社内製作物の持ち出しは可能か


社内で以下の論争(といいますか喧嘩)が起こっています。
製作物の著作権はどこにあるのか、お詳しい方ご判断いただけますでしょうか。

社内で使用する様々なExcelシート・ブックがあります。
それらの数値を手作業でコピペして仕事をしているのですが、ある人物がそれらを取り纏めて基幹業務DBとしてまとめました。
マクロなどもたくさん作り、手入力の手間がだいぶ省けました。
いざ、その人物が退職するにあたり「製作物(基幹業務DBから会社依存のデータを削除したもの)の持ち出しを許可せよ」と言い出しました。
会社的ではあらゆるデータの持ち出し厳禁ですが、その人物は著作権を盾に持ち出しの許可を求めています。
データの持ち出しは可能なのでしょうか。
補足:
基幹業務DB作成時に会社と取り交わしをしていない
DB作成代償は労力と自費購入の書籍のみ。他はすべて会社が用意
内規であらゆるデータの持ち出し禁止であることはDB作成時より承知済み
基幹業務DBの骨組みだけ持ち出すのだから許可してくれとの言い分
実際は骨組みを利用してDBを個人利用・販売するのが目的
骨組みには会社依存といえるような計算式があります。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/12 16:28:21
  • 終了:2010/04/12 17:42:26

回答(4件)

id:Bombastus No.1

ホーエンハイム回答回数409ベストアンサー獲得回数522010/04/12 16:37:57

ポイント23pt

業務命令で製作されたDB(プログラム)の著作権は会社に帰属します。


参考

著作権法第15条2項

法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。

id:ggene

ご回答ありがとうございます。

法律があるんですね。助かりました。

2010/04/12 17:31:02
id:Baku7770 No.2

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812010/04/12 17:07:45

ポイント23pt

 結論から申し上げてそのExcelシートの持ち出しは不可能です。

 

 ここに書かれているだけの内容であれば立派な職務著作物ですから、著作権は会社にあると判断

されますので、その方の主張は無効だと判断されます。

 

 ただし、そのExcelシートはその方が自宅で作成したもので、それに多少の改良が加えられた

程度のものであればある程度認めざるを得ないと言うことになります。

id:ggene

ご回答ありがとうございます。

今回の作業をするにあたり、個人が持ち込んだデータは無く、すべて会社にある顧客データ、見積書、請求書などを組み合わせたものです。

2010/04/12 17:36:59
id:ko8820 No.3

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/04/12 17:09:33

ポイント22pt

>骨組みには会社依存といえるような計算式があります。

この部分は会社のノウハウにあたるので、勝手な持ち出しは許されません。

==============

仕事で作成したものは、基本的に会社に権利があります。

著作人格権は、本人にありますが、

著作権はどこにあるか明記されていないので

通常は本人にあるとはいえません。

たとえば、会社でプログラム(ソフトウェア)を作ったとして

自分の作った部分だけを退職時に持ち出すのはどの企業でもNGです。

裁判で戦っても勝てますから、許可する必要ないです。

=======

といっても、勝手に持ち出す準備は退職前にしていると思うので、

きっと持ち出されてしまうと思うのです。

で、会社としては何ができますか?

裁判で争うなんてできませんよね?

=======

というあたりを考えて判断すべきでしょう。

id:ggene

ご回答ありがとうございます。

私がいる会社は大きくなく、私は管理職ではありません。

従業員みな助け合って仕事をしていて、信頼と依存で成り立っています。

PCに詳しい人には助けてもらうところが大きく、みな持ち帰られるものは持っていてもらえればとは思っていますが、

訴えるだの、Adminパスワードを内緒で変えるだの言い出して、ちょっと困惑しています。

2010/04/12 17:41:16
id:zenchi No.4

zenchi回答回数80ベストアンサー獲得回数22010/04/12 17:24:12

ポイント22pt

著作権法では、「会社内の業務として作成した著作物は会社が著作権を持つ」となっています。

[著作権法大15条1.2項]

従業員である制作者に著作物を持ち出す権利はありません。

id:ggene

ご回答ありがとうございます。

いろいろな人の意見を聞くと、なるほどそのとおりなんだなぁと思えます。

2010/04/12 17:42:13
  • id:ko8820
    >訴えるだの、Adminパスワードを内緒で変えるだの言い出して、ちょっと困惑しています。

    訴えてもらってください。
    向こうは体力がないので、絶対に訴えることはできないと思います。

    >Adminパスワードを内緒で変えるだの言い出し

    これをやると業務妨害で立派な犯罪です。
    懲戒解雇も可能です。また、逆に損害賠償を請求できます。


  • id:Baku7770
     #a2です。ポイントありがとうございました。
     
     少し補足します。業務上著作物と言うのは、業務上作成された著作物の著作者を法人とすることを
    認めるものです。
     
     原著作者を法人とする内容ですので、#a3で記載されている著作人格権も実は法人に帰属します。
    (#a3の記述は海外に認めている著作権法も存在しますが、日本では認められていません)

     そのため、その方が退職した以後にそのExcelシート・ブックに修正を加える自由も有して
    いるとお考え下さい。
     
     会社の業務に依存する数式があるようですが、それが本当に企業秘密に該当するのなら不正競争
    防止法に基づいて販売の差し止めなどを要求できますが、例えば社員全員が知っている内容である
    なら、それは企業秘密と認められませんので難しいでしょう。
  • id:seble
    例の青色レーザー特許も業務上の発明だけど、発明者個人にも権利が認められて会社は4千億だか払ったんだよね。
    業務上の製作物であっても、その内容次第では作成者個人の権利も一定範囲までは認められると思うよ。
    程度問題かと、、
    最近、著作権が一人歩きしてるけど、どんな権利も無制限に認められる事はないですからね。
  • id:brand123
    http://www.walletcopy.com/bbs/index.asp
  • id:Bombastus
    青色レーザーの話題がコメント投稿されていますが、特許権と著作権は異なる権利ですので誤解無きよう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません