モールス符号は、デジタル符号ではなく、アナログ符号ではないか。


デジタルとは、有限個の数字・文字・音声・生化学物質などの中から、要素を選んで線形的順序(直鎖状配列)にしたがって情報を符号化する手法のことをいう。

デジタルコンピュータの二元符号のように2つで一式の要素であろうと、RNAのように4つで一式であろうと、たんぱく質のアミノ酸配列やほとんどの話し言葉の音節のように20から100ほどの要素であろうと、組合せの原則にしたがって無限数に続く異なった配列を作り出すことができる。

これらの符号のほとんどは論理的に同等であり、アルゴリズムの単純な規則によって相互に交換できる。

とすると、
(1) モールス符号は、短点と長点の組合せからなるおよそ符号が、26の文字と10の数字と1対1に結びついているもので、アナログ符号と考えるのが適当ではないでしょうか。

(2) アスキー符号も、アナログ符号ではないでしょうか。

(3) 遺伝子のRNAの4元塩基、ヒトの音節はデジタルである。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/15 11:31:56
  • 終了:2010/06/22 11:35:03

回答(38件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
皆さん勘違いが多いです。 nasi-goreng2010/06/19 23:34:35ポイント1pt

>デジタルとは、有限個の数字・文字・音声・生化学物質などの中から、要素を選んで線形的順序(直鎖状配列)にしたがって情報を符号化する手法のことをいう。

 

つまりShinRai さんがここで言っているデジタルは私たちが考えるコンピュータデータのことではなく、手法そのものなんです。

『要素を選んで線形的順序(直鎖状配列)にしたがって情報を符号化する手法』の意味がイマイチ分かりませんが。

そしてShinRai さんは一般的な意味を無視して独自の解釈のデジタルについて、一般的な意味のデジタルと一緒に語ってしまっています。

 

また

『アナログ符号とは、人間がパターンを覚えていて、ひとつひとつの符号を記憶にもとづいて、照合させる符号

という定義はいかがでしょうか。』

 

と自身も定義があいまいなものを議論の核に据えてしまっています。

議論がかみ合わないわけです。

 

 

最初の質問について

(1) なぜモールス符号が「アナログ符号と考えるのが適当」なのかの説明がありません。

(2) アナログ符号の意味がやはりイマイチ分かりません。人間が区別できるならば、何かしらの理由がありそうですが。

アスキー符号はどういうものかShinRai さんは分かっているのでしょうか?お使いのコンピュータだってアスキー符号を使っていると思いますが?

(3) ヒトの音節はデジタルでないと思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません