通信環境の選択に迷っています。

自宅がNTT東日本ADSL環境があり、WiMAXが繫がらない環境で、外ではサブノートPCとスマートフォンを利用するとしたら、どんな選択をしますか。
たとえば、自宅ADSL、外emobileとか。
最近、WiFiでPC接続できるんでしたっけ?
コスト面含め教えてください。行動範囲は都心です。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/03/08 01:28:53
  • 終了:2010/03/15 01:30:03

回答(4件)

id:kia_44 No.1

きあ回答回数396ベストアンサー獲得回数302010/03/08 01:42:20

ポイント23pt

お使いになられているスマートフォンがわかりませんが

http://japanese.engadget.com/2008/07/31/iphone-3g-wifi-netshare/

こんなソフトがあれば解決しそうですね。

iPhoneユーザーなんですが買い損ねました。すごく残念です。

スマートフォンがWiFi限定でも接続できるなら、イーモバイルのPocket WiFiも視野に入るかと。

コスト重視ならメリット出せると思います。

id:hattandagree

スマートフォンはxpediaを予定していますが、wifi接続できるんですかね。emobileのポケットwifiがよく分かってないのですが、通常のemobile通信に加えwifi接続も出来るたんまつってことですかね

2010/03/08 02:05:12
id:Km1967 No.2

Km1967回答回数224ベストアンサー獲得回数352010/03/08 02:08:13

ポイント23pt

1.現在のADSL環境にこだわりがなければ emobile+自宅はemobileADSL12Mで月平均6500円程度

ADSLの速度は現在の契約より若干落ちるがプロバイダ契約もいらなくなるので価格は大幅に落ちる。その分を外にまわすというイメージになる。

http://emobile.jp/charge/

http://emobile.jp/service/adslservice/


2.現在のADSL環境を残すなら外WiMAX、家ADSL 月平均はWiMAX分4480円増加。

単純に外で使う分だけ月額トータルが増える。

メール受信だけなら携帯電話のパケ放題だけ使うほうがはるかに安くつく。

それ以外にも使うとなれば従量制の上限(14MB)などすぐに突破するので最初から定額にしておいたほうが無難。

http://www.uqwimax.jp/service/price/


3.現在のADSL環境を残すなら+900円で外ホットスポット、家ADSL 一番安上がりかもしれない。

行動範囲にNTT東のホットスポットが多いようであればノートパソコンの無線LAN(無ければ付ける)が格安。

大手プロバイダならほぼ対応している。

http://flets.com/spot/area_owner/index.html

http://www.uqwimax.jp/service/price/

id:km1967 No.3

km1967回答回数541ベストアンサー獲得回数402010/03/08 07:09:45

ポイント22pt

xpediaではなくxperiaのことだよね?


自宅はADSLのまま。

xperiaにFOMAハイスピード通信のパケ放題を付けると1万3千円の加算になってしまうので、イーモバイルのデータプラン21(5980円)をお勧めする。

また、宅外で使うエリアが、BBモバイルやHOTSPOTの範囲内であれば、公衆無線LANの契約をする方が高速・安価である。

id:kia_44 No.4

きあ回答回数396ベストアンサー獲得回数302010/03/08 22:43:37

ポイント22pt

ちょっと不足だったようなので再度回答させていただきます。

WiFiって無線LANのことです。

無線を使用しないネット環境を考えてみてください。

NTTなどのケーブルが家に入りモデムなどにLANケーブルをPCにつなぐことと思います。

WiFi・無線LANはLANケーブルがいらないということ。

上記の例では、NTTのケーブルの端っこについてるモデムに、自分で買ってきた無線LANの親機を設置。

子機をPCに差込むことで、中間のLANケーブルが無くても通信ができるんです。ケーブルに悩むユーザーは大喜びです。

回答に書きましたイーモバイルは、上記の例ではNTTまでの線も無線LANになっている状態です。

フツウは親機は町のいたるところに設置されていますので、子機を買ってもらえれば、それをPCに差し込むことでネットにつながるという仕組みです。

pocketWiFiは子機が無線なので、ケーブルを使用することなく接続が可能というものです。

もちろん線がないので複数台(台数制限あったと思います)を接続できます。

通話もメインとして使用すると難しいのですが、ネット端末として使用するのが前提である場合、

キャリアの通信帯域を使用するのではなく、敢えてpocketWiFi経由にすることで、pocketWiFiの通信料金はMAXになっても、キャリアの費は最低額で抑えられるということです。

複数の通信経路をとることでコストは上がります。

通信経路を限定することでコストを下げる方法なんです。

これでわからないようであれば再度コメントしてください。

わかりにくいポイントを指摘していただけるとピンポイントで回答します。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません