帝国ホテルにあったフランス料理店「プルニエ」について、出されていたメニューを教えてください。

また、1997年に閉店とあるのですが、現在東京會舘にある「プルニエ」は全く別のお店なのでしょうか?それとも、系列のお店でしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/04 17:10:03
  • 終了:2010/06/11 17:10:02

回答(2件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/06/04 18:37:42

ポイント35pt

系列店です。

両方とも、田中徳三郎氏の技術を受け継いでいます。



東京會舘

http://www.kaikan.co.jp/wedding/plan/restaurant.html

「プルニエ」の歴史

今から120年ほど前、パリにムッシュー・プルニエという魚屋がいました。

あるとき彼は、冷蔵庫を初めて造ることに成功。魚屋の隣に「レストランプルニエ」を開業し、新鮮な魚を提供すると、店は一躍パリの有名店に。「プルニエ」という言葉は、いつしか魚介料理の代名詞となります。

やがて、この「レストランプルニエ」で修行した当時の調理長 田中徳三郎が、その技術を持ち帰ったことが東京會舘「プルニエ」誕生の契機となったのです。本場フランスの「プルニエ」より美味しい。という評判になるほどだったとか。



帝国ホテル

http://www.jal.co.jp/tours/jaltours/release/img/jalt07-031.pdf

1929 年、料理研究のためにパリに渡った帝国ホテルシェフ田中徳三郎は、パリで当時人気の高かった魚介類専門レストラン「メゾン・プルニエ」で魚料理技術を修得し、ついで「ホテルリッツ」に移り、最高水準のフランス料理を身につけて帰国しました。

帰国後はレストランコンセプトや専門的な調理技術は「メゾン・プルニエ」にならい、味は「ホテルリッツ」の本格的なフランス料理をベースにした、日本初の魚介類専門レストラン「プルニエ」をオープンさせました(1934~1997)。



昭和9年(1934年)に帝国ホテルが東京會舘にオープンした魚介料理の店名も「プルニエ」

との話もあります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/18575.html

id:ko8820 No.2

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/06/04 19:32:21

ポイント35pt

http://www.jal.co.jp/tours/jaltours/release/img/jalt07-031.pdf

当時のメニューを再現と書いてるので、このあたりにといあわせればわかる。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません