Lotus Notesのアーカイブされた過去のnsf拡張子のファイルを自分のパソコンにコピーすることで、自宅で過去のメールが読めるようにしたいのですが、良い方法を教えてください。会社は自宅のパソコンへLotus Notesをインストールしてはもらえません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/22 19:01:56
  • 終了:2010/06/29 19:05:03

回答(3件)

id:koriki-WeKan No.1

koriki-WeKan回答回数342ベストアンサー獲得回数202010/06/22 19:06:05

ポイント27pt

Lotus Notesのバージョンくらいは書いてほしい。


LocalNotesを使ってみることができるかもしれない。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se296442.html

id:hidepon03

Lotus Notesのversion=7.02です。

2010/06/22 22:30:20
id:YesWeKan No.2

YesWeKan回答回数66ベストアンサー獲得回数82010/06/22 19:26:08

ポイント27pt

>会社は自宅のパソコンへLotus Notesをインストールしてはもらえません。


これは過去のノーツのメールも含めて自宅で会社のデータを読んでもらっては困るという会社の意思表示ではありませんか?

ノーツメールのDBファイル(*.nsf)は多くの場合暗号化されていてノーツのユーザーIDファイルが無いと読めない仕組みになっています。ノーツのライセンス上、ユーザーIDがまっとうなものであればどのパソコンで読めるようにしておいても問題は無いですが、会社との関係(機密保持などの問題)で会社外でのライセンスの行使が許可されていない場合は問題があります。


方法論としては、ノーツのインストールCDとユーザーIDファイルがあれば、ノーツクライアントを他のパソコンにインストールすることはできます。

インストールCDは時々ヤフオクなどで出品されているのを見かけますので入手することは可能だと思います。

例)

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k123475674


また、すでにインストールされているパソコンのノーツのディレクトリ全部をコピーすればそのまま環境をコピーできるので、例えば c:\notes にインストールされていればそのディレクトリを全部バックアップして他のパソコンに移すことも可能です。


しかし、自宅のパソコンへLotus Notesをインストールしてもらえない以上、ノーツのアーカイブファイルやIDファイルの社外への持ち出しも認められていないと考えるべきで、そいう意味では良い方法はありません。

id:hidepon03

会社のメールを自宅のパソコンの個人メールに外部送信・転送は当然できますので、実質的にaccesabilityは、同じですが手間の問題です。

2010/06/22 22:35:44
id:YesWeKan No.3

YesWeKan回答回数66ベストアンサー獲得回数82010/06/23 19:01:44

ポイント26pt

試していませんが、ノーツのトライアル版をインストールすれば読むことはできるはずです。


こちらから90日間のトライアル版が入手できます。

Trials and demos

http://www14.software.ibm.com/webapp/download/brand.jsp?b=Lotus


これも調べてみましたが、ノーツの環境が無いと動かないようです。

Convert NSF to EML – Save Money by Choosing to Use Outlook Express over Costlier Lotus Notes

http://www.lotusnotestooutlookexpress.com/convert-nsf-to-eml.htm...


以下参考まで。

nsf viewer free at Free Downloads Center

http://www.freedownloadscenter.com/Best/nsf-viewer-free.html

id:hidepon03

色々と有難うございます。しかし、90日後は使えないのでは、困りますね。個人用の安価な簡易ロータスノートがあると良いのですが。

2010/06/25 12:57:05

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません