個人飲食店でツイッターを始めるお手伝いをしています。


ツイッターのアカウントをとり、ツイッターを始めたのですが、ここで一つ疑問と言うか、どうしたら一番効果的なのか、という問題にぶつかっています。

いたずらに勝手にフォローを増やしても、業者からのフォローなので迷惑だろうし、だからといってこのままではフォローしてくれる人が増えないだろうな、と考えています。

どのような形でフォローしてくれる人を増やせばいいか、どなたかアイデアはありませんか?
ユーザーがウザくない形でフォローしてくれる人が増えていくといいと思っています。

実際にツイッターを使用している会社の事例などがあったらそれも教えていただけると助かります。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/03/07 01:15:14
  • 終了:2010/03/14 01:20:03

ベストアンサー

id:kyuzansha No.3

kyuzansha回答回数2ベストアンサー獲得回数12010/03/07 01:46:16

ポイント18pt

はじめまして。個人の飲食店で、フォローしてくれる人を増やす場合、まずお店に来てくれる人にTwitterをしていることを伝えることが大切です。メニューにTwitterのアカウントを入れて「フォローをお待ちしています」と書いておけば、注文待ちの時に探してフォローしてくれるかもしれません。ただし、Twitterの検索機能が十分とは思えないため、飲食店の携帯サイトをつくっておいて、その最初のページにTwitterのアカウントのプロフィールアドレス

http://m.twitter.com/●○●○●○●○にリンクを貼っておくとよいのです。

もし余裕があれば、フォローしてくれたことをお店で伝えてくれた人に、特典メニューを無料でサービスする、50円程度の料金割引をする、ポイントカードなどを採用しているお店なら、ポイントを進呈するなどのフォロワー優遇制度が考えられます。

常連さんはもちろん、「いちげんさん」を囲い込むのが目的です。

内容としては、お客様に役立つお得な情報に限って発信するようにしましょう。

「不況で困る」などのぼやき、政治、信条、宗教ネタなどは禁物です。

新しいメニュー、ランチメニュー、ディナーのメニュー、季節限定メニューのお知らせ、サービスの情報、臨時休業、年末年始の休業のお知らせ、年始のあいさつなどが基本です。

地域のイベントやライブ情報などもよいでしょう。

パソコンでアクセスするホームページには、

http://www.shimamura.co.jp/twitter/index.html

のようなページをつくりましょう。

お店のマップなどの基本情報については、短縮URLから飛べるようにしておくと、Twitterからの口コミが増えます。

その他の回答(5件)

id:amakado No.1

ふぃん回答回数2ベストアンサー獲得回数02010/03/07 01:32:17

ポイント19pt

無差別フォローが迷惑かもと思うのなら、検索機能で店の名前を検索し店の名前について言及してる人だけをフォローするというのはどうでしょうか

呟いてるという事は最低限その店に興味があると言う事ですし、迷惑に思う比率は無差別に比べれば大分低いかと

そもそもフォローして貰うには、アカウントの存在を知って貰わなければなりません

そうゆう意味ではツイッター外での宣伝というのも効果的かもしれません

例えばサイトで紹介したり、店頭でアピールしたりとかですね

http://twitter.com/hatenaquestion

事例としては、人力検索はてなのアカウントが完全に受身状態だったりします

これはサイトで紹介してるパターンですね

id:kyuzansha No.3

kyuzansha回答回数2ベストアンサー獲得回数12010/03/07 01:46:16ここでベストアンサー

ポイント18pt

はじめまして。個人の飲食店で、フォローしてくれる人を増やす場合、まずお店に来てくれる人にTwitterをしていることを伝えることが大切です。メニューにTwitterのアカウントを入れて「フォローをお待ちしています」と書いておけば、注文待ちの時に探してフォローしてくれるかもしれません。ただし、Twitterの検索機能が十分とは思えないため、飲食店の携帯サイトをつくっておいて、その最初のページにTwitterのアカウントのプロフィールアドレス

http://m.twitter.com/●○●○●○●○にリンクを貼っておくとよいのです。

もし余裕があれば、フォローしてくれたことをお店で伝えてくれた人に、特典メニューを無料でサービスする、50円程度の料金割引をする、ポイントカードなどを採用しているお店なら、ポイントを進呈するなどのフォロワー優遇制度が考えられます。

常連さんはもちろん、「いちげんさん」を囲い込むのが目的です。

内容としては、お客様に役立つお得な情報に限って発信するようにしましょう。

「不況で困る」などのぼやき、政治、信条、宗教ネタなどは禁物です。

新しいメニュー、ランチメニュー、ディナーのメニュー、季節限定メニューのお知らせ、サービスの情報、臨時休業、年末年始の休業のお知らせ、年始のあいさつなどが基本です。

地域のイベントやライブ情報などもよいでしょう。

パソコンでアクセスするホームページには、

http://www.shimamura.co.jp/twitter/index.html

のようなページをつくりましょう。

お店のマップなどの基本情報については、短縮URLから飛べるようにしておくと、Twitterからの口コミが増えます。

id:hachi-3 No.4

hachi-3回答回数22ベストアンサー獲得回数12010/03/07 01:49:30

ポイント18pt

食べ物の感想を中心に書いている人をフォロー

興味の対象なら業者でもそれ程抵抗は無いと思います。



来店した人にtwitterのアドレスを手渡ししていく

メニューやレシート、おてもと等にアドレス書いての草の根作戦とかも意外と効果ありそう。


お店に来た人が、注文が来るまで携帯でtwitterを確認してもらう事もしやすそうだし、

お店のメニューに関する呟きとか多ければ色々と面白そう。


あとは飲食系をまとめているところで紹介してもらうとか。

http://www.vippers.net/blog/2009/09/twitter-1.html

id:sylphid666 No.5

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902010/03/07 09:06:19

ポイント18pt

すし処 さいしょというお店がフォロワーの数だけ割引するというサービスを実施されていました。

http://twitter.com/SushiSaisho/status/8308270570

行かれた方のレポです。

http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20100204/1265293861

http://uramayu.typepad.jp/blog/2010/02/sushisaisho.html

下の方も

>この企画を知ってから、すし処さいしょのtwitterをフォローしはじめたのですが、毎朝、大将が魚をが仕入れに行って、「このすみいかはすごい」とか、「このいさきは最高」とか魚の写真を見て、大将のこだわりを知ることになり、今回の企画は絶対に行きたい!と思うようになったのです。貧乏なのに。

>たぶん、「ただtwitter割引するだけ!」の情報だけ知ってたとしても、私は行ってなかったと思います。

>大将の人格と、毎朝の仕入れtweetのファンになったからこそ、今日楽しみに来店しました。

と書かれているように値引きのキャンペーンを打つとフォロワーは増えると思います。ただ、それをきっかけに来店してくれるだけのつぶやきを続けていくことも重要かと思いますが。

id:supureo No.6

supureo回答回数2ベストアンサー獲得回数02010/03/08 19:38:19

ポイント18pt

http://rocketnews24.com/?p=25420

http://twitter.com/texas2929

めざましどようびでTwitterユーザーを対象にした割引を紹介してました。

また、Twitterのフォロワー数に応じてサービスもされるそうです。

番組はあまり気にしていなかったので

記憶がちょっと曖昧で恐縮なのですが番組内では

売上は上がる反面、客単価は下がりますが、満足出来る宣伝効果はあったと店主の方が仰ってた様な気がします。

なかなか効果的な使い方なのではないでしょうか?

  • id:risako26
    うーん?ツイッターのアドレスをレシートの裏に記載しておくのはどうでしょうか?多分できると思います。
  • id:zachouR
    みなさん、色々と教えて頂いてありがとうございました。

    まだまだ、ツイッター人口が少ないですが、少しづつ増やしていきたいと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません