セルティっクスが優勝候補といわれていたレブロン率いるキャブスを破りました。キャブスの敗因を教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/05/16 02:45:30
  • 終了:2010/05/16 02:51:21

ベストアンサー

id:tuni310 No.1

tuni310回答回数96ベストアンサー獲得回数32010/05/16 02:49:26

ポイント261pt

第一に、ヘッドコーチの采配でゲームの勝敗が左右されてしまいました。

確かに、レブロンが肘を痛めたのは影響しますが、そこからのゲームプランの切り替えが

出来なかったことが原因だと考えられます。

ケガする可能性は誰にだって起こりうることです。

レブロンが本調子ではないことは誰の目にも明らかです。

なのに、それを見越して戦術をアレンジしようという気が全くないんです。

これまでのキャブスは、レブロンにボールを渡して後はお任せという、ルブロンの1on1に

依存したオフェンスを繰り返してきました。

これは、ずっと問題視してきたキャブスの悪癖です。

でもレブロンが元気なうちは、その問題が顕在化しませんでした。

レブロンの超人的なパフォーマンスで、何とかなってしまっていたからです。

HCのマイク・ブラウンは、レブロンにケガの具合や調子について一切聞かないそうです。

なぜなら、「私は選手とメディカルスタッフを100%信頼している」からだそうです。

つまり、レブロンが「痛くてプレーできない」と進言したり、メディカルスタッフが「プレーは無理だ」と言ってこない限り、レブロンはいつものレブロンだと思って使う、ということらしいです。

だから、大事なところではこれまで通りレブロンの1on1で勝負するし、それを変える必要はない、ということでしょう。

いやいやいや・・・・レブロンがいつものルブロンじゃないことは、スタンドのファンだって見てりゃわかります。

それなのに、一番近くで見てるはずのHCが、「ケガなんぞしていない。いつも通りに扱う。作戦に変更はない」と言っているんです。

レブロンは痛んでるという事実を信じたくないのか、大丈夫だと頑なに信じたいのか、他のオフェンスパターンが思いつかないのか、なんなのか知りませんが、誰の目にも本調子でないとわかるレブロンに対して、見て見ぬフリを決め込んでるんですね。

では、何のためにシャっクやジェイミソンを取ったのか理解できません。

臨機応変に、その場その場でベストな選択肢、ベストな作戦を取ることが重要なはずです。

それと、ダニエル・ギブソンをなぜ使わないのかというのも疑問です。

ギブソンは今シーズン、リーグ3位となる47.7%という非常に高い3P成功率を残しました。

にもかかわらず、完全にローテーションを外れています。

モーは好不調の差が激しく“Streaky Shooter”と呼ばれており、モーが不調でも

相変わらずモーを使い、マイク・ブラウンはモーを批判する。

本当にひどいです。

対して、セルツは、BIG3+ロンドを中心にバランス良いオフェンスでゲームを組みたてて

ました。

ロンドからBIG3へとバランス良く点がとれてました。それによってロンドのアシスト数

も増え、さらにBIG3が不調だった場合は自らドライブINして点もとれます。

さらにディフェンス、ベンチワークも申し分なくよかったと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません