1267592128 【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ~SEASON” #050


THEME:「桃の節句に」「余寒の健康対策」「早春の味覚」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100303

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は3月8日(月)正午で終了させて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 登録:2010/03/03 13:55:29
  • 終了:2010/03/08 12:10:11

回答(299件)

ただいまのポイント : ポイント3550 pt / 5000 pt ツリー表示 | 新着順

たけのこ night32010/03/07 14:16:13

春といえばの食材ですね。そういえばたけのこニョッキニョッキッキっていう言葉で何かするゲームもあったなぁー。

ひな祭りと言えば・・・。 night32010/03/07 14:13:11

ひな祭りといえば雛人形ですよねー。今年は飾っていませんが、大抵の家では飾られているんでしょうね。

いよかんの季節 すべすべまんじゅう2010/03/07 14:11:37

この季節になると兼業でいよかん農家をしている人が会社の休憩室にいっぱい差し入れしてくれます。

皮に少し傷があるとかで出荷できないものらしいんですが中身は売り物と変わらずジューシーで甘い代物です。

いよかんは大好きなんですが汁がぼたぼた落ちて食べにくいんです。

柑橘の人気がせとかやはるみのような薄皮ごと食べられるものに移行する傾向もこの食べにくさのせいかもしれません。

しかし私は、いよかんのあの汁気が好きなので、なんとかよい食べ方は無いものかと鋭意工夫してその方法をあみ出しました。

それは、「おふろでたべる」です。

おふろなら汁がたれてもおかまいなし、さらにむいた皮を湯船にいれるといい香りのいよかん風呂のできあがりです。

ただし、皮をあまりニギニギすると精油成分が出すぎて肌がピリピリしますので注意です。

いよかんを手に入れたらぜひおためしあれ

菜の花 すべすべまんじゅう2010/03/07 13:53:26

道端に菜の花が咲く季節になりました。

冬場休耕中の水田に菜の花を一面に栽培しているところが近所にあるので毎年家族ででかけます。

一面の菜の花から花の香りが風に乗ってきて「あぁ、春だ」と思わされます。

そんな菜の花畑を気持ちよくさんぽをしながらいつも気になることがあります。

あの菜の花、菜種を収穫するのだろうか?それとも田に鋤き込んで地力増進に利用するのか?

収穫するとしてどうやって種を集めるんだろう、鞘が開かないうちに刈り取って束ねて干して、鞘が開いたところで振るって種を取るのだろうか??それにしてもすごい量だから何か専用の収穫農機具があるんじゃないのか?

などと考えては見るもののまだ答えは見つかっていません。

ご存知の方は教えてください。

さて、菜の花を愛でた後はやっぱり食い気です。

さっと湯がいておひたしがおいしいですね。

あと、カブや大根も菜の花と同じ菜種科で植えたままほっといとくと菜の花状の花を咲かせます。

カブは白、大根はすこし紫がかった花です。

カブや大根の花はつぼみのうちに茎の柔らかいところから収穫して塩を適当にかけて浅漬けにするとおいしいです。

この浅漬けは、5~10mm程度に刻んでかつお節としょうゆをかけて食べます。おろし大根のような特有の辛味がありご飯がとても進みます。

雛人形 hushigi2010/03/07 13:47:36

ひな祭りの時の出し物ですよね!親に並ばされて写真を撮りました。歌も歌って楽しかったです。

独活の酢味噌和え Shared2010/03/07 13:46:09

早春。

独活が美味しいですね。

癖のある味ですが酢味噌との相性が抜群です。

わかめを添えるとさらに美味しい。

居酒屋のメニューで頼んでから凄く好きになり、家でも作るようになりました。

春を感じるレシピの一つです

たけのこ hushigi2010/03/07 13:44:40

たけのこは最近お母さんが料理に使ってくれてます。何の料理かわ分かりませんがタレに浸かっててこんにゃくやふきなどと一緒に入ってて食べるととてもおいしいです。

さくらんぼ キュン2010/03/07 13:42:54

まだ早いかもしれませんが、春は桜ということでさくらんぼがいいですね。赤い色がきれいであまくておいしいです。

ちらし寿司 hushigi2010/03/07 13:41:03

ちらし寿司大好き!

ひな祭りは4日前でしたが親が作ってくれたちらし寿司はおいしかったです。

いちご hushigi2010/03/07 13:38:24

いちご大好きです!最近スーパーでよく見かけるようになってうれしいです!

桃の節句の伝統音楽 momokuri32010/03/07 12:42:55

上司のお宅に誘われて夕食をご馳走になった時、その奥さんからご相談をいただきました。中学生の娘さんが桃の節句の伝統音楽について調べていて、音楽に詳しそうな私にちょっと協力してほしいとのことなのです。私はただ好きでCDを集めているだけですからと言ったのですが、娘さんが出てきて、上目遣いに「おねがい」と言われてしまっては断るわけにいきません(笑)。さっそく家に帰って調べてみることにしました。


しかし桃の節句の音楽といわれても、「あかりをつけましょ ぼんぼりに」の「うれしいひな祭り」(サトウハチロー作詞・河村光陽作曲)くらいしか思いつきません。しかしその娘さんが調べようとしているのは、雛人形の世界に音楽が流れているとすればそれはどんな音楽か、ということなのです。調べ物の目的は今書いている懸賞小説の参考とのことで、学術的な裏付けはなくてもいいとのお話でしたが、創作の参考にするとなれば、やはりいい加減な答えは出せません。

そこでちょっと気合いを入れて考察することにしてみました。まず手がかりは雛飾りの五人囃子、あるいは楽人です。


五人囃子の方は「うれしいひな祭り」の歌にも出てくるように「笛太鼓」のユニットです。具体的には謡、横笛、小鼓、大鼓、太鼓の5人組。これはおそらく能楽の囃子方ですね。しかし今で言う能楽が確立されていくのは観阿弥や世阿弥が登場する南北朝時代から室町時代にかけてですから、平安時代にはまだこの形式の能楽は生まれていません。

ちなみに能楽の元祖は奈良時代に中国大陸から入ってきた散楽と呼ばれる芸能だったと考えられていて、これは正倉院御物の弾弓散楽図などから推察する限り、歌舞音曲以外に曲芸や手品、さらには物まねなどの笑いの要素までも含んだ、娯楽性の強い総合エンターテインメントだったようなのです。ですからもし仮に平安の都で笛太鼓のユニットが演奏していたとしても、後世の能楽とはあまりにかけ離れすぎていますから、それがどんな音楽だったかは、今となってはたどりようもなさそうです。


これに対して、五人囃子の代わりに飾られる楽人の方は、かなり背景がはっきりします。楽人は5人だったり7人だったりと人数が一定しないようですが、7人の場合は一応、琴、横笛、篳篥、火焔太鼓、笙、琵琶、羯鼓の組み合わせが標準的なようです。これは明らかに雅楽の管弦ユニットですね。

もちろん雅楽の歴史は非常に古く、すでに大宝令には音楽や舞踊を所管する「雅楽寮」というのが定められているほどです。

平安時代に入ると、大陸から入ってきた音楽をどんどん日本の感性でアレンジし直す取り組みが進み、さらに日本で作曲された曲も増えていき、いわゆる謡い物も確立されて、早くも雅楽全盛期を迎えていきます。

ですから平安の雅を再現する雛人形の世界に流れている音楽があるとすれば、それは雅楽。五人囃子の方は、おそらく雛祭りの習慣が一般に広まっていく江戸時代以降に登場した新キャラクターと考えていいと思うのです。


これでターゲットは雅楽と決まりました。しかしさすがに「雛祭り」で手持ちのライブラリから検索しても、何もリストアップされてきません。そこで「桃」をキーワードに探してみたら、ありました。「桃季花」(とうりか)という曲がそれです。

調べてみるとこの曲は唐楽、つまり中国、インド、ベトナム系に由来する音楽に分類されていました。そこで古代中国でのことを調べてみると、曲水の宴で「桃季花」という曲が演奏されていたらしいという情報を掴みました。曲水の宴とは、

中国においては、古い時代から上巳に水辺で禊を行う風習があり、それが3月3日に禊とともに杯を水に流して宴を行うようになったとされる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B2%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%AE%B...

というもののようで、これはビンゴです。日本においても、途中で中断されたり色々な紆余曲折はあったものの、基本的に三月上巳の行事であったことは間違いなさそうです。

こちらのページには伊勢神宮の春季神楽祭における「桃季花」の様子が載っています。

http://www.amigo2.ne.jp/~shu01/120-bugaku.htm

【桃李花(とうりか)】左方四人舞

桜咲く頃の酒宴や曲水の宴の祭に舞人が桃の花を冠に舞ったと伝えられています。


ではさっそく皆さんも、これがどんな曲だったのかを聴いてみてください。

雅楽への招待

雅楽への招待

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1989-06-01
  • メディア: CD

こちらのCDの4曲目に収められているのがそれです。Amazonのページにアクセスすると試聴もできます。なかなかリズミカルな曲で、雅楽イコール結婚式で流れているような越天楽というイメージで聴くと、ちょっとびっくりです。殿上人や貴族たちの宴とはいえ、なかなか賑やかな、楽しい宴であったことが伝わってきます。


この結果を電話でお伝えすると、週末、娘さんがCDを借りにうちにやってきました。書きかけの小説を読ませてもらいましたが、文章にリズムがあって、なかなか面白い作品です。私も小説が好きでラノベもけっこう読んでいるので、すっかり意気投合してしまいました。

もしこれが入選したらアニメにもなるかもねと言ったら、そうなの、だからどんな音楽が合わさるかを意識しながら書かなきゃだめと思ってとその娘さん。将来デビュー出来たら初版本を真っ先にサイン入りで届けに来てくれると約束してくれました。奥付には協力者として私の名前も載せてくれるそうですw。


今年のお節句は過ぎてしまいましたが、皆さんも来年の桃の節句には、ぜひ雅楽をBGMに、平安の宴を再現してみてください。小さなお子さんには何これと言われてしまうかもしれませんが、大人の雛祭りを歴史を紐解きつつ楽しむのも、またいいものではないかと思います。

いちご baystars2010/03/07 10:49:56

苺大好きです。

杏仁豆腐 Blueまっちーß2010/03/07 09:10:29

僕は杏仁豆腐好きですよ。

でもたしかに杏仁豆腐嫌いな人多いですよね。

なぜでしょう??

上巳の節句とハハコグサ YuzuPON2010/03/06 20:27:45

雛祭りというと男にはちょっと縁遠いですが、上巳の節句といえば男女の別なく特別な日になります。昔の中国ではこの日に川で身を清める上巳の祓という習慣があったと言われ、日本では平安時代には野山で野草を摘み、その薬効で厄を祓うようなことも行われていたと言われます。

そこで節句に先立つ日曜日に、ちょっと草を探す散歩をしてみました。東京でもちょっと緑道に入れば、けっこう色んな植物に出会えます。


薬効があって厄が祓えそうな草というと何だろうと探していると、いいものがありました。ハハコグサです。これはキク科ですから、重陽の節句に厄払いとして使われる菊の親戚です。またこれは春の七草のゴギョウのことですから、縁起がいいことこのうえありません。

さらに江戸時代に著された「本草綱目啓蒙」(小野蘭山著)には、かつて3月3日にはハハコグサで草餅を作っていたと書かれています。こんなに3月3日向きの草はありません。

本草綱目啓蒙〈1〉 (東洋文庫)

本草綱目啓蒙〈1〉 (東洋文庫)

  • 作者: 小野 蘭山
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本

東京大学理学部附属植物園所蔵本の紹介が載っているページ

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1998sfl/chapter1/03.html


もちろん薬効もあります。ハハコグサを干した物は鼠麹草(そきくそう)の名を持つ生薬で、主に呼吸器や喉の炎症を鎮めると言われています。


ハハコグサも他の多くのキク科の植物と同じように、冬は根出葉をロゼットにして冬越しする草ですから、まだ取ってしまうのは可哀想な感じの育ち方ですが、イエはてな流野草摘みの掟にしたがって(笑)、1本あたり数枚の葉をもらいながら、いくつもの株をハシゴしていくことにしました。小さな葉なのであまり量は取れませんでしたが、縁起物ですからこれで十分です。


これを熱湯でゆでで、水につけてしばらくアク抜きし、みじんに刻んですり鉢ですって、練った餅粉に混ぜてさらによく練って団子にして蒸し上げると、ハハコグサの草餅ができあがります。うちにも母のお雛様がありますので、ささやかに作ったハハコグサの草餅をお供えしてみました。後で家族で一口ずつ食べてみました。ヨモギほどの香りの強さはありませんが、春らしい鮮やかな緑の草餅でした。お節句と早春の味覚の両方が楽しめた、いい経験になりました。

本当の旧暦の3月3日には、もっとたくさん取れる大きさに育っていることでしょう。また摘みに行って、節句の草餅を楽しんでみたいと思います。

ちらし寿司 nakki13422010/03/06 20:25:16

ずっと前は、家で食べた事はあったのですが最近は、全然食べていませんね

お店で買うものではなく、家で造るとなると手間がかかるからなのかなと思うんですけど

たま~には食べたいなと思うときもありますね

杏仁豆腐 すうたん2010/03/06 20:19:08

嫌いな人は、理由を教えてくださると・・・

うれしい!

杏仁豆腐 すうたん2010/03/06 20:17:01

杏仁豆腐って、結構苦手な人多くないですか?

私は大好きなんですけどwwwなんできらいなんですかねえwww?

HAHAHAww

いちご すうたん2010/03/06 20:08:42

さっきから、ここをさまよってます!

いちご買おうか・・・w

真っ赤なイチゴかあ・・・ すうたん2010/03/06 20:05:18

いいですなあ。。。。

まっかないちご^^

もぎたて~なーんていわれちゃうと・・・w

食べたくなっちゃうじゃないですかwww

いちご すうたん2010/03/06 20:02:05

いちご好きですが・・・

イチゴ狩りに行けませんwww親が連れて行ってくれないというwww

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 「桃の節句に」「余寒の健康対策」「早春の味覚」 #050テーマ 「桃の節句に」「余寒の健康対策」「早春の味覚」 “リブ・ラブ・サプリ〜SEASON”フレーズ 「今年は山独活を贅沢にいただく
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:30
      「雛のつるし飾り」by id:sayonarasankaku 金曜日に旅行で伊豆に行ったときに、稲取温泉で「雛のつるし祭り」を見てきました。 江戸時代の後半に始まった風習だそうです。 丁寧に布で作ら
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:30
      「つくしの玉子とじ」by id:ekimusi 春の野草で、手軽に誰でも楽しめるつくし採りは、我が家では毎年恒例の行事です。 つくしの玉子とじが小さい頃から好きで食べると、あ〜春が来たな
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:30
      「猫の雛祭り」by id:Fuel 彼女の家に猫がいます。とてもかわいいメス猫で、私にもとてもなついてくれています。そこでこの猫に、お雛様をプレゼントすることにしました。これです。 h
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:31
      「春は厚着に、秋は薄着に」by id:vivisan 昨年の秋のちょっと寒くなった時、おもいきり厚着をしたんですが、中国の方に「あんまり急に厚着をしないほうがいいよ。少しずつ体にならし
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:31
      「手作り雛あられ」by id:SweetJelly 雛祭りに欠かせない雛あられの起源は、おそらく神前にお米やお餅を供えるのと同じだったと思います。でも庶民の間では、これは母から娘に伝える暮
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:31
      「上巳の節句」by id:hinadoll 先日、てのひらサイズのお雛さまを求めて、陶の街 瀬戸へ出かけました。 何軒目かで、中国雑貨のお店が目にとまりました。 所狭しと中国製品が並んでいる
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「早春の味、サヨリ」by id:watena 春告魚と呼ばれる魚は色々ありますが、サヨリも春告魚、早春魚などと呼ばれます。水揚げが多く価格もこなれてくる「旬」より、まだ水揚げが少なく価
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「おひな様」by id:meizhizi87 私の家のおひな様は3段です。毎年飾っていて、今年も2月から飾っています。オルゴールには私の名前と生まれた日が書いてあるので、とてもお気に入りで
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「春先の風邪予防はお腹の健康から」by id:Oregano 風邪の予防にはまずうがいと言われますが、実は喉の粘膜だけでなく、消化管粘膜を守っていくことも大切なんです。消化管は体の中に
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「春先の健康管理は“適度な運動”+“たっぷり寝る”」by id:TinkerBell 春眠暁を覚えずといいますが、春にやけに眠くなる原因の一つは「時差ボケ」にあるんだそうです。 今年の東京の
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「ふきのとう味噌」by id:Shared この春先になると必ず作る早春料理のひとつがこの「ふきのとう味噌」 美味しくて白いご飯が何杯もいけちゃいます。 マイファミリーでのふきのとう味噌
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「タンポポを食べる」by id:TomCat 日本料理では昔から「春は苦味」と言われます。 * 春は苦いもので夏を養い、 * 夏は辛いもので秋を養い、 * 土用(季節の移り変わりの時期)は塩辛いも
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:32
      「雑柑、今日は〈はるみ〉が出ていました。」by id:iijiman 早春の味覚というと「雑柑(ざっかん)」を連想します。 冬が終わりに近付くと、温州みかんも、そろそろ終わり。 そして、「
  • イエはてな -   2010-03-09 13:51:34
      「内部温度と冷え性をチェック」by id:Lady_Cinnamon  大半の人の平均体温(体温計で測る内部体温のこと)は36度台だといわれています。ですが、35度台の低体温の人もいらっしゃる
  • イエはてな -   2010-11-09 13:54:13
      「イエはてなで楽しむ〈健康でエコなサプリカレンダー〉」by id:ekimusi 今年から始めたイエはてなへの書き込み。 今回5年目突入ということで改めて、イエはてなの歴史を覗いてみたら
  • 2012.2.29 〜 2012.3.5 2月29日 「雛のつるし飾り」by id:sayonarasankaku 以前、旅行で伊豆に行ったときに、稲取温泉で「雛のつるし祭り」を見てきました。「雛のつるし飾り」は、江戸時代の後半に
  • イエはてな - 2012.3.6 2012-03-06 19:20:46
    2012.3.6 3月6日 「ふきのとう味噌」by id:Shared 春先になるとわが家でかならず作る早春料理のひとつ「ふきのとう味噌」。美味しくて白いご飯が何杯もいけちゃいます。そこで、マイファミリ
  • イエはてな - 2012.3.7 2012-03-07 14:07:55
    2012.3.7 3月7日 「春は厚着に、秋は薄着に」by id:vivisan 秋のちょっと寒くなった時に、思い切り厚着をしていたら、中国の方に「あまり急に厚着をしないほうがいいよ。少しずつ体にならして
  • 2012.3.14 〜 2012.3.21 3月14日 「窓拭きから始まるわが家の春じたく」by id:Catnip 春の兆しがやってくると、急に光が眩しくなったように感じられます。と同時に、季節の変わり目特有の天候不順
  • イエはてな - 2012.3.6 2012-03-22 14:00:52
    2012.3.6 3月22日 「桜色のファブリックで部屋を飾る」by id:TinkerBell カーテンの掛け替えはとても効果的お部屋のイメチェン方法ですが、大きなカーテンは出すのもしまうのもなかなかの大仕
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません