歯科用麻酔についての質問です。


キシロカインの添加物 エピネフリンと
オーラ注の添加物 酒石酸水素エピネフリンとは、どういう違いがあるのでしょうか?
キシロカインカートリッジ1.8mlは22.5マイクログラムのエピネフリン
オーラ注カートリッジ1.8mlには45マイクログラムの酒石酸水素エピネフリン
量がちょうど、2倍ちがうのには、理由があるのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/16 18:37:42
  • 終了:2010/04/23 18:26:22

ベストアンサー

id:meefla No.2

meefla回答回数980ベストアンサー獲得回数4582010/04/17 13:38:34

ポイント60pt

酒石酸水素エピネフリンの方をネットで調べてみましたが、エピネフリンとの違いを明記しているテキストは見つかりませんでした。

Wikipedia の 酒石酸 には、

医薬においては水溶性を改善するため、酒石酸の塩として供給されているものがある。

という記述があります。

アドレナリン(=エピネフリン)注射製剤の添付文書、例えば、

http://www.terumo.co.jp/medical/di/data/adrenaline/adrenaline.pd...

を見ると、【有効成分に関する理化学的知見】の部分に「水に極めて溶けにくく」とあり、オーラ注の添付文書

http://www.showayakuhinkako.co.jp/med/output_contents.php/oc_v_p...

には、「水に溶けやすく」とありますので、酒石酸水素エピネフリンの方がエピネフリンよりも水に溶けやすい、つまり製品を作りやすい、という事だろうと思われます。


量の問題ですが、エピネフリンとしての量は、どちらの製剤もほぼ同じだと考えられます。

奈良県の公式サイトにある「歯科用医薬品取扱特例販売業が販売できる医薬品の範囲」

http://www.nara-download.jp/files/f010604.pdf

の 2ページ目に(塩酸プロピトカインですからオーラ注ではない製剤ですが)

酒石酸水素エピネフリン0.006mg

(エピネフリンとして0.0033mg)

とあります。

また、分子量を考えても、エピネフリンが 183.20 であるのに対し、前出のオーラ注の添付文書によれば、酒石酸水素エピネフリンの分子量は 333.29 ですから、ほぼ二倍です。

オーラ注の方のエピネフリン量を計算してみると、

45×183.20/333.29=24.7μg

となるはずですから、私の計算が正しければオーラ注の方が 2.2μg多い事になります。

添加されるエピネフリンはごく微量なので、2.2μgの違いで臨床的な効果に差異が生じるとは考えにくいと思われます。

(実際に歯科用を使った経験があるわけではないので断言はできませんが)


以上、わかりにくい部分がありましたら、コメント欄でフォローさせていただきます。

id:miux2

詳細な説明ありがとうございました。

大雑把な解釈ですが、

エピネフリンと酒石酸水素エピネフリンでは、エピネフリン量が約2倍ちがうので

オーラ注のほうは、約2倍はいってるということなんですね。

塩酸プロピトカインの製剤はシタネストですね。

ジェネリックはどちらも酒石酸水素エピネフリンでした。

極量の計算で

オーラ注のほうが2倍はいってるので、極量は、キシロカインの1/2になるというのを

ネット情報であったのですが、

極量は、キシロカインと同じということになるのですね。

歯科麻酔で極量まで打つことはないようですが。

解釈あってますでしょうか?^^;

私事ですが、子供のころから歯が弱く、歯科の麻酔は、慣れてたはずなのに、

一度、動悸と気が遠くなったことがあり、今までなんともなかったのが、

急になったので、心配になりいろいろ調べてました。

オーラ注の、酒石酸水素エピネフリンが、エピネフリンより効きすぎるのかと

思ったのですが、心配しなくていいようです。

ありがとうございました。

2010/04/17 19:59:58

その他の回答(1件)

id:serizawayui No.1

serizawayui回答回数97ベストアンサー獲得回数42010/04/16 23:34:24

ポイント10pt

キシロカインにはオーラ注よりもエピネフリン(血管収縮薬)が多く入っているので、出血が多量に予想される場合に使っています。

http://q.hatena.ne.jp/1271410659

id:miux2

キシロカインカートリッジ1.8mlは22.5マイクログラムのエピネフリン

オーラ注カートリッジ1.8mlには45マイクログラムの酒石酸水素エピネフリン

22.5マイクログラムのエピネフリンのほうが、45マイクログラムの酒石酸水素エピネフリンより

エピネフリンが多いってことですか???

エピネフリンと酒石酸水素エピネフリンの違いと、量のちがいについて知りたいので、引き続き回答求めます。

よろしくお願いします。

2010/04/16 23:51:06
id:meefla No.2

meefla回答回数980ベストアンサー獲得回数4582010/04/17 13:38:34ここでベストアンサー

ポイント60pt

酒石酸水素エピネフリンの方をネットで調べてみましたが、エピネフリンとの違いを明記しているテキストは見つかりませんでした。

Wikipedia の 酒石酸 には、

医薬においては水溶性を改善するため、酒石酸の塩として供給されているものがある。

という記述があります。

アドレナリン(=エピネフリン)注射製剤の添付文書、例えば、

http://www.terumo.co.jp/medical/di/data/adrenaline/adrenaline.pd...

を見ると、【有効成分に関する理化学的知見】の部分に「水に極めて溶けにくく」とあり、オーラ注の添付文書

http://www.showayakuhinkako.co.jp/med/output_contents.php/oc_v_p...

には、「水に溶けやすく」とありますので、酒石酸水素エピネフリンの方がエピネフリンよりも水に溶けやすい、つまり製品を作りやすい、という事だろうと思われます。


量の問題ですが、エピネフリンとしての量は、どちらの製剤もほぼ同じだと考えられます。

奈良県の公式サイトにある「歯科用医薬品取扱特例販売業が販売できる医薬品の範囲」

http://www.nara-download.jp/files/f010604.pdf

の 2ページ目に(塩酸プロピトカインですからオーラ注ではない製剤ですが)

酒石酸水素エピネフリン0.006mg

(エピネフリンとして0.0033mg)

とあります。

また、分子量を考えても、エピネフリンが 183.20 であるのに対し、前出のオーラ注の添付文書によれば、酒石酸水素エピネフリンの分子量は 333.29 ですから、ほぼ二倍です。

オーラ注の方のエピネフリン量を計算してみると、

45×183.20/333.29=24.7μg

となるはずですから、私の計算が正しければオーラ注の方が 2.2μg多い事になります。

添加されるエピネフリンはごく微量なので、2.2μgの違いで臨床的な効果に差異が生じるとは考えにくいと思われます。

(実際に歯科用を使った経験があるわけではないので断言はできませんが)


以上、わかりにくい部分がありましたら、コメント欄でフォローさせていただきます。

id:miux2

詳細な説明ありがとうございました。

大雑把な解釈ですが、

エピネフリンと酒石酸水素エピネフリンでは、エピネフリン量が約2倍ちがうので

オーラ注のほうは、約2倍はいってるということなんですね。

塩酸プロピトカインの製剤はシタネストですね。

ジェネリックはどちらも酒石酸水素エピネフリンでした。

極量の計算で

オーラ注のほうが2倍はいってるので、極量は、キシロカインの1/2になるというのを

ネット情報であったのですが、

極量は、キシロカインと同じということになるのですね。

歯科麻酔で極量まで打つことはないようですが。

解釈あってますでしょうか?^^;

私事ですが、子供のころから歯が弱く、歯科の麻酔は、慣れてたはずなのに、

一度、動悸と気が遠くなったことがあり、今までなんともなかったのが、

急になったので、心配になりいろいろ調べてました。

オーラ注の、酒石酸水素エピネフリンが、エピネフリンより効きすぎるのかと

思ったのですが、心配しなくていいようです。

ありがとうございました。

2010/04/17 19:59:58
  • id:serizawayui
    私の知り合いの歯科衛生士が代理で答えてます
    本人が暇な時にまたコメントしますね
  • id:meefla
    > エピネフリンと酒石酸水素エピネフリンでは、エピネフリン量が約2倍ちがうので

    エピネフリンの量で言えば、エピネフリンの1mgが酒石酸水素エピネフリンの2mgとほぼ同じ、という事ですね。

    > 極量は、キシロカインと同じということ

    このご理解で合っていると思います。

    > 一度、動悸と気が遠くなったことがあり

    私も高校生の頃に、歯医者さんの麻酔注射で気を失った事がありました(^^;
    後にも先にもそれ一回だけだったので、体調とか精神状態にもよると思われます。
  • id:miux2
    serizawayui さん

    実際、現場でどう使われてるのか知りたいので
    コメントお待ちしてます。

    meefla さん

    フォローありがとうございました。
    〆までもう少々お待ちくださいませ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません