wordpressで自分が運営するサイトを、全く同じ内容でコピーすることはできるでしょうか?

また、方法があれば教えていただけないでしょうか。

※記事やデザインテーマだけでなく、プラグイン、カスタマイズしたプログラムなども含めて。
※もちろん自分が運営しているサイトですので、サイトに関するすべてのデータを手に入れることができます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2010/03/23 11:16:12
  • 終了:2010/03/30 11:20:02

ベストアンサー

id:typista No.8

typista回答回数359ベストアンサー獲得回数72010/03/27 11:03:55

ポイント20pt

基本は、上記ですでに回答されている方法で良いと思いますが、WordPressで運営するサイトをコピーする目的によって、その後の運用を見据えた場合に注意する点が違います。

勝手な想定ですが、大きくは次の3つのいずれかでしょうか。

1.ミラーサイト用

まずドメイン(サブドメイン、マスタードメイン、サブディレクトリ含む)が変わると思いますので、本来はDBに設定されている

WP_SITEURL

WP_HOME

を、動的(≒メンテナンスフリー)にするために、

wp-config.phpに

define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST']);

//define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['SERVER_NAME']);

define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST']);

//define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['SERVER_NAME']);

と定義追加してあげることで、元サイトとドメインが違っても、DBへの置換/修正を施すことなく、WordPressは動作します。

*上記は'SERVER_NAME'のほうが推奨されるようですが、サーバ設定によっては'HTTP_HOST'でないと上手く動作しない場合があるようです。

ただし、コンテンツ内に元サイトのドメイン(URL)でリンクや画像読み込みの記述が入ってしまっている場合は、DBへの置換/修正が必要になります。

また、ミラーサイトとして運用していくことを考えると、下記2に近い設定(構築)か、記事や写真に限定してもっと手軽に済ませたいなら、メール投稿で、同時にPOST(送信)する方法が必要です。

余計な勘ぐりになってしまいますが、ミラーサイトではなく、単なる量産を考えていらっしゃるようでしたら、もともとWordPressそのもの(またはプラグインも含め)でSEOも、比較的しっかり為されているので、やめたほうが良いです。場合によってはスパムサイト扱いになってしまうようでならないので、かえってマイナスだと思われます。


2.負荷分散用

ネットワーク上位にロードバランサーを配置し、複数台のサーバで負荷分散したい場合は、ドメインも同一なので、1のようなwp-config.phpへの修正は不要です。

ただし、WordPressにログインして、ダッシュボードにログインしているときにも、通常はロードバランスされてしまうので、DBと画像アップロードする際のアップロード先ディレクトリの扱いに注意が必要です。

つまり、DBサーバとWEBサーバを同じサーバで構築してしまっていると、記事投稿や設定変更(プラグインのアクティベートほか)は、複数台のサーバのいずれか1台にのみ反映されてしまうため、本来はDBサーバは専用に1台用意するのが良いと思います。

同様にメディアライブラリでアップロードする画像等の場合も、アップロード先ディレクトリを複数台のサーバ間で同期をとるか、NFSマウント等で、実質1箇所に集約しておかないと、アップロードした画像は、複数台のサーバのどこか1つにしか存在しない状態が発生します。

厳密には負荷分散とは意図は異なりますが、冗長化も必要でしたら、DBサーバやNFSマウント等で実質1箇所に集約したディレクトリは、別途バックアップまで考慮されていると、なお良いと思います。


3.テスト用

現在運用されているWordPressサイトと限りなく近い状態(ドメインも同じ)でテストをするのが目的でしたら、WordPressディレクトリ丸ごとと、DBダンプをローカルPCに持ってきて、XAMPP等で構築(コピー)するのが良いです。メリット・デメリットも考慮のうえ、試してみてください。

以下、設定方法です。

http://typista.xii.jp/apache/445.html

http://typista.xii.jp/apache/450.html

id:thikipedia

運営しているサイトを、記事の内容はまったく変えて複数作成することを考えていたのですが、スパム扱いへの対応なども含めて、キチンと勉強した上で進めることにします。

詳しくご説明していただいて、とても勉強になりました。

有難うございました。

2010/03/27 15:11:12

その他の回答(7件)

id:imi5 No.1

Go Imai回答回数6ベストアンサー獲得回数02010/03/23 11:30:47

ポイント21pt

phpMyAdmin を使って、テーブルをすべてエクスポートし、別のデータベースにインポートすれば、全く同じクローンができます。

サーバーによって多少やり方は違うと思いますが。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=WordPress+バックアップ+復元+phpmyadmin&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

id:thikipedia

サーバによるやり方の違いだけ気をつければ良さそうですね。

ご回答を有難うございました。

2010/03/25 11:02:50
id:ko8820 No.2

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/03/23 12:18:57

ポイント21pt

DBバックアッププラグインをつかえば、より簡単です。

http://wpgogo.com/plugin/plugin_wp_dbmanager.html

id:thikipedia

とても簡単に作成できそうですね。

ご回答を有難うございました。

2010/03/25 11:04:47
id:v87 No.3

v87回答回数22ベストアンサー獲得回数52010/03/23 17:34:59

ポイント21pt

今のWordpressだったらデータのエクスポートが管理画面のエクスポートでできますからそれでデータを吸い上げて、コピー先でインポートすれば簡単です。そのときにURLが変わる場合は置換処理とかをエディタで一括して行えば簡単です。

あとはwp-content以下のファイルを全てコピーすればOKです。


http://www.jweb-seo.com/wp/import.html

http://wp.graphact.com/2007/03/22/81

id:thikipedia

これも簡単そうですね。

ご回答を有難うございました。

2010/03/25 11:07:34
id:iklpp-22 No.4

kice回答回数34ベストアンサー獲得回数02010/03/23 17:48:50

ポイント14pt

DBバックアッププラグインって言うのをつかえばめっさ簡単になります。(僕的に)

id:thikipedia

ご回答を有難うございます。

2010/03/25 11:07:48
id:kick_m No.5

kick_m回答回数1372ベストアンサー獲得回数542010/03/23 21:18:06

ポイント14pt

できます。ただたんにローカルにすべてコピーして、それを別サイトにまたコピーアップします。大事なのは、それからインストールスクリプトをもう一度走らせること。で、別にとっておいたデータベースのバックアップから戻すという手順になります。

id:thikipedia

ご回答を有難うございます。

2010/03/25 11:08:41
id:IZI No.6

klogg回答回数42ベストアンサー獲得回数02010/03/24 23:44:23

ポイント13pt

バクアップをとってアップロードすれば

できると思いますよ

id:thikipedia

ご回答を有難うございます。

2010/03/25 11:08:48
id:IZI No.7

klogg回答回数42ベストアンサー獲得回数02010/03/24 23:51:52

ポイント6pt

できます。ただたんにローカルにすべてコピーして、それを別サイトにまたコピーアップします。大事なのは、それからインストールスクリプトをもう一度走らせること。で、別にとっておいたデータベースのバックアップから戻すという手順になります。

id:thikipedia

ご回答を有難うございます。


・・・って、あれ?

さきほどの、kick mさんとまったく同じコメントですね?

2010/03/25 11:09:41
id:typista No.8

typista回答回数359ベストアンサー獲得回数72010/03/27 11:03:55ここでベストアンサー

ポイント20pt

基本は、上記ですでに回答されている方法で良いと思いますが、WordPressで運営するサイトをコピーする目的によって、その後の運用を見据えた場合に注意する点が違います。

勝手な想定ですが、大きくは次の3つのいずれかでしょうか。

1.ミラーサイト用

まずドメイン(サブドメイン、マスタードメイン、サブディレクトリ含む)が変わると思いますので、本来はDBに設定されている

WP_SITEURL

WP_HOME

を、動的(≒メンテナンスフリー)にするために、

wp-config.phpに

define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST']);

//define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['SERVER_NAME']);

define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST']);

//define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['SERVER_NAME']);

と定義追加してあげることで、元サイトとドメインが違っても、DBへの置換/修正を施すことなく、WordPressは動作します。

*上記は'SERVER_NAME'のほうが推奨されるようですが、サーバ設定によっては'HTTP_HOST'でないと上手く動作しない場合があるようです。

ただし、コンテンツ内に元サイトのドメイン(URL)でリンクや画像読み込みの記述が入ってしまっている場合は、DBへの置換/修正が必要になります。

また、ミラーサイトとして運用していくことを考えると、下記2に近い設定(構築)か、記事や写真に限定してもっと手軽に済ませたいなら、メール投稿で、同時にPOST(送信)する方法が必要です。

余計な勘ぐりになってしまいますが、ミラーサイトではなく、単なる量産を考えていらっしゃるようでしたら、もともとWordPressそのもの(またはプラグインも含め)でSEOも、比較的しっかり為されているので、やめたほうが良いです。場合によってはスパムサイト扱いになってしまうようでならないので、かえってマイナスだと思われます。


2.負荷分散用

ネットワーク上位にロードバランサーを配置し、複数台のサーバで負荷分散したい場合は、ドメインも同一なので、1のようなwp-config.phpへの修正は不要です。

ただし、WordPressにログインして、ダッシュボードにログインしているときにも、通常はロードバランスされてしまうので、DBと画像アップロードする際のアップロード先ディレクトリの扱いに注意が必要です。

つまり、DBサーバとWEBサーバを同じサーバで構築してしまっていると、記事投稿や設定変更(プラグインのアクティベートほか)は、複数台のサーバのいずれか1台にのみ反映されてしまうため、本来はDBサーバは専用に1台用意するのが良いと思います。

同様にメディアライブラリでアップロードする画像等の場合も、アップロード先ディレクトリを複数台のサーバ間で同期をとるか、NFSマウント等で、実質1箇所に集約しておかないと、アップロードした画像は、複数台のサーバのどこか1つにしか存在しない状態が発生します。

厳密には負荷分散とは意図は異なりますが、冗長化も必要でしたら、DBサーバやNFSマウント等で実質1箇所に集約したディレクトリは、別途バックアップまで考慮されていると、なお良いと思います。


3.テスト用

現在運用されているWordPressサイトと限りなく近い状態(ドメインも同じ)でテストをするのが目的でしたら、WordPressディレクトリ丸ごとと、DBダンプをローカルPCに持ってきて、XAMPP等で構築(コピー)するのが良いです。メリット・デメリットも考慮のうえ、試してみてください。

以下、設定方法です。

http://typista.xii.jp/apache/445.html

http://typista.xii.jp/apache/450.html

id:thikipedia

運営しているサイトを、記事の内容はまったく変えて複数作成することを考えていたのですが、スパム扱いへの対応なども含めて、キチンと勉強した上で進めることにします。

詳しくご説明していただいて、とても勉強になりました。

有難うございました。

2010/03/27 15:11:12

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません