一日の水分の必要摂取量、あるいは理想的な摂取量を知りたいです。

しかし根拠がよくわからない言説しか見つかりません。
権威のある、確かなソースを教えてください。

参考
水がカラダにいい9つの理由と、がぶがぶ水を飲めるようになる7つの方法
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100301_drinking_water_is_good/

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/03/04 14:05:57
  • 終了:2010/03/11 14:10:03

回答(10件)

id:trn-rumiko No.1

trn-rumiko回答回数12ベストアンサー獲得回数02010/03/04 14:17:09

ポイント11pt

成人の場合、必要摂取量は1日0.8~1.5リットル

http://www.hanasun.com/400/415.html

id:junmk2

・・・

2010/03/04 17:01:47
id:anningoma No.2

anningoma回答回数2ベストアンサー獲得回数02010/03/04 14:19:27

ポイント1pt

約2リットルがいいそうです。

とりすぎても、病気の原因になるそうです。

id:junmk2

質問を読んでください

2010/03/04 17:01:39
id:kaorigroove No.3

kaorigroove回答回数482ベストアンサー獲得回数292010/03/04 14:44:24

ポイント22pt

一般的に、成人の水分摂取量については

一日当たり2リットル~が必要とされ、

理想としては3リットル程度が望ましい

と言われています。

根拠としては、通常生活で失われる水分量

との兼ね合いから算出されているようです。

「権威のある」とういうご希望に沿うかは

分りませんが、下記、詳細説明をご参考に

ご覧下さい。  ↓

http://mft.jp/condition_heat3.htm

http://www.10et.com/ws/ws-686j.html

id:junmk2

ご回答ありがとうございます。

「通常生活で失われる水分量」というのがよくわかりません。

限度はあるにせよ、水分の摂取量と排出量(失われる量)は比例するのでしょうから、基準をどう設けるのでしょうか。

いただいたURLは残念ながら権威のあるものとはいえないと判断します。

2010/03/04 17:10:06
id:heke2mee No.4

heke2mee回答回数162ベストアンサー獲得回数432010/03/04 19:25:44

ポイント22pt

ご希望に沿うかわかりませんが・・・

成人男性(体重70キロ)の場合の汗をかかない時には1日に必要な水分量2,100ミリリットル(水分収入)

成人(70kg)の人の水分の出納

●水分収入

飲水 1,100

食物中 700

酸化水 300 (体内で代謝する時に生まれる水分)

●水分支出

尿 1,300

糞便 100

不感蒸散 700


医学部の教授からの情報のようです。(サイトに大学名と教授の名前は書かれています。)

http://www.sanin-chuo.jp/health/modules/news/article.php?storyid...



あと、この様な情報もありました。

健康のためには1日コップ8杯の水を飲むことが必要とする説には根拠がなく、体にはのどの渇きを潤す程度の水で十分

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2373704/2800594

id:junmk2

ご回答ありがとうございます。

○○と誰それが語った、的なものは根拠として弱いです。

公的な機関や、権威ある学術誌などの出典が欲しいです。

また出納がわかっても、ただちに必要量や理想量を推定できるとは考えません。

2010/03/05 13:11:51
id:kemeko0809 No.5

ささみん回答回数338ベストアンサー獲得回数232010/03/04 21:58:37

ポイント21pt

聖路加看護大学の研究より。

血清ナトリウム144mEq/l より高値者は7名, 血清浸透圧300mOsm/l より高値者3名の計9名(12.7%)

が脱水状態のリスク者であった。

リスクあり群9名と, リスクなし群62名の2群間で明らかになったことは, 日常における1日の水分摂取頻

度に明らかに違いが認められたことである。特に食事と食事の間に摂取する水分摂取頻度が, リスクあり群の

ほうが平均2.7±1.5杯, なし群が4.4±2.1杯(p=.018), また1日の水分摂取総数は, リスクあり群は7.6±2.3

杯, なし群は9.9±3.1杯(p=.036) で有意に低値であった。

http://arch.slcn.ac.jp/dspace/bitstream/10285/490/1/028928630032...

9.9杯は水分量に概算すると, 約1,485mlとのことなので、食事以外に約1.5lの水分を摂取することが

脱水状態のリスクを防ぐために必要なようです。

id:junmk2

ご回答ありがとうございます。

水分の摂取量が健康に及ぼす影響を、広範囲に渡って研究した結果の必要摂取量・理想摂取量を知りたいです。

2010/03/05 13:17:57
id:jin_jin74 No.6

jin_jin74回答回数29ベストアンサー獲得回数12010/03/04 23:37:59

ポイント21pt

何を以て権威と呼ばれているのか不明ですが、とりあえず代謝の中心になる腎臓内科のドクターによる記事を。

http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h002/0060.html


以降は#3様の補足という形で。


> 「通常生活で失われる水分量」というのがよくわかりません。

生物は新陳代謝により老廃物を排出したり、体温を一定に保ったりするための排泄物・分泌物の形で水分を消費します。

その量は上記サイトによると1日2~2.6L。

これに相当する水分を摂取する必要がありますが、食物の中にも水分が含まれていますので

平均で1日1.3~1.5リットル程度と概算されています。


> 水分の摂取量と排出量(失われる量)は比例するのでしょうから

そうですね。

ですから肉体労働や屋外で活動する人は汗をかく量を計算して、さらに1L程度を必要量として加算されます。

まあ一人一人代謝も活動の条件も違いますからあくまで目安ですが。

id:junmk2

ご回答ありがとうございます。

このドクターにしてもなにがしかの研究を参照していると思うのですね。

権威については例として公的な機関や、著名な学術誌を挙げさせていただきます。

2010/03/05 13:21:44
id:kaorigroove No.7

kaorigroove回答回数482ベストアンサー獲得回数292010/03/05 11:32:51

>「通常生活で失われる水分量」というのがよくわかりません。

具体的には、汗や尿で排泄される水分や、唾液・涙などの

(排出される)分泌液に使われる水分のことです。

なお、「権威のある」の条件に合わずにすみませんでした。

id:junmk2

いやそういう意味じゃないんです。

生活環境がまったく一緒でもたくさん水を飲めばたくさん排出されるでしょう。

つまり水分の摂取量と排出量(失われる量)は比例するわけですから、摂取量の基準をどこかに設けなければ、一日の排出量は規定できない事になります。

じゃあその摂取量の基準の根拠はなんなんだ、となり質問に戻るわけです。

2010/03/05 13:25:30
id:preirie No.8

preirie回答回数137ベストアンサー獲得回数122010/03/05 17:16:03

ポイント21pt

直接の解答でないのでポイントはいりません。

解答をあけるのにポイントを使ってもらいすいません。

適切な摂取量は決まりません。

確かにたくさん飲めばたくさん出ますが、

逆もあります。

たくさん出れば、たくさん補給する必要があります。

体から水分が出て行くのは何も摂取した水分量の帳尻を合わせるために出ているだけでなく、体温調節のために汗として出たり、多量の塩分やアルコールを取った時に体外に排出するために尿量が増えたりする必要もあるのですから。

一定の条件であれば適切な水分摂取量というのは求められると思いますが、一定の条件で生活を続けられる人などは存在しないので、適切な水分量はいくらですといえるような論文は存在しないのです。また、意味もないのです。腎臓の機能が正常であれば、体に適切な水分量を感知して、生成する尿の濃度・量を調節してくれていますので、自分で適切な摂取水分量を考える必要はないと思います。但し、腎臓は水より薄い尿は出せませんし、濃縮した尿を出しつづけるのは腎臓には負担を強いることになるので、適度な水分摂取は必要となります。適度とはのどが渇いているのに我慢して飲まずに濃縮した尿のままにしておくとかのどが渇いていないのに水をひたすら飲みつづけるという通常を逸脱した行為をしないことと考えておけばいいと思います。結論として一般のいろいろなところで見聞きする適切な水分量は1.5リットルとか2リットルということになります。

医療の現場では投与必要量として4-2-1ルールというのが用いられています。調べてみてください。

実際にそれにのっとって輸液量を決める必要があるときはそれほどないので大体の経験則で1日の輸液量は決めますが、広く用いられているものとなるとこういうものもありますよという紹介です。

id:junmk2

ご回答ありがとうございます。

「一定の条件」は十分モデルケースになると思います。

というか一定の条件をつけてなるべく変数を減らすのはごく一般的な手法だと思うのですが・・・。

>結論として一般のいろいろなところで見聞きする適切な水分量は1.5リットルとか2リットルということになります。

この根拠をここまでのどなたの回答も示してくださっていません。

まさか都市伝説じゃないでしょうから、どこかに信頼できる出典があるはずなのですが。

2010/03/05 18:52:07
id:pipi33 No.9

pipi33回答回数133ベストアンサー獲得回数102010/03/05 20:16:20

ポイント21pt

>公的な機関や、権威ある学術誌などの出典が欲しいです。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/

↑の中に

平均的には、コップの水をあと2杯飲めば、一日に必要な水の量を概ね確保できます。

とあります。

id:junmk2

厚生労働省のページですから、たしかに権威はありますね。

しかし

>平均的には、コップの水をあと2杯飲めば、一日に必要な水の量を概ね確保できます。

が結局どのくらいの量なのかよくわかりません。

根拠もわかりませんし、これではすっきり納得できません。

2010/03/05 21:20:35
id:theresia57 No.10

theresia57回答回数414ベストアンサー獲得回数112010/03/07 22:31:55

ポイント10pt

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.ht...

既出のURLではありますが…

人の水収支

成人男子が比較的安静にしていたときの水収支は右図のとおりとされています。ここで「体内でつくられる水」とは、タンパク質や炭水化物、脂肪などの代謝によって得られる水を指します。

運動や温熱環境のために発汗量が通常より多いときには、それに見合う水分量の確保が必要となります。

ということで、

「水分の出入り 1日2.5L」

とされています。

1日2.5Lが必要で、2.5Lなら充分といえるかと思います。

*根拠:

尿、汗等の喪失量に見合う水分を適量摂取できれば、血漿浸透圧は一定に保たれますが、水分摂取量が不足すると血漿浸透圧が上昇し、のどが渇き、尿が濃縮されます。水分の摂取量不足は、健康障害や重大な事故の大きなリスク要因の一つとなります。

*「出典:環境省熱中症環境保健マニュアル(2009)」なので、これに当たってみるのもいいかと思います。

次のサイトも参考にしてください

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%AF%92

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません