【日本十進分類法について】

「リフォーム」「家作り」「ハウジング」に関する書籍を図書館等で借りることを考えています。
(想定イメージとしては、実際に家作りを行った人の体験談、又はハウスビルダー社長の執筆本)
日本十進分類法に基づいて対象図書の絞込み検索を行いたいのですが、
関連しそうなのは
「524(建築構造)~529(建築意匠・装飾)」と想定していたところ、
「リフォーム」のキーワードで新宿図書館を検索すると「365ー3」とかもヒットします。
(「365」は生活・消費者問題のようです。)
520番台以外にヒットしそうな番号は、何が考えられますか?
そもそも枝番の「-3」の意味はなんですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2010/04/12 20:00:09
  • 終了:2010/04/19 20:05:03

回答(3件)

id:brand123 No.1

brand123回答回数52ベストアンサー獲得回数02010/04/12 20:58:10

(はてなにより削除しました)
id:Bombastus No.2

ホーエンハイム回答回数409ベストアンサー獲得回数522010/04/12 21:14:35

ポイント70pt

下記もチェックしておいた方がよいかと存じます。

  • 597 住居、家具調度

そもそも枝番の「-3」の意味はなんですか?

ハイフン以下は、図書館によって自由に設定できる値です。

id:itarumurayama

ありがとうございます。

2010/04/12 21:33:41
id:keigo1127 No.3

keigo1127回答回数3ベストアンサー獲得回数02010/04/17 20:17:50

ポイント10pt

がんばってください

  • id:itarumurayama
    これは余談ですが、日本十進分類法の大項目「6類産業」を見ていると、
    いわゆる「一次産業」が6つもある
    (610台=農業、620台=園芸、630台=蚕糸業、640台=畜産業、650台=林業、660台=水産業)
    のに対して、「二次産業・三次産業」は3つしかありません。
    (670台=商業、680台=運輸交通観光、690台=通信)

    一次産業がGDPの過半を占めていた戦前の分類をそのまま引きずっているのがアリアリ。
    蚕糸業などは、現在なら小分類にも入れてもらえないでしょう。

    逆に新興のサービス業とかは、あまりにも「分類されなさ過ぎ」で、
    例えば「不動産業」なんか、「ありそうで、ない」。

    インターネットとか、どうするんでしょう?

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません