共有されたフォルダ内で異なるアクセス権限が設定されたサブフォルダ間でファイルやフォルダを移動した場合、移動先フォルダの権限が適用されずに困っております。


環境としては、Windows2003を利用してユーザにファイル共有の機能を提供しており、ユーザはドメインを利用して管理している状況で、フォルダ構成は共有フォルダXの中にフォルダA、フォルダBがあり、それぞれ異なる権限が設定されております。
また、ユーザのアクセス可否はフォルダXをフォルダ共有し、共有プロパティのアクセス許可で制御しており、フォルダ内での詳細な操作制御はフォルダA・Bに対して、セキュリティプロパティの設定を利用して制御しております。

この状況で、フォルダ間でデータを移動させると、移動元フォルダで設定された権限が移動先フォルダでも引続き設定され、フォルダBの権限では利用できない状況になっており困っております。
イメージとしては、フォルダAからフォルダBへ移動やコピーがされた場合、自動的に親フォルダの権限に変更が行われる状態にしたいと考えております。

ご助言やご指摘などいただければと思います。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/02/24 10:20:44
  • 終了:2010/03/01 18:23:11

ベストアンサー

id:mj99 No.1

mj99回答回数138ベストアンサー獲得回数382010/02/25 18:18:48

ポイント60pt

エクスプローラ上で、ファイルを複写(または移動)する場合、規定の動作では下記のとおりになっています。

(WindowsXP、Windows2003の場合)

・同一のボリューム間で移動を行うと、権限も移動する

・同一のボリューム間で複写を行うと、複写先の親フォルダの権限を継承する

・異なるボリューム間で移動を行うと、移動先の親フォルダの権限を継承する

・異なるボリューム間で複写を行うと、複写先の親フォルダの権限を継承する


この動作は変更できます。

http://support.microsoft.com/kb/310316/ja

レジストリ項目MoveSecurityAttributesにゼロを設定すると、すべてのファイル操作で権限が複写されなくなり、移動先の親フォルダの権限を継承するようになります。

(当然、親フォルダが子ファイル/フォルダに権限を継承する設定を意図的に消していると、継承は行われません)

※実際に確認してみたところ、再起動等不要で、即座に動作が変わりました。


重要な点として、上記レジストリの設定は、"クライアント"の"エクスプローラ"の操作に影響する、ということです。

共有フォルダを利用する(クライアント)側でレジストリ設定を行う必要があります。

共有フォルダを提供する(ファイルサーバ)側でレジストリ設定を変更しても、そのサーバ上での操作に影響するのみで、クライアントに対して効果はありません。

id:EX2007

mj99様

ご返信ありがとうございます。

このような設定があることを初めて知りました。

参考にさせていただいて幾つか試してみたいと思います。

ありがとうございました。

2010/03/01 18:22:29
  • id:EX2007
    なお、フォルダAから一度ディスクトップへ移動させ、ディスクトップからフォルダBへ移動させると、フォルダBの権限が付与されイメージ通りの動きとなります。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません