エクセルについて質問させていただきます。


顧客リストで1列目に性別、2列目に年代(10、20、30、40、年代は10代ずつ区切り)を
入力しているのですが、
「男10代・・・5人 男20代・・・3人 女10代・・・3人 女20代・・・5人」等
性別と年代を組み合わせた計を計算することは可能でしょうか?

どうぞご助力をお願い致します。 

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/05/27 23:04:20
  • 終了:2010/05/30 10:31:45

回答(5件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13537ベストアンサー獲得回数11982010/05/27 23:14:21

ポイント20pt

http://www11.plala.or.jp/koma_Excel/pivot_menu.html

http://www.officepro.jp/exceltips/pivot/

ピボットテーブルを使えば 簡単に集計できますよ。

上記HPなどを よく読んで やってみてください。

id:MAYARAN

ご回答ありがとうございます!

少しハードルが高いですが、今度機会があれば試してみようと思います。

こういう使い方もできるのですね・・・

2010/05/28 01:46:18
id:SALINGER No.2

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692010/05/27 23:14:46

ポイント100pt

この種の複数条件の合計は一番多い質問です。

例えば男の10代ならば次の数式です。

=SUMPRODUCT((A:A="男")*(B:B=10))

http://www.excel.studio-kazu.jp/lib/e3h/e3h.html

id:MAYARAN

ご回答ありがとうございます!

早速試してみました。

D列に1か2を入力すると、VLOOKUP関数で1=男、2=女表示されるようにしています。

=SUMPRODUCT(($D$2:$D$501="1")*($F$2:$F$501=10))

→0と表示されてしまいます。500件のデータベースの中に

男&10際はかなりいるはずなのですが・・・・


=SUMPRODUCT(($E$2:$E$501="男")*($F$2:$F$501=10))

→♯N/Aと表示されてしまいます。。。


何か思い当たる問題点等ございますでしょうか??

2010/05/28 01:52:49
id:nepia11 No.3

nepia11回答回数241ベストアンサー獲得回数292010/05/28 03:14:46

ポイント50pt

簡単にCountif関数でまとめられる方法を書きます。

D列に1or2、F列に10、20、30、40・・・ ならば、

例えばG2に

=D2&F2 と入力し、501列までコピーします。

そうすると、

110=男性10代

210=女性10代

120=男性20代・・・を意味するようになります。

あとはG列にある、110、210・・・の数を数えます。

男性10代=COUNTIF(G:G,110)

女性10代=COUNTIF(G:G,210)

男性20代=COUNTIF(G:G,120)・・・

一手間かけると、覚えている関数のバリエーションが少なくてもなんとかなります。

id:MAYARAN

ご回答ありがとうございます!

COUNTIFでも計算することが可能なんですね。。。

エクセルはイラストレーターやフォトショップのように、色々な方法から

求めている答えを導き出せるソフトなんですね。

新鮮な視点をご教示いただきありがとうございます。

2010/05/30 10:11:14
id:wwwww1 No.4

wwwww1回答回数63ベストアンサー獲得回数02010/05/28 16:09:41

ポイント10pt

可能です

id:MAYARAN

申し訳ございません、質問文が不十分でした・・・

「可能」ですよね。。。

2010/05/30 10:12:46
id:hathi No.5

hathi回答回数203ベストアンサー獲得回数462010/05/28 18:10:35

ポイント50pt

もしかして、

 ① 年齢階層を示す、10,20,30………を、文字列で入力していませんか?

    そのように入力していると、

    =SUMPRODUCT(($D$2:$D$501="1")*($F$2:$F$501=10))

   ($F$2:$F$501=10)は 常に偽(0)と扱われるので

    計算結果は、0になると思います。

   もしも F列が文字列扱いになっているのであれば、G列に =F2*1のような式で

   数値に変換して、オートフィルし、G列をコピーして、F列に値の貼付で直りそうな気がします。

 ② VLOOKUP関数で1=男、2=女表示にするときに、検索の型をfalseにしていませんか?

    そのようにしていたとして、500点のデータの中に、1、2以外の値か空白があると。

    E列に"男""女"でなくて、#N/Aとなっている行(セル)ができてしまいます。

    SUMPRODUCT関数の中で、#N/Aのセルを参照していると、結果は#N/Aになると思います。

仮に D列が数値 F列が数値であれば、

  2行目から501行目までに、空白の行や、D列が1、2以外の数値、F列が23のような数値になっていても、

  =SUMPRODUCT((D2:D501=2)*(F2:F501>20))

  同じ行で(Dが2)(Fが20を越えている)ところの数(件数)をカウントすると思います。

id:MAYARAN

ご回答ありがとうございます!

年齢、性別とも文字列にはなっていませんでしたが

「標準」になっていました。

SALINGERさんのコメントから、文字列の""を外し数値指定の式にして

SUMProductの参照先を「VLOOKUPの「男・女」の列」から「vlookupの数字を入力する欄」に

変更したところ、なんとか#N/Aにならずカウントすることができました。

適切なご指摘ありがとうございます。

2010/05/30 10:20:17
  • id:SALINGER
    >→0と表示されてしまいます。
    これは同じ数値でもセルの表示形式に合わせて、文字列なら""をつけなくてはいけなく、数値なら外します。

    >→♯N/Aと表示されてしまいます。
    このエラーが出る場合の多くは、2回出て来る2~501が合っていない場合。例えば片方が500ならこのエラーです。
  • id:taknt
    実は、ピボットテーブルは そんなに難しくないですよ。

    よく読んで 覚えちゃえば簡単です。

  • id:MAYARAN
    SALINGERさん
    数値にしてみたら計算できました!
    VLOOKUPの指定するセル(男、女)が「標準」だったことが
    計算できない理由だったんでしょうか・・・
    hathiさんのご指摘の通り、単にSUMPRODUCTの参照先(男・女)に#N/Aがあったので
    「#N/Aのないvlookupの数字を入力する欄」で計算できたのでしょうか・・・
  • id:MAYARAN
    takntさん
    そもそもピボットテーブルとはどのような性質の公式?なのでしょうか?
    色々と応用が利きそうな感じはしますが、うまくニュアンスが掴めず・・・

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません