Illustrator CS4で、ビットマップ画像を開きます。そのビットマップ画像は、背景として"色0"、その他の色として"色1"と"色2"が使われています。


さて、次のような事を、順番にしたいです。操作方法を教えてください。
"色0"を、"色X"にぬり変える
"色0"以外の色、つまりここでは"色1"と"色2”とを、"白色"に塗り替える。
以上です。よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/04/25 16:57:26
  • 終了:2010/05/02 17:00:03

回答(2件)

id:sokyo No.1

sokyo回答回数1372ベストアンサー獲得回数952010/04/25 18:16:57

ポイント42pt

こんにちは。先日はポイントありがとうございました。

http://q.hatena.ne.jp/1270854245

 

今回はビットマップ画像についてのご質問ですね。

率直にお答えしますと、基本的にはそれはできないかと思います。

Illustratorは基本的にビットマップ画像を扱うソフトではありませんので、

もし必要であればPhotoshopなどを利用するのがいいかと思います。

Photoshopなら自動選択ツールでも使って簡単に変えられます。

 

もしどうしてもIllustratorにこだわるのなら、ライブトレースを使う方法がなくはないです。

Googleで「ライブトレース」と検索すると、

http://kb2.adobe.com/jp/cps/235/235852.html

このあたりのページがヒットしますので、読んでみてください。

「最大カラー数」を「3」にして、あとはプレビューを見ながら数値を調整してください。

まずは元画像通りの色づかいで、ベクターデータが生成されるはずです。

 

そこまでうまくいったら、ライブペイントオブジェクトを拡張してください。

コントロールパネルの「拡張」をクリック。

Googleで「ライブトレース 拡張」とかって検索すると、

http://help.adobe.com/ja_JP/Illustrator/13.0/help.html?content=W...

これとかヒットしますのでご参考まで。

 

拡張したら色0のオブジェクトを選択し、

選択メニュー>共通>カラー(塗り)を選択。

Googleで「共通のカラー 塗り」を検索すると、

http://help.adobe.com/ja_JP/Illustrator/14.0/WS714a382cdf7d304e7...

こことかヒットします。

これで色0のオブジェクトがすべて選択されますので、

この状態のまま色Xを指定すれば色0のオブジェクトをすべて色Xに置き換えられます。

同じ作業をして、色1と色2を白色に変えることができます。

ロックなどを活用すればもう少し簡単に変えられますが、まあそのへんは頭の使いよう。

 

ただ、この方法だと生成されるものがビットマップ画像ではなく、ベクトル画像になります。

境界線などはトレースしたものになりますので、単純に色を変えるのとは違ってきます。

もし大きく引き伸ばして使うとかならトレースしてから色を変えていくべきですが、

単純に元の画像の色を変えたいだけならそもそもIllustratorは適任ではありません…。

ご質問などありましたらどうぞ。

id:illustrator-howto

なるほど、「ビットマップはPhotoshop、ベクトルデータはIllustrator、という住み分けなんですね。

もしできれば、Photoshop CS4でのやり方もご教示願えませんでしょうか…コメントではなく、回答欄にお願いいたします。

2010/04/25 19:44:00
id:sokyo No.2

sokyo回答回数1372ベストアンサー獲得回数952010/04/27 22:58:24

ポイント28pt

回答が遅くなってしまって本当に申し訳ないです…υ

 

Photoshopでやるのは割とカンタンです。

 

まず、色0の部分を選択します。

選択できれば何でも構わないのですが、

推測するに今回最も適任なのは自動選択ツール。

http://courier.adobe.co.jp/pse/function/f20004.html

ここをご覧ください。Photoshop CS4でもほぼ同じはずです

(って、実は私はCS3までしか触ったことないんですが汗)。

このチュートリアルでは「隣接」にチェックを入れていますが、

今回はもしかしたら外したほうがいいのかも。

 

そうやって色0を選択したら、今度はその部分に色Xを塗ります。

塗りつぶしツール(バケツのアイコン)を使ってもいいですが、

せっかく選択範囲ができていますので、

編集メニュー>塗りつぶし...

を選んだほうが楽だと思います。選択範囲内をすべて塗りつぶせますので。

「内容:使用」のメニューから「カラー」を選んで、色Xを指定してOK押してください。

残りの設定項目は今回デフォルトで大丈夫です。

 

これで色0を色Xに置き換えることができました。

同じ作業を繰り返して、残りの部分の色も変えることができます。

できますが、今回、残りは全部 白にすればいいんですよね。

ならもっと簡単できれいに仕上がる方法があります。

選択範囲の反転です。

http://www.bind-web.net/photoshop/kihon/sentaku/hanten.html

 

先ほどの状態で選択範囲を反転させれば、色Xでない部分がすべて選択されます。

この状態で再び塗りつぶしをかけます。今度は白。

そうすると残りの部分がすべて白になります。

選択を解除したらできあがりです。全部で5分とかからないと思います。

 

ご質問があればどうぞ!

…と言いたいところですが、その場合またお返事が遅くなるかも…。

その折にはすみません。気長にお待ちください(汗)。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません