モールス符号は、デジタル符号ではなく、アナログ符号ではないか。


デジタルとは、有限個の数字・文字・音声・生化学物質などの中から、要素を選んで線形的順序(直鎖状配列)にしたがって情報を符号化する手法のことをいう。

デジタルコンピュータの二元符号のように2つで一式の要素であろうと、RNAのように4つで一式であろうと、たんぱく質のアミノ酸配列やほとんどの話し言葉の音節のように20から100ほどの要素であろうと、組合せの原則にしたがって無限数に続く異なった配列を作り出すことができる。

これらの符号のほとんどは論理的に同等であり、アルゴリズムの単純な規則によって相互に交換できる。

とすると、
(1) モールス符号は、短点と長点の組合せからなるおよそ符号が、26の文字と10の数字と1対1に結びついているもので、アナログ符号と考えるのが適当ではないでしょうか。

(2) アスキー符号も、アナログ符号ではないでしょうか。

(3) 遺伝子のRNAの4元塩基、ヒトの音節はデジタルである。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/15 11:31:56
  • 終了:2010/06/22 11:35:03

回答(38件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
まず用語の定義をしなければ始まらない ku__ra__ge2010/06/15 14:31:14ポイント10pt

どうやら辞書に載っている言葉の意味とid:ShinRai氏の言う言葉の意味にいくらか食い違いがあるようなので、

とりあえず前提として以下の言葉は何を表すのか正確に書いておいたほうが、望む答えが

得られやすいのではないでしょうか?

それぞれの例なんかもあると、よりわかり易いと思います。

・デジタル符号

・アナログ符号

・デジタル

・アナログ

デジタルには「線形的順序(直鎖状配列)」は関係しない sibazyun2010/06/16 00:18:51ポイント8pt

デジタルは、たとえ1事象であっても、「あれか、これか」が判別できること。

モールス符号もそうですね。なお、一つのモールス符号が何を表すかをを判定するには一定の時間が要りますが、それをいうなら、文字だって、一定のスペースが要りますね。

モールス符号の場合には、元の数はいくつになりますか ShinRai2010/06/17 11:09:57

モールス符号がデジタルであるとすると、元の数はいくつになりますか?

議論をしていて、やはりモールス符号は、オートマトンには向かない、アナログな符号ではないかと思うようになったのですが。

いかがですか

「元」とはなんですか? sibazyun2010/06/19 16:36:53ポイント2pt

ラテン文字アルファベット、大文字と小文字で52種類はデジタル符号ですね。その時、「元」とは何で、何種類ありますか。

大文字のOと小文字のoは違う符号ですね。しかし、ちがいは「アナログ的」ですね。一文字だけ丸いのが書いてあっても、比較対象がないと大文字か小文字か判別がつきませんね。

 このように、符号(今はアルファベット)とそれを表現する形式のことは違います。表現する違いを網膜に映す上ではアナログ量ですね。

 同様に、モールス符号はデジタルですが、それを表現する形式(音がなんミリ秒続くか)はアナログですね。

 符号のデジタル性と、符号表現の話を混同していらっしゃると思います。

アナログは観測者を必要とし、デジタルは自動処理 ShinRai2010/06/19 17:59:39

sybazyunさん、いつもお世話になり、ありがとうございます。



ASCIIは大文字と小文字を分けますが、モールス符号は分けません。どちらもアナログ符号だと思います。アルファベットもアナログだと思います。

というのは、活字だとついつい離散的にみてしまいますが、筆記体だと読みとるだけでも大変じゃないですか。

漢字や仮名の場合、草書、行書などは、読み解くだけでも大変。

結局、書き言葉はすべて、我々の視覚がパターン認識によって、判断しているから識別ができるのではないでしょうか。だからアナログだと思うのです。

>表現する違いを網膜に映す上ではアナログ量ですね。

同感です。書き言葉はすべてアナログです。

>モールス符号は、それを表現する形式(音がなんミリ秒続くか)はアナログですね。

だからモールス符号もアナログだと思うのです。

シャノンの「通信の数学的理論」(ちくま学芸文庫)のp119に、「観測者」というものが登場します。

観測者が必要なものはアナログ、デジタルは観測者が不要なオートマトン

そのように概念を整理するとよいのではないかと思っているのです

元は2 nasi-goreng2010/06/17 22:34:59ポイント4pt

当然元の数は2ですね。

意味のある信号はツーとトンですから。

 

バーコードもモールス信号と似ていますね。バーの長さでデータを作りますから。

 

また急にオートマトンと言う言葉が出てきていますが、これはどういう意味でしょうか?

いつものアナログな符号が出てきましたが、これはやはりよく分かりません。アナログ信号でできた符号はデジタルですよね。

人間が判別する符号というのは機械に置き換えられないわけではないと思うのですが。

モールス符号には、ツー(3)とトン(1)がありますが、無音(1,3,7)もあります ShinRai2010/06/18 00:21:15

ツー(3)とトン(3)だけだと、いつも音が続いていることになります。

無音があるから、ト(無音1)ツーがaになり、

        ト(無音3)ツーだとetになり

        ト(無音7)ツーだと、e tになります。

元を2とすると、この仕組みを説明できなくなりませんか

またShinRaiさんはデジタルと信号の伝達方法をごっちゃにしている nasi-goreng2010/06/18 01:39:30ポイント3pt

元は2です。

伝送方式の取り決めにツーとトンとそれを区別する為の無音があるだけです。

デジタルデータと伝送方式を区別してください。

伝送方式の取り決めとして空白があるだけです。

 

デジタル回路のデータバスだって、0Vを0、5Vを1としたからといって2Vに意味を持たせません。

→この例じゃ分からないでしょうか?

 

 

 

で、オートマトンとは?何を想定しています?

オートマトンとは、デジタルシステムです、それは遺伝子によるDNA > RNA > タンパク質の流れであり、言語の発声 > 聴覚によるシンボルの復元 ShinRai2010/06/18 14:30:41

遺伝システムと、分節言語はオートマトンではないでしょうか

オートマトン(自動)だから、我々は言語のメカニズムを理解できないのでは

なら、最初からデジタルシステムって言えば良いのに hiko4karasu2010/06/21 01:38:46ポイント1pt

無駄に議論を難しくしているよ。

また聞きかじりの言葉を使って言葉遊びをしているだけだと思いますよ。

 

工学は理解せず、数学的証明はせず、概念を論じるにしても既知の事実を積み重ねる哲学にはならず、借り物の言葉で結論に飛びつくが、後から言葉の意味が分からなくなって、理屈が破綻していく。

といったところでしょうか。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません