現代人は「コミュニケーション不足」とか「人間関係が希薄」などと言われていますが、根拠となるデータってあるのでしょうか?

過去のデータと比較をしないと、こういったことが本当だとは言えないと思うのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/05/25 17:11:08
  • 終了:2010/06/01 17:15:02

回答(5件)

id:student34 No.1

student34回答回数93ベストアンサー獲得回数42010/05/25 17:39:54

ポイント27pt

 私もそういうことを調べたようとしたことがありますが,恐らく,納得のいくデータはないと思います。データとされているものの多くはこういった形です―――すなわち,「あなた過去に比べて人間関係が悪くなったと思いますか?」という質問に対する回答であり,政府の白書類,とりわけ国民生活白書辺りを探せば,その手の調査結果はすぐに見つかると思いますよ。

 そもそも,このテーマには,客観的データ云々の前段階の大きな問題が解決されていません。すなわちそれは,コミュニケーションの操作的定義と測定方法の問題です。コミュニケーションが濃厚だとか希薄だとか,人間関係が良いだとか悪いだとかって,どう定義されるのでしょうか。もちろん,色んな人が色んなことを言っており,定義っぽいものはあることにはあります。では,次の段階として,調査をする際は何を測度にすればよいのでしょうか。例えば,コミュニケーションの豊かさをつまるところ「会話の量」だと操作的に定義してしまったとして,ではその会話の量をどう測定するのでしょうか。携帯電話の会話の量なんて含めたら,もしかすると,コミュニケーションは過去よりも濃密になっているかもしれませんよ。上述の調査の場合だと,そうした定義の問題全てを回答者に委ねているわけであり,個人的にはほとんど意味をなさない調査だとみています。

 恐らく,そうした定義・指標開発の試みはどこかの研究者がやっていることでしょう。しかし今度は次の問題が出てきます。今からデータをとりはじめるのだから,コホート分析みたいなことはできないということです。未来のお話になります。で,多分,十分信頼性のある大がかりな調査が継続的に続けられるとは思いません。

 もちろん,「現代においては人間関係に何か解決すべき課題が社会全体にある」という問題意識は,実感として間違ってはいないと思います。多くの方が同意されることでしょう。

 データをとる目的って,チェック&モニタリングというのが大きなところですが,もうひとつの大きな目的は議論に決着をつけるためです。地球温暖化については,まあそこに莫大な利権やお金が絡むということもあり,賛否両論があったので,互いに温暖化現象を肯定するデータ,否定するデータを出し合ってました。しかし,「人間関係がよくなったほうがいいね」という問題意識にはあまり反対意見がないでしょうから,これまでご質問者さんのようなニーズがなかったのだと思いもします。

 公民館活動の数や質をポイント化して,時系列で分析することはできなくもなさそうですね。それとてすっごく大変だと思いますが。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:Hyperion64 No.2

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842010/05/25 20:11:01

ポイント27pt

ちょっと古いですが、中島梓の「コミュニケーション不全症候群」(1995)で

若者がコミュニケーションできてない、もしくは表現力不足と故中島女史が論じました。

コミュニケーション不全症候群 (ちくま文庫)

コミュニケーション不全症候群 (ちくま文庫)

  • 作者: 中島 梓
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

この著者も亡くなりましたが。

ところがデータで反証したのが東大系の社会学者でした(1996)

http://www.d-tsuji.com/paper/p02/index.htm


他方、人間関係が希薄になった点についてはこちらがあります。

まあ、賛否さまざまですわ。

http://www10.plala.or.jp/misamatsuda/youth-mobile.html

http://www.d-tsuji.com/paper/r01/index.htm

また、入手しやすい本はこれです。「薄口の人間関係へ」という副題の示す通り

人間関係が情報通信の発達で弱くなったと著者は考えてます。こっちの方が当たってるような気がしますけどね。

ネットワーク社会の深層構造―「薄口」の人間関係へ (中公新書)

ネットワーク社会の深層構造―「薄口」の人間関係へ (中公新書)

  • 作者: 江下 雅之
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 新書

id:bfm35462 No.3

bfm35462回答回数515ベストアンサー獲得回数172010/05/26 00:37:33

ポイント26pt

なかなか判断はむずかしいですね。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&ct=res&cd=5&ved=0CCk...

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 RON 276 247 31 2010-05-26 14:51:17
2 kc563 42 32 2 2010-05-26 19:01:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません