最近なぜか鉄道に興味があり、ニコニコ動画などで楽しんだり、とくとく切符を使って旅行したりしてます。


本題の質問ですが、
鉄子の旅で、横見さんが「あ、モーター車だ!」とか言って落ち込んでいたような・・・。
そんな記憶があります。

二階建ての新幹線とか普通車のグリーン席では一階の方が乗り心地が良いと勝手に考えて一階に乗っています。

しかし、それ以外の場合は、どこに乗ったらよいのか、よくわかりません。
(通勤や通学で電車を使ってなかったので)
さすがに「朝から晩まで電車で移動」とか「連続二日で移動」の場合、少しの乗り心地でも大切なので、
大雑把で良いので、なにかアドバイス(小ネタでも)ありましたらコソコソと教えていただけますか?

ちなみに青森からハマナスに乗ったときも階段側ではないほうの自由席(青森側)に、人が大勢並んでました。
アドバイスしてくれた方の中で「はまなすの後部側自由席が混んでいた理由」も知ってたら書き込んでいただけるとありがたいです。

よろしくおねがいします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/14 01:19:49
  • 終了:2010/06/19 11:27:39

ベストアンサー

id:oo7 No.1

oo7回答回数238ベストアンサー獲得回数182010/06/14 12:14:12

ポイント53pt

鉄道での長旅、慣れないと下車した時に体がふわふわ感じがしたり、足や腕が異様に重く体全体がだる重く感じたりします。

慣れるまでの間は色々工夫する事が有りますよ。

「鉄」や「鉄ちゃん」等と呼ばれる人からすると比べ物にならない位にヘタレな「電車好き」でも知っている様な、鉄道車両を利用する際の基本事項的な予備知識を書きだしてみました。


よく知られている事としては、こんな事が挙げられます。

・2階建て車両では、普通は2階の方が横揺れが激しい。

・2階建て車両では、「慣れないと」1階の方が線路と車輪から出る音がうるさく感じる。

・電車の電動車(モーター付き車両)は「慣れないと」モーター音がうるさく感じる。

・電車の電動車(モーター付き車両)は「慣れると」モーター音も渾然一体と、騒音全体をホワイトノイズ化させてくれる。

・台車に近い場所になる程、「慣れないと」台車や線路と車輪から出る音がうるさく感じる。

・ドアに近い席はドアを使う他の人の動きや音、ドア自体の音が「慣れても」うっとおしい。

・車両のまん中の方が、基本的には振動が少なく、音のうるささが少ないが、「慣れると」差は小さくなる。

・車両のまん中の方が、何か有った時に安全っぽいと信じられている。


「慣れないと」というところは、「慣れれば」大して気にならなくなる事が多いです。「鉄子の旅で、横見さんが『あ、モーター車だ!』とか言って落ち込んでいたような」理由は「鉄子の旅」に詳しくないので分からないですが、ヲタやマニアック過ぎるマニアをカッコいいと勘違いして、自称や思い込みで「乗り鉄」を気取っている人は、電動車(モーター付き車両)に乗るのを嫌がるのかも知れません。

特に混雑時には、「どこの位置に乗って」、なんてわがままは言えませんしね。


JR総研(財団法人 鉄道総合技術研究所)の研究に、こんなのが有りました。

http://www.rtri.or.jp/infoce/rrr/2010/01/201001_06.pdf

「長時間乗車の乗り心地には振動が影響していることはもちろんですが、それ以外の要因も無視できません。長時間旅行の疲れに振動の影響が大きいのであれば車両の振動を小さくする努力が重要です。しかし振動以外の要因の影響が大きいのであれば、その正体を突き止めてそれに応じた工夫が必要になります。このようなことを考えながら、長時間旅行の快適性向上を目指した研究に取り組んでいます」

ということで、音と振動以外にも要因がありますが、余りよく分かっていない様です。

心理的要因も大きいので鉄道に長時間乗っている時には、どうしても「無意識」の部分で「あ~疲れるな~」とか「うんざり~」なんて事をうっかり考えてしまいます。そうならない様に鉄道の旅の間は、長時間乗車する事自体が楽しい、と思う様に頭を徹底的に切り替えておきましょう。これだけでも疲れ方が全然違います。

エコノミークラス症候群の対策も必要です。周りに迷惑とならない方法でやる必要が有りますね。例としては、カーフレイズがあります。

http://sawakigym.blogfit.jp/2009/archives/49

このページの写真は立っていますが、座った姿勢でもかかとを上げたり下げたりはできますよね。つま先の上げ下げも効果的です。必要な部分だけを動かすので、効果は有るし、何といっても近くに座っている人に嫌がられる事が少ない方法なので、お勧めです。


次に、青森~函館~札幌間を走る夜行列車「急行はまなす」についてです。

「はまなすの後部側自由席が混んでいた理由」として、独断と偏見で考えられる事を一つ書きますね。

急行はまなすの列車編成を見ると、混んでいた「後部側自由席」の車両は7号車自由席だと思われます。

http://www.jrhokkaido.co.jp/train/tr015_03.html

基本的に鉄道好きや「鉄」類は、こんな事が大好きです。

「急行『はまなす』 函館駅にてED79を連結」

http://www.youtube.com/watch?v=ZJjxswIXIzc

普通の一般人にとっても鉄道車両の連結作業は物珍しくて面白いものですが、「鉄」達にとっては「必死になるネタ」の代表格です。はまなすの自由席は、普段はそんなに混んでいないと思いますが、利用時期によっては混雑します。混雑時期には自称や思い込み「鉄」も増える訳です。函館駅での機関車連結作業を見るには一番近い車両に乗るのが一番近いですよね。にわか「鉄」も加わって、7号車自由席が混む原因を作っているんだろうと思います。


それでは急行はまなすの旅をお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=XTZOnXheybw

id:kei_kikurin

丁寧に書いていただきありがとうございます。

はまなすのお答えもありがとう。去年の9月頃からの疑問でした。氷解しました。

大人になってからのにわか「鉄」ですが、マニアさんだけ楽しませるのはもったいない。と、

最近そう思うようになっています。

繰り返しになりますが、ありがとうございます。

2010/06/15 23:03:28

その他の回答(2件)

id:oo7 No.1

oo7回答回数238ベストアンサー獲得回数182010/06/14 12:14:12ここでベストアンサー

ポイント53pt

鉄道での長旅、慣れないと下車した時に体がふわふわ感じがしたり、足や腕が異様に重く体全体がだる重く感じたりします。

慣れるまでの間は色々工夫する事が有りますよ。

「鉄」や「鉄ちゃん」等と呼ばれる人からすると比べ物にならない位にヘタレな「電車好き」でも知っている様な、鉄道車両を利用する際の基本事項的な予備知識を書きだしてみました。


よく知られている事としては、こんな事が挙げられます。

・2階建て車両では、普通は2階の方が横揺れが激しい。

・2階建て車両では、「慣れないと」1階の方が線路と車輪から出る音がうるさく感じる。

・電車の電動車(モーター付き車両)は「慣れないと」モーター音がうるさく感じる。

・電車の電動車(モーター付き車両)は「慣れると」モーター音も渾然一体と、騒音全体をホワイトノイズ化させてくれる。

・台車に近い場所になる程、「慣れないと」台車や線路と車輪から出る音がうるさく感じる。

・ドアに近い席はドアを使う他の人の動きや音、ドア自体の音が「慣れても」うっとおしい。

・車両のまん中の方が、基本的には振動が少なく、音のうるささが少ないが、「慣れると」差は小さくなる。

・車両のまん中の方が、何か有った時に安全っぽいと信じられている。


「慣れないと」というところは、「慣れれば」大して気にならなくなる事が多いです。「鉄子の旅で、横見さんが『あ、モーター車だ!』とか言って落ち込んでいたような」理由は「鉄子の旅」に詳しくないので分からないですが、ヲタやマニアック過ぎるマニアをカッコいいと勘違いして、自称や思い込みで「乗り鉄」を気取っている人は、電動車(モーター付き車両)に乗るのを嫌がるのかも知れません。

特に混雑時には、「どこの位置に乗って」、なんてわがままは言えませんしね。


JR総研(財団法人 鉄道総合技術研究所)の研究に、こんなのが有りました。

http://www.rtri.or.jp/infoce/rrr/2010/01/201001_06.pdf

「長時間乗車の乗り心地には振動が影響していることはもちろんですが、それ以外の要因も無視できません。長時間旅行の疲れに振動の影響が大きいのであれば車両の振動を小さくする努力が重要です。しかし振動以外の要因の影響が大きいのであれば、その正体を突き止めてそれに応じた工夫が必要になります。このようなことを考えながら、長時間旅行の快適性向上を目指した研究に取り組んでいます」

ということで、音と振動以外にも要因がありますが、余りよく分かっていない様です。

心理的要因も大きいので鉄道に長時間乗っている時には、どうしても「無意識」の部分で「あ~疲れるな~」とか「うんざり~」なんて事をうっかり考えてしまいます。そうならない様に鉄道の旅の間は、長時間乗車する事自体が楽しい、と思う様に頭を徹底的に切り替えておきましょう。これだけでも疲れ方が全然違います。

エコノミークラス症候群の対策も必要です。周りに迷惑とならない方法でやる必要が有りますね。例としては、カーフレイズがあります。

http://sawakigym.blogfit.jp/2009/archives/49

このページの写真は立っていますが、座った姿勢でもかかとを上げたり下げたりはできますよね。つま先の上げ下げも効果的です。必要な部分だけを動かすので、効果は有るし、何といっても近くに座っている人に嫌がられる事が少ない方法なので、お勧めです。


次に、青森~函館~札幌間を走る夜行列車「急行はまなす」についてです。

「はまなすの後部側自由席が混んでいた理由」として、独断と偏見で考えられる事を一つ書きますね。

急行はまなすの列車編成を見ると、混んでいた「後部側自由席」の車両は7号車自由席だと思われます。

http://www.jrhokkaido.co.jp/train/tr015_03.html

基本的に鉄道好きや「鉄」類は、こんな事が大好きです。

「急行『はまなす』 函館駅にてED79を連結」

http://www.youtube.com/watch?v=ZJjxswIXIzc

普通の一般人にとっても鉄道車両の連結作業は物珍しくて面白いものですが、「鉄」達にとっては「必死になるネタ」の代表格です。はまなすの自由席は、普段はそんなに混んでいないと思いますが、利用時期によっては混雑します。混雑時期には自称や思い込み「鉄」も増える訳です。函館駅での機関車連結作業を見るには一番近い車両に乗るのが一番近いですよね。にわか「鉄」も加わって、7号車自由席が混む原因を作っているんだろうと思います。


それでは急行はまなすの旅をお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=XTZOnXheybw

id:kei_kikurin

丁寧に書いていただきありがとうございます。

はまなすのお答えもありがとう。去年の9月頃からの疑問でした。氷解しました。

大人になってからのにわか「鉄」ですが、マニアさんだけ楽しませるのはもったいない。と、

最近そう思うようになっています。

繰り返しになりますが、ありがとうございます。

2010/06/15 23:03:28
id:hanako393 No.2

hanako393回答回数1142ベストアンサー獲得回数872010/06/14 15:37:49

ポイント1pt

>しかし、それ以外の場合は、どこに乗ったらよいのか、よくわかりません。

動力部がない車両

id:kei_kikurin

そうですねかんがえればわかりますねおこたえありがとうございます。

2010/06/15 23:19:01
id:amai_melon No.3

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472010/06/14 21:07:46

ポイント26pt

やはりモーター車は、ややうるさく気になるかもしれません。

最近では、インバータ制御による電車が増えているので、

♪ドレミファ~みたいな音がするので、気になるかもしれません。

JRの場合、車両に「クモ」や「モ」と書いてある車両はモーターがついています。

id:kei_kikurin

モーター音もですが、

VVFインバータの音も「あ、そういえば、そんな音だったな。」と、いう程度で、

首都圏で電車に乗るときには別段気にしてなかったです。(^^)

遠い旅先の車窓なら、静かな感じで、ゆったり眺めるのが理想かなと思い、質問してみました。

お答えありがとうございます。

2010/06/15 23:14:45

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません