民法の勉強をしています。

無権代理のところでつまづきました。ご教授ください。

問題:
甲は、乙に対して自己所有のカメラの質入に関する代理権を授与したところ、乙は丙に対し、このカメラを代理人として売却した。

正しい選択肢として
「丙が項に対し、相当の期間を定めて期間内に追認するかどうか催告をし、これに対し甲が追認を拒絶したとしても丙は表見代理の成立を主張することができる。」

解答を読んでも納得できません。

・無権代理は不確定無効であって、催告に対して本人が追認拒絶したことにより、確定的に無効となった。無効ということは、最初から何もなかったことになるので、何もないところに表見代理の成立を主張することはできないのではないか?
・無権代理行為に対し、相手方が取消権を行使した場合、無権代理人に対して117条の責任追及をすることはできない。この趣旨は、「取り消した以上、何もなかったことになるので、責任追及もできない」という意味だと理解しています。
 追認拒絶により無効と確定した無権代理行為も、取消権が行使された場合と同様では?表見代理の成立を認めるのは無理があるように思います。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/15 07:13:17
  • 終了:2010/04/15 07:54:25

回答(1件)

id:rafting No.1

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762010/04/15 07:45:45

ポイント60pt

権限踰越の表見代理の問題ではないでしょうか?

 代理人が本人から授与された権限の範囲を超えて代理行為をした場合,相手方にそれが代理権の範囲内にあると信じるについて正当の理由があったときには(善意・無過失),相手方を保護するために,表見代理が成立し,本人に当該代理行為の効果が生じます。(110条)

id:navi-louis

ありがとうございます。

それは分かるのですが、本人に対する催告で、無効と確定した後で、重ねて表見代理の成立が主張できるという部分が理解しかねるのです。

2010/04/15 07:53:36
  • id:rafting
    本人と取引の相手方の正当理由の有無、基本代理権の授与の有無及び代理人の権限踰越の事情等を比較衡量してのことということでは納得できませんか?
  • id:pocori
    簡単に書きますと、





    丙は、乙が代理人であると信じていますから、善意の第三者です。
    乙と丙の売買契約は成立させるために、2つ方法があります。

    一つは、追認で、一つは表見代理になります。

    ですので、追認を断られた場合にも、丙には、抗弁権があるので
    表見代理が成立すると争う事ができます。

    法は、善意の第三者を保護する方向にありますので、乙と丙が共謀
    している事実を、甲が証明しない限り、争っても勝てません。
    素直に追認し、損害賠償を乙にするのが、スマートな解決方法だと思います。


  • id:akdamar
    >無効ということは、最初から何もなかったことになるので
    多分ここを誤解しておられるのがつまづきの元だと思います。

    追認拒絶したとしても,甲が乙に質入れの代理権を授与した事実はなくなりません。
    そうであれば,質入れの代理権を基本代理権として110条の表見代理を主張することができます。

    追認拒絶の効果として,有権代理(代理権授与あるいは追認)という構成はとれなくなりますが,
    表見代理構成を取ることは依然として可能です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません