小説に関しての質問です。

最近カート・ヴォネガット・ジュニアの一連を再読してるのですが、もう新作はでないので、次に読むものを探しています。
日本の小説はあまり読まず、海外のSFを愛読していましたが、食わず嫌いなのかなと反省中。すこし目を向けてみようかと。
そこでおすすめの小説を教えてください。
まずは入り口としてですので、カート・ヴォネガットを読んだことがあるかたにお願いしたいです。
よろしくおねがいします!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/04 17:35:20
  • 終了:2010/06/11 17:40:02

ベストアンサー

id:chipmunk1984 No.2

chipmunk1984回答回数790ベストアンサー獲得回数72010/06/05 08:02:39

ポイント35pt

1Q84

http://www.amazon.co.jp/1Q84-BOOK-1-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5...

天地明察

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E5%9C%B0%E6%98%8E%E5%AF%9F-%E5...

私もSF読みですが最近読んだ日本人作家の2冊です.1Q84はまだ続きそうなので次が出てからでも良いかも.

id:MRMG

ありがとうございます。

1Q84は全巻でてからにしようと思ってました。

重いからできれば文庫で。

天地明察は面白そうですね。ノンフィクションなのかな?

是非読んでみようと思います。

2010/06/06 22:48:48

その他の回答(2件)

id:kick_m No.1

kick_m回答回数1372ベストアンサー獲得回数542010/06/04 23:38:33

ポイント23pt

レイ・ブラッドベリ http://www

id:MRMG

わかりにくかったですかね。

日本人をご紹介願えればと。

2010/06/06 21:33:51
id:chipmunk1984 No.2

chipmunk1984回答回数790ベストアンサー獲得回数72010/06/05 08:02:39ここでベストアンサー

ポイント35pt

1Q84

http://www.amazon.co.jp/1Q84-BOOK-1-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5...

天地明察

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E5%9C%B0%E6%98%8E%E5%AF%9F-%E5...

私もSF読みですが最近読んだ日本人作家の2冊です.1Q84はまだ続きそうなので次が出てからでも良いかも.

id:MRMG

ありがとうございます。

1Q84は全巻でてからにしようと思ってました。

重いからできれば文庫で。

天地明察は面白そうですね。ノンフィクションなのかな?

是非読んでみようと思います。

2010/06/06 22:48:48
id:sirasuorosi No.3

sirasuorosi回答回数113ベストアンサー獲得回数52010/06/06 23:50:27

ポイント22pt

過去にヴォネガットを読んだ際の、雰囲気・文体・登場キャラ等を思い出しながらセレクトしてみました。

優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)

優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)

  • 作者: 高橋 源一郎
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • メディア: 文庫

「優雅で感傷的な日本野球」高橋源一郎

題名だけを見ると野球を扱ったスポーツ小説に見えますが、実はあまり「野球」には意味がありません。「野球」というネタを使って、どれだけ深読み・裏読みした小説を作れるかを、作者が実験しているかのような連作短編小説です。作品に漂うふざけているのか真剣なのかわからないような雰囲気が、ヴォネガット作品に通じると思います。


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」村上春樹

既出ですが、村上春樹は外せないと思います。癖のない翻訳調の文体や扱うテーマの普遍性を考えると、一番シフトしやすいのではないでしょうか。この作品は虚構世界に迷い込んでしまった「僕」が、現実世界に帰るか虚構の世界に留まるかを「影」と議論する話なのですが、この「現実か虚構か」といった問題を80年代の時点で提出していたのはやはりすごいなと思います。「僕」がどっちをえらぶのかは、読んでみて確かめてみてください。

ダブ(エ)ストン街道 (講談社文庫)

ダブ(エ)ストン街道 (講談社文庫)

  • 作者: 浅暮 三文
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

「ダブ(エ)ストン街道」 朝暮三文

最後にもうひとつ。変な題名ですが、行方不明になった恋人を探しに行くファンタジー小説です。結構前に読んだ作品なのでうまく説明できないのですが、出てくるキャラがどこかヴォネガットと通じるものがあると思います(「猫のゆりかご」に出てくる聖書(だったと思いますが違っていたらすいません)の文字列をもとに株を買って大もうけする男と、頭はいいが「強運」はもっておらず、その男の№2に甘んじる男みたいな、実際にはいないだろうが本質を突いてるような、魅力的なキャラクターとでもいいましょうか)。


昔の作品ばかりで申し訳ありません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません