遺産相続とはいくらまでが非対象なのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/19 21:24:06
  • 終了:2010/04/20 18:55:24

回答(9件)

id:chyopper No.1

chyopper回答回数415ベストアンサー獲得回数692010/04/19 21:31:06

ポイント10pt

非対象とは非課税の事でしょうか?

贈与する人ごとに2,500万円まで非課税になります。

http://www.kepco.co.jp/e-patio/category/living/1112862051/

id:Baku7770 No.2

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812010/04/19 21:34:15

ポイント10pt

 基礎控除は法定相続人1人につき1000万円+5000万円。つまり、子供1人+妻の場合

2人×1000万円+5000万円までは申告なしで非課税です。

 

 ただし、申告すれば配偶者は1億6000万円が非課税となり、障害者や未成年者には控除額が

加算されます。

http://www.syosi.net/souzoku007.html

id:ko8820 No.3

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/04/19 21:33:03

ポイント10pt

http://www.souzoku-navi.com/tax/

相続税には控除枠があります。その分は非対称となります。

id:zenchi No.4

zenchi回答回数80ベストアンサー獲得回数22010/04/19 21:33:14

ポイント10pt

相続税の発生は、いくらからという定額ではなくて基礎控除額を差し引いた額ですから

多くの方は税の対象にならないようです。

http://www2.ttcn.ne.jp/mkikuchi/souzokuzeiwosinnkokusuruhito.htm

id:koriki-kozou No.5

koriki-kozou回答回数480ベストアンサー獲得回数792010/04/19 21:39:34

ポイント10pt

No.4102 相続税がかかる場合|相続税|国税庁

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4102.htm

基礎控除は5000万+1000万x相続人数

上記に加え生命保険500万x相続人数、死亡退職金500万x相続人数も非課税

さらに配偶者控除などもある

故人の借金および葬式費用は故人の財産から支出した事になるため相続にはならない


どれだけの控除が加わるかによるが少なくとも7000万までは非課税という計算

id:minan7052002 No.7

minan7052002回答回数201ベストアンサー獲得回数22010/04/20 00:21:33

ポイント10pt

相続税の基礎控除・・・

基礎控除学は5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)で計算されます。

例:法定相続人が3人の場合は、5,000万円+(1,000万円×3人)=8,000万円

遺産の評価額が相続税の基礎控除以下の場合は税務署に申告する必要はなく、相続税もかかりません。

http://www.souzoku-zeikin.com/

id:rafting No.8

ラフティング回答回数2648ベストアンサー獲得回数1762010/04/20 05:55:35

ポイント10pt

遺産総額が控除額内であるとき

基礎控除(5000万円+法定相続人の数×1000万円)

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:tibitora No.9

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022010/04/20 14:04:47

ポイント10pt

こちらは参考になるでしょうか。

http://www.souzoku-fp.com/blog/index.php?itemid=224

【相続税の非課税枠】

相続税の非課税枠は次の算式により計算します。

(算式)

5000万円+1000万円×法定相続人の数

【相続税の非課税の範囲内なら相続税の申告書の提出は不要】

http://souzokusupport.net/seizenzouyo/6-2.html

相続時精算課税制度で2,500万円非課税

65歳以上の親から20歳以上の子への贈与が非課税に!

~子どもに一挙に財産を前渡し!2,500万円までの控除が認められる新たな贈与制度(平成15年創設)~

相続時精算課税制度とは、贈与を受けたときに、2,500万円までの控除が認められ、これを超えた贈与額に一律20%の贈与税がかかるという制度です。

2500万円までの贈与については、相続時にその贈与財産を相続財産に加えて相続税を計算し、すでに支払った贈与税を差し引いた額を相続税として納めます。

・相続時精算課税制度のあらまし

・相続時精算課税制度の使いかた

・ズバリ!相続時精算課税制度を使ったほうが有利な場合

・相続時精算課税制度のメリット、デメリット

・相続時精算課税制度と通常の贈与との比較

などの項目が書かれています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません