テレビ番組の一部分(動画や静止画)を、その報道内容の妥当性、つまり偏向報道や虚偽の報道でないかを検証する目的でウェブサイトに掲載する事は違法(引用の範囲に留まると判断されない)でしょうか。明確なラインがなくケースバイケースの場合は判例なども交えて解説して頂けると助かります。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/03/21 11:04:50
  • 終了:2010/03/28 11:05:02

ベストアンサー

id:Baku7770 No.2

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812010/03/21 13:41:27

ポイント23pt

 難しいでしょうね。特に放送内容に批判的な内容を書かれた場合、削除要求あるいは名誉毀損等で

訴えられる程度のことは覚悟の上でおやりになられることになると考えます。

 

 マスコミというのは自身では結構著作権に違反しておきながら、実際自身がやられると噛み付いて

くる業界ですから。

 

 特に裁判になれば

>報道内容の妥当性、つまり偏向報道や虚偽の報道でないかを検証する

ってどういった権限をsupermomongaさんがお持ちで、いきなり公衆にさらす行為をしたのですかと

いった点も争点になり得ると考えます。supermomongaさんがそういった職業についているならいい

のでしょうが。

 報道内容が虚偽だと断言できるなら、そのTV局にクレームを入れる、BPOなりBRCなりに

申し出るなり手段はあるじゃないですか。

 

 報道番組といっても女子アナやコメンテーターにはパブリシティがありますから、音声だけなら

まだしも画像を流すこと自体が引用の範囲を超えていると判断されかねません。

 

 最後に、報道番組であろうが番組内容を無許可で流すことを業界は禁じています。

http://www.tv-copyright.jp/about_c/index.html

id:supermomonga

ありがとうございます。


一応補足しておきますと、私自身がウェブサイトを運営したいといった話でなく、偶然そういったウェブサイトを見かけ疑問に思ったので質問を投稿させて頂いた運びになります。

具体的には、株式会社東京産業新聞社の「ガジェット通信」というネット媒体の記事になります。 http://getnews.jp/archives/51360

2010/03/25 19:15:40

その他の回答(3件)

id:Bombastus No.1

ホーエンハイム回答回数409ベストアンサー獲得回数522010/03/21 11:22:37

ポイント23pt

著作権法第32条の著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合として、

ウ 報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること

が挙げられています。

これに該当すると思います。


ただ、下手に批判すると営業妨害で逆提訴されたり、顔などが写っていれば名誉毀損や肖像権侵害で逆提訴される恐れがあります。

id:supermomonga

ありがとうございます。

>これに該当すると思います。

参考URLを拝見させて頂きましたが、条件ア~キ全てを同時に満たす必要はなく、条件ウにのみ該当すれば良いのでしょうか。


>下手に批判すると営業妨害で逆提訴されたり、顔などが写っていれば名誉毀損や肖像権侵害で逆提訴される恐れがあります。

確かにそうですね。その辺りの配慮は十分に行いたいですね。

2010/03/21 11:29:37
id:Baku7770 No.2

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812010/03/21 13:41:27ここでベストアンサー

ポイント23pt

 難しいでしょうね。特に放送内容に批判的な内容を書かれた場合、削除要求あるいは名誉毀損等で

訴えられる程度のことは覚悟の上でおやりになられることになると考えます。

 

 マスコミというのは自身では結構著作権に違反しておきながら、実際自身がやられると噛み付いて

くる業界ですから。

 

 特に裁判になれば

>報道内容の妥当性、つまり偏向報道や虚偽の報道でないかを検証する

ってどういった権限をsupermomongaさんがお持ちで、いきなり公衆にさらす行為をしたのですかと

いった点も争点になり得ると考えます。supermomongaさんがそういった職業についているならいい

のでしょうが。

 報道内容が虚偽だと断言できるなら、そのTV局にクレームを入れる、BPOなりBRCなりに

申し出るなり手段はあるじゃないですか。

 

 報道番組といっても女子アナやコメンテーターにはパブリシティがありますから、音声だけなら

まだしも画像を流すこと自体が引用の範囲を超えていると判断されかねません。

 

 最後に、報道番組であろうが番組内容を無許可で流すことを業界は禁じています。

http://www.tv-copyright.jp/about_c/index.html

id:supermomonga

ありがとうございます。


一応補足しておきますと、私自身がウェブサイトを運営したいといった話でなく、偶然そういったウェブサイトを見かけ疑問に思ったので質問を投稿させて頂いた運びになります。

具体的には、株式会社東京産業新聞社の「ガジェット通信」というネット媒体の記事になります。 http://getnews.jp/archives/51360

2010/03/25 19:15:40
id:Bombastus No.3

ホーエンハイム回答回数409ベストアンサー獲得回数522010/03/21 14:07:07

ポイント22pt

参考URLを拝見させて頂きましたが、条件ア~キ全てを同時に満たす必要はなく、条件ウにのみ該当すれば良いのでしょうか。

はい、その通りです。

id:supermomonga

ありがとうございます。

2010/03/25 19:15:44
id:serizawayui No.4

serizawayui回答回数97ベストアンサー獲得回数42010/03/23 10:03:19

ポイント22pt

名誉毀損については、公益性があれば違法性が阻却されます

ただ、公益性の範囲が曖昧で判断に悩むとは思いますが

id:supermomonga

ありがとうございます。

2010/03/25 19:15:46
  • id:Baku7770
    Bombastusさん
     
     勘違いされていませんか?元々が文化庁のテキストからの引用でしょうから全てを満たす必要は
    ないとは考えますが、ア~ウは著作権法にも明記されている必須要項ですよ。
     キがなければ倒錯と変わらないじゃないですか。

    第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用
    は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
  • id:Baku7770
     誤字がありました。
    誤:倒錯
    正:剽窃
     元々は盗作としようとして、誤変換したのを見逃したのですが、ここは剽窃という語が正しいよう
    です。失礼しました。
  • id:Baku7770
    supermomongaさん

     ポイントありがとうございました。

     コメントにあったガジェット通信も拝見しましたが、報道としてしていることも含めて引用の範囲
    内と主張できる内容と考えます。
     
     問題あるいは裁判になったとして争点になりそうなのが、この記事自体を報道と認めるかという点
    だと考えます。この記事はTBSが伝えた会見内容のテロップに誤植があったことを伝える記事です
    が報道というにはTBSへの取材がなく、過去の誤植と合わせて偏向目的だと断定しています。
     
     最近刑事事件の報道で警察の発表やリークをそのまま伝えるだけの報道が問われていますが、同様
    にこの記事も同じような指摘を受けても反論が十分にはできないであろうと考えます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません