一年ほど前に、絶対に安全な暗号を実用化したと主張する日本人がいたかと思うのですが、その後、その暗号とその方はどのような顛末を辿られたのか教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/22 14:43:02
  • 終了:2010/06/22 15:40:00

回答(1件)

id:koriki-WeKan No.1

koriki-WeKan回答回数342ベストアンサー獲得回数202010/06/22 14:53:14

ポイント60pt

昨年、量子暗号通信実験を行った(はてなにより削除しました)

id:rarara6

いや、その暗号を作成した日本人研究者をインタビューした記事が杜撰だった事で盛り上がったことを記憶していますし、もっと老年のかただったような。、

また、その方は起業を目論んでいたりしたかと思うので、この方ではないかと思います。

追記:自己解決しました。二年ほど前のCAB暗号のことでした。以下のリンクによりますと、どうやら眉唾だったようです。

http://slashdot.jp/~TarZ/journal/508711

2010/06/22 15:39:50
  • id:gday
    回答を書いているうちに終了してしまったようですね。

    一応、こちらに書いておきます。
    =======
    1年前ではなくもう少し前の話ではないですか?

    そうだとすると恐らく大矢雅則博士のことだおと思います。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%9F%A2%E9%9B%85%E5%89%87


    日伊の研究者らが発案、ベンチャー企業を設立

    「解読不能は数学的に証明済み」、RSAを超える新暗号方式とは
    http://www.atmarkit.co.jp/news/200804/11/cab.html

    「解読不能が数学的に証明された画期的な新暗号方式」が登場
    http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/04/12/2140239

    その後についてはよく分からないですがうまくいってないような様子ですね。

    クリプト・ベーシック社というのが設立されたようですが、その後サイトは無くなっているようです。

    http://cryptobasic.co.jp/

    http://slashdot.jp/~TarZ/journal/472880

    http://slashdot.jp/~TarZ/journal/473683
  • id:rarara6
    >id:gday
    ちょうど入れ違いになったようで、申し訳ないです。
    まさしくこれですね。以外とインターネットでも、一度話題になった出来事の後の顛末を辿るのは手間がかかりますね。

    ありがとうございました。
  • id:hatenasupport
    回答として個人名と所属が記載されておりましたが、質問の内容とは直接無関係であり、ご迷惑となっているとのご連絡がありましたため、はてなにより削除しました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • れいの怪しげな暗号について  2年くらい前に怪しげな暗号技術の話題が有り、 「解読不能は数学的に証明済み」、RSAを超える新暗号方式とは − @IT すっかり忘れていたのだが、人力検索
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません