数学の計算用紙の効率的な使い方を調べています。というのも、私は数学の試験など、長い計算を必要とする問題にあたったとき、いくつも式を書き、途中途中筆算などをしていくうちに、苦労して導き出した、解答に至るための要点が、無駄な計算式に埋もれてしまい、それを振り返るたびにいちいち用紙の端から端まで見直し、無駄な時間をかけてしまうからです。計算式を常に簡潔にしていくための工夫を教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/07 01:05:43
  • 終了:2010/04/10 15:15:33

回答(6件)

id:ko8820 No.1

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/04/07 01:25:17

ポイント19pt

まず縦に線を引きます。

左が主要な計算を残すよう、右が作業用の計算(筆算)に使います。

id:garyo No.2

garyo回答回数1782ベストアンサー獲得回数962010/04/07 04:57:13

ポイント19pt

必要なことしか書かない。これがポイントです。

数学の場合、必要な公式を書くだけで中間点がもらえますが、途中の計算には点がもらえません。

つまり、必要な公式のみ書き、途中計算は問題用紙の裏なり、別な紙に書いて、結果だけ書きます。

id:rawwell No.3

ピロシキ(id:rawwell)回答回数91ベストアンサー獲得回数102010/04/07 06:11:35

ポイント18pt

途中で重要な導出結果の式を①、②などのように番号をつけていってみてはいかがでしょうか。

特に証明問題では後で使う重要な式の見当がつくと思います。

採点者側もこれらの式を見れば部分点がつけやすく、点数を獲得できる確率が高くなると思われます。

id:bit2357 No.4

fourier回答回数39ベストアンサー獲得回数32010/04/07 19:55:09

ポイント18pt

はじめまして。

先ず、質問があります。

muchi123さんは,中学生・高校受験生・高校生・大学受験生のどの立場なのでしょうか?

情報が少ないので,予想で答えることになってしまいます。

「解答に至るための要点が、無駄な計算式に埋もれてしまう」と書かれていたのですが,

 例えば、

問1.(ⅰ)問題文より~~なので,

    

    計算・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・計算結果を ---①

   

   (ⅱ)①より~~なので、

     

     計算・・・・・・・・・・・・・・・・

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・計算結果  ---②

   (ⅲ)①と②より

     

      計算・・・・・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・計算結果 ---③

    

    ③より,~~なので

    

    よって,  A.~~となる.


   こんな流れで,記述するのが数学の基本的な解答の仕方です。

   問題文を理解して,ゴールに向かって,順に計算していけばいいと思います.

   「~~なので」といった言葉を使って記述すると分かりやすいと思います.   

   また,単純計算が長いだけの問題で、解答用紙がたりなければ,

   担当教員に申し出て紙をもらうことはできると思いますよ。

参考までに,数学の解法の流れ、必要な記号を確認してみてはいかがでしょうか。

数学の記号(中学・高校生レベル)

http://www.kyoei-g.ed.jp/teacher/suukenhp/sugiyama/sugih6.htm

京大生のノート

http://kazuschool.blog94.fc2.com/blog-entry-379.html

   以上、お粗末さまでした。

        

  

    








    

id:zumiffy No.5

zumiffy回答回数10ベストアンサー獲得回数02010/04/07 21:34:47

ポイント18pt

取っておかなければならない式を、書く場所と筆算などを書く場所を分けてしまうと良いと思います。

取っておく式は、特に大切なところにアンダーラインを引くとなお良いですよ!

id:kouta1000 No.6

comet回答回数2ベストアンサー獲得回数02010/04/10 13:30:33

ポイント18pt

大切な文を大きく書いたり、こく書いたり、線を引いてみたら

いいと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません