【航空司令官の苦悩】

太平洋戦争終盤において、日本では航空機による組織的な体当たり作戦、いわゆる特攻が行われました。
もし当時の日本軍に特攻作戦を封じた場合、代わりにどのような戦術が取りうるでしょうか?

・昭和19年中盤以降(マリアナ海戦以降)の状況から考えてみてください。戦局を覆すのは無理でも、死を約束された攻撃以外に取れる手段があるでしょうか?
・陸軍海軍の区別は特にありませんが、航空攻撃を主として考えてください。
・当時の状況下で可能そうな機材の改造・転用はOKですが、技術的に実現不可能な方法(「富嶽」やジェット/ロケットエンジン機を運用する、みたいな)は避けてください。
・降伏、同盟などの政治的手段のみ書いた回答は不可です。

※ここでは、特攻についての是非はあえて問いません。あくまでも歴史のIFとして考えてもらうための質問です。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/13 00:03:41
  • 終了:2010/04/18 22:37:20

ベストアンサー

id:sdkfz No.9

すだこふつ回答回数992ベストアンサー獲得回数482010/04/17 23:01:23

ポイント100pt

どうも、おくれましてのsdkfzです。

さて、特攻のアンチテーゼと言えば芙蓉部隊

彗星夜襲隊―特攻拒否の異色集団 (光人社NF文庫)

彗星夜襲隊―特攻拒否の異色集団 (光人社NF文庫)

  • 作者: 渡辺 洋二
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • メディア: 文庫

隠匿された基地から夜陰に乗じて組みやすそうな敵ばかりをねちねちと攻撃し続ける……一言で言ってしまえば奇襲ですな。

そこそこ戦果を上げた手段ですので全軍挙げて実施したいところですが、そういう訳にも行きません。

奇襲が常態化すればそれは奇襲ではありません。敵に対応策を取られ終わりです。

奇手が奇手であり続けるには正手を、どんなに犠牲が出ようと正面切った攻撃を行い続け敵主戦力を誘引し続ける必要があります。

ただ史実よりも、もうちょっと夜襲部隊の層を厚めにしてみたらもうちょっとだけ戦果が増えるんではないかと。

あと主戦力に対して攻撃するにしても空母や戦艦は狙わないようにしましょう。

どうせ死ぬならと大物狙いに走りがちなのも特攻の欠点。

守りの堅い高価値目標などは狙わず手薄な輪形陣外縁の小艦艇を狙い少しでも損害を少なくしたいものです。


これらを生き残るための戦法と言ってしまえば聞こえはいいのですが、まぁ勝ための戦法じゃありません。

逆に言うと特攻とは勝ための戦法です。

大量生産に適した簡易かつ高性能な専用機≠桜花の一挙大量投入により戦局を打開する。

決戦に勝ために生み出された戦法、それが特攻です。

ですが実際は敷島隊の場当たり的な実施に始まり以後も余り深く考えられることも無く拡大されていった訳ですが……

まぁその辺は置いといて、勝ための戦法を捨て負けない戦法を取りつづけるのが許されるのは決戦のため戦力を温存しなければいけない時期だけです。

という訳で、今回のお題に合うように『特攻作戦は本土決戦のため温存されたまま終戦になった世界』を作ってみたいと思います。


で、マリアナ以降の決戦といえば比島と沖縄。

目指すべき世界のためには両方ともパスと言いたい所ですがそうも行きません。

比島は日本の生命線である南シナ海を守る最後の砦、ここを無抵抗で明け渡すというのはさすがに無理があります。

幸い特攻に関しては敷島隊のアレが上層部にとっても不本意な形で発生したイレギュラーな出来事であり、言いだしっぺさえ早期退場していれば発生しなかった可能性は十分高いと思いますので、まぁ海軍戊とか己とか事件が起きて無かったことにします。

比島決戦の陸戦に関しては時間稼ぎのために史実通り粘ってもらいますが、航空決戦に関しては趨勢が決まった11月初旬で打ち切ります。

そもそも11月以降もだらだらと続けてしまったのは栗田艦隊が空母多数撃沈なんて大ボラ吹きやがったのが原因で、この誤認がなく敵戦力を正しく見積もることが出来れば無駄な損失を抑えることが出来ます。

でもって沖縄航空決戦は完璧にスルー

陸さんは史実通りがんばって貰いますが、航空戦は昼夜ともに嫌がらせ攻撃以上のことはしません。

天皇陛下がなんと言おうと大和も出しません。乗員の皆様には犬死してる暇があるんだったらモッコでも担いで四国あたりに隠匿飛行場でも作ってもらいます。そうそう使わない高角砲も近畿の都市部あたりに再配置しちゃいましょう。


さて、勘のいい人ならもうお気づきですね。

そう疾風を高稼働率で保った飛行第47戦隊も近衛飛行隊の異名を誇る飛行第244戦隊も海軍最凶の迎撃機雷電を擁する第302航空隊も沖縄で消耗することなく皆関東で健在です。

飛行第56戦隊も特攻に戦力を引き抜かれることなく関西を守護しています。源田の剣こと第343航空隊も奄美に出張ることも無く松島で軍都広島の守についています。

さぁ今こそ溜め込んだ戦力を解き放つとき本土防空決戦の幕開けだぁ!

……と意気込んでみたものの戦力差は絶望的、戦局の行方を左右するよな戦果は得られないでしょう。

それでもほんの僅かでも救える命があるのなら、特攻よりも意味のある戦いになるんじゃないかなと思うしだいであります。


……と、ここで終わって味気がないので少しばかりファンタジー

goldwellさんは義号作戦ってご存知ですか?

占領下の飛行場に強行着陸して空挺部隊で殴り込みをかけ攻撃するって作戦です。

まぁ普通は特攻作戦扱いだし実際一人除いて玉砕しちゃってますんでお題には反しちゃってるんですけど、陸戦なら降伏も可能だよねってことで強引に話し進めちゃいます。

で、この作戦、一応成功したってことで味惜しめた軍は大戦末期に規模を拡大した剣号作戦を立案します。

空襲により機材を喪失したため中止された剣号作戦ですが、ほんの少しだけ防空体制の整った異世界の日本では数日遅れで実施されていたかもしれません。

頃は7月の立待月が昇る晩、テニアン島の沖合いに突如として浮かび上がる巨鯨伊400から夜陰に乗じて勝手知ったる何とやらと上陸する海軍陸戦隊。

時を同じ高度方位暦により導かれ遠路ウェーキからの欺瞞航路より奇襲突入した梓隊の地上掃射型銀河70機が20mmの雨を降らせる。

戦いが途絶え早数ヶ月過ぎ気の緩んでいたテニアン島守備隊の対応は後手に回った。

「偶然」居合わせた重巡インディアナポリスが対空射撃を始めるが時すでに遅しテニアン北飛行場に強行着陸した一式陸攻や飛龍からは完全武装の陸海軍連合空挺隊、剣部隊が展開を始めていた。

紅蓮の炎に包まれる掩体壕、日本の都市を焼き尽くした巨鳥が成す術も無く燃え尽きてゆく。その中には尾翼に大きくRと記されたものNと記されたものも含まれていた。

数時間後鎮圧に成功した米軍だったが、この戦いの最中に3発の新型爆弾が行方不明になった事は戦後しばらく公表されることは無かった。

この新型爆弾の行方を巡り戦後占領下の日本でいくつかの珍事が引き起こされるがそれはまた別の話しであるとかなんとか。

id:goldwell

お待ちしておりました。やはりこの手の質問にsdkfzさんのidが無くていいだろうか、いやいくまい、と勝手に思っていたりして。

予想以上の力作です。

と書いておきながらなんですが、じっくり読ませていただいて明日返信します。



読みました。

奇襲というのは相手の意表をついて一度きりで行うから効果あるものであって、そういう意味では真珠湾攻撃は確かに奇襲でありましたが、結局日本軍は奇襲の果実を忘れられないで引きずっていたような気がします。

その割には、輸送部隊狙いのような、相手の嫌がるようなねちねちしたような戦法はやりたがりませんでした。

芙蓉部隊の活躍はまさにすごいの一言ですが、それが筋を通し続けた美濃部正少佐の努力と初期にあげた実績によるもので、主流となりえなかったのは象徴的です。


>決戦に勝ために生み出された戦法、それが特攻です。

つまり、特攻は本土決戦のための最終手段(実際、伏龍のように史実以上のバリエーションの特攻兵器が考えられてましたねぇ)ということで温存、嫌がらせに励む、というわけですか。

ちなみに戦艦大和に関しても、軍令部総長が余計な一言を言わなきゃ「揚陸可能の兵器、弾薬、人員を揚陸して陸上防衛兵力とし、残りを浮き砲台とする。」案にまとまりかけていたわけで、宇宙戦艦ヤマトが作られない世界になりそうですね。

本土決戦になり、航空兵力に関しては、兵力を溜め込んだことで初期は派手で激しい戦いが繰り広げられそう。

結果は変わらないとしても、特攻やら誤認戦果による作戦ミスで人材機材を消費するよりはよっぽど現場の将兵たちも戦い甲斐はあったと思います。


>義号作戦

はい、知っています。

つい最近、特攻関係のページをいろいろ見ていて、ちょうどウィキペディアの該当ページも読みました。いかにも日本陸軍らしい作戦だなぁと。(ドイツの降下猟兵も飛行場奪取を多く行ったらしいですが、あそこまで厳しい作戦はあったでしょうか?)


剣号作戦

機材さえ失わなければ、実施されていた可能性高いですね。

インディアナポリスは7月26~27日はテニアンに在泊。剣号作戦の決行予定は1945年7月24日だけど、機動部隊の空襲迎撃による退避で2日ほどずれたり。

それくらいのタイミングを狙ってもバチは当たらんでしょう(笑)

梓隊や伊400を組み合わせるあたりがニクい演出。横山さんあたりが好みそうな題材です(もちろん私も)。

2010/04/18 22:13:13

その他の回答(9件)

id:hiroponta No.1

ぽこたん回答回数517ベストアンサー獲得回数262010/04/13 01:18:15

ポイント10pt

質問者さんの「航空機中心で」取れる手段と言われても、正直マリアナ海戦の時には陸海空軍全ての航空機を合わせても使用に耐えうる数百機を導入するのがせいぜいといった所で、しかも性能はアメリカのものよりも劣っている訳ですね。

つまり、通常の航空攻撃では太刀打ちどころか、喧嘩にもならない一方的な攻撃でアメリカ1に対して旧日本軍5とか10の犠牲とかそういう戦争をしている訳です。このような有効な手段が無い中で「特攻」という手段以外の方法を質問者さんが聞いているのですよね。しかも、降伏や政治的手段を抜きで。なら技術的な回答が主になるでしょう。

ご存知の通りに、この頃(マリアナ海戦の時期)になってくると、アメリカは既に協力なレーダーを持っていました。更には、対空砲弾が外れても目標物が近くにいれば自動的に砲弾が炸裂するVT信管を導入していて、防空装備は本当に強かった。これがどれくらいの強さがあったのかは、旧日本軍の損害が物語っています。半端なく強すぎて、全く航空機を近づけない状況だったんですよ。正直、近寄れないんだから特攻どころじゃない。

この質問者さまの議論をあえて行うのであれば、アメリカの防空設備 VS 旧日本軍の航空機と位置付けられます。これは、上にも書いてあるようにアメリカ軍の設備が最新で、旧日本軍の設備が古いので、戦いになりませんね。特攻も航空機攻撃の一部と考えれば同様です。

特攻作戦を行わずに航空機を使う作戦は、このような強いアメリカ軍とは絶対に一戦を交えないという作戦です。どうせ勝ち目の無い作戦であれば、やらないという方法が一番です。航空機だけでは作戦の立てようがありません。戦争というのは、物資、補給、物量、作戦、人材、技術など総合的に行うものです。

航空機に頼った戦略というのは、旧日本軍には既に無理だったのです。航空機で全く相手に損害を与えられないのであれば、航空機なんてあってもなくても一緒です。

将棋で、最後に王様と歩が少し残って、さて何か方法が無いでしょうか?と言ったって、そりゃあプロでも勝てませんて。

id:goldwell

おそらく前提としての認識は、hiroponta さんも私もたいして変わらないようです。

マリアナ海戦で明らかになったように、昭和19年以降は質量ともに日本軍がかなり劣勢だったのは戦後に生きている我々からすれば明らかですし、当時の軍人・知識人だって(一部を除き)把握していたでしょう。


でも限られているとはいえ戦力を有している軍隊が制空権・制海権を黙って渡せるの?

当時の状況下で知恵を絞って、特攻以外になにかできることないの?

難問なのを承知の上であえて質問してみたわけです。

2010/04/13 20:38:03
id:hkoki No.2

はまぐち回答回数136ベストアンサー獲得回数22010/04/13 02:27:09

ポイント20pt

 大和、武蔵、長門等、戦艦群を一時本土に戻し、大砲を下ろして対空砲に艤装し直した上で、

大和を囮にした空母群の引きつけを行うのはどうでしょうか?

また、サイパン、グアム、テニアン攻防戦は、硫黄島、ペリリューの様に水際作戦を放棄して

いれば良かったと思います。

id:goldwell

>大和、武蔵、長門等、戦艦群を一時本土に戻し、大砲を下ろして対空砲に艤装し直した上で、

>大和を囮にした空母群の引きつけを行う

確かに戦艦は金剛級を除いて健在なので発想としては面白いですね。

結果として、主砲はほとんど不要だったわけですし。

問題は、未だ残っている大鑑巨砲主義者による抵抗と、対空砲による命中率の低さと少ない重油の備蓄量ですね。

2010/04/13 20:46:54
id:takejin No.3

たけじん回答回数1490ベストアンサー獲得回数1932010/04/13 02:45:53

ポイント20pt

航空機数、燃料、火薬 ともに物量は圧倒的に劣勢。

人員の数も熟練度も低く、航空機の性能も及ばなくなっている。

順当に考えれば、パイロットの訓練をしたいところ。燃料も少なく、それもかなわない。

 

戦術ではもはやこれまで。

 

戦略で対応。

一点集中、搦め手から攻め入って、一挙に本丸を落とす。

もう一度、真珠湾奇襲攻撃 を行う

かな。

 

なかなか、正攻法では、何ともならなくなっていたんでしょうね。

id:goldwell

>真珠湾奇襲攻撃

残念ながら、昭和19年頃の真珠湾には大した軍艦は無くてガラガラかもしれんです。

昭和19年後半以降の米軍艦隊の集結地はウルシー環礁になっていて、実際に日本軍は攻撃を仕掛けています。

http://ww31.tiki.ne.jp/~isao-o/koujinsha-02.htm

史実と違って生還を期す場合は練り直しが必要ですが、一度きりの奇手としては有効でしょうね。

2010/04/15 22:43:09
id:dev_zer0 No.4

dev_zer0回答回数332ベストアンサー獲得回数252010/04/13 07:50:35

ポイント40pt

個人的にはガダルカナル戦で消耗戦をしてしまった時点でもう詰んでいると思っているのですが

勝てないにしろ、負けない戦術、負けるにしても相手に損耗を強いる戦いを主目的とします


ランチェスターの法則より、海戦、特に航空戦では質、量がアメリカ側が勝っているために勝ち目はありません

特に海戦や空戦は堅固な陣地に立て篭もるという戦術が使えない為、モロに物量作戦が効きます


ということで、アメリカ側の目標であるマリアナ諸島への進行を妨害するという戦術になるでしょう

まず、戦力の集中を行うために索敵能力を上げます

具体的には劣っているレーダ技術をアメリカ側と同水準とし、潜水艦も攻撃ではなく、索敵に使います。

出来れば足の長い一式陸攻あたりに航空、海上レーダあたりを搭載し、

現代でいう早期警戒機として運用させます。

また、対空火器、特に大口径の三式弾を戦艦や重巡に配備させます

対空に特化した駆逐艦(秋月型駆逐艦)も配備します


マリアナ諸島のどの基地を攻撃するのかの予測が付いたら

その基地へありったけの戦力を集めます。

# ミッドウェイ海戦でアメリカ側が取った戦術のように基地の航空機も参加させる為

ここで、陸海合わせての日本の航空戦力はアメリカの航空戦力と互角としたいところです

なお、防衛のため優先的に戦闘機(ギリギリで零戦の五二型が間に合うはず)を配備し、

爆撃機、雷撃機は二の次とします

航空隊の錬度はミッドウェイから低下し続けているはずなので錬度も徹底的に上げます


アメリカ側が航空襲撃してきたら先ほどの早期警戒機で戦闘機を誘導し、片っ端から落とします

# 多分、アメリカ側は爆撃機を守りながらの戦闘になる為、

# 日本側は戦闘機のみで編成すれば数さえ同じなら勝てるはず

突破された航空戦力は三式弾、それでも残ったら秋月型駆逐艦で打ち落とします。


焦れて海上決戦となった場合はさらに基地からの砲撃も参加させます

さらに海上戦力、陸海の航空戦力の連携で相手に損耗を強います。

# これも当時日本は陸軍、海軍の仲が悪かったけれども、一致団結してることとします


自分よりも相手の損害が大きく、相手の作戦を妨害できたら勝利といっていいのではないでしょうか?

# ま、結局B-29が開発されて陸上基地が爆撃され、基地支援が期待できない状況で

# 相手に海上決戦を挑まれたら終わりです。

id:goldwell

いろいろと考えてくれましたね。

ただ、マリアナ諸島を巡る戦いは19年6月から始まり夏ごろがピークなので、質問の時期的には防衛の機会は過ぎてしまいました。


サイパンから出撃したB29によって本土各地が痛めつけられたのは知られていますが、特に軍需施設が早期に狙われたことを考えると、代わりにあらゆる手段を用いてサイパンの基地化を徹底的に妨害するという方針ならばいいんじゃないかと思うのです。

艦隊決戦にこだわってた海軍も後が無いので、正面からの対決を避けて叩きやすいところを叩くようにすれば敗北を遅らせることくらいはできるかもしれません。

2010/04/14 22:01:10
id:apple_pie No.5

apple_pie回答回数196ベストアンサー獲得回数52010/04/13 11:09:17

ポイント10pt

突撃前に脱出する装置を付けて飛行機の機体のみを突撃させる。

何とか、その程度の装置なら作れそうです。

そして、「捕虜になって来い」という指示もしておく。

降参した兵士を殺すことはできないので米軍も対応に困る。

id:goldwell

今と違って当時の航空機による艦船攻撃は、最低でも1000m以内に近づかないと爆弾や魚雷を落とせないらしいです(命中率の悪い水平爆撃を除く)。戦争後半になると、そこに辿りつくまでが難しくなっていたわけで。


ちなみに「戦陣訓」および戦前からはびこってた降伏・投降の否定の思想をご存知ですか?

当時の戦闘機乗りは、重くなって邪魔だからとパラシュートを降ろしていたという逸話があるそうです。

2010/04/14 22:08:47
id:Baku7770 No.6

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812010/04/13 11:19:26

ポイント80pt

 太平洋戦争末期に見られる神風特攻隊への評価ですが、私はマイナス面の方が大きかったと判断

しています。

 特攻の真の目的は軍幹部が現代でいうところの戦争責任を果たすというか部下にとらせたといった

見方が一番妥当だと考えています。象徴的な事例が大和特攻であり、指揮官なら富永恭次や牟田口

廉也だと考えます。

 

 さて、質問への回答ですが私は特攻以上に有効な航空機利用はあったと考えています。

 

 まず、機体についてですがエンジンの開発と機体の開発がリンクしていなかったことが新機種配備の遅れに直結し、航空戦での苦戦につながったと考えます。これは一例ですが液冷式の飛燕で使用

されたハ40/140を空冷式のハ112に換装した機体が五式戦闘機として活躍したことからも

明らかでしょう。因みにハ112は昭和16年に試作されています。つまり、飛燕が正式採用される

2年前の話しです。

 この事実から考えて、軍に航空機のスペシャリストがいれば早い段階でより性能が良く、用兵の

しやすい機体が開発できたと考えます。

 次に用兵と戦略ですが、航空機は太平洋上では艦隊と基地上空の防衛に戦力を集中し、攻撃(爆撃)

は大陸(中国本土)に限定し、さらに南方からの物資輸送の護衛に残存の航空母艦を中心とした戦力を

あてる。

 要は国内での生産能力を維持しつつ敵には日本に近づくことへの恐怖を味あわせることです。

 攻撃的防御。敵に仕掛けてレーダーに管制されたVT信管付の対空砲火で撃墜されるのではなく、

艦隊で反撃し、敵の航空機による艦隊の攻撃にはなんとか優位を保っている戦闘機で護衛し、接近を

試みる敵の雷撃機・爆撃機を叩きのめす。

 占領された拠点には奪還ではなく、占領したことを後悔させるだけでいい。ベトナム戦争ではあり

ませんが、被害が大きくなれば厭戦気分が高まります。戦艦による集中砲撃、潜水艦により輸送船団

に壊滅的な被害を与えてやれば資材不足から戦意はさらに低下するでしょう。

 

 国内に十分な燃料と弾薬が残っているようであれば、原爆投下も含め本土への攻撃も遅れたものと

考えられます。

id:goldwell

やっぱり考慮する範囲としてこれくらい仕組まないとやりようがないでしょうかね。

ともかく、今のところ一番手堅くまとまっていて納得のいく回答です。


日本の航空機開発の泣き所はエンジンだったと記憶しています。少なくとも本土まで蹂躙された史実の状況を避けるには、エンジンを含めた航空機開発の効率化は至上命題ですね。

それには4番目の回答への返信でも書いたように、B29による爆撃をとことん遅らせる方策も必要かと。その間、誉(ハ45)の配備が順調にいけば・・・。


>占領された拠点には奪還ではなく、占領したことを後悔させるだけでいい。ベトナム戦争ではあり

>ませんが、被害が大きくなれば厭戦気分が高まります。

後知恵ではありますが、ベトナム戦争の例を見ても、日本軍があれほど正攻法というか戦前からの決戦思想にこだわらなかったらもう少しマシな戦いができたかもしれませんねぇ

2010/04/14 22:40:08
id:kick_m No.7

kick_m回答回数1372ベストアンサー獲得回数542010/04/13 12:23:06

ポイント25pt

漫画のストーリーの研究ですか?

大戦末期には日本軍は空母の大半を失い、制海権、制空権も失って、もはや進出しての大規模な攻撃が行えなかったのです。艦隊も組めないので、最後まで抵抗していたのは潜水艦です。

ひとつの可能性として、当時の秘密兵器として、潜水艦に何機もの飛行機を搭載可能にした潜水空母というものがあったので、これを用いてアメリカ本土、ホワイトハウス攻撃なんてマンガチックでよくありませんか?もともとパナマ運河攻撃のために開発された兵器です。

http://nagasaki.peugeot-dealer.jp/cgi-bin/WebObjects/111c62c5682...

http://wiredvision.jp/news/200912/2009121022.html

id:goldwell

>漫画のストーリーの研究ですか?

え?いや以前から特攻について書かれた本を読んでいて感じた疑問であって、別に漫画や架空戦記のネタ探しじゃありませんよ。


潜水艦の活用ですか。確かに統計で見ると、他の駆逐艦などに比べれば潜水艦の損耗は低くて数は残っていましたね。

http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/yamato/gf-sakusen/shinjitsu-yam...

ただ、大戦中ナチスドイツのUボートとの戦いで対潜能力が飛躍的に伸びた連合軍に対して枢軸側の潜水艦の損失が増えていったのも事実ですよね。


>伊四〇〇型潜水艦

『紺碧の艦隊』などの架空戦記を思い出すなぁw

それ以前にも航空機を搭載可能な潜水艦を建造していてアメリカ本土西岸への偵察や通商破壊、それに伊号第二五搭載の零式小型水偵による本土爆撃もやっています。

物理的には期待できませんが、心理的な効果を狙うならば有りでしょう。ただ時期的に遅すぎますけど。

2010/04/14 22:57:17
id:Hyperion64 No.8

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842010/04/14 22:43:41

ポイント50pt

 勝つ可能性だけを議論します。もっとも悲愴で悲惨な戦い方でしょうけれど、国民の苦難を屁と思わない戦法として「中曽根流不沈空母作戦」があります。

 本土最終決戦の特攻抜きの自己流アレンジ版です。

 以下、大本営が考えていた戦略とはそれほど大きな差はないでしょう。

 第一に、全島を硫黄島のように地下要塞化します。しかも、水際撃退は避ける。

内陸まで海兵隊を上陸させてから、敵中に忍び込んで夜襲・奇襲を繰り返し、敵の消耗を促すことです。栗林精神ここにあり、です。

 ともかく、白兵戦&肉弾戦でもって、一人十刹&粉骨砕身の勝利を期す以外はないでしょう。死中に活を求めるので、これは特攻ではないと理解してます。

第二に、航空戦力は連合国艦隊をできるだけ引き付けておいて、近海で強襲する。飛行場ではなく地下基地(神奈川県の野島に大型遺構があります)や掩体壕にある攻撃機で夜間攻撃を行うわけです。

(どうやって索敵するかですか? 答え:震洋・回天を夜間偵察用に改修転用するのです)


第三に、全然活躍しなかった帝国潜水艦はこれを敵補給艦に絞って、敵ロジステックの寸断に専念せしむ。


 要は、ゲリラ的に戦う。ベトナム人民はこれで勝ちました。皇国の忠良なる臣民もやれば出来たでしょうが、全土阿鼻叫喚だったでしょうし、原爆を大量に落とされたかもしれないです。また、最終的にソ連とアメリカに国土分断されてたかもしれないですね。

id:goldwell

いやぁ、すさまじいの一言です。というか想定外の回答でした。

しかし硫黄島というちっぽけな島嶼で一ヶ月以上出血を強いたことを考えれば、本土においても徹底してやれば連合軍が根をあげることは予想できそう(しかも史実よりも1年切り上げて準備が可能)。列島が破壊尽くされる中、史上最大の我慢比べになるやもしれません。


>原爆を大量に落とされたかもしれないです。また、最終的にソ連とアメリカに国土分断されてたかもしれないですね。

問題はそれですね。原爆によってアメリカの兵士の命が救われたと考えているアメリカ人は多く存在するわけで、原爆使用の可能性は高し。うまく講和に至るにしてもそのタイミングはソ連の侵攻にもよると思うので、どういう決着になるか幾通りも考えられそうです。

いずれにしても、半島での戦争の前倒しになった可能性は大きいですね。


古い架空戦記ですが、檜山義昭『日本本土決戦』(こちらは原爆開発が失敗した世界)を昔読んで、つくづく本土決戦が無くて良かったと思いましたよ。

2010/04/15 22:41:49
id:sdkfz No.9

すだこふつ回答回数992ベストアンサー獲得回数482010/04/17 23:01:23ここでベストアンサー

ポイント100pt

どうも、おくれましてのsdkfzです。

さて、特攻のアンチテーゼと言えば芙蓉部隊

彗星夜襲隊―特攻拒否の異色集団 (光人社NF文庫)

彗星夜襲隊―特攻拒否の異色集団 (光人社NF文庫)

  • 作者: 渡辺 洋二
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • メディア: 文庫

隠匿された基地から夜陰に乗じて組みやすそうな敵ばかりをねちねちと攻撃し続ける……一言で言ってしまえば奇襲ですな。

そこそこ戦果を上げた手段ですので全軍挙げて実施したいところですが、そういう訳にも行きません。

奇襲が常態化すればそれは奇襲ではありません。敵に対応策を取られ終わりです。

奇手が奇手であり続けるには正手を、どんなに犠牲が出ようと正面切った攻撃を行い続け敵主戦力を誘引し続ける必要があります。

ただ史実よりも、もうちょっと夜襲部隊の層を厚めにしてみたらもうちょっとだけ戦果が増えるんではないかと。

あと主戦力に対して攻撃するにしても空母や戦艦は狙わないようにしましょう。

どうせ死ぬならと大物狙いに走りがちなのも特攻の欠点。

守りの堅い高価値目標などは狙わず手薄な輪形陣外縁の小艦艇を狙い少しでも損害を少なくしたいものです。


これらを生き残るための戦法と言ってしまえば聞こえはいいのですが、まぁ勝ための戦法じゃありません。

逆に言うと特攻とは勝ための戦法です。

大量生産に適した簡易かつ高性能な専用機≠桜花の一挙大量投入により戦局を打開する。

決戦に勝ために生み出された戦法、それが特攻です。

ですが実際は敷島隊の場当たり的な実施に始まり以後も余り深く考えられることも無く拡大されていった訳ですが……

まぁその辺は置いといて、勝ための戦法を捨て負けない戦法を取りつづけるのが許されるのは決戦のため戦力を温存しなければいけない時期だけです。

という訳で、今回のお題に合うように『特攻作戦は本土決戦のため温存されたまま終戦になった世界』を作ってみたいと思います。


で、マリアナ以降の決戦といえば比島と沖縄。

目指すべき世界のためには両方ともパスと言いたい所ですがそうも行きません。

比島は日本の生命線である南シナ海を守る最後の砦、ここを無抵抗で明け渡すというのはさすがに無理があります。

幸い特攻に関しては敷島隊のアレが上層部にとっても不本意な形で発生したイレギュラーな出来事であり、言いだしっぺさえ早期退場していれば発生しなかった可能性は十分高いと思いますので、まぁ海軍戊とか己とか事件が起きて無かったことにします。

比島決戦の陸戦に関しては時間稼ぎのために史実通り粘ってもらいますが、航空決戦に関しては趨勢が決まった11月初旬で打ち切ります。

そもそも11月以降もだらだらと続けてしまったのは栗田艦隊が空母多数撃沈なんて大ボラ吹きやがったのが原因で、この誤認がなく敵戦力を正しく見積もることが出来れば無駄な損失を抑えることが出来ます。

でもって沖縄航空決戦は完璧にスルー

陸さんは史実通りがんばって貰いますが、航空戦は昼夜ともに嫌がらせ攻撃以上のことはしません。

天皇陛下がなんと言おうと大和も出しません。乗員の皆様には犬死してる暇があるんだったらモッコでも担いで四国あたりに隠匿飛行場でも作ってもらいます。そうそう使わない高角砲も近畿の都市部あたりに再配置しちゃいましょう。


さて、勘のいい人ならもうお気づきですね。

そう疾風を高稼働率で保った飛行第47戦隊も近衛飛行隊の異名を誇る飛行第244戦隊も海軍最凶の迎撃機雷電を擁する第302航空隊も沖縄で消耗することなく皆関東で健在です。

飛行第56戦隊も特攻に戦力を引き抜かれることなく関西を守護しています。源田の剣こと第343航空隊も奄美に出張ることも無く松島で軍都広島の守についています。

さぁ今こそ溜め込んだ戦力を解き放つとき本土防空決戦の幕開けだぁ!

……と意気込んでみたものの戦力差は絶望的、戦局の行方を左右するよな戦果は得られないでしょう。

それでもほんの僅かでも救える命があるのなら、特攻よりも意味のある戦いになるんじゃないかなと思うしだいであります。


……と、ここで終わって味気がないので少しばかりファンタジー

goldwellさんは義号作戦ってご存知ですか?

占領下の飛行場に強行着陸して空挺部隊で殴り込みをかけ攻撃するって作戦です。

まぁ普通は特攻作戦扱いだし実際一人除いて玉砕しちゃってますんでお題には反しちゃってるんですけど、陸戦なら降伏も可能だよねってことで強引に話し進めちゃいます。

で、この作戦、一応成功したってことで味惜しめた軍は大戦末期に規模を拡大した剣号作戦を立案します。

空襲により機材を喪失したため中止された剣号作戦ですが、ほんの少しだけ防空体制の整った異世界の日本では数日遅れで実施されていたかもしれません。

頃は7月の立待月が昇る晩、テニアン島の沖合いに突如として浮かび上がる巨鯨伊400から夜陰に乗じて勝手知ったる何とやらと上陸する海軍陸戦隊。

時を同じ高度方位暦により導かれ遠路ウェーキからの欺瞞航路より奇襲突入した梓隊の地上掃射型銀河70機が20mmの雨を降らせる。

戦いが途絶え早数ヶ月過ぎ気の緩んでいたテニアン島守備隊の対応は後手に回った。

「偶然」居合わせた重巡インディアナポリスが対空射撃を始めるが時すでに遅しテニアン北飛行場に強行着陸した一式陸攻や飛龍からは完全武装の陸海軍連合空挺隊、剣部隊が展開を始めていた。

紅蓮の炎に包まれる掩体壕、日本の都市を焼き尽くした巨鳥が成す術も無く燃え尽きてゆく。その中には尾翼に大きくRと記されたものNと記されたものも含まれていた。

数時間後鎮圧に成功した米軍だったが、この戦いの最中に3発の新型爆弾が行方不明になった事は戦後しばらく公表されることは無かった。

この新型爆弾の行方を巡り戦後占領下の日本でいくつかの珍事が引き起こされるがそれはまた別の話しであるとかなんとか。

id:goldwell

お待ちしておりました。やはりこの手の質問にsdkfzさんのidが無くていいだろうか、いやいくまい、と勝手に思っていたりして。

予想以上の力作です。

と書いておきながらなんですが、じっくり読ませていただいて明日返信します。



読みました。

奇襲というのは相手の意表をついて一度きりで行うから効果あるものであって、そういう意味では真珠湾攻撃は確かに奇襲でありましたが、結局日本軍は奇襲の果実を忘れられないで引きずっていたような気がします。

その割には、輸送部隊狙いのような、相手の嫌がるようなねちねちしたような戦法はやりたがりませんでした。

芙蓉部隊の活躍はまさにすごいの一言ですが、それが筋を通し続けた美濃部正少佐の努力と初期にあげた実績によるもので、主流となりえなかったのは象徴的です。


>決戦に勝ために生み出された戦法、それが特攻です。

つまり、特攻は本土決戦のための最終手段(実際、伏龍のように史実以上のバリエーションの特攻兵器が考えられてましたねぇ)ということで温存、嫌がらせに励む、というわけですか。

ちなみに戦艦大和に関しても、軍令部総長が余計な一言を言わなきゃ「揚陸可能の兵器、弾薬、人員を揚陸して陸上防衛兵力とし、残りを浮き砲台とする。」案にまとまりかけていたわけで、宇宙戦艦ヤマトが作られない世界になりそうですね。

本土決戦になり、航空兵力に関しては、兵力を溜め込んだことで初期は派手で激しい戦いが繰り広げられそう。

結果は変わらないとしても、特攻やら誤認戦果による作戦ミスで人材機材を消費するよりはよっぽど現場の将兵たちも戦い甲斐はあったと思います。


>義号作戦

はい、知っています。

つい最近、特攻関係のページをいろいろ見ていて、ちょうどウィキペディアの該当ページも読みました。いかにも日本陸軍らしい作戦だなぁと。(ドイツの降下猟兵も飛行場奪取を多く行ったらしいですが、あそこまで厳しい作戦はあったでしょうか?)


剣号作戦

機材さえ失わなければ、実施されていた可能性高いですね。

インディアナポリスは7月26~27日はテニアンに在泊。剣号作戦の決行予定は1945年7月24日だけど、機動部隊の空襲迎撃による退避で2日ほどずれたり。

それくらいのタイミングを狙ってもバチは当たらんでしょう(笑)

梓隊や伊400を組み合わせるあたりがニクい演出。横山さんあたりが好みそうな題材です(もちろん私も)。

2010/04/18 22:13:13
id:taito1996_6_11 No.10

ガチャコ回答回数26ベストアンサー獲得回数12010/04/18 06:10:17

まず、その質問に対してですけど、日本は必ずしも特攻への道を進んでいました。

特攻ではない、戦術でも

死を覚悟するのは、確実です。

たとえば、人間魚雷が主流に

なってたでしょう。

その時代の人たちは、

[お国のためなら、死ねる]

が、当然のようでしたから。

ただ、考えるなら人間魚雷

しかないでしょう。

id:goldwell

あのう、すいません。

おっしゃることがよくわかりません。


回天=海の特攻と練習機も含めた旧式機まで飛べるものはあらいざらい出撃させた航空機による特攻では、経緯などの違いはあれどどちらも特攻に違いありませんよね。


>[お国のためなら、死ねる]

>が、当然のようでしたから。

蛇足ながら返しますと、それはあくまでも建前であって、皇国教育を受けた当時の若者といえども「御国の為なら当然のように死」ねたわけじゃありません。

私が知るかぎり、彼らは悩みぬいた上で、「愛する家族や故郷を守るため」と無理にでも自分を納得させたり、最後まで死にたくないと抵抗した人が多かったようですよ。

2010/04/18 22:25:42
  • id:goldwell
    質問者としては、史実でも試みられたある攻撃方法を、もっと周到な準備のもとにできないかと考えました。同じ考えの回答が出てくるか楽しみです。

    なお、太平洋戦争に関してある程度知識を有する方向けなので、12歳以下の回答を拒否するオプションを使用しています。12歳以下だけど質問の趣旨に沿った回答ができるという方はコメントしてください。
  • id:hkoki
    「戦闘行動中の戦艦」というのは、航空兵力と潜水艦が主力になっていてもやはり
    強力であった事は、第二次世界大戦中、航空機だけで沈められた戦艦が、
    (イギリス2艦は別として)日本国内だけに限っても、武蔵と大和の2艦だけであり、
    防空力はやはり強力だった事を考えると、更に手法を下ろしての防空力の強化は
    ある程度は有効であると思います。
    確かに戦艦大和、武蔵は沈みましたが、「打ち落とされた航空機の数」は相当数
    上っているのにもかかわらず、表だって記録が出てないのが謎ですが。
    少なくとも、特攻機が目的を果たせず、防空艦によって落とされている数は
    相当数に上っているのは確かです。
    (特攻に限らず、急降下爆撃機、艦上攻撃機による魚雷攻撃などでも)
  • id:goldwell
    hkokiさん
    「戦闘行動中の戦艦」が沈められにくいというのは、エスコートする艦艇および上空直掩機の存在がかなり影響するんじゃないでしょうか。
    イギリスの2戦艦および大和・武蔵においては、どちらも恵まれていたとは言いがたいですね(武蔵に関しては随伴艦多かったけど)。

    また、洋上行動中の戦艦で沈められた例が少ないのは、既に主力が空母に移行していた要素もあるでしょう。
    上記4隻が集中して狙われたのは、作戦中は戦艦が最大の脅威だったから。
    敵に戦艦と空母が存在すれば、より脅威の大きな方を狙うのが常識に変わっていきました。
    その意味では捷一号作戦にて、実際は航空戦力の乏しい空母部隊を囮にした意図があったわけです(苦肉の策とも言えるけど)。

    >確かに戦艦大和、武蔵は沈みましたが、「打ち落とされた航空機の数」は相当数
    >上っているのにもかかわらず、表だって記録が出てないのが謎ですが。
    うーん、ちょっとそのへんはわかりません。
    とりあえず坊ノ岬沖海戦でのアメリカ軍艦載機の損害は以下の通りですね。
    >>
    * 被撃墜 10機
    * 着艦後放棄 5機
    * 海上墜落 5機
    * 損傷 20機
    <<
    http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/data/bohno.html

    どこかで対空砲種別の命中率が記載されていた表を見たのですが、すぐ見つからないので後で探しておきます。確かVT信管付きでも5%程度だったような。
    とりあえず米軍の対空防御がすごかったのは、単純に砲の数や性能、VT信管だけでなく、空・艦一体となった効率的な対空防御システムを確立させて運用したことだと思います。
    そのへんで遅れていた日本軍の対空能力を私は信頼していません。ただ砲の数だけ増やしても無駄弾をばらまくだけ。
    だから、対空専任の不沈艦を目指すならば、発想の転換と護衛(対潜水艦の意味も含めて)とエアカバーは必須ですね。


    あ、すいません。
    ついコメント欄が先になってしまいましたが、回答への返信もおいおいしていきます。
  • id:Baku7770
    goldwellさん

    >やっぱり考慮する範囲としてこれくらい仕組まないとやりようがないでしょうかね。
    >ともかく、今のところ一番手堅くまとまっていて納得のいく回答です。

     高評価ありがとうございます。
     
     回答の背景には日露戦争の勝利における児玉源太郎と金子堅太郎が果たした役割があるんですよ。

     まず航空機の開発に言及しましたが、日本で戦略的に採用された機体って少ないんですよ。現在
    でも最強の戦闘機を採用すればいいといった考えでF22を採用しようとしたものの断られて次期
    戦闘機を決められないままでいます。
     国内でどこまでを防衛するのかをちゃんと決めておかないと戦闘行動半径が決まりませんし、
    ステルス性は攻撃には重要な指標ですが、防衛用にはあまり重要ではありません。航空機搭載の
    レーダーにはECCMを仕掛ければいいし、セルビアでF117が撃墜されたようにレーダーサイト
    を沢山設ければ見えない飛行機も見えてきますから敵のステルス機への防御はデータリンクを重視
    すれば何とかなる。
     ステルス性能が必要なら不採用になったYF23をスケールアップして実用機化したら心神よりも
    短期間で開発できるじゃないですか。そういった議論がどこか欠けています。
     C2も国際協力を考えるならC1のように翼の上にエンジンを載せなきゃ駄目だって。砂漠の上の
    滑走路なんて砂埃対策が大変なんだから。民間機に転用するからというならいいですけど。どうせ
    PXも作るんだから、C2の胴体にPXの翼とエンジン付けた方が輸出の理解が得やすいでしょう。

     で、当時の技術でも42年の敗色が見え始めた時点からそういった観点で航空機を揃え始めれば
    まだマリアナ海戦だってまともに戦えていたというのが私の思い。大馬力のエンジンを載せていれば
    防弾も厚くできます。敗戦色濃厚となった44年なら熟練した工員がいなくなって女子高生が作って
    いたんですから、敵に撃墜されるのも多いけどエンジン不調で墜落する機体も多いって状態になって
    しまった。
     どういった機体が必要かという議論を戦略的に行わないから中国で陸軍の爆撃機を護衛するのに
    陸軍の戦闘機は航続距離が短いから結局零戦に護衛してもらったなんて笑い話にもならないですよ。
     
     戦局が悪化するにつれてその傾向が強くなっているんですね。秋水と同時に橘花を同時に開発する
    なんてある意味離れ業ですよ。でも、開発を分散してしまったから秋水の初飛行は終戦の1ヶ月前で
    しかありません。もっと言えばMe163の初飛行は39年ですから資料を陸路で運ぶことも可能
    だったし、44年初めに実用化していれば東京大空襲も原爆投下もなかったと考えます。
     
     さて、goldwellさんの正解は質問を閉じるまでの楽しみとしておいて、日本軍の戦略、戦術その
    中間の作戦は全て一人よがりなんですよね。こう攻めたらこう反撃してくるはずだ。そうすれば
    こうなるから敵を殲滅できる。敵はこういった作戦を進行中だからこっち方面は手薄だろう。だから
    大した反抗も受けずに作戦は大成功みたいに。
     で、起死回生の作戦もその後が続くならいいですよ。南方からなり中国大陸からなり鉄、アルミ、
    ゴムといった武器を作る材料が輸入されて継戦能力があるんなら。
     日露戦争での児玉と金子の役割ってロシアに本気で戦争をさせないことだったと考えています。
     つまり、金子は北欧に西部戦線が手薄になったら攻め込むぞというポーズを取ってもらって、欧州
    方面から戦力を回させないようにする。児玉は戦域を狭めて相手に本格的な戦争だと理解させない。
    で、相手が混乱している隙に乗じて領土と権益を確保して終わり。
     第二次世界大戦では、セオドア・ルーズベルトに代わる仲介役の当ても無いまま開戦。戦域も中国
    本土から太平洋のほぼ全域に拡大してしまった。勝てるわけがない。
     じゃぁどうすれば勝てるかというよりもどうしたら折れてくれるかなんです。
  • id:goldwell
    Baku7770さん
    丁寧なコメントありがとうございます。

    確かに似たような機種を別々に発注するといったことを始めとする航空機開発に関するドタバタには、陸海軍による対立が大きいですなぁ。
    例えば、ドイツから研究のために航空機を購入するのに、陸・海軍別々に大枚はたいて注文し、相手を呆れさせたというくらい。(三野 正洋『日本軍の小失敗の研究』より)
    そういう官僚機構による弊害は今もって改善されたとは言いがたいですね。

    おっしゃる通り、日露戦争当時は現実を認識し、まっとうな戦略を立てられる人がいたのに、太平洋戦争当時の軍の偉い人は「どうして?」と思うような判断をしているわけで、人間の考えることは不思議ですね。

    >goldwellさんの正解
    そんな、「正解」なんて、たぶん期待はずれですよ。
    ある書籍からヒントを得て、「代わりにこれやったらどうだったろう?」と思ったのですが、よくよく調べてみるとそう簡単にいかなそうで、どうやって落としどころをつけるか悩み中。
    太平洋戦争のその場その場で「もしこうしていたら」というのは結構あるのですが、もともと無理のある戦いだけに、簡単な思いつきだけではうまくいかないのは、戦史を少しでも知ればわかってきます。それで今回は失礼ながらいくつかの回答に突っ込みをさせていただきましたが、自分が考えるとなると偉そうなことい言えないです。
    一応、質問終了後に日記の方にまとめるつもりですが、ご笑納ください。



    なお、質問の方は明日の21時くらいに締める予定です。
    まだ考えている方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。
  • id:goldwell
    質問終了しました。

    どれほど手間暇かけて考慮されているか、さらにその発想のユニークさと実現性・効果などを私なりに判断させていただき、主観でポイント振り分けました。
    いるか賞は当時の状況を充分に踏まえた上で素晴らしい作戦を考えてくださったsdkfzさんに。

    たくさんの回答をありがとうございました!

    のちほど(できれば明日くらいまでに)、日記の方にまとめと私なりの考え(単なる思いつき)を書いてトラックバックします。まぁ大したこと書けないのであまり期待しないでくださいね・・・。
  • id:Baku7770
     フーム 結局特攻じゃないですか。\(*`∧´)/ ムッキー!!(苦笑)
     
     で、悔し紛れにsdkfzさんとgoldwellさんに指摘。(笑)
     
     奇襲と新戦法。ごちゃ混ぜにしてません?
     
     太平洋戦争で大鑑巨砲時代は終わったといった論調をよく見受けますが、本当にそうでしょうか?
    例えば、硫黄島の上陸戦には6隻の戦艦が参加してそれなりに効果をあげていますし、損傷は殆ど
    受けていません。また、帝国海軍によるヘンダーソン基地艦砲射撃も金剛級を使いながらそれなりに
    戦果をあげています。
     これらの事実から、戦艦の役割とか用兵が変わったと見るべきなんですね。大型戦艦は対艦兵器
    ではなく対地兵器とみれば、
     
     で、奇襲についての理解なんですが、奇襲というのは使い続けることはできませんが、何度でも
    使えるんです。野球で言えばスクイズ。過去の戦法で言えば島津の野伏せ釣り。そりゃぁ使っている
    間に失敗する確率も増えてきますし、効果も薄れてきます。
     ただ新たな効果も出てくるんですね。また同じ手を食らうんじゃないかって相手が勝手に警戒して
    徹底して攻めてこなくなるという効果です。
     先の例で言えば、スクイズ警戒でカウントを悪くして押し出しの四死球だとかストライクを取りに
    いって打たれる。野伏せ釣りを恐れて関ヶ原では捨てがまりに徹底した追尾ができませんでした。
     
     帝国海軍の最大の失敗は暗号が敵に筒抜けなのに最後まで気がつかなかったのか、気がついても
    信じたくない気持ちからか最後まで同じ暗号を使い続けたことだと考えていますから、どんな作戦を
    立てたとしても負けたことは間違いありませんが。
     これも気がついていれば逆手に利用することができたんですよね。こっちを攻めると言って別の
    方向を攻める。あっちの守りを固めると言っておいて撤退なんて作戦が取れたんですから。
  • id:goldwell
    Baku7770さん
    特攻を史実通り実施するのではなく、本土決戦用に温存しておき無駄な戦力消耗をせず、その間の時間稼ぎとして嫌がらせ的な夜間攻撃を史実より大規模に実施。
    敵が本土にかかったところで錬度の高い部隊を中心に激しい抵抗を見せる。と読みました。
    それだけならば、流れ的に特攻もやらざるを得ないのかなぁ、ということですが、幻と終わった剣号作戦を練り直しいろいろ考えて書かれたところが気に入ったわけでして。
    結果的に言えば、義号や剣号作戦が特攻とどう違うかというと微妙なところですね(書かれてある通り、一応降伏という手段はあります)。


    >これらの事実から、戦艦の役割とか用兵が変わったと見るべきなんですね。大型戦艦は対艦兵器
    >ではなく対地兵器とみれば、
    確かにそうですね。
    戦艦について不要というのは言い過ぎで、強力無比な決戦兵器から、いくつかある攻撃手段の一つという流れになったということだと思います。
    ただ、それを認識してスッパリ切替できたのが米軍で、認識しつつも「決戦」にこだわって切替が中途半端だったのが日本軍だったと認識しております。

    米軍の戦艦部隊による陸地への艦砲射撃は圧倒的な航空優勢のもとで行われ、金剛級によるヘンダーソン基地艦砲射撃は夜間をついて行われました。
    しかし翌月の同基地への攻撃は待ち伏せを喰らって比叡」「霧島」を始めとする艦船を失いました。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E8%89%A6%E7%A0%B2%E5%B0%84%E6%92%83
    「大和」を出すという話もあったそうですが、変なところで出し惜しみし、一度成功した作戦を深く考えずに繰り返し実施して失敗する。
    もちろん情報軽視という戦争全体で見られた日本軍の失敗の本質があるのは当然ですが、自己本位で相手を考えなかったことも随所に見られますね。だから一発逆転的な奇襲は好んだけど、地道に相手を研究して手段を選択する、時には嫌らしい攻め方をするのは下手だったと思っています。
  • id:sdkfz
    悪文のためうまく伝わってないようですが
    特攻を中止して浮いた戦力を本土防空戦にまわすというのが本筋で、本土決戦に向けての温存云々は特攻の中止にリアリティを出すためのいい訳です
    この世界でも日本は8月に降伏して本土決戦は行われていないので特攻は実施されていません

    まぁ剣号作戦は特攻だろって言われてしまえばあんまり言い訳は出来ないんですが、オマケみたいな物だと思って見逃していただければ幸いです

    goldwellさん悪文の解説サンクスです。まぁ大体そんな感じです。
    1945年の7月24日は夜襲日和の満月の晩、立待月ですのでその2日後ってことですね。
    伊400や梓は創作というか名前を借りた程度のもので、潜水艦からの奇襲上陸と銀河地上掃射型の支援攻撃は史実の剣号作戦にも組み込まれていました(準備が完了していたかは疑問ですが)。


  • id:Baku7770
    sdkfzさん
     
    >まぁ剣号作戦は特攻だろって言われてしまえばあんまり言い訳は出来ないんですが、オマケみたいな物だと思って見逃していただければ幸いです
     
     見逃しはしませんが、特攻=集団的な体当たり攻撃と狭義に考えれば剣号作戦は特攻ではないと
    理解しています。
     ただ、誰の言葉だったったかは忘れましたが当時の隊員が「死を覚悟しての戦いはあるが、必ず
    死ぬという戦いはない」というようなことを言っていたのを読んだ記憶があります。言いたかった
    のは兵士である限り落命はある程度はしょうがない。でも、参加した全員が確実に死ぬという作戦を
    指揮官が立ててはいけないということなんです。
     そりゃぁ連合軍側も似たようなことをやっていますよ。でもレジスタンスに話しをつけたりして
    退却路も用意されている。私は余程うまくいけば全員が無事帰還できるような作戦以外は全て特攻と
    同等の劣悪な作戦だと考えたいのです。そこそこしかうまくいかないので多少の損害は出るんです
    けどね。

    goldwellさん

     日記拝見しました。
     
     新型機開発にあそこまで言及できるとして、私の拙いアイデアだとこうなります。

    ・大型高高度爆撃機(甲型)
    ・大型高高度戦闘機(甲型の装甲を強化し銃座を強化したもの。乙形)
    ・新型爆弾(零式通常弾を改造)

     用兵は三パターンで
    一度目
    第一波:低空から囮部隊で攻撃。敵戦闘機を低空に引き付ける。
    第二波:高空から新型爆撃機及び新型爆弾で護衛艦艇を攻撃、対空砲火を黙らせる。
    第三波:艦攻により低空からの雷撃。

    二度目
    第一波:低空から囮部隊で攻撃。敵戦闘機を低空に引き付ける。
    第二波:高空に新型戦闘機を飛ばし、前回と同じパターンと誤認し迎撃に上がった戦闘機を撃破。
    第三波:なし。
     これにより空母搭載機中戦闘機の割合を増やさせる。
     
    三度目
    第一波:通常戦闘機に護衛された艦艇で攻撃。
    第二波:新型爆撃機を接近させるが反転戦闘は行わない。敵戦闘機の一部を引き付けるだけが目的。
        戦力が減っている敵戦闘機及び艦上攻撃機、艦上爆撃機を撃破。
    第三波:空振りを食らって下降して来た戦闘機を撃破。

     と考えましたがいかがでしょうか?

     以後、どのパターンでくるのだろうと連合国側が疑心暗鬼に陥ってくれれば大成功です。

     私宛コメントにはまず一ついちゃもん。
    >(書かれてある通り、一応降伏という手段はあります)。
    って#a5のコメントで
    >ちなみに「戦陣訓」および戦前からはびこってた降伏・投降の否定の思想をご存知ですか?
    >当時の戦闘機乗りは、重くなって邪魔だからとパラシュートを降ろしていたという逸話があるそうです。
    で、当時の軍人の降伏否定思想に言及されているじゃないですか(苦笑) 
     さらに暗闇と敵の機銃掃射の中、どうやったら降伏できるかという疑問も残ります。
     ただ、私自身当時の投降・降伏否定思想には反対的な意見を持っていて、それこそ弾薬が切れた
    後は敵に投降・降伏し、敵のロジスティックに負担を与えることで役立つべしと考えています。

     で、後一つ。これはいちゃもんでもなくて、日本帝国海軍が太平洋戦争で大和を出し惜しみした
    遠因は日本海海戦での大勝利にあるのではと疑っています。日本海海戦での勝利は戦力集中の一語に
    尽きるのですが、その後主力艦を失うのは司令官として恥だといった思想を生んでしまったからでは
    ないかと。
     ロングレンジ戦法がそうですが、敵の主砲の射程外で戦おうとした。敵に少しでも接近した方が
    命中率が高まるわけで、ある程度の被弾を覚悟しつつ一気に叩くという用兵が見受けられない。
     肉を切らせて骨を断つ。そういった考えで戦うのではなく、骨が折れたら嫌だから指だけ出して
    意地悪しちゃおう。といった戦法を取ってしまったのではないでしょうか。
  • id:goldwell
    Baku7770さん
    私の案はなるべく史実のレベルで実施できる戦術を模索しましたので、新規開発は無しにしました。まぁ無残な結果に終わり、特攻の契機となってしまった感のある台湾沖航空戦を無かったことにしたいという願望を取り入れてますが。

    Baku7770さんの案は、たぶん戦力を集中させるという前提の上でいくつかの方法を組み合わせて(パターンも臨機応変に変えて)効果的な攻撃を行うという意図だと解釈しました。
    それはとてもいいと思うのですが、ちょっと疑問点が残ります。
    ・大型高高度爆撃機
    B17が行っていたような水平爆撃でしょうか?
    水平爆撃は高度を上げるほど、安全性と威力が増しますが、命中率も当然下がりますよね。
    うーん、真珠湾攻撃のように九一式徹甲弾を使用した例はありますけど、零式通常弾(榴弾)をした場合、陸地と違って海上ではうまくいくんだろか・・・?むしろ三式弾を航空機に搭載していけますかねぇ?
    あと、高高度機やB17なみの重爆は日本の航空機開発にとっては、エンジンという泣き所に戦況の悪化も伴い、結局試作機の粋を出ないものだったと記憶しています(ex.震電、連山)。
    まぁ、当質問自体が脳内シミュレーションの粋を出ないものなので、史実よりも状況が好転させるという前提で夢があっても良いかと思いますが。

    >当時の軍人の降伏否定思想に言及されているじゃないですか(苦笑) 
    これは後から自分でもダブルスタンダードだったわと思いました。申し訳ないです。
    気の利いた古兵ならば、もはやこれまでと思えば山林にでも逃げて抗戦を続けるでしょうけど、大日本帝国陸軍の兵士ならばほぼ降伏のコの字を出す間もなく万歳突撃を選ぶでしょうね。

    >主力艦を失うのは司令官として恥だといった思想を生んでしまったからでは
    >ないかと。
    ふむふむ。よく司令官・艦長クラスの人物が沈没間際に艦を失って生き延びるよりは死を選ぶエピソードがありますね(ex.山口多聞)。⇒人材の損失という点ではこの傾向もどうかと思うのですが。
    まして、大事な新鋭戦艦を「たかが」地上砲撃くらいで万が一失うことにでもなったら、責任問題および末代までの恥という心理が働いたのでしょうか。

    ちなみに前のコメントで私が引用したウィキペディアの記事での山本五十六の発言「ならば自分が「大和」で出て指揮を執る」は一見格好いい台詞だけど、実際どのくらい本気だったのか気になるところです(笑)
  • id:Baku7770
    goldwellさん
     
     申し訳ございません。説明不足でした。
    >B17が行っていたような水平爆撃でしょうか?
    >水平爆撃は高度を上げるほど、安全性と威力が増しますが、命中率も当然下がりますよね。
    うーん、真珠湾攻撃のように九一式徹甲弾を使用した例はありますけど、零式通常弾(榴弾)をした場合、陸地と違って海上ではうまくいくんだろか・・・?むしろ三式弾を航空機に搭載していけますかねぇ?
     
     水平爆撃です。説明していませんでしたね。
     目標が艦艇そのものではないんです。艦艇に設置されているレーダーのアンテナ、対空機銃の銃座
    そこにいる機関銃手をターゲットとします。
     そのため新型爆弾の散布界に敵駆逐艦が入ってくれればむしろ効果的で、大和の46cm砲のだと、
    250m。特に輪形陣の外側に被害が大きければよしとします。そのため、通常の水平爆撃ほどの
    精度が要求されません。
     漫画ジパングにおいて大和の放った三式弾がみらいのレーダーの機能を奪いますが、それと同様の
    戦果が狙いです。艦艇へのとどめは新型爆撃機に期待しません。従来の艦攻・艦爆あるいは艦砲射撃
    の役割です。
     零式弾を爆弾に改造することは可能だと考えています。当時の技術だと時限式信管になりますが、
    一定の高度を維持して爆弾を投下すればそれなりの効果が期待できます。
     
    >戦力を集中させるという前提の上で・・・
     むしろ敵に兵力を分散させるという考えです。ミッドウェー海戦でも直掩機が雷撃隊により低空へ
    引き付けられたところを急降下爆撃機にやられてしまいました。これを戦訓としています。
     つまり、雷撃機でも搭載している魚雷を命中させるには敵艦の1㎞以内に接近する必要がある。
    直掩機が高度1万mの上空にあれば低空の防御が手薄になるでしょう。逆に低空にあれば高空への
    防御が手薄になる。従来の急降下爆撃と雷撃との組み合わせだと防衛戦力を1/2ずつ振り分ければ
    済みますがこれに高空からの攻撃を加えることで1/3にしてしまいます。直掩機の数が1.5倍
    必要となれば攻撃隊の兵力を減らすしかありません。

    >あと、高高度機やB17なみの重爆は日本の航空機開発にとっては、エンジンという泣き所に戦況の悪化も伴い、結局試作機の粋を出ないものだったと記憶しています(ex.震電、連山)。
     
     ここは立場上一部否定しなければなりません。というのも私は航研機のそれも気化器の設計に
    たずさわった渡辺一郎先生の孫弟子にあたるからです。
     エンジンが作れるかどうかは幾つもの技術の壁があると認識していますが、設計は可能であったと
    考えます。(そう言っとかないと怒られてしまいます)
     決定的に不足していたのはむしろ材料や燃料、製造技術です。戦後米軍に調査された疾風が部品の
    一部と燃料を米軍仕様にしたことで速度は624⇒689km/hとかなり向上したことからも証明でき
    ると考えます。
     前のコメントでも書いたように軍に本当の航空機のスペシャリストがいれば18年には完成できた
    仕様だと考えています。航続距離に米本土への渡洋爆撃まで求めなければの話しですが。
  • id:goldwell
    Baku7770さん

    >輪形陣の外側に被害が大きければよしとします。そのため、通常の水平爆撃ほどの
    精度が要求されません。
    なるほど、納得しました。

    >ここは立場上一部否定しなければなりません。というのも私は航研機のそれも気化器の設計に
    >たずさわった渡辺一郎先生の孫弟子にあたるからです。
    > エンジンが作れるかどうかは幾つもの技術の壁があると認識していますが、設計は可能であったと
    考えます。(そう言っとかないと怒られてしまいます)

    工学の専門家の方でしたか(そういえば、ずっと前の質問でも見たような)。
    私は趣味で多少本を読んでいる程度の素人で(そのわりにはいろいろと生意気なこと書いてすいません)、当時の日本が技術の研究・設計レベルでは他国に劣っていたわけではなかったことは聞き及んでいました。
    確か疾風はアメリカ認定の最速機でしたっけ。
    http://karen.saiin.net/~buraha/hayate.html

    ただ、やはり一定の品質の製品を大量生産して必要な場所に送り届けるロジスティクスなことも含め総合的な国力で劣っていたのに加え、戦況によって物資が困窮し追い詰められたのが大きいのでしょうね。
    やはり局地的な優勢を取る手段はなんとか思いついても、そこにいたるまでの壁はなかなか大きいようです。

    いろいろと参考になる意見をありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません