージ受けちゃうなら

正しくても人生の無駄かもしれないと自分では思っています。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:jyo-jyo-1997

ありがとうございます。

父の死は、確かに突然のようでしたが、あるいはノロウィルスで消耗しなければ、せめて後何年か生きてくれたのでは

と思うと残念です。

けれど、生前の父が望んでいたような、良い葬式を終えることができ、癌の激痛を味わうことなく逝くことができたのは

幸せではないかと思います。

2010/03/01 17:33:21

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません