IT起業の成功例には2つの道.


ギーク出身のIT起業家、
堀江さん、笠原さん、GREE田中さん、マーク・ザッカーバーグなど
ギーク出身経営者がスーツ的要素を取り入れて成功した例。

一方、非技術者が成功している例。
孫正義、藤田晋(営業に強み)、三木谷浩史(MBA)、DeNA南場氏(MBA)、
エニグモ、教えてgoo兼本などです。
ギークを外部から連れてきて成功しています。

「メリットを考えれば自分で技術を覚えるべきだ」という
堀江さんのご意見はごもっともだと思うのですが、ITビジネスはスピードだと思いますし、
藤田さんや南場さん三木谷さんがのろのろ技術を覚えてから起業していたら
今ごろサイバーエージェントも楽天もモバゲーも存在していないと。

上記踏まえ

1、ギーク(プログラマ、エンジニア)を
一年間顧問として自社に雇うには、どの程度の資金が必要ですか?
(dan kogaiほど優秀でなくても構いません)

2、技術者を雇う場合でも、
やはり経営者は一通り自分でもPerlやLinuxなど技術を覚えておくべきなのか、
それとも自分は経営や営業に徹し優秀なギークを外部からつれてくるべきか?

いずれが得策?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/24 00:16:31
  • 終了:2010/07/01 00:20:02

回答(3件)

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 taka-hr 57 53 4 2010-06-24 07:07:58
2 RON 276 247 31 2010-06-24 16:36:28
3 shivashanti 22 19 1 2010-06-25 02:44:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません