コンピュータに、詳しい人にお聞きします。

 
 現状「Mac os x 10.5」でブートキャンプを使ってXPを囲っています。
 
 これを「os x 10.6」に、そのままの状態でアップグレイドすると安定性の面でどうなのでしょうか?
システムは10.6に充分過ぎるほど対応できるパフォーマンスがあります。
最初からパーティションを作り直す・・・などになる可能性があるなら、このまま辛抱する選択も「アリ」です。
 
 次にブートキャンプ内のWindows xp ですが、わたしの所有する元ディスクは「sp2」の「通常版」です。
ブートキャンプには「sp2」の相性が良いというのですが、「sp2」のサポートは今月末で切れます。
 
 わたしは「sp3」あるいはそれ以降のサポート終了までは、この体制で行こうと思っています。
ただ、「sp2」のサポートが切れた後が心配です。
この場合、万が一「再インストール」になった場合に「sp3」を別途購入しなければならないのでしょうか?
それともマイクロソフトの方でアップグレードファイルなど面倒見てくれるんでしょうか?
 
 以上、二点について教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/23 23:37:00
  • 終了:2010/06/24 19:30:54

ベストアンサー

id:ttakao No.1

RON回答回数276ベストアンサー獲得回数312010/06/24 16:16:27

ポイント65pt

10.5から10.6へのアップグレードは別段問題なくできます。

BOOTCAMPのパーティションは導入で触らないです。

ただし、アップグレードしただけだと10.6のよさはわかりにくいです。速度、スペース、あまり違いを感じないです。Macを使っている人のブログを見ても、最初はアップグレードするのですが、結局はクリーンインストールを後から行っている場合が多いようです。

OSXはタイムマシーンのバックアップから本当に簡単にリストアできます。Windowsの場合は導入したプログラムを再インストールしたり、面倒ですが、OSXはそういう手間は必要ないです。ですからパーティションの切り直しも苦にならないです。

BootCamp3.1を使ってWindowsXPSP3で使っていますが、別段、トラブルは私のところでは起きていないです。

なお、BootCampのパーティションがNTFSだとします。macのフリーウェアWinCloneでイメージのバックアップをOSX側から取れば、BootCampのパーティションサイズを変更してもリストアをすることが可能です。(私はこの方法でBootCampのパーティションを広げました)

http://ameblo.jp/wimpyabc/entry-10337312265.html

WindowsSP3については、他の方がコメントに書かれているとおりです。

id:miharaseihyou

 お世話になります。

クリーンインストールは、以前やってトラブルの嵐だったので、アップデートで行こうと思っています。

Macに関しては、とかく安定性の面で悪い噂を聞く事があるので、10.6がどうなのか心配な面もあります。

何でも、古いバージョンのMacで、ファイルが消えることが多かったそうです。

タイムマシーンも、その対策のために開発されたとか言う噂を聞きました。

パワーの不足する機体で大きな容量のファイルを加工していた・・・といった事情もあったようです。

現時点では参考書も10.6しか売ってないし、もう一度10.6に上げてみようと思います。

ありがとうございました。

2010/06/24 19:11:26

その他の回答(1件)

id:ttakao No.1

RON回答回数276ベストアンサー獲得回数312010/06/24 16:16:27ここでベストアンサー

ポイント65pt

10.5から10.6へのアップグレードは別段問題なくできます。

BOOTCAMPのパーティションは導入で触らないです。

ただし、アップグレードしただけだと10.6のよさはわかりにくいです。速度、スペース、あまり違いを感じないです。Macを使っている人のブログを見ても、最初はアップグレードするのですが、結局はクリーンインストールを後から行っている場合が多いようです。

OSXはタイムマシーンのバックアップから本当に簡単にリストアできます。Windowsの場合は導入したプログラムを再インストールしたり、面倒ですが、OSXはそういう手間は必要ないです。ですからパーティションの切り直しも苦にならないです。

BootCamp3.1を使ってWindowsXPSP3で使っていますが、別段、トラブルは私のところでは起きていないです。

なお、BootCampのパーティションがNTFSだとします。macのフリーウェアWinCloneでイメージのバックアップをOSX側から取れば、BootCampのパーティションサイズを変更してもリストアをすることが可能です。(私はこの方法でBootCampのパーティションを広げました)

http://ameblo.jp/wimpyabc/entry-10337312265.html

WindowsSP3については、他の方がコメントに書かれているとおりです。

id:miharaseihyou

 お世話になります。

クリーンインストールは、以前やってトラブルの嵐だったので、アップデートで行こうと思っています。

Macに関しては、とかく安定性の面で悪い噂を聞く事があるので、10.6がどうなのか心配な面もあります。

何でも、古いバージョンのMacで、ファイルが消えることが多かったそうです。

タイムマシーンも、その対策のために開発されたとか言う噂を聞きました。

パワーの不足する機体で大きな容量のファイルを加工していた・・・といった事情もあったようです。

現時点では参考書も10.6しか売ってないし、もう一度10.6に上げてみようと思います。

ありがとうございました。

2010/06/24 19:11:26
id:yamaneroom No.2

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/06/24 19:01:46

ポイント5pt

「最初からパーティションを作り直す」ということはない。そのまま使える


WindowsXP SP2はサポート切れになるので、SP3にアップデートすべき

無料でできる。

Bootcampで問題なく使える。

http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsxp/sp3/de...

id:miharaseihyou

既にSP3へのアップデートは行って、何時間も掛かるパッチファイルやフレームワークの類までアップデートは終了しています。

私が言っているのは、後日システムトラブルからos xの再インストールやxpの再インストールになった時の事です。

更にお聞きしたのは、現時点での10.5からxpを抱えたまま10.6にアップグレードした場合のトラブル情報などです。

質問文を良く読んでから回答されるようお願いいたします。

2010/06/24 19:28:32
  • id:koriki-kozou
    koriki-kozou 2010/06/24 00:54:27
    >万が一「再インストール」になった場合に「sp3」を別途購入しなければならないのでしょうか?
    Boot Camp 3.0 はSP2でもインストールできる
    http://support.apple.com/kb/HT3777?viewlocale=ja_JP

    >sp2のサポートが切れ
    SP2向けの新規アップデートはなくなるのでセキュリティパッチがでてこないということだからSP3にしておくほうが無難
    SP2からSP3へのアップデートはこれまでの事例から考えると、以後も配布は続くとは思うけれど、あらかじめダウンロードしておくと安心でしょう
    入手方法は下記参照
    http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsxp/sp3/default.mspx

    >安定性の面
    「さぁ? どうでしょう?」としか言えないのでコメントにしておきます
  • id:miharaseihyou
    koriki-kozouさんへ
    有益なコメント、ありがとうございました。
    これで終了します。
  • id:ttakao
    MacOSXとそれ以前は別モノだとご理解ください。
    確かに以前のOSはひどいものだったらしいです。私もいくらマック信者が便利だと叫んでいても、データが飛ぶなんてオモチャに過ぎないと考えて、高くて不安定なマックなんて使えるか、と考えていました。
    しかし、OSXのベースはフリーBSDという伝統のあるUNIXです。それをアップルがDarwinというOSに進化させ、その上にアップルらしいGUIを載せたものです。
    ですから基本的な動作はアップルが作ったわけじゃないので、信頼できると考えて使っています。
    さらに、アップルの場合はWindowsと違って自社のハードウェアだけをサポートすればいいという、OSの開発者からすれば天国のようにラクなせ界にいます。そりゃ、機能を練りこめるわけですわ。
    少なくとも今の流れだと10.5が傑出しているわけでもないので、10.6は検討の余地があると思います。噂ベースの話を信じるならば、10.6は10.5の出荷に間に合わなかった機能集らしいですから、このバージョンこそメジャーといえるのかも知れないですよ?
  • id:miharaseihyou
     id:ttakaoさんへ
    今最も時流に乗っているOSがMacでありUNIXでもあるということですね。
    ハードウェアを限定した効果もあって、Macの安定性は現時点ではWindows以上かもしれませんね。
    何故なのか、「Macだとウィルスに罹らない・・・?」・・・?という噂も聞きました。
    これも、何故かは知らねど・・・Macに対応するセキュリティーソフトやシステムメンテナンスのソフトは極端なまでに数が少ない。
    これもMacの安定性が優れているからかもしれない・・・?と考える事も出来るわけです。
     
     過去のドキュメントなどの財産があったから、XPをメインに据えてサファリではなくてオフィスを買って・・・などと考えていましたが、officeも買わない方が良いかもしれませんね。
    実はWordで作ったファイルがたくさんあるので迷っているのですが・・・。
    シェアの拡大とともにちょっかい出すセクトも増えるだろうけど、現時点では「Mac as No1!」かもしれません。
    昔、似たような名前の翻訳本があった・・・というのは言わないお約束・・・って言ってるって。
  • id:koriki-kozou
    koriki-kozou 2010/06/26 06:16:53
    >データが飛ぶなんてオモチャに過ぎない
    IIci時代から、Illustratorなんかを、たまーーーーに仕事で使ってたりしましたが、そんなことは周辺で聞いたこと無いですよ
    時折見る爆弾マークの事なら、何にも言わずにフリーズするWindowsなんかよりは格段に優れてると思ってましたけど

    >Macだとウィルスに罹らない
    それはあまりにもひどい認識だと思うよ
    ・基本システムの抜本的改正(過去の資産を定期的に切り捨て)で堅牢なシステムを構築。増改築を繰り返してフラフラしているWindowsとは比較にならない
    ・アプリケーション同士の連携は疎のため、子亀こけたら親亀こけたにならないが、応答速度が犠牲になる場合もある(Windowsより高性能なハードウェアが必要だったりするのはそのため)
    ・OS付属ソフトだけで他にあまりいらないから不安定になりにくい
    ・市場規模が小さいから目立たず、ターゲットにされにくい
    ・BSDベースのためセキュリティアップデート作成期間も短い
    ・利益にならない市場向けのソフトを売る会社は少なく、セキュリティソフトも無いに等しい
    こんなところかな

    MacOS7.5.xくらいまでは好きだったけど、最近のMacはまったく別物ですね。おしゃれだけど可愛げがない
    忘れたころに爆弾出してくれるくらいのほうが、大事にすると思うよ(なんてねwww)

    ちょこっと気になったのでコメント
  • id:yamaneroom
    yamaneroom 2010/06/26 07:30:27
    >Windowsより高性能なハードウェアが必要だったりするのはそのため
    はぁ?
    SnowLeopardとWindowsVistaのどちらがリソースを浪費しているかは、BootCampユーザーなら自明のことだろう。
    回答もしないで、質問者を混乱させるようなコメントだけを書くなよ。
  • id:ttakao
    あと、OSXがWindowsよりウィルスにかかりにくい点は、サンドボックスとすべてのアプリにデジタル署名をしていることが挙げられます。
    以下を読んでください。
    http://www.apple.com/jp/macosx/security/

    日々の脆弱性の修正に加えて、簡単にはウィルスが侵入しにくいOSであることは、Macユーザーにもあまり知られていないようです。

  • id:miharaseihyou
     確かにos x 10.6の起動時間はxp sp3よりも短いですね。
    両方ともインストールしたばかりなので、基本的なリソースの使用量が現れていると見るべきでしょうね。
    os xの方がシンプルで効率の良い構造をしているのも定期的なリストアがハードウェアを限定する事で、より効果的に働いているからだという事ですね。
    まあ、抱えている荷物を捨てる事が出来ないWindowsと、ハードを限定して捨て易い構造のMacという事のようですね。
    ただし、Macは一つ一つのアプリの独立性が高い構造であるため、アプリ同士の連携、例えばファイルの加工を違うアプリで行う場合などでしょうか?ブログや文章に写真を割り込ませる場合などかな?そういう時に、少し回り道になって、多少多めのシステムリソースを必要とする・・・と理解するべきでしょうか?
     
     確かにウィルスに罹らないわけでは無さそうですね。
    ただし、罹りにくい・・・と。
    WindowsとMac両対応の、2ライセンス以上のお得なセキュリティーソフトと言ったら限られてくる。
    それにセキュリティソフトは万能ではない。
    例の「事件」のようなこともありますしね。
     
     とりあえず、Windowsの方には余っているライセンスがあったのでインストールしました。
    ただ、ライセンスが来年切れるので、その時には両対応にするべきでしょうね。
    このまま、ネットではWindowsユーザーとして、来年まで辛抱しようかな?
     
     新しい機体は、色々なアプリのインストールやアップデートや設定で、運用できるところまで来ていないのです。
    未だメーラーのアドレス設定すら済んでいない。
    ドキュメントのコピー用に外付けのHDDを用意しているのですが、それを使うところまで辿り着いていない。
     
     この書き込みも古いWindowsの機体で書いています。
    OSが二つあるという事がインストールにこんなに手間が掛かるとは、欲張っただけのことはあります。
    これで三日目。
    明日はもうパスだ~~。
  • id:koriki-kozou
    koriki-kozou 2010/06/28 21:52:53
    起動時間やリソースの量なんてのは専用か汎用かの違いだよ
    MacOSは文字通りMac専用にチューニングされてるからね。ユーザーのいらいらする起動待ちなどは改善されてきてるよ
    Windowsも改善はされてきてるけど無駄にいろいろ抱え込んでるからね。リソースの量っていうけど、これはwindowsのほうが調整しやすい(Macは調整不要とも言えるけどね)から減らす工夫はできるよ。
    減らすとなると、そこまでやるかって事にもつながって来るから普段はあまりやらないけど、メーカーマシン付属の専用リカバリCD-ROMなどの場合は多少なりともチューニングされてたりするよ。

    アプリどころか、デーモンレベルでも「これでもかっ!」てくらいに分離独立してるからね。
    Windowsも最近のはかなり分離してるけど、応答速度を確保するために互いの機能を直で使えるようになってたりして、分離レベルはまだまだ低い(過去の資産を引きずってるから、完全分離に時間がかかってるんだよね)

    個人的には昔からMac好きではあるのだけど、応答速度についてはずっと不満だったねw
    Windowsは早かった(同世代のMacに比べれば)けど、ネットワークを組むとかマルチメディアとかでは不満だった
    最近ではハードウェア性能があがってMacの先進志向の芽がやっとでてきたって感じ

    だから、高性能のハードウェアを追求する必要があるのはMacのほう。常にかなり先を見据えた挑戦をつづけてるんだね。
    爆弾マークはさすがにショックだったけど、ブルースクリーンすら出さずにフリーズするよりは、はるかにユーザーにとって理解しやすいこと。
    暇があればMacの歴史を紐解いてみると面白い発見があるかもよ

    じゃぁ、この件はこの辺で
    インスコがんばってねーーーーー

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません