VS2005でのDLLの作り方と使い方を教えてください。


VCでMFCを使ったDLLを作る場合は作ったdllをvbで利用できました。

vc
extern "C" BOOL PASCAL EXPORT testcal2(char *str)
{
AFX_MANAGE_STATE(AfxGetStaticModuleState());
strcpy(str,"abcdef");
return 0;
}
vb
Declare Function testcal2 Lib "C:\Visual Studio 2005\Projects\2\debug\2.dll" (ByVal a As String) As Integer

最終的にはWIN DLLを作りたいので以下のようにしました。
VC
int __declspec(dllexport) testcal2(char *str)
{
//AFX_MANAGE_STATE(AfxGetStaticModuleState());
strcpy(str,"abcdef");
return 0;
}
VB
Declare Function testcal2 Lib "C:\Visual Studio 2005\Projects\3\debug\3.dll" (ByVal a As String) As Integer

これをVB側で実行すると3.dllがないとエラーになります。(例外:0x8007007e)

どこがおかしいのでしょうか?教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/05/16 13:35:57
  • 終了:2010/05/23 13:40:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません