モールス符号は、デジタル符号ではなく、アナログ符号ではないか。


デジタルとは、有限個の数字・文字・音声・生化学物質などの中から、要素を選んで線形的順序(直鎖状配列)にしたがって情報を符号化する手法のことをいう。

デジタルコンピュータの二元符号のように2つで一式の要素であろうと、RNAのように4つで一式であろうと、たんぱく質のアミノ酸配列やほとんどの話し言葉の音節のように20から100ほどの要素であろうと、組合せの原則にしたがって無限数に続く異なった配列を作り出すことができる。

これらの符号のほとんどは論理的に同等であり、アルゴリズムの単純な規則によって相互に交換できる。

とすると、
(1) モールス符号は、短点と長点の組合せからなるおよそ符号が、26の文字と10の数字と1対1に結びついているもので、アナログ符号と考えるのが適当ではないでしょうか。

(2) アスキー符号も、アナログ符号ではないでしょうか。

(3) 遺伝子のRNAの4元塩基、ヒトの音節はデジタルである。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/15 11:31:56
  • 終了:2010/06/22 11:35:03

回答(38件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
アナログ符号の定義は? JULY2010/06/15 11:50:27ポイント5pt

「と、すると」の前で「デジタルとは」と定義していて、「アナログとは」の定義無しに、いきなり、「アナログ符号じゃないか?」と言われても....

アナログ符号とは、人間がパターンを覚えていて、ひとつひとつの符号を記憶にもとづいて、照合させる符号 ShinRai2010/06/15 11:52:51

という定義はいかがでしょうか。

モールス符号はアナログ符号であり、かつデジタル符号でもある ku__ra__ge2010/06/15 12:52:17ポイント3pt

その定義だと、アナログ符号であることは、デジタル符号であることを否定しないと思いますよ。

モールス符号はアナログ符号であり、

かつデジタル符号でもあることになると思います。

 デジタルとアナログ adlib2010/06/16 05:47:04ポイント2pt

── 時刻を聞かれたときにアナログ時計をしていると「一〇時半」と

答える人が、デジタルウオッチをしていると「一〇時二九分」、場合に

よっては「……四五秒」と秒数までも答えてしまう。アナログ情報は読

み取るときに頭の中の思考回路を働かせないと答が出せないのに対して、

デジタル情報は表示の数字を読みあげるだけですむからである。残り時

間を出す場合には、アナログ時計はパターンで認識できるが、デジタル

は頭の中で逆算しなければならない。

── 織田 一朗《時計の針はなぜ右回りなのか 19941025-19951212 草思社》P69

http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4794205783 

はてなの醍醐味:自分の知らないことを教えてもらえる これがうれしいのです ShinRai2010/06/17 11:05:53

織田一朗さんの本は知りませんでした。

でも、ここで述べられているアナログ、デジタルの説明には大変に共感できます。

アナログには人間の熟練の要素があります。囲碁やオセロで、石の数を数えなくても盤を見ているだけで、「白の3目勝ち」とかいうのはアナログですよね。

デジタルの場合には、そこに思考や熟練の要素は入らない。その代わりに、正確な数字が即座にズバリと出てくる。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません