facebookのような海外有名サイトが、

どうやって日本で流行るようになったのかを知りたいです。

企業はどう戦略を立て、流行らせようとマーケティングを行ったのかを教えて頂きたいです。

そういった内容のサイトや仮説でも結構ですので、
よろしくお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/03/28 20:30:41
  • 終了:2010/03/30 09:59:22

回答(3件)

id:rafting No.1

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762010/03/28 20:44:47

ポイント15pt

オピニオン・リーダーの活用

http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766414035/

id:tai2006

なるほど!

有難うございます。

2010/03/30 09:49:09
id:hiroponta No.2

ぽこたん回答回数517ベストアンサー獲得回数262010/03/28 21:13:18

ポイント30pt

facebookは日本ではあんまり流行ってないですけどね。むしろ、MixiとかGreeとかが流行しているので、Facebookは日本の戦略で失敗したと見るべきでしょう。

Facebookが流行した理由は、その学生の質を重視したという点です。質を高めて、それを広げたという戦略が最が良かったと思います。最初にハーヴァードですからねぇ、そこから米国の有名大学に拡大、一般大学に拡大、一般人に拡大という戦略です。サイトに参加している人の質を重視できないSNSは死んでいますね。

当初はハーバード大学の学生が交流を図るために作られた。その数日後、スタンフォード大学やコロンビア大学、イェール大学などの学生からの「同じようなサイトが欲しい」との要望に応え、いわゆるアイビー・リーグの学生にも開放した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Facebook

id:tai2006

>その学生の質を重視したという点です。

>質を高めて、それを広げたという戦略が最が良かったと思います。

なるほど。

初期段階ではハーバード大学へ特化されていたことがポイントだったんですね!

有難うございます。

2010/03/30 09:51:03
id:australiagc No.3

australiagc回答回数467ベストアンサー獲得回数902010/03/29 10:09:43

ポイント80pt

hiropontaさんが仰るように、海外のオンラインサービスの日本進出は諸外国へのそれよりもはるかに困難ですよ。

facebook、twitter、flickr、eBay、PayPalと軒並み諸外国でのケースと比べると伸び悩んでますよね。


一番の理由として、日本人の外国語恐怖症があります。

いくらサイトを完璧に日本語に翻訳したところで(そうしているサイトがそもそも少ないですが)、

既存の海外ユーザが日本語以外の言語で書き込みをしているところなどを見ると、

それだけで敬遠しちゃうんですよね。結局は既存の日本のサービスで十分ということに。


twitterの例ですと、この記事なんかが良いとこ突いてますよ。

http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT2n00000208...

■ブレークが難しい3つの理由

理由1)楽しむにはある程度のITリテラシーが必要

理由2)意外と難しいコミュニケーション

理由3)類似の競合サービスがすでにたくさんある

特に、1と3がでかいと思います。


mixiやGREEがあるのにfacebookやtwitter、flickrはあえて必要なものでもありませんし、

eBayは便利ですが詐欺のリスクや英語でのコミュニケーションの必要性などを考えると、ヤフオクや楽オクのが手軽です。

PayPalもeBayをはじめとした世界各国のサイトでショッピングをしている人ならまだしも、

日本語が通じる(/日本語しか通じない)国内のサイトしか利用していなければ必要ありませんし、

ユーザが必要としていなければECサイトだって採用しません。


また、日本人のネットユーザの多くは日本語で詳細が広まっている情報にしか手を出さないので、

どうしても英語を扱える国のネットユーザと比べると平均的なITリテラシーも低くいです。



見方を変えれば、日本へ海外のIT系サービスを輸入するには、

1. 日本人向けインターフェイスの作成を徹底すると同時に、日本語圏以外のユーザの書き込みも含め、デフォルト状態では日本語以外の言語が極力表示されないよう考慮する。

2. ITの知識がなくても最大限サービスを活用できるように、サービス本体の向上に重点を置き、オープンソースのAPIで付加価値がつくことをアテにするような戦略は避ける。


これに加えて、著名人を使った大々的な宣伝キャンペーンをすることですね。

日本人は本質的に保守的なので、アーリーマジョリティーを自然の流れとして動かすのは容易なことではありません。

しかし協調性もあるので、アーリーマジョリティーさえ動かせれば流行が起こり、どんどん後続がふえるという傾向があります。

少し割高な先行投資をして有力なアーリーアダプターを作り、アーリーマジョリティを意図的に動かすのが、日本のマーケティングにおける鍵だと思います。

id:tai2006

>デフォルト状態では日本語以外の言語が極力表示されないよう考慮する。

それ大事ですよね!

日本語サービス対応されているサイトでも

肝心なとこだけ英語表記のみしかできなかったりするサイト多々ありますしね。。

>少し割高な先行投資をして有力なアーリーアダプターを作り、

なるほど。属性イメージに該当する有名人たちにお願いする、

そしてそういうサービスがこれから来る!という空気感を作ると。

有難うございます!!

2010/03/30 09:58:34

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません