笑いについての研究や考察を探しています。

お笑い、落語、心理学的なもの、学術的な研究、あるいはベルグソンの笑いに対する哲学からの観点からの研究など、
ジャンルは問いませんので、まとまっているサイトや書籍を教えてください。

ただし、検索エンジンで一番上にあるようなサイトはご遠慮いただければありがたいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/26 15:55:55
  • 終了:2010/07/03 16:00:03

回答(9件)

id:koriki-kozo No.1

koriki-kozo回答回数74ベストアンサー獲得回数12010/06/26 16:20:46

ポイント16pt

笑いの研究―ユーモア・センスを磨くために

笑いの研究―ユーモア・センスを磨くために

  • 作者: 井上 宏 昇 幹夫 織田 正吉
  • 出版社/メーカー: フォーユー
  • メディア: 単行本

id:takets

ありがとうございます。

2010/06/27 13:54:16
id:yamaneroom No.2

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/06/26 16:30:26

ポイント16pt

梅原猛著作集〈1〉聖徳太子(上)

梅原猛著作集〈1〉聖徳太子(上)

  • 作者: 梅原 猛
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 単行本

「ベルグソンの笑いの理論批判」を収録

id:takets

ありがとうございます。

梅原猛さんがベルグソンについて書かれているとは知りませんでした。

2010/06/27 13:55:12
id:amai_melon No.3

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472010/06/26 17:20:06

ポイント16pt

笑いを研究している桶田総研

http://www007.upp.so-net.ne.jp/okeda/

id:takets

ありがとうございます。

リンク切れのページが多いので、どこか別の場所にあるかがわかればもっとよかったです。

2010/06/27 13:55:35
id:Hyperion64 No.4

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842010/06/26 17:20:25

ポイント16pt

あまり有名でないながら鋭い示唆があるのは、バタイユの「非-知」にある論考です。

「非知 笑い、涙」の章です。

非‐知―閉じざる思考 (平凡社ライブラリー)

非‐知―閉じざる思考 (平凡社ライブラリー)

  • 作者: ジョルジュ バタイユ
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本

次の本は精神医学者志水彰の書いたものですが、かなり幅広い研究書であると思います。

笑い―その異常と正常

笑い―その異常と正常

  • 作者: 志水 彰
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • メディア: 単行本

社会学者バーガーの書籍はユダヤ・ジョークの考察みたいでした。残念ながら引用されている

ジョークはいずれもおかしくないものだった記憶があります。

癒しとしての笑い

癒しとしての笑い

  • 作者: ピーター・L. バーガー
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • メディア: 単行本

観点を変えて何が可笑しいか、については心理学者の本もあります。

ユーモアの心理学

ユーモアの心理学

  • 作者: アブナー ジッブ
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • メディア: 単行本

民俗学者柳田国男の本も参考になることでしょう。笑いの儀礼や風習についての忘れがたい本。

不幸なる芸術・笑の本願 (岩波文庫 青 138-5)

不幸なる芸術・笑の本願 (岩波文庫 青 138-5)

  • 作者: 柳田 國男
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

その他、参考サイト

http://warai.pappy34.com/

id:takets

たくさんの紹介ありがとうございます。

バタイユと柳田国男の本が特に興味を引きました。

2010/06/27 13:56:21
id:bfm35462 No.5

bfm35462回答回数515ベストアンサー獲得回数172010/06/26 17:40:12

ポイント16pt

帝京平成大学が全国大学に先駆けて授業に「お笑い学講座コース」を開設しています。

http://www.thu.ac.jp/warai/index.html

id:takets

ありがとうございます。

講座ごとのアウトラインがよくまとまっていますねえ。

2010/06/27 13:57:29
id:hanako393 No.6

hanako393回答回数1142ベストアンサー獲得回数872010/06/26 19:43:21

ポイント15pt

「お笑い」を学問する (ブックレット新潟大学11)
井山 弘幸 新潟大学大学院現代社会文化研究科ブックレット新潟大学編集委員会
4888629579

落語とお笑いのことば遊び (「話す力・聞く力」を伸ばすことば遊び)
白石 範孝
4052018672

id:takets

ありがとうございます。

落語は興味のある分野なので、読んでみます。

2010/06/27 13:58:14
id:gtore No.7

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372010/06/26 22:21:48

ポイント15pt

笑いの世紀   日本笑い学会の15年  -   日本笑い学会編

「笑い」の総合的研究と文化的発展をめざす市民参加型のユニークな学会「日本笑い学会」。その15年の活動の中から生まれた優れた論文を厳選・再編集した笑い学研究の集大成。

http://www.bk1.jp/product/03139595



お笑い研究所  - 西条 昇

落語等の古典芸能以外の「笑芸」が世間的に低く見られている風潮に物申す! 「笑芸」をこよなく愛する著者が贈るお笑い評論。これであなたも「お笑い博士修了」間違いなし!

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E7%A0%94%E7%...

id:takets

ありがとうございます。

笑い学会の評論が面白そうですね。

2010/06/27 13:59:39
id:namura15 No.8

namura15回答回数414ベストアンサー獲得回数152010/06/28 16:22:06

id:takets

ありがとうございます。

外国人から見た日本の笑い、という観点は今までになかったので、興味深いです。

2010/07/02 10:17:09
id:kencsr No.9

kencsr回答回数2ベストアンサー獲得回数02010/07/01 10:29:47

ポイント15pt

笑いに限らず、ネット上で利用可能な論文などを横断できるサイトがあります。

Digitized-Book Search

ここで「笑い」について検索してみました。

→検索結果

結構、笑いに関する論文も多くありました。

id:takets

ありがとうございます。

論文検索はいくつか使っていましたが、

紹介していただいたサイトは使いやすくていいですね。

今回のテーマに限らず、使わせていただきます。

2010/07/02 10:18:39

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません